フィギュアスケート

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本誌直撃に小塚は…

    離婚に向け別居していることが報じられている、元フィギュアスケート日本代表の小塚崇彦氏(29)と元フジテレビの大島由香里アナ(34)夫妻について、小塚氏に2年前から親密な女性がいたことがわかった。

    2人の関係を知る知人に話を聞いた。

    「彼女はユミさん(仮名)と言って、愛知県で働く25歳の女性です。

    no title


    ユミさんが小塚さんと知り合ったのは、2016年の暮れ。

    名古屋市内の飲食店で、お互いグループで隣の席で飲んでいて意気投合し、赤ワインで盛り上がった。

    結局最後は、男女2対2で小塚さんのマンションに行って、酔ってその日のうちに関係を持ったそうです」

    2016年の暮れといえば、大島アナは妊娠6カ月。

    小塚氏と大島アナは2016年2月に結婚していたが、しばらくは別居婚を続けていた。

    出会ってから、小塚氏はユミさんをたびたび呼び出して飲むようになった。

    「会うのは月に1、2回。一緒に飲む人には『友達』と言っているけど、気づく人は気づいてました。
    飲んだ後は、いつも小塚さんの自宅マンションに行っていたそうです。
    ユミさんは『家には赤ちゃんの服や、ベビーベッド、ぬいぐるみや、奥さんの化粧品まである。
    年賀状が置いてあったりもする』と話していました」(前出の知人)


    大島アナは、2017年4月に長女を出産。

    その年いっぱいでフジテレビを退社し、2018年1月から、小塚氏の実家から約300メートルの距離にある名古屋市内の高級マンションで同居を始めた。

    それでも大島アナの留守を狙って、小塚氏は夫婦の部屋にユミさんを呼んでいた。

    「さすがに気が引けたのか、夫婦のダブルベッドではなく、別の部屋にある小塚さんのシングルベッドを使っていたそうですが。
    小塚さんは、ユミさんの使った洗面台やトイレなどを、後できれいに掃除していたそうです」

    だが、前出の知人によると、いまはもう、小塚氏とユミさんは会っていないという。

    「今年の6月ごろが最後ではないでしょうか。
    あることでケンカをして、それっきりだそうです。
    もともと、ユミさんのほうは、小塚さんと付き合っているつもりはなかった(笑)。
    それでも2人の関係を後悔していたようでした。
    小塚さんのほうは、懲りてないでしょうね」
     

    小塚氏に連絡し、この件についてメールで回答を求めたが、返信はなかった。

    12月15日、東京・二子玉川で行われたスケートイベントに出演を終えた小塚氏に声をかけたが、記者の呼びかけには一切応じず立ち去った。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15752337

    所長見解:こらあかん・・・

    【【これはゲスい】フィギュア・小塚崇彦氏、大島由香里アナの妊娠中に自宅で不倫の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《本日の別居報道に関しまして、お騒がせし、ご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。
    現在私ども夫婦で話し合いを重ねておりまして、ご報告できる段階にございません》

    12月3日に一部スポーツ紙で、フィギュアスケーターの小塚崇彦と、フリーアナウンサーの大島由香里の別居が報じられ、小塚は当日に自身のブログで騒動を詫びている。

    「'16年2月に結婚し、'17年4月には第1子となる女児が誕生しています。
    生活の拠点は小塚さんの地元である名古屋に置いていたようですが、2か月ほど前に娘さんを連れて大島さんが上京する形で、別居がスタートしました」(スポーツ紙記者)

    k


    小塚の多忙さが、今回の別居原因のひとつだという。

    「小塚さんは仕事をバリバリこなしていますが、そのためになかなか名古屋に戻ることもかなわなかったようです。
    トヨタのレーシングチームに所属しているほか、オリンピックアンバサダーとしてスポーツ普及にも貢献。
    アイスショーへの出演や、幼児・児童のためのスケート教室、講演会……と、全国を飛び回っているんです」(同・スポーツ紙記者)

    大島も名古屋でラジオDJの代行を行うこともあれば、仕事で東京に出てくることもある。

    しかし頼りたくても夫はおらず、“ワンオペ”で家事に仕事に育児にと大忙しだったのだ。

    「別居以前から、小塚さんが自宅に帰ることは少なかったそうです。
    一家の自宅は、彼のお父さんのマンションからかなり近かったようで、大島さんが娘さんを連れて、お父さんの家を訪問する姿は見かけましたが、小塚さんの姿を見ることは少なかったです。
    大島さんは仲よしのフィギュアスケーターの鈴木明子さんにも相談していたようです」(ふたりの知人)

    小塚が多忙ではしかたがないようにも思えるが、ふたりの知人は首を横に振る。

    「小塚さんが帰ってこない理由が、多忙のためだけではないから怒っているんです。
    本当の理由は“夜遊び”。
    夜な夜な繁華街に出かけていたようで、飲み会ゆえに家へ帰らない日も多かったんですよ。
    大島さんは頭を抱えていました」(同・ふたりの知人)

    小塚が夜遊び好きというのは、アスリート界隈では有名な話だった。

    つづく


    週刊女性プライム
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181210-00014026-jprime-ent


    所長見解:見かけによらず・・・

    【【衝撃事実】フィギュア・小塚崇彦と女子アナ・大島由香里の別居原因がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フィギュアスケートのグランプリシリーズ第5戦ロシア杯で、五輪2大会連続金メダリストの羽生結弦(23)が優勝した。

    羽生は公開練習中に転倒し、右足首を故障。

    急きょ、演技構成を見直して優勝し、松葉杖姿で表彰台に上るシーンに世界中が感動したのである。

    「ただ、予定されていたエキシビションの出演は見送りました。
    今までの羽生なら、松葉杖をついてまで人前には出なかったはず。
    かなり重症と見ていいでしょう」(スポーツ紙記者)

    no title

     
    言うなれば、平昌五輪の“再演”である。

    羽生は昨年11月のNHK杯前の公式練習中に重傷を負った。

    一時は選手生命すら危ぶまれたが、GPファイナル、世界選手権、そして平昌五輪の団体戦まで回避し、ぶっつけ本番で金メダルを獲得したのだ。

    ロシア杯での羽生の姿に当時を重ね、再び涙したファンも多かったようだが、事態は思ったより深刻だ。

    「痛めた箇所が、同じ右足首なんです。
    ロシアの病院で診察を受け、『3週間の安静』と診断されました。
    額面通りに捉えれば、12月6日開幕のGPファイナル、同20日の全日本選手権は出場できません。
    本人は『出る』と言っていますが…」(同)
     
    周りの関係者は、「今回は無理をするべきではない」と、必死で説得に当たっているという。

    「帰国後、羽生はもう一度、日本の大きな病院で診察を受け直す予定です。
    羽生はセカンドオピニオンとして、早期復帰を後押しするような結果を期待しているが、周囲はヒヤヒヤですよ」(連名関係者)

    関係者たちが最も懸念しているのは、「同じ箇所の故障」であること。

    けがを負った原因も同じ着地の失敗で、けがが慢性化することを恐れているのだ。

    「羽生は12月で24歳になります。
    他競技のアスリートからすれば、これから脂の乗ってくる年齢ですが、フィギュアスケーターとしては早くも年齢的な問題がチラついてくる。
    次第に無理も利かなくなってくるはず。
    けがと強行出場の繰り返しになれば、選手生命が短くなることも避けられないでしょう」(同)

    ナルシストとしても金メダル級の羽生くん。

    少女マンガの王子様よろしく、傷つきながらも最後は勝つ自分に酔いしれているフシもある。

    それに熱狂するにわかファンは別だが、本当のフィギュアスケートファンは少しでも長く彼の演技を見続けたいと願っているはずだ。

    今回だけは、どうか考え直していただきたい。

    https://npn.co.jp/article/detail/38422286/


    所長見解:しっかり治してほしいね・・・

    【【ユヅリスト激怒】フィギュア・羽生結弦はナルシスト病ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    本田望結 身長1m58に成長!全日本ジュニアへ「自分の演技に集中を」

    女優でフィギュアスケート選手の本田望結(14)が16日、大阪・キタのグランフロント大阪うめきた広場に17日オープンする特設アイススケート場「ウメダ☆アイスリンク つるんつるん」で初滑りを行った。

    今季のエキシビション用の楽曲をアレンジした独自プログラムに合わせ、大勢の観客が見守る中でダンスを披露。

    5年連続での抜てきに、「すごく楽しく滑らせて貰いました」と満足そうな表情を浮かべた。

    今年に入ってから身長が7センチ伸びて1メートル58になったことも告白。

    成長痛はなく、かえって「ジャンプも安定した」という。

    体重も増えたというが、こちらは数字は明かさず、「お母さんが管理してくれているから大丈夫」と力を込めた。

    女子フィギュアスケート界では2歳年上の紀平梨花(16)が先日行われたNHK杯で優勝したが「普段から一緒に練習しているし、大好き」と祝福。

    自身も23日から始まる全日本ジュニア選手権を控えており、「自分は自分の演技に集中するだけ」と話した。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/16/kiji/20181116s00041000259000c.html


    所長見解:大きくなったね・・・

    【【フィギュアスケート】本田望結が成長した結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    所長見解:大きくなったね・・・

    【【人気子役】最新の本田望結さん(14)がもう大人な件・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ