ブログ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    g


    どうして今この時期にタレントの政治的発言が多いのか? 

    ですが、一方では「誰か政治家とか権力者に言わされている」とかいう方もいますが、そんな深い意味はありません……


    ただ単に、「暇で仕事がなく、でも存在をアピールしておきたいから」。

    これだけです。

    結構これは勘違いされがちなのですが、タレントって完全スルーされるより「叩かれている方がマシ」なんです。

    叩かれるということは、少なくとも「それだけの価値」がある証明ですから。

    正直、叩かれるって「おいしい」んです。


    なので、知識がきゃりーなんとかさんのようにペラッペラで薄く、しかも逃げ道を作ってのツイートでも、それで話題になって「あたちを忘れないで」とやったほうが得。


    餅は餅屋。

    これ、すごい大事です。


    https://ameblo.jp/ogawamina/entry-12596598657.html

    所長見解:そやな・・・

    【【これは痛烈】女優Oさん「最近芸能人が政治的発言するのは、仕事がなく存在アピールのため」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの辻希美(32)が4日、自身のブログを更新した。

    辻といえば先日、おんぶをされながら夫・杉浦太陽(39)の体に足を絡める写真を公開し、ネット上からは「本当に下品…」などの声が寄せられたばかり。

    そんな辻はこの日、「たぁくん作オムライスに子ども達の頭文字をケチャップに書いて」「の、せ、そ笑。なんか可愛い。ご馳走様でした」とつづり、杉浦が作ったというオムライスの写真を投稿。

    オムライスには、ケチャップで子どもたちの名前の頭文字が書かれている。


    no title


    この投稿に対し、ネット上からは

    「これが料理本出してイクメンぶってる人の料理なんだね」
    「これは、酷いよね。」
    「卵焼いて乗せただけの…」
    「もう少しまともな料理作ってくださいな」

    などの声が寄せられている。


    杉浦が作ったオムライスはご飯が卵で包まれておらず、ただ焼き卵を乗せただけのように見える。

    家庭によって作り方はさまざまだが、料理本を出版しているタレントの手料理としてはお粗末な出来栄えだと厳しい声が上がっていた。


    http://dailynewsonline.jp/article/2323951/

    所長見解:もうな・・・
    【【恒例】辻希美さんがオムライスを作った結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの辻希美(32)が30日、自身のブログを更新した。

    辻といえば先日、「ニュースを見ていると驚くニュースや悲しいニュースばかりなこのご時世。。
    コロナウイルスの恐ろしさ…命の大切さ…痛感します。。」と綴り、コロナウイルスに言及しながらも、新型コロナウイルスによる肺炎のために亡くなった女優の岡江久美子さん(63)のことに一切触れなかったことに批判が殺到。

    昨年、岡江久美子さんから出産祝いでベビーカーをもらったことをブログで明かしていたが、訃報にコメントをしなかったことが非常識と思われたようだ。



    そんな辻はこの日、「ぐるナイ」というタイトルでブログ記事を更新。

    「今夜19:00から日テレ「ぐるナイ」2時間スペシャルOAです夫婦でおんぶゴチに出演します告知もおんぶして笑。」などと番組の告知と共に、夫で俳優の杉浦太陽(39)の背中におんぶされているショットを公開した。

    さらに「この足の絡め方がポイントです 笑。」と、おんぶされている状態で、杉浦の身体に足を絡めている写真を披露した。


    j


    しかしこの投稿に対しネット上では

    「なんか本当に下品…」
    「いい歳して恥ずかしくないの?」
    「本当に気持ち悪いねこの二人」
    「下品な足の絡め方」

    などの批判の声が殺到している。



    おんぶ写真は今までも披露していたのだが、わざわざ足を絡める写真を公開したことに対し不快感を覚える人がいたようだ。


    ※画像がコチラ


    http://dailynewsonline.jp/article/2317944/

    所長見解:ええやんか・・・
    【【検証画像】辻希美さん、夫の杉浦太陽さんにラブラブで足を絡めた結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本中がマスク不足にあえぐ中、タレントの渡辺美奈代が自身の運営する通販サイトにて〝マスク転売〟をしようとしていたとして、批判の声が殺到。

    その後の対応を含め、炎上騒ぎとなっているようだ。


    4月13日に更新されたブログで、渡辺は、《このたび数量限定でサージカルマスクが入荷となりました!1箱50枚入り今月末ごろ発送の予約販売です!》などと告知し、通販サイトのURLに引導。

    添付された画像には、「3層構造・高密度高機能マスク50枚入り」「99%カットフィルターでブロック!医療現場から生まれた高品質マスク」とうたわれており、ウイルス他ハウスダストなども防げることが明示されている。


    m


    これに対し、ネット上では、

    《マジで医療機関に寄付してほしい》
    《この期に及んで金もうけかよ。性格出るねぇ》
    《すごい神経》
    《芸能人が、今この時期にマスクを高額で売りますか?あり得ませんね。ドン引きしました》
    《こんな緊急事態のときにマスクを売るなんて、相当なバカ。自ら墓穴掘ってる。それとも炎上狙いか?》


    などと、批判の声が殺到した。


    マスクの販売ページを削除して…

    「炎上を悟ったのか、マスクの販売ページは既に削除されています。
    しかし、同ブログ記事は残ったまま。
    恐らくブログの〝アクセス稼ぎ〟を目的に、削除しないのでしょう。
    先行き不安なこのご時世、たとえ『アクセス詐欺!』なんて騒がれたとしても、どんなお金でも稼いでおきたい気持ちはよく分かります」(ネットメディア編集者)


    https://www.excite.co.jp/news/article-amp/Myjitsu_115399/

    所長見解:あかんやん・・・

    【【炎上】渡辺美奈代さん、ブログでマスク転売疑惑ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    2018年3月に元モデルで不倫相手の男性と再婚をし、昨年8月に第1子となる息子を出産した矢口。

    しっかり外出自粛に努めているようで、去る3月8日に更新されたブログでは自宅でヘアカラーをする様子をアップ。

    そんな矢口は、12日のインスタで《美容院行けないから髪の毛伸び伸びのバッサバサ まっでも、息子も後ろ髪バサバサだからおそろいだしいっか》というコメントとともに、息子とのツーショットを披露。

    息子は眠ってしまっているようで、身バレ防止のためか顔下半分は矢口の手によって隠されている。


    矢口による〝息子顔隠しヒストリー〟が面白いことになっています。

    出産当初、顔全体か目元を〝スタンプ〟で隠すことが多かったのですが、次第にそのスタンプが〝半透明〟なモノに。

    4月に入ってからは、横顔である場合〝スタンプなし〟で載せ始めています。

    どんどん顔が鮮明になっていく過程に、かわいらしい息子を自慢したくてたまらない矢口の気持ちがうかがえますね。(芸能ライター)

    y

    ネット上では、息子がほぼ顔出し状態になっていることに対し、

    《幼児とはいえ顔出しはやめた方がいいと思う》

    《息子さんはかわいそうだから顔出さない方がいいと思う。みんなまだ忘れてないから》

    《これから苦労するであろう息子を出すべきじゃない》

    《せめて顔出すな。親のせいで、10年以内に何かしらの苦労をするんだろうから》

    《ただでさえかわいそうな子なんだから顔写してやるなよ…》

    《子供が大切なら写さない方がいい》

    などと、息子を心配する声が多く上がっている。


    「本人は批判覚悟でつづっているのでしょうが、皮肉にも、矢口が幸せな日常生活を発信すればするほど〝クローゼット不倫〟の風化が遠のく事態に陥っているようです。
    かつて〝ゲス不倫〟で世間をにぎわせ、今年3月に出産していたことを明らかにしたタレントのベッキーは、所属事務所による事実公表のみで出産日・性別は非公開としています」(芸能ライター)
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0417/myj_200417_7640930796.html



    所長見解:もうな・・・

    【【あの時の子】矢口真里さんのかわいらしい息子がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ