ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    フィギュアスケート

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優でフィギュアスケート選手の本田望結(15)が22日、都内で行われた「ユーグレナ×銀座久兵衛 未来のすし体験会」に出席。
     
    サーモンやマグロなどのにぎりずしの中で本田は真っ先にシャコをセレクト。

    思い切りシャコを頰張ると「おいしいです~」と舌鼓を打ち「初めての味。
    大人の味ですね」と初体験を喜んだ。


    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/09/22/0012723681.shtml

    no title

    no title

    no title

    所長見解:たしかに・・・

    【【悲報】本田望結ちゃん(15)、絶対に濃い説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    21日に18歳誕生日、ポニーテールのオフショットを公開「一気に大人っぽくなった」

    フィギュアスケートの本田真凜(JAL)がインスタグラムを更新。

    21日に18歳を迎え、お祝いのバルーンを持って微笑む“18歳初ショット”を公開すると、
    ぐっと大人っぽくなった姿に対し、

    「楽しく美しい18歳」
    「年々良い女性になってる」
    「一気に大人っぽくなった」

    とファンのコメントが相次ぎ、7万件を超える反響が相次いでいる。


    m


    18歳を迎えた本田はすっかり大人っぽさを増していた。

    紺のノースリーブを着て、前髪を下したポニーテールでにっこりと笑みを浮かべる本田。


    青空の下、手には「happy birthday」と書かれたピンクのバルーンと、星型の赤い3つのバルーンを手に持っている。


    他にもバルーンを見つめたり、カメラ目線になったり、3枚の写真をお披露目している。



    投稿では「18歳になれました」と報告。

    「たくさんのおめでとうをありがとうございます 誕生日を覚えていて貰え幸せです。

    皆様のお気持ちが私の支えです」とファンに感謝した上で「今を大切に前を向いてベストを尽くします!!」と決意も記した。

    シニアデビューから3シーズン目を控える本田。

    すっかり大人びた姿に対し、ファンも目を奪われている。



    「お誕生日おめでとう」
    「素敵な1年になりますように」

    という祝福のほかに

    「一気に大人っぽくなったように感じます」
    「もう18歳なんて信じられないです」

    「どんどん可愛さに綺麗さが増して来ましたね 大人って感じです」
    「年々良い女性になってる」
    「楽しく美しい18歳」

    といった声が集まり、7万件を超える「いいね!」が殺到していた。



    画像①


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-00079472-theanswer-spo

    所長見解:かわいいやん・・・

    【【これは美人】フィギュア・本田真凜が大人の女になった模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ メドベージェワに“不幸の手紙”を送ったのは羽生結弦ファン!?  マスコミが一切報じない“ゆづタブー”が発動中か!?

    「この件に関しては、どのメディアも踏み込んだ報道は控えています。
    羽生結弦選手がらみの可能性があるからです」。

    “ゆづタブー”の発動をほのめかすのはテレビ関係者だ。

    f


    先日、日本のアイスショーに出演したフィギュアスケート女子平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワが、中傷の手紙を受け取っていたことが判明した。

    その中身がまた強烈だ。

    同じくアイスショーに参加したジョニー・ウィアー氏が手紙の内容をツイッターなどに投稿。

    そこにはこう書かれている。

    「DEVIL(悪魔) 日本から出て行け。
    日本でお前の顔を見たいと思っている人はいない。
    日本人はみんながお前を嫌っている。
    ロシアに帰れ!
    日本から出て行け!」

    ウィアー氏は「私たちのスケート仲間の一人が今日、〝ファン〟からこのメッセージを受け取りました。
    長くフィギュアスケートに携わる者として、この振る舞いは受け入れられるものではない。選手すべてのファンにはならなくても、選手全員を尊重しなければいけない」と怒りのコメント。

    当のメドベージェワはインスタグラムのストーリーズ機能を更新し「サポートと優しい言葉をありがとう。
    私は全然気にしてないわ。
    この手紙は私を傷つけるものではなかった。
    こんなことは1度や、2度、3度目でもない。
    今日のショーは関係なく素晴らしかった。
    楽しんでくれることを願っています。
    PSジョニー・ウィアーのような最高の友達は私にはもったいないわ。
    大好きです」とつづった。


    気になるのは手紙を送り付けた犯人。

    下世話なマスコミのことだから、こぞって犯人探しするかと思いきや…。

    現時点で送り主に関する報道はゼロ。

    〝らしくない〟のはナゼか? 週刊誌記者が声を潜めて語る。

    「マスコミはうすうす気付いているはずです。
    羽生(結弦)ファンが怪しいということを…。
    メドベージェワは羽生ファンを公言し、一部で密着ツーショット写真が流出したこともある。
    これが羽生ファンを刺激したことは言うまでもありません。
    ただ、怪しいとわかっていても、記事で匂わすことすらできないのが現状です」


    理由の1つは羽生ファンを敵に回すことのリスクだ。

    別の週刊誌記者によると「この業界では『浅田麻央と羽生結弦には手を出すな』という不文律があるんです。
    ともに熱狂的なファンがいて、わずかでもネガティブに報じれば、編集部に抗議電話が殺到します。
    対応していると仕事にならないので、いつしかマイナスな話はスルーするようになったのです」という。

     昨年7月には、歌手の斎藤和義が仙台公演のMCで羽生と下ネタを絡めた〝妄想トーク〟を展開。

    これにブチ切れた羽生ファンが猛抗議した結果、公式ホームページで「この度、弊社所属の斉藤和義が羽生結弦さんのイメージを損なうような話をしてしまい、ご本人またファンの方々に不快な思いをさせてしまった事をお詫び致します」と謝罪するハメになった。


    2つ目の理由は、日本スケート連盟と羽生の関係性だ。

    本来ならば、率先して〝犯人確保〟に動かなければならない連盟が、〝羽生案件〟となると急に及び腰になるのだ。


    スポーツ紙記者の話。

    「いまや羽生の方が連盟よりも立場は上。
    ここ数年、羽生は出場大会を絞って、五輪や世界選手権など、実績になる大会にしか出ようとしないが、そんなことがまかり通るのは、彼だけですよ。
    連盟は彼の機嫌を損ねないよう、細心の注意を払っている。
    今回の中傷問題でも御用マスコミには裏で『羽生と絡める報道はしないように』とお達しがあったとか。
    破れば今後の取材拒否などのペナルティーが課される可能性もあった」

    4月にはネット上で羽生を誹謗中傷する記事作成の募集あったと話題になったが、連盟は「取り得る必要な措置を講じていきたい」と即座に反応。

    メドベージェワの時とはえらい違いだ。

    そう考えると、結局うやむやのまま幕引きとなりそうだ。


    https://tocana.jp/2019/06/post_99349_entry.html

    所長見解:どうなんやろね・・・
    【【闇深】フィギュアスケート・メドベージェワの「不幸の手紙」問題をマスコミが一切報じない理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フィギュアスケート選手の高橋大輔選手が、9日放送の日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」(毎週日曜あさ9:55~)に出演。

    スケートを始めたきっかけや理想の女性について語った。


    ◆フィギュアスケートを始めたきかっけは「裏山にスケートリンクが出来たから」

    岡山県出身の高橋選手。

    子供時代、「最初は体操がしたかった」ものの両親は共働きで忙しいため送迎が難しくあきらめていたところ、偶然にも「家の裏の山にスケートリンクが」オープンしたのだという。

    「すぐ行けるから」とスケートを習うことに決定したものの、当初は「男らしくなる」とホッケーを進められたという。

    しかし当時「ちょっと弱々しい子だった」ためにホッケーの防具を持っても「怖くて嫌に」なり、8歳で“ホッケーではないスケート”のフィギュアを始めることに。

    フィギュアスケートに「憧れてとかではなくて…」と意外なきっかけを明かした。

    また、兄弟が多く裕福とは言えなかったため、高額なスケート練習代を捻出するために家族が全力でサポートしてくれた逸話も語られた。

    i


    ◆高橋大輔、好みの女性は「性格がきつい人」

    現在独身の高橋選手だが「結婚願望はない」ときっぱり。

    「子供はやっぱりほしいと思いますけど、無理しては…」と消極的なコメントを。

    好みの女性は「結構性格がきつめ」「はっきり物を言う」人、だと明かす場面もあった。


    画像①

    http://news.livedoor.com/article/detail/16592019/ 



    所長見解:聞くなよ・・・

    【【悲報】フィギュアスケート・高橋大輔選手、好みの女性のタイプを明かす問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    現在、日本のアイスショーに出演中の、フィギュアスケート女子平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(19)=ロシア=が、「日本人はみんながお前を嫌っている。ロシアに帰れ!」などと英語で書かれた中傷の手紙を受け取っていたことが8日、分かった。

    s


    同じくアイスショーに参加しているジョニー・ウィアー氏が手紙の内容に憤り、ツイッターなどに投稿。

    手紙には「DEVIL(悪魔) 日本から出て行け。
    日本でお前の顔を見たいと思っている人はいない。
    日本人はみんながお前を嫌っている。
    ロシアに帰れ!
    日本から出て行け!
    TCCから出て行け!」などと見るに堪えない言葉が並んでいた。

    ロシアの国営通信社タス通信によると、TCCは練習拠点のトロントクリケットクラブだという。

    ウィアー氏は「私たちのスケート仲間の一人が今日、“ファン”からこのメッセージを受け取りました。
    長くフィギュアスケートに携わる者として、この振る舞いは受け入れられるものではない。
    選手すべてのファンにはならなくても、選手全員を尊重しなければいけない」と、怒りをつづった。

    ウィアー氏は選手の名前は公表していなかったが、メドベージェワ自身が自身のインスタグラムのストーリーズ機能を更新し、「サポートと優しい言葉をありがとう。
    私は全然気にしてないわ。
    この手紙は私を傷つけるものではなかった。
    こんなことは一度や、二度、三度目でもない。
    今日のショーは関係なく素晴らしかった。
    楽しんでくれることを願ってます。
    PSジョニー・ウィアーのような最高の友達は私にはもったいないわ。
    大好きです」とつづった。

    日本でも人気のスケーターへの誹謗中傷に、ロシアメディアも一斉に報じた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000001-dal-spo

    画像▼
    https://the-ans.jp/wp-content/uploads/2019/05/20190510_medvedeva_gi.jpg
    https://the-ans.jp/wp-content/uploads/2019/02/20190223_Medvedeva-2.jpg

    所長見解:なんでなの?・・・

    【【誰の仕業?】日本でアイスショーに出演中のメドベージェワに「日本人はみんながお前を嫌っている。ロシアに帰れ!」←これ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ