ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ファン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手の安室奈美恵(40)が日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)に出演することが22日、分かった。
    この日放送の最後に予告編で発表された。放送は来週29日。

    この日の本編が終わると「次週、イッテQ!史上最大のサプライズ」とナレーションとテロップ。
    イモトアヤコ(32)が大ファンの安室の台湾公演へ。
    「安室奈美恵と2ショット撮影を狙う」という番組側の指令に、イモトは「バカ野郎」。
    その後「それは、安室ちゃんと2ショットを狙う――パパラッチロケのはずだった」という意味深なナレーションとテロップが流れた。

    そして「あなたのファンになれて、本当に私は幸せでしたって心から思いました。ありがとう、安室ちゃん。25年間、ありがとうございました、本当に」とイモトの声に、安室が涙を流す1ショットが重なった。

    no title


    「次週、完全公開」とあおり、イモトの背後に安室が控える映像に「ええ?」というスタジオ観覧の声が…。
    最後は「次週 イモト感動の台湾ツアー 最愛の安室ちゃんと2Sを狙う」のテロップが表示された。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/22/kiji/20180722s00041000386000c.html


    所長見解:おもしろそう・・・

    【【イモト共演へ】安室奈美恵「イッテQ」出演がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手浜崎あゆみ(39)がバックダンサーのオーディション開催を告知したところファンから思わぬ批判の声が上がった。

    浜崎の所属事務所エイベックスは、浜崎のバックダンサーオーディション開催を発表し、3日からエントリーが開始された。
    浜崎も5日にツイッターでオーディション開催を告知。
    「最終審査には私も参加させて頂きます」と明かし「皆様からの挑戦状を、ドキドキワクワクしながらお待ちしております!!」と呼びかけた。

    しかしバックダンサーが増えることに賛成しないファンも多く、

    「ダンサーオーディション意味不明。ダンサー増やさなくてイイよ。むしろあゆだけで良い。ダンサーを見に行ってるんじゃないし、ホールの小さい所でやってほしい」

    「ダンサー増やすより曲数増やしてくれ~!!安室ちゃんみたく30曲!!ダンサーを見たいんじゃない!あゆの曲を聞きたいんだよ~」

    「一座一座ってなに?ダンサーふやしてなにがしたいの?あゆだけみたいのに!ダンサーだらけで一座一座で もうマンネリ」

    といった声が寄せられている。

    no title

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807060000350.html 

    所長見解:そうやな・・・

    【【批判殺到】浜崎あゆみ、ダンサー募集した結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    NGT48中井りか(20)が新幹線内で盗撮被害に遭ったことを明かし「勝手に撮らないで! いろんな意味で!!」と訴えた。

    n


    中井は2日、ツイッターを更新し「新幹線で爆睡してたら思いっきりパシャパシャ知らない人に撮られてて」と何者かに無断で写真を撮られたことを明かした。
    しかし当時、寝起きだったため怒る気力がなく「せめてかわいい寝顔がいいなと思って口元ニコってしながらもっかいねた」と撮られるがままにしていたという。

    それでも先月には一部週刊誌でファンの男性との半同せいを報じられたばかりの中井だけに「『勝手に撮らないで!』 いろんな意味で!!」と、週刊誌を牽制(けんせい)するかのように呼びかけた。


    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/akb48/news/201807020000520_m.html?mode=all

    所長見解:しらんな・・・

    【【激怒】NGT48・中井りか、寝顔を無断撮影された結果wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title



    所長見解:怖いよ・・・

    【【何これ怖い】嵐・二宮ファン、伊藤綾子の麺の食べ方に激怒の模様・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    サッカーW杯ロシア大会で日本がコロンビアを2―1で破る奇跡の勝利を挙げた日本時間19日深夜、東京・渋谷は歓喜のあまりサポーターたちが大暴れ。
    痴漢が出現し、女性が襲われるなど、収拾がつかない異常事態となった。
    混乱状態に陥った夜の渋谷を本紙が徹底取材した。

    no title


    渋谷のスポーツバーは予想外の勝利に盛り上がった。
    前半3分にコロンビアのサンチェスがハンドで退場になると、「あいつ、帰国したら射殺されるぞ」と優勝候補ながら1次リーグで敗退した1994年米国大会後、オウンゴールを理由に射殺されたDFアンドレス・エスコバルの悲劇を思い出したのか、心配するサポーターも。

    あるクラブでは約400人がテレビ観戦。
    店の責任者によれば、今回の入場者数は4年前のブラジル大会より大幅に減少したという。同責任者は「前回のW杯は1000人くらい入ってウハウハでした」。
    それほどまでに期待されていなかった中での勝利に、店内は喜びと熱気に包まれた。

    サポーターたちがそれぞれの店を飛び出して向かった先は渋谷の象徴・スクランブル交差点。
    W杯ではすでに恒例になった交差点のバカ騒ぎは今回も同様だった。
    センター街側の騒ぎぶりは、遠目から見ると大量のゾンビの群れのような迫力がある。
    近づくと、「パリン!」「パリン!」とアルコールの瓶が道路に叩きつけられて割れる音が響き、渋谷はサポーター暴徒化の様相を呈した。

    横断歩道では信号が青になるたびに、ユニホームを着たサポーターらがハイタッチを開始。それに紛れて悪質な痴漢行為も多発。
    女性に群がるゾンビ化した男たちも現れた。

    彼氏と渋谷の店へテレビ観戦に来た大学2年の女性は、駅へ向かうために横断歩道を渡った時、将棋倒しに巻き込まれ、下敷きになった。

    この女子大生は「かなり押されて人が乗ってきて踏まれたので、靴が脱げた。ズボンの中に指を入れられた」と半泣きで彼氏に訴えた。
    それを聞いた彼氏はダッシュで靴を捜しに行き、靴は見つかった。

    前回大会で横行した女性の胸を触る“パイタッチ”も確認された。
    ジャンプしながら「ニッポン! ニッポン!」と叫ぶ円陣の中にいる女性の胸を、おもむろに近づきわしづかみにする痴漢も現れた。
    片方の腕で胸を守り、もう片方の腕でハイタッチしていた女性もいる。

    過激化した一部の男性サポーターは、交差点近くの地下道入り口によじ登り、赤い発炎筒をたいて喜びを表現した。

    負けたとはいえ、コロンビアサポーターもバカ騒ぎでは一歩も譲らない。
    宇田川交番周辺では、黄色のユニホームを着た30人余りがサルサの音楽を鳴らして酒盛りに興じていた。
    体形が“ボンキュッボン”の美女同士が抱き合って熱いベロチュ~を路上で披露するなど、負けてもラテンのノリを見せつけた。

    しかし、目つきの据わりだしたマッチョな南米男性らは両手を広げて、通りすがりの自動車を無理やり止めると、持っていたアルコールを後部座席の男性に強制的に飲ませた。
    続いて今度はなんとハンドルを握るドライバーにまで酒を飲ませようとする暴挙に。
    目と鼻の先に交番があるため、ドライバーも交番を指さして「交番! 交番! 飲めない!」と必死に攻撃を振り切った。

    ただし、過去の大会時に比べると盛り上がりのボルテージは低めだったという。
    以前は騒ぎのピークが3時間以上も続いたが、この日は1時間もすると人の数は減っていった。
    スクランブルの斜め横断を禁止してシステマチックな交通整理で対応した警察も、早期に斜め横断の規制を解除するなど安定モードの“試合運び”だ。

    センター街の衣料品店では、閉店時間を延長して日本代表ユニホームを販売したが、アテが外れた。
    「勝ったから売れると思ったけど、5着も売れなかった。1か月前から販売しているけど、全然売れてない。在庫がさばけるくらいには売れてほしいが…」とこぼしてシャッターを閉めた。

    列島が真に「熱狂」するのか否かは、日本時間25日午前0時のセネガル戦の結果次第だ。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14891953/


    所長見解:行くなよ・・・

    【【女性は危険】サッカーW杯、渋谷狂乱の夜がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ