フジテレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    局内からはため息が聞こえてくる……。

    11月2日から3日にかけて放送されたフジテレビ系の目玉番組『FNS27時間テレビ』。

    総合司会はビートたけしだったが、“キャプテン”として実質的に番組を仕切ったのは、関ジャニ∞の村上信五だった。

    27


    「今年は『にほんのスポーツは強いっ!』をテーマに、3年ぶりに生放送に挑戦しました。しかし、平均視聴率は過去最低の5・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。
    ライバルである日本テレビ系の『24時間テレビ』は今年、16・5%の平均視聴率を獲得していますから、惨敗と言ってもいいでしょうね」(スポーツ紙記者)

    来年の東京オリンピックを見越して、スポーツに焦点を当てた今回。

    陸上の桐生祥秀や競泳の瀬戸大也など、来年メダルが期待できるアスリートが多数出演したにも関わらず、彼らの魅力を引き出すことが出来なかったようだ。


    「特に番組を仕切っていた村上さんへの批判の声は多かった。
    ネット上では、《村上にセンスがない》《視聴率の低い原因の一つに村上》など、厳しい言葉が並んでいましたね。
    年上の大物タレントに臆せずツッコミを入れられるのが彼の魅力なのですが、逆にそのことに嫌悪感を抱く視聴者も多くいることが分かってしまったということでしょう」(ワイドショー関係者)


    『27時間テレビ』の視聴率が振るわなかった結果に、フジテレビ局内の落胆ぶりは半端ないようだ。

    「村上さんといえば、東京オリンピックでのフジテレビのメインキャスターに就任することが決定しています。
    フジとしては久々に芸能人をメインに据えて、自国開催のオリンピックを盛り上げようと思っていたのですが、今回の体たらくを見てしまったら、来年のオリンピック放送も厳しい結果になりそうですね」(フジテレビ関係者)


    過去には同じジャニーズ事務所のTOKIOの国分太一が‘12年ロンドンと‘14年のソチでメインキャスターを務めている。

    フジにとっては、それ以来の“ジャニーズタレント”かつ芸能人のメインキャスター抜擢なのだが、局内には反対の声も多かったという。

    「フジはここ2大会、芸能人のメインキャスターを立てずフィギュアスケーターの髙橋大輔さんや柔道選手だった野村忠宏さんなど五輪経験者をメインに据え、局アナが彼らをサポートする体制を取ったのです。

    というのも、国分さんは自分で選手たちを取材せず、コメントもありきたりな感じで盛り上がりに欠けたんです。

    スポーツ局や報道局の中には、東京オリンピックも芸能人を排した“硬派路線”で行きたいという声が多かったのですが、結局は国分さんと同じジャニーズタレントの村上さんが抜擢されたのです」(同・フジテレビ関係者)


    局内の反対の声を押しのけて誕生した「メインキャスター・村上信五」。

    そこには、やはり“大人の事情”が働いているようだ。

    「フジテレビとしては、解散したSMAP、活動休止になる嵐に続く人気グループである関ジャニ∞の村上をオリンピックキャスターに就任させることで、ジャニーズに恩を売ろうとしているのでしょう。
    中居正広の後継者として村上を育てたい事務所サイドと、思惑が一致した。
    ですが、今回の『27時間テレビ』で、村上の司会が視聴者に受け入れられないことが際立ってしまったからね。
    現場のテンションがダダ下がりで、暗雲が立ち込めていますよ」(芸能プロ関係者)


    ジャニーズ人気にあやかろうとするキャスティングを、フジテレビはそろそろ改めるべきではないだろうか――。


    FRIDAYデジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191106-00000006-friday-ent 

    所長見解:たしかに・・・
    【【視聴率惨敗】村上信吾「オリンピック司会」がヤバいってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フジテレビ「FNS27時間テレビ」(2日後6・30~3日後9・54)の27時間を通しての平均視聴率は5・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。


    f


    昨年の平均視聴率7・3%を下回り、歴代最低を記録した。

    番組のエンディングを飾る「グランドフィナーレ」(3日後6・00~9・54)は8・3%だった。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/05/kiji/20191103s00041000335000c.html

    所長見解:もうね・・・


    【【悲報】フジテレビの「27時間テレビ」の視聴率がコチラwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    9月30日、フジテレビ朝の情報番組『情報プレゼンター とくダネ!』が大幅リニューアルしてスタートした。

    『とくダネ!』は、小倉智昭(72)をMCに迎え、1999年4月に放送を開始。

    今年で21年目に突入する。

    この秋のリニューアルでは、曜日ごとに“スペシャルキャスター”が加わった。

     
    月曜日には俳優の石黒賢(53)、火曜日にメイプル超合金のカズレーザー(35)、水曜日と木曜日に社会学者の古市憲寿(34)、金曜日に元サッカー日本代表の鈴木啓太(38)が起用された。

     
    リニューアルの3日前の9月27日、番組を20年にわたって支えてきた笠井信輔アナ(56)が『とくダネ!』を卒業。

    笠井アナは9月いっぱいでフジテレビを退社し、現在はフリーアナウンサーとして活動している。

     
    笠井アナは、「こうやって(小倉さんと)一緒に長い間続けられたのが本当にうれしい」と涙ながらに語り、その姿に小倉も目を潤ませていた。


    t

     
    10月24日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、今回リニューアルした『とくダネ!』が、来年10月に終了となり、新番組が始まる予定だと報じている。

    「来年10月という終了時期は、東京五輪に合わせたものだと言われています。
    小倉さんは東京五輪へのこだわりが非常に強いんです。
    これまでも、サッカーW杯や夏季・冬季五輪といった世界的なスポーツイベントの際には必ず現地から中継していますし、小倉さん自身、マラソンへの造詣も深い。

    そういったこともあり、東京五輪を自身のキャスター人生の集大成の舞台と考えているようで、“とにかく東京五輪まではやりたい!”という強い意志があるそうです。
    小倉さんの東京五輪へかける熱意は、周囲のスタッフも参ってしまうほどらしいです(笑)」(制作会社関係者)

     
    気になるのは『とくダネ!』終了後の新番組のMCだが、小倉の意中の人物はこの9月末に番組を卒業した笠井アナだという。

    「笠井アナは2年ほど前から小倉さんにフリー転向などを相談していて、フジ退社後は、小倉さんと同じ事務所に所属することになりました。
    しかし、『週刊文春』では、フジテレビとしては新たな人材を育てたいという意向がある、と報じている。
    『とくダネ!』の今回のリニューアルでスペシャルキャスターに起用された石黒は、いずれ関口宏(76)のように俳優出身の司会者に成長する可能性もあり、新番組のMCに起用されるのでは、という見通しだという。(前出の制作会社関係者)

    「さらに、昨年9月からは伊藤利尋アナ(47)と山崎夕貴アナ(32)がサブMCに起用されました。
    特に伊藤アナは、その実力が評価され、9月30日からは笠井アナが務めていた『とくダネ!』のメインアシスタントに就任。

    フジテレビ編成局アナウンス室情報担当部長という役職にも就いていて、今後もフジの出世コースを歩んでいくともっぱらのアナウンサーです。
    局としては伊藤アナを朝の情報番組のメインに据えて、番組の質の向上や、後輩アナウンサーの手本になってもらいたいと考えているかもしれません。
    フリーになった笠井アナに比べて、ギャラがかからないというのもフジとしては大きなメリットですよね」(キー局関係者)


    はたして、『とくダネ!』終了後に始まるとされる新番組のMCは誰になるのか。

    そして20年以上にわたりフジテレビの“朝の顔”を務めた小倉は、『とくダネ!』終了の瞬間、どんな表情を浮かべるのだろうか。
    https://taishu.jp/articles/-/69630?page=1 



    所長見解:やめんねや・・・


    【【悲報】朝の情報番組「とくダネ!」小倉智昭さん卒業へ 後釜がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元フジテレビアナウンサーの中野美奈子が10月1日、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)のスペシャルに出演。

    海外への引っ越しを経て久々の出演となったが、視聴者からは「容姿が変わった」と指摘する声が続出している。


    中野は「この人、デリカシーないなと思った瞬間」というトークテーマで、海外在住時の経験を明かした。

    夫の仕事の関係でシンガポールに住み、現在は広島に住んでいる中野。

    シンガポールで仲良くしていた〝ママ友〟とデパートで会い、夫を紹介したという。

    その際、ママ友から「わー! すごい安心した」「(夫が)超普通だね」と言われたことにドン引きしたことを明かした。

    「(確かに)うちに主人は普通なんですけど、『え?』と思った」と違和感を抱いたという。


    n


    エピソードよりも顔が話題

    中野の告白に、明石家さんまは「すごい女がいるな、世の中には」「そんなこと、平気で言うやつ、おんの?」と大いに驚いた様子。

    周囲も「意地悪されてるよね、ちょっと」と同情。

    しかし中野が「その人にとっては結構普通で…」と、そのママ友がもともと遠慮なく物事を口にする人だと明かすと、さんまらは少し納得した様子を見せていた。


    ネット上でも、

    《自分も嫁の友達にぜんぜん普通じゃんと言われたことがある》

    《そーゆークソ女いるよなーずけずけ空気読めないヤツ》

    などと、この女性をたたく声が多かった。


    一方で、エピソードよりも、久々のテレビ出演となった中野の姿に注目する人も続出。

    《日村の奥さんがいると思ったら中野美奈子だった、顔変わった?》

    《ライトたくさん浴びても消せない中野美奈子のシワの数がすごくて引いた。老け過ぎじゃない?》

    《目が大きいと目の周りのシワひどくなるね… 中野美奈子》

    《中野美奈子は痩せ過ぎなので、もう少し食べた方がいい》


    海外生活での苦労がハンパなかったのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/2024641/

    所長見解:久々やね・・・
    【【悲報】元フジテレビ人気女子アナ・中野美奈子の変貌ぶりがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フジテレビ系『めざましどようび』(毎週土曜 前6:00~8:30)に、10月5日から同志社大学社会学部メディア学科に在学中の3年生・谷尻萌(たにじり・もえ)が新お天気キャスターとして加入することが決定した。


    8


    谷尻は京都生まれ京都育ちで、漢検準1級や英検2級、ニュース検定2級など、さまざまな資格を持つ才色兼備の逸材。

    11代目お天気キャスターとして、週末のお天気を伝えていくが、オファーを受けた際の気持ちを振り返りながら「『めざましどようび』は見ていて楽しくて、朝から元気をもらえる番組だなと思っていました。
    事務所の先輩方も出演している番組ですし、しっかりと責任を持って、情報を伝えていきたいです」と意気込んだ。

     
    出演にあたって、準備していることがあるといい「『原稿読みをする前に1曲歌う』という練習をしています。
    声の音域が狭いので、高い声と低い声を混ぜてしゃべることを意識して、より視聴者の方に伝わりやすくなればと思っています。
    いきものがかりさんが好きなので、『めざましテレビ』のテーマ曲にもなっている『SING!』をよく歌います」とアピール。

    憧れのキャスターには皆藤愛子の名前を挙げ「清楚な雰囲気と、いつまでもフレッシュなところに憧れています。
    見た人を笑顔にできるような、華がある存在になりたいです」と語った。

     
    お天気キャスターとしての抱負として「私自身の目標として『自分の使命を考えて、それに全力で取り組みたい』と考えています。
    『めざましどようび』に出演するにあたって、お天気キャスターという使命を、毎週しっかりこなしていきたいと思います。
    まだ至らない点も多いとは思いますが、自分ができることを頑張りたいと思うので、番組を見ていただけたらうれしいです」と呼びかけていた。


    <谷尻萌(たにじり・もえ)プロフィール>
    生年月日:1999年2月10日
    身長:164センチ
    出身地:京都府
    血液型:AB型
    学歴:同志社大学社会学部メディア学科3年在学中
    趣味:フルート、ピアノ、ストレッチ
    特技:スキー
    資格:漢検準1級、ニュース検定2級、英検2級、スキー検定2級
    経歴:日本きものシステム協同組合専属モデル、2018年ミスハチミツクイーンコンテスト グランプリ


    ■『めざましどようび』歴代お天気キャスター
    初代:小林麻央(2003年10月4日~06年9月30日)
    2代目:山縣苑子(06年10月7日~07年3月31日)
    3代目:大澤亜季子(07年4月7日~08年9月27日)
    4代目:加藤綾子(08年10月4日~09年3月28日)
    5代目:高見侑里(09年4月4日~12年3月31日)
    6代目:曽田麻衣子(12年4月7日~13年9月28日)
    7代目:木村拓也(13年10月5日~15年3月28日)
    8代目:岡副麻希(15年4月4日~17年3月25日)
    9代目:篠原梨菜(17年4月1日~18年3月31日)
    10代目:沖田愛加(18年4月7日~19年9月29日)
    11代目:谷尻萌(19年10月5日



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000327-oric-ent

    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190926-00000327-oric-000-2-view.jpg

    所長見解:ええやん・・・

    【【画像あり】『めざましどようび』の新お天気キャスターは現役女子大生のコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ