フォロワー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Koki,主演デビュー映画に不安の声 SNSフォロワー数の〝カラクリ〟とは


    m


    インフルエンサーと呼ばれるKoki,

    モデル・Koki,の主演デビュー映画「牛首村」はどこまで勝算があるのか?

     
    モデルとしてデビューしてから活躍が報じられるたびにネット上では「親の七光り」「何もできないのに」など辛らつなコメントが羅列されるKoki,。

    それでも、ブルガリやシャネルといった海外ハイブランドのアンバサダーとして起用されている。


     
    ファッション関係者は「ブランド各社の狙いは、若年層にアピールしたいため。
    先日、山下智久がブルガリのアンバサダーに就任したのも同様の理由です。
    Koki,もインフルエンサー的存在と位置づけられているのでしょう」。


     
    インフルエンサーとしての一つの指標が、インスタグラムのフォロワー数だ。

    日本人で群を抜いているのが渡辺直美の約953万人。

    フォロワー数が多いといわれている山下が約495万人で、Koki,も約324万人のフォロワー数を誇る。

    父の木村拓哉が約325万人ということを考えると、Koki,はかなりのトップクラスと言える。


     
    芸能プロ関係者は「今のハリウッドは、SNSのフォロワー数も映画のキャスティングをするうえで参考資料の一つにしていると聞きます」というから、Koki,の数字は大したもの。


     
    ただ一方で「これで父を超えたというのは早い」という声も。

    出版関係者は「フォロワー数といっても、パパのファンもかなりいるんじゃないかと言われています。
    そもそもフォロワー数が多いから映画館に金を出して見に行くかというと、ちょっと微妙じゃないですか。
    ファッション誌でKoki,を特集したから雑誌がバカ売れした、なんて話も聞いたことないですからね」。


     
    興行収入的に勝算があっての起用かどうかはなはだ怪しいが、「そろそろ撮影はスタートするそうです」(前出の芸能プロ関係者)。


     
    結果はいかに?



    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210622-03329637-tospoweb-000-10-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/44ad10078851310f5176711e67d11a0be41d4abe

    所長見解:そらな・・・

    【【キムタク娘】koki、SNSフォロワー数のカラクリがコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜「インスタのフォロワー買収疑惑」を直撃!

    「これだけ嫌われているにもかかわらず..減っていない」



    これは木下優樹菜が‘19年6月にインスタグラムでチューハイを飲んでいる姿を投稿している“宣伝案件”の一文。

    これには酒造メーカーからギャラが支払われており、れっきとしたお仕事だ。



    木下といえば、昨年末に夫・藤本敏史と離婚を発表した。

    姉が勤務していたタピオカ店のオーナーに“出方次第で事務所総出でやりますね”などと恫喝めいたメールを送ったとして活動自粛の中、さらに追い打ちをかけるように人生の岐路に立ったといえる。


    騒動の際に投稿したインスタのコメント欄にはアンチファンからの厳しいコメントが無数に届いている。

    世間の大半を敵に回してしまったかと思うほどの数だ。

    しかし関係者は疑問を呈する。


    「木下さんのインスタのフォロワーは約530万人(‘20年1月14日現在)います。
    これだけ嫌われているにもかかわらず木下さんのインスタのフォロワーは全くといっていいほど減っていないんですよね……」(芸能プロ関係者)


    530万人といえば福岡県の全人口よりも多い驚異的な数だ。

    国内では5位のフォロワー数だという。


    y


    「インフルエンサーにインスタでのPRを頼めば企業側はフォロワー1人につき1円から5円ほど支払うのが相場です。
    仮に3円で受けたとしても木下さんなら1投稿で1500万円以上の収入となります。
    しかも木下さんの所属事務所はSNSを使って自分のタレントにPRさせてマーケティングするP社という会社を運営して、広告を出したい企業を募っている」(ITライター関係者)


    そのP社のホームページを見ると、“投稿日の指定、ハッシュダグは3つまで可能、別料金で自社の販促物へ二次使用可能”などと細かい条件が書かれている。

    「タレントが広告塔になることはなんら問題のないビジネスです。
    しかし木下さんのフォロワーを見ると全く投稿もせずフォロワーもいない謎の外国人がとんでもない数いるんです。
    フォロワーを買収しているのではないかという疑惑まで飛び出している」(前出・芸能プロ関係者)



    実際ネット検索で“インスタ フォロワー 購入”と検索すると確かに1フォロワー1円~10円で販売しているサイトが多く見受けられる。

    フォロワーを格安で購入すれば誰でもインフルエンサーになれるというのだろうか。


    「もし“事務所総出”でフォロワーを水増しして広告料金をつり上げて企業から料金を受け取っていたとしたら問題ではないでしょうか」(同・ITライター)


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200115-00000001-friday-ent

    所長見解:まあな・・・

    【【フォロワー530万人】木下優樹菜「インスタのフォロワー買収疑惑」がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    8月19日、福山雅治(48)がラジオ番組『福のラジオ』(TOKYO FM)でインスタグラムの開設を発表し、「福山、インスタ始めました。聖域MV解禁まで震えてまて。」という直筆の言葉を紙に書いて投稿した。
    今後は、福山の愛用品や福山の身体のパーツのドアップ画像が公開されるそうだ。

    f


    吹石一恵(34)との結婚後に一部のファンがアンチへと変貌し、ネット上でバッシングを繰り広げているが、今回もアンチは活躍。
    「なりふり構ってられないのかな」
    「おっさんなのにイタい」
    といった中傷コメントで福山を貶める様子が見受けられる。

    しかしこのインスタはもちろん福山のプライベートアカウントではない。
    9月13日発売の福山のニューシングル「聖域」と連動しており、プロモーションの一環と考えられる。
    福山以外にもこれまでに芸能人がプロモーション目的でインスタを開設した例は多々あるため、インスタ開設を「必死」と叩くのはお門違いだ。

    とはいえ福山の注目度が、彼自身の全盛期と比較すれば低下気味であることは否めず、フォロワーの伸びに顕著に表れている。
    キリン「氷結」の広告と連動した高橋一生(36)のインスタには現時点で約62万人のフォロワーがつき、サントリー「ほろよい」PRだった沢尻エリカ(31)のインスタは開設半日でフォロワーが7万人を超え2日で18万人を突破していた。
    しかし福山のインスタアカウントは開設公表から4日が経過した今、フォロワー数は14万人程となっている。

    福山のインスタでは日本語の文を、英語、中国語に翻訳したver.も同時に載せているが、フォロワー数増加に奏功しているのだろうか。
    さらにMVからのカットということで福山のキメ顔ばかりがインスタに投稿されているのだが、これには
    「見てるこっちが恥ずかしい」
    「かっこつけまくりおじさん」
    「もはや『ましゃ』じゃなくて『お福さん』なんだから」
    とかつてのファンが厳しい反応を示している。
    “お福さん”とは現在の福山のあだ名だそうだ。

    2015年の結婚直後は“ましゃロス”という言葉まで流行し、各メディアがこぞってファンの受けた衝撃を報道していたのも遠い昔のことに感じられる。
    その後、主演した月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)が一桁視聴率を連発すると「あの福山なのに、なぜ」と今度はメディア側が衝撃を受けた。
    木村拓哉しかり、まばゆいほどの輝きを放ち日本中の女性を虜にした“イケメン”が、40代で“イタいおじさん”扱いに転じてしまうことは残念でならない。
    年齢を重ねること自体は誰にも等しく、悪いことでは全くないはずで、魅力を失うこととイコールでもない。
    福山には“素敵なおじさん”として再び我々を魅了してほしい。

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0823/mes_170823_9343420064.html


    所長見解:けっこういるじゃん・・・
    【【これはつらい】福山雅治がインスタ開設もフォロワー増えずってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ