ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:フジテレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    とんねるず石橋貴明(56)のフジテレビ新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜午後11時)がスタートして3カ月。
    昭和カルチャーや豪傑列伝などのディープな見ごたえがじわじわと支持を伸ばし、2%台で始まった視聴率も4%台に“倍増”してきた。
    「みなさんのおかげです」の木曜9時枠から月曜深夜へ。
    低予算とコンプライアンス時代に折り合いをつけながら「めげずに」と語る思いを、本人に聞いた。

    b


    -柳沢慎吾さんがびびった大物俳優列伝とか、江夏豊本人が語る「江夏の21球」とか、客層を中年視聴者に絞った番組づくりが新鮮で、分かる世代の1人として毎週楽しく見ています。
    初回2・9%でスタートした視聴率も4・7%まで上がってきました。
    手応えはいかがですか。

    石橋 そんな。4・7じゃさあ(笑い)。

    -深夜で4・7はダメなのですか。

    石橋 ダメでしょう。もっと上げますよこれから。
    スマホとか録画率とか、いろんな見方をされている時代にそれ(視聴率)が正しい数字になっているのかとは思うけど、なんなら松坂大輔や武藤敬司をゲストに肩やヒザの痛みとか、そっち側で数字ガンガン上げてやろうかな(笑い)。
    深夜だから少しエッチなことも入れたいんですけど、フジテレビが怒るのよ。
    でも、僕らが子供のころって「11PM」とか「トゥナイト」とか、大人が喜んでる番組が面白そうに見えたじゃないですか。ああいう雰囲気を目指しています。

    -PR会見の時、昭和のカルチャーやスターを知らない世代にどう魅力を伝えるか、という質問に「伝わらない」と即答していましたよね。
    広さではなく、ターゲット層に向けて深さ重視でいくのは絶対面白そうだと思いました。

    石橋 あ、それはうれしい限りです。
    「幅広い人に見てもらいたい」というのは、今のテレビの現状ではたぶん無理。
    若い人は家にテレビがない人も多いし、見たいものはユーチューブで引っ張ってスマホサイズで見ている。
    「江夏の21球」どころか松坂や中田英寿を知らない人にまでアピールするより、とらやのようかんみたいに、ウリを特化して丁寧に作っていくしかないんだろうなと。

    -イケイケに芸能界を突っ走ってきたイメージなので、「丁寧に」はちょっと意外です。

    石橋 いや、ものすごく考えてますよ。
    ルールがたくさんできて、すぐにコンプライアンスとか言われちゃうんで。
    俺たちが昔からやってきたことはほぼ無理な状況。
    ここでキャッチボールしちゃいけないというなら違う場所でキャッチボールするしかないし、もっとやりたいことがあるなら違う“遊び場”を探すしかないという。

    -そういう“遊び場”としては「たいむとんねる」は攻めていますよね。
    江夏さんの劇画みたいな新人時代とか、東国原英夫さんが若手時代に台湾に密入国して強制送還された話とか爆笑でしたけど、規格外な話をエンタメとして聞ける場は貴重です。

    石橋 でも東くん、放送後かなり「けしからん」とやられたらしいですよ(笑い)。
    話半分だって分からねえのかなっていう。

    -けしからんというネットの声は気になりますか。

    石橋 (少し考えて)ささっと書かれたものが本当なのかなって。
    昔、ホテルオークラで働いていた時、朝のミーティングでマネジャーがお客様からいただいたお叱りの手紙を“ラブレター”と呼んで読み上げていたんです。
    「早く空港に行きたかったのにサービスが遅い」とか。
    そこには、オークラなんだからもっと頑張ってほしいというお客様の思いが入っていて、みんなで肝に銘じようと。
    手紙や電話の手間をかけても訴えてくる芯のあるお叱りなら信じるけど。
    僕は相変わらずガラケーだから、機械には疎くて(笑い)。

    -昭和とか、今よりちょっと前の魅力、パワーは何だと思いますか。

    石橋 ケータイがなくて不便だった分、待ち合わせでやっと会えた時の喜びとか、喜怒哀楽に芯があったこと。
    (カメラマンを見て)カメラマンさんだって、昔は焼いて初めて分かったからうまい人とヘタな人の差が出た。
    今は撮ったその場で確認できるから、撮る方も撮られる方も緊張感ないですよ。
    生きていく体幹の強さが違うという。

    つづく


    所長見解:頭いいよね・・・

    【【反論】とんねるず・石橋貴明がネットで批判された結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHKの桑子真帆アナ(31)とフジテレビの谷岡慎一アナ(31)が離婚することが分かり、その理由について、さまざまな臆測が飛び交っている。

    k


    スポーツ紙は「多忙によるすれ違い」が原因と書いていたが、結婚した昨年5月の時点で、桑子アナはすでにNHKの看板番組「ニュースウオッチ9」のメインキャスターだった。
    その頃から超多忙だったわけで、今さら“すれ違い”が離婚理由に挙がるのは不自然。

    「フジで目立たない谷岡アナと、NHKでエース的存在の桑子アナを比較して“夫婦間格差”が原因だという指摘もあります。
    しかし、恋人時代から桑子アナが谷岡アナの人気を圧倒的に上回っていました。
    これも、スピード離婚の理由と結びつけるのは強引です。
    週刊誌などは、夫婦のどちらかに新恋人がいるのではないかとみて取材を進めています」 


    日刊ゲンダイDIGITAL 
    http://news.livedoor.com/article/detail/14808729/


    所長見解:浮気でしょ・・・

    【【よからぬ噂】NHK桑子アナの離婚の真相がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    真夜中の竹林、停車中のワンボックスカー、後部座席の男女、激しく軋むサスペンション─

    フジテレビの秋元優里アナ(34才)の“竹林不倫”疑惑が報じられてから3か月。
    この4月に生田竜聖アナ(29才)との離婚が成立した。

    a


    「あれ以来、秋元さんは担当番組を外れ、表舞台には立っていません。
    今は新人アナがするようなスポンサー名を読み上げるナレーションなど裏方仕事をしているようです。
    時間を持て余してるんでしょうか、会社の自分のデスクでネットサーフィンをしている姿もよく見ます。
    一方の生田さんは担当番組に淡々と出演していますが、心なしか、表情は陰って見えますね」(フジテレビ関係者)

    http://www.news-postseven.com/archives/20180510_672885.html


    所長見解:そりゃね・・・

    【【サーフィンの日々】秋元優里アナ 竹林で離婚した結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月に離婚していたことが発覚したフジテレビ・秋元優里アナ(34)と生田竜聖アナ(29)。
    2012年に職場結婚した2人だが、約6年間の結婚生活にピリオドを打った。

    秋元は16年に同局プロデューサーとのダブル不倫疑惑と別居を報じられ、今年1月にも同じ相手との“竹林不倫”疑惑を「週刊文春」に報じられた。

    今回の離婚の流れが必然的だったとしても、怒りが収まる様子がないのが生田だ。
    秋元の不貞で家庭が崩壊したにもかかわらず、娘と2人きりで会うこともかなわない状況だという。

    「結婚当時、朝番組担当だった生田は、昼すぎに帰宅して娘を保育園に迎えに行き、夕飯などを手作りするイクメンパパでした。
    娘も父親の方になついており、彼は娘の親権と養育権は譲れないと主張したため、ここまで離婚協議が長引いたのです」(女性誌記者)

    y


    生田の実家もカンカンのようだ。
    秋元の父はオーストラリア大使まで務めた元エリート外交官。
    娘の結婚には「男性アナウンサーなんて」と大反対だったという。

    「そんなことを言いながら、離婚原因は秋元の異性関係ですからね。
    生田の兄で俳優の生田斗真(33)も、傷ついた弟を見て“ふざけるな”と、秋元家への怒りを周囲に漏らしているようです」(芸能ジャーナリストの浅見麟氏)

    秋元はフジテレビまで敵に回してしまったようだ。

    「社内の多くは、生田に同情的です。
    不倫疑惑のある女子アナを画面に出し続けるわけにはいかないし、元夫と同じ部署に置くのも何かと不都合なので、秋元をアナウンス部から出す予定でした。
    ただ、事業部や人事部なども、問題児の引き取りをかたくなに拒否したそうです」(浅見麟氏)

    アナウンス部にいても秋元に仕事は当面回ってこないといわれている。
    “飼い殺し状態”のまま居座るしかなさそうだ。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14675119/


    所長見解:すごいよね・・・

    【【竹林不倫】秋元優里アナの泥沼離婚劇がコチラwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フジテレビの秋元優里(34)と生田竜聖(29)の両アナウンサーが4月に離婚していたことが2日、分かった。

    アナウンス室の先輩後輩である2人は、2012年12月25日に結婚。
    13年7月に長女が誕生し、幸せな結婚生活を送っていると思われていた。

    その見方が一転したのは16年11月。
    週刊誌が2人の別居と離婚危機を報道。
    秋元アナと同局プロデューサーの不倫を生田アナが知ったことが原因とされた。
    秋元アナはアシスタントを務める情報番組「ワイドナショー」で別居と離婚協議中であることは認めたが、不倫疑惑については「やましいことはない」と否定していた。

    k


    それから約1年5カ月での離婚成立。
    親権をどちらが持つかや養育費、慰謝料の有無などは不明だ。

    秋元アナは慶大卒業後の06年に入社。
    「報道2001」「ニュースJAPAN」など報道番組のキャスターを務めた。
    テレビ東京の秋元玲奈アナ(32)が妹で、美人姉妹としても知られる。

    一方、生田アナは中大卒業後の11年に入社。
    俳優の生田斗真(33)の弟として注目され「めざましテレビ」「ノンストップ!」などを担当した。

    人気アナ同士として注目を集めた美男美女夫婦。
    約5年4カ月での破綻となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000161-spnannex-ent


    所長見解:まだだったんだ・・・
    【【竹林不倫】秋元優里アナ、生田竜聖アナと離婚 ←これwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ