フジテレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    フジテレビの大型新人アナ、久慈暁子アナ(22)に、早くも「イビリ洗礼」の危機が迫っている。
    彼女は、今年入社した全民放の新人の中でも際立った存在だけに、先輩アナたちも黙っていないというのだ。
     
    「久慈アナは、新人アナの歓迎会で『スポーツ担当になりたい』『日ハムの大谷翔平選手を取材したい』と語ったそうです。
    新人が将来の夢や抱負を語るのは当り前のことですが、これにカチンときた先輩がいるらしいのです」(テレビ関係者)

    とくに怒り心頭なのが、宮澤智アナ(27)。
    現在彼女は、民放でも数少ないスポーツ専門アナとして活躍しているが…。
     
    「宮澤アナは野球選手の中でも大谷が大好き。
    これまで出演番組『スポーツLIFE HERO'S』では、毎回のように取り上げて取材もしている。
    “大谷にもっとも近い女子アナ”といわれているだけに、自分のテリトリーを侵そうとする久慈アナを、見過ごすはずがない」(同)

    過剰に反応するのには、もう一つワケがある。
    久慈アナの出身は大谷と同じ岩手県奥州市で、'14年に同市の広報誌で大谷との対談が実現。
    それだけに、久慈アナは宮澤アナよりも、1歩も2歩も大谷に近いという。
     
    「宮澤アナは大学時代から芸能プロに所属。
    水着ギャルとして活動後、フジテレビ入り。
    久慈アナも、入社前は『旭化成グループキャンペーンモデル』の水着ギャルとして活躍するなど、共通項が多い。
    それだけにライバル心は相当なもの。
    しかも久慈アナは、大谷とは成人式や一部雑誌の対談でも会っている。
    宮澤アナとしては、絶対に許せないはずです」(同)

    k


    そしてもう1人、歓迎していないのが、昨年入社した堤礼実アナ(23)だ。
    彼女は美女アナとして入社当初こそ騒がれたが、1年経った今は鳴かず飛ばずの状態が続いている。
     
    「夜遊び好きなのか、むくんだ顔で早朝の『めざましテレビ アクア』に何度も出演。
    そのせいか、局内の評判も今一つ。
    今回、久慈アナが『めざましアクア』に入ってきそうということで、かなり敵視しているそうです」(テレビ雑誌編集者)

    女子アナ界にとって“イビリ”は伝統だ。
    「どこの局かは明かせませんが、かつてはイジメ対象の机の上にコーヒーをこぼしたり、台本隠しもあった。
    エスカレートすると、イスに画びょう、なんてこともあるそうです」(同)

    久慈アナのお尻に刺さらないことを祈る。

    http://wjn.jp/article/detail/1854872/


    所長見解:俺たちの大谷が・・・
    【【女子アナ】フジ・久慈暁子 大型新人アナを待ち受ける先輩アナ2人のイビリってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    すでに最終回を迎えた4月クールのフジテレビ系ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」に西島秀俊とW主演していた、俳優の小栗旬が放送シーンをカットした同局に対して怒りをあらわにしていたことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

    c


    ほかの同局のドラマが軒並み視聴率1ケタに落ち込む中、同ドラマは全話平均10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で終了。
    同誌によると、小栗にとっては原作者の金城一紀さんと5年間構想を練った作品とあり、人一倍思い入れが強かったという。

    シーンがカットされたのは、5月2日放送の第4回。
    冒頭、小栗らが演じる特捜刑事たちが、玩具のロケットと戯れるシーンからスタートするが、その前にテレビから「北のロケットは発射失敗」というニュースが流れる場面があったのだという。

    ところが、オンエア時期は北朝鮮情勢が緊迫。
    視聴者に誤解を与えるという理由から、そのシーンをカットして放送。
    制作の関西テレビからそのことを放送直前に知らされた小栗は、「早く教えてくれていれば撮り直しもできた」と怒り心頭。
    「フジのドラマには二度と出ない」とまで言い放ったのだという。

    小栗は、テレビ局の幹部があまりにも“自主規制”することがテレビをつまらなくしている原因だ、と日頃からいら立っていた矢先だったのも怒りの原因だったという。

    「いまだに小栗の気性の荒さは有名で、関わった作品にかける情熱もかなりのもの。
    その感情が“暴走”してしまうと今回のような件が起こってしまった。
    とはいえ、小栗は同局のドラマシリーズ『信長協奏曲』がヒットし、映画版もヒット。
    同局の“功労者”だけに、出演拒否されたらシャレにならない」(テレビ関係者)

    同誌に対し、小栗の事務所は「フジテレビさんと新しいお仕事も進んでます」とコメント。

    フジは今度は小栗への粗相がないように、細心の注意を払った方がよさそうだ。

    リアルライブ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000003-reallive-ent


    所長見解:ドラマはおもしろかったよね・・・
    【【激怒】小栗旬、「フジのドラマには二度と出ない」とまで言い放ったってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ビートたけし(70)が「FNS27時間テレビ2017」の総合司会を務めると発表されたのは、今月1日のことであった。
    フジテレビが全国の系列局と総力を挙げて制作する夏恒例の大型特番。
    前身番組を含めて31回目を迎える今年は、大々的にリニューアルするとアナウンスされた。

    昨年は平均視聴率7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とワースト記録を更新してしまっただけに、大ナタを振るう必要があったのだろう。
    そこで、放送時期を7月から9月にスライドさせ、21年ぶり6回目となるたけしを司会役に起用したというわけだ。

    たけしといえば、87年にフライデー編集部襲撃事件による謹慎からテレビ復帰の場として
    同番組を選び、明石家さんま(61)の愛車をボコボコにしたり、放送中に花火をぶっ放す名物ネタを生み出してきた“ミスター27時間”である。
    そんな男を担ぎ出し、関ジャニ∞の村上信五(35)とタッグを組ませ、「日本の歴史」をテーマにかつてない長編バラエティーを実現させるという触れ込みだったが、ここにきて聞こえてくるのは実に驚くべき内容であった。
    27時間の大半は生放送ではなく、事前に収録した番組を流すというのだ。

    k


    ■フィナーレも収録?

    直近の構成案によると、9月9日18時半から翌10日夜にかけて放送するコーナーは、20本。
    「ホンマでっか!?TV」や「さんまのお笑い向上委員会」「関ジャニ∞クロニクル」「痛快TVスカッとジャパン」「サザエさん」といったレギュラー番組に加え、歴史に関連した特番や、平安時代、戦国、幕末を舞台とした時代劇ドラマを制作するという。
    リストには放送形態も明記されており、〈収録〉の文字がずら~っと並んでいる。
    〈生放送〉と表記されているのは、もっか「めざましテレビ」のみ。
    池上彰(66)を迎え、戦後の日本を語るグランドフィナーレまでもが〈収録〉扱いになっている。

    大手広告代理店関係者が言う。

    「何が起こるか分からない生放送ならではの臨場感は良くも悪くも『27時間』の売りでした。
    2年前には平成ノブシコブシの吉村が芸人らにBMWの愛車を破壊され、BMW社のCM出稿が危ぶまれたこともありましたが、果たしてこれで視聴率が取れるのかどうか。
    現状の構成を見る限り、とても心配になりますね」

    お手並み拝見――。

    日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000010-nkgendai-ent


    所長見解:夜中のさんま・中居もないの?・・・
    【【これは大丈夫?】「27時間テレビ」まさかの“ほぼ収録”ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「彼が山崎アナと交際中だという報道を見て、ショックでした。
    私には『彼女はいない』と言っていたのに…」

    吉木りさ似の20代美女・Aさんは本誌にこう告発する。
    彼女の怒りの矛先は、小栗旬のモノマネで人気の芸人・おばたのお兄さん(29)。
    先日、『女性セブン』でフジテレビの山崎夕貴アナ(29)との熱愛が報じられたばかりのオトコだ。

    そんな彼が、あろうことか山崎アナと親密な関係になっていたころ、自分のファンにも手を出していたというのだ。

    ツイッターのダイレクトメッセージを通じて知り合った二人が関係を持ったのは、5月上旬。
    地方に住むAさんが彼のライブ観劇のために上京した際のことだった。

    「ライブ後に、おばたのお兄さんから『もうホテルは決まったの?』とメッセージが送られてきたんです。
    ホテルに来た彼は、『この部屋暑くない? 野球拳しようよ!』と誘ってきた。
    セッ●スが終わると、『終電で帰らなきゃ。今度東京に来たら連絡して。次はウチに泊めてあげる』と言い残して帰っていきました」

    果たして山崎アナはこの件を知っていたのだろうか。
    本誌は6月中旬の早朝、出勤前の彼女を直撃した。

    ――実は、彼が先月、別の女性と関係を持っていたという話を聞いたもので。

    「え…そうなんですか? さすがにそんなことはしないと思うんですけど…。
    本人に確認してみないと、なんとも言えません。ハハハ…」

    「別の女性と関係」というフレーズを聞いた途端、強張った表情を浮かべた山崎アナ。
    平静を装うためか、大きな笑顔を作りながら「すみません、もう会社に行くので」と去っていった。

    6月23日発売のFRIDAY最新号では、おばたのお兄さんへの直撃写真やこの浮気騒動の詳細をについて報じている。

    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170623-00010000-friday-ent

    山崎アナは、本誌の直撃に驚きながらも笑顔で応えていたが…
    no title


    所長見解:これはやばいね・・・
    【【これは二股】山崎夕貴アナの芸人カレ氏、おばたのお兄さんに浮気発覚ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今年入社したフジテレビの新人女子アナは、「元モデル」と「元ミスコン」あがり。
    華麗な経歴とプライドが邪魔するのか、2人の間に同期の好(よし)みという言葉は存在しない。
    それどころか、局内では、女同士の冷ややかなバトルが繰り広げられているという。

    no title

    6月2日に海老原のInstagramにツーショット写真がアップされているが……

    業績不振に喘ぐフジテレビの新人女子アナは2人。
    そのうちの1人は、青山学院大学出身で、ファッション雑誌「non-no」の専属モデルのほか、芸能活動の経験を持つ久慈暁子(22)だ。

    女子アナ評論家の高島恒雄氏によれば、

    「他局も含めて、今年の新人女子アナのなかで、肩書、ルックス、キャリアのどれをとっても一番の大型女子アナと言えるでしょう」

    もう1人の海老原優香(23)も「ミス学習院」コンテストで優勝し、さらに各大学の上位者から日本一の女子大生を選ぶコンテストでも準優勝。
    これまた、華やかな経歴の持ち主であるが、

    「ミスキャンパスという肩書は、女子アナ界ではありふれています。
    フジテレビ内にはミス慶応が沢山いるぐらいですから」(同)

    経歴の格では久慈に軍配が上がるというのだ。
    実際、2人の公式インスタグラムを覗いてみても、海老原のフォロワー数およそ5000人に対して、久慈は約24倍の11万9000人と、注目度の差は歴然としている。

    「今、社内で2人のことが大問題となっているんです」

    と声を潜めるのは、さるフジテレビ関係者。

    「新人アナは研修を兼ねて、バラエティ番組などに出演して回ります。
    しかし困ったことに、2人がまったく口を利かない。
    上層部からは『2人の微妙な関係については、番組内で絶対に触れないように』とお達しが出たほどです」

    確かにお互いのインスタグラムには、他のアナウンサーや同期社員との写真は複数アップされているのに、2人のツーショットは1枚もない(6月1日に本誌(「週刊新潮」6月8日号)が発売されるまで)。

    ■現場に支障が

    いったい、2人の間に何が起こっているのか。

    「局内における久慈への期待度の高さが露骨に出たため、2人の関係がギクシャクしてしまった。
    海老原にしてみれば『久慈じゃないほう』なんて呼ばれていたから複雑な思いでしょう」(別の関係者)

    海老原にとっては我慢なるまい。
    2人の間に生じた溝は広がるばかりで、すでに、局内ではこの不仲が原因で弊害が起き始めてもいた。

    「人気芸人がMCを務める深夜バラエティで、2人とも身長が170センチ近いため、『ツインタワー』としてアシスタントにするという話が持ち上がりました。
    ですが、あまりの冷戦ぶりに現場に支障が出るとの判断でキャンセルになりました」(同)

    新人にして、これだけ社内を振り回すのだから、ある意味、2人とも型破りではある。
    が、先の高島氏は、

    「かつては、女子アナと言えばフジのイメージでしたが、先輩アナたちのようになれるかというと、疑問です。
    本人たちの力だけではなく、当時のフジテレビやテレビ業界の勢いがあったからこそ成功したわけですから」

    テレビ離れが進んだところへきて、凋落が著しいフジテレビでは、かつてのような看板女子アナは誕生しないかもしれないというわけだ。
    そもそもルックスだけが女子アナを測る尺でもあるまいが。


    週刊新潮 
    ※この記事の内容は掲載当時のものです
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06130559/?all=1

    【【不仲】フジ新人女子アナ「元モデルVS.元ミス学習院」の溝ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ