ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:ファン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元『AKB48』の島崎遥香に、ついに引退説が持ち上がった。
    島崎は2016年にAKBを卒業。
    “脱アイドル”のつもりか、女優1本で行くことを明言していたが、とにかく島崎のファン嫌いはネット中心に批判の嵐だった。

    「劇場に足を運び、握手権の入っているCDを大量購入してくれるファン。
    自分の生活な糧なのに、そんなファンを『キモオタ』と呼び、迷惑な限りだと言い放ってきたのが島崎。
    そんなファンとの肝心な接点である握手会は、理由をつけて欠席するのが当たり前。
    『なんであんなネチャネチャのキモい手を握らなきゃならないの。ヤダ!』とはっきり言ったほど。
    “塩対応”なんて言葉、ジョークにもなりません。
    完全にアイドル失格です」(AKBライター)

    選抜総選挙では2014年の7位、15年の9位、16年の8位と、「次こそトップ5入りは確実」と言われながらサヨナラ。
    辞める直前には「明日にでもいなくなっていい」とまで言ったのだから、根っからAKBが嫌いだったのだろう。

    「本人から出たということになっていますが、みんなから嫌われて辞めざるを得なかったといいます。
    彼女はAKBの9期生としてグループ入り。
    『9期生はみんな仲がいい』などと言って、テレビで私生活も映したこともある。
    でも、そのメンバーも彼女のファンを無視した行動について行けずシカト。
    局、誰も友だちがおらず、みんなに『出ていけ』と言われて辞めるハメになった。
    だからAKBグループでは彼女を“惜しむ話”は全く出てきません」(同・ライター)


    ■塩対応から一転ファンツアーへ

    ソロデビューした17年こそ連続ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ)、連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)などに出演。
    主役ではなくとも、それなりの活動だったが、今年に入って出番が激減。
    チョイ役すらなくなった。

    「“塩対応”なんてのは、要は仕事に責任感がなく、ファンを金集めの道具としか思っていない証拠。
    結局は態度が悪いから金づるも遠のいたってことです」(芸能プロ関係者)

    ところが驚いたことに来る10月12日、島崎はファンと一緒に行く『ぱるると行く!九周年九州旅行ツアー!』なる2泊3日の企画を開催。
    ファンと親睦を深めるというのだから大笑いだ。

    p


    「完全に尻に火がついた感じ。
    年内ドラマは日曜10時過ぎの日本テレビドラマ『今日から俺は!!』にゲストで出る程度。
    単にワガママというより、何にでも文句を言うのが彼女。
    干されるというより、みんなに敬遠される感じでしょう。
    ファンツアーなんて落ち目の元『モーニング娘。』の連中がよくやっていた手口で、完全に引退前の荒稼ぎでしょうね」(前出のAKBライター)

    どんな犯罪者でも復帰可能な甘い甘い芸能界だが、ファンをバカにした態度で生き残るのは、さすがに厳しいのかもしれない。

    https://myjitsu.jp/archives/63939


    所長見解:そらあかん・・・

    【【塩対応】元AKB・島崎遥香、ついに引退説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ「とんねるず」が公式サイトで、今年12月31日をもってオフィシャルファンクラブを閉会すると発表した。

    t


    1日にサイトを更新。
    「とんねるずオフィシャルファンクラブTN Loungeより大切なお知らせ」というエントリーで「いつもとんねるずを応援いただき、ありがとうございます。とんねるずオフィシャルファンクラブTN Loungeは、今後の運営について協議した結果、2018年12月31日(月)をもって閉会することとなりました」とし、「10月1日13時をもちまして、新規入会の受付を終了させていただきます」と受付終了も報告した。

    「当ファンクラブを通じ、とんねるずを応援してくださった皆様に心から感謝いたします。また、至らない点が多々ありましたことを心からお詫び申し上げると共に、皆様にご協力いただきましたことをスタッフ一同この場をお借りして御礼申し上げます」とファンクラブ会員に感謝した。

    今後のとんねるずについては「とんねるずへの変わらぬご声援を、何卒よろしくお願いいたします」としている。

    ネット上ではファンクラブの会員が

    「約30年以上も続けてきたファンクラブが閉会するお知らせがきてた。ショックだ…」「昔入ってました。寂しいです」
    「最後の最後までファンクラブ会員でいます。ありがとう!」

    などの声が寄せられた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/02/kiji/20181002s00041000248000c.html


    所長見解:いまさら・・・

    【【解散か?】とんねるず、公式ファンクラブが終了ってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手・安室奈美恵(40)が引退前日となる15日にラストライブを行う故郷の沖縄県には14日、国内外からファンが続々と集結した。

    m


    惜別の思いを胸に、ファンが安室のために活動する“アム活”もいよいよクライマックス。
    沖縄市内で開催中の展示会は、前売り券、当日券ともに初めて完売した。
    ライブ会場となる沖縄コンベンションセンター周辺には、リハーサルの音漏れを期待したファンの姿があった。

    那覇空港では縦70センチ×横4メートルの看板の安室が、ファンをお出迎え。
    観光ブランド「Be.Okinawa」をPRするものだが、1週間限定掲示とあって、ファンが次々とスマホで写真に収めた。
    関係者によると、10日間で1万回だったブランドのホームページアクセス数は、先月の安室起用後に18万回以上に跳ね上がったという。

    8月2日から引退日まで続く展示会「Final Space」沖縄会場は、ラスト3日間は前売り券1550枚ずつを売り出したが、すでに完売。
    この日は1000枚用意された当日券も、午後1時40分にはすべてなくなり、入場待ち6時間という大フィーバーになった。

    お手製のライブ衣装で福岡から来場した本多アヤさんは、「私にできるのは感謝の気持ちを込め、安室ちゃんのコスチュームを(まねて)作ること」としみじみ。
    秋田から訪れた佐々木志穂さんは、生まれつき耳が不自由だったというが、「10年前に手術し、初めて歌を感じた時は涙が流れました。私に音楽を教えてくれたのは安室さん」と思いをあふれさせた。
    シー・ペイ・チュンさんは「きちんとお別れのあいさつをしたくて」と台湾から海を渡ってきた。

    ラストライブ会場に隣接する、ぎのわん海浜公園には20人ほどのファンが集まり、大阪府の出田幸江さんは「チケットは取れませんでしたが、リハーサルをされてるでしょうし、少しでも近くにいたくて」と安室愛を全開に。
    園内では本番の音漏れを聞こうと、ビニールシートで翌日の場所取りをするつわものも出現した。
    15日に“奈美恵狂騒曲”が奏でられるのは必至だ。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000006-dal-ent


    所長見解:明日は?・・・

    【【沖縄降臨】安室奈美恵、最後のコンサートがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    レコード会社・エイベックス主催の音楽フェス「a―nation」が26日、東京・味の素スタジアムで行われ、大トリを浜崎あゆみ(39)が飾った。

    各スポーツ紙によると、2002年に始まった同イベントに浜崎は今年で17年連続17回目の出場。
    そのうち15回目となる大トリをつとめたという。

    浜崎は47人の女子ダンサーを引き連れ、黒いセクシーボンデージ衣装で「W」、「HANABI」などを歌い、観客を盛り上げたというのだが…。

    no title


    「大トリの浜崎まで居残ると、帰宅するのが困難になるため、浜崎の出番中に観客が帰るのは毎年恒例の景色。
    とはいえ、前日のトリは東方神起だったが終了まで客席はビッシリ。
    それに対し、浜崎は登場前から空席が目立ち、例年以上の“空席祭り”でした」(会場にいた業界関係者)

    一部スポーツ紙によると、この日は歌手の出演順を事前に発表。

    これまでは幅広く多くのアーティストを見てほしいとの思いから事前に発表することはなかったが、猛暑のためお目当ての歌手の出番前に長く待つことのないようにという主催者側の配慮がなされたというのだ。

    「浜崎の前には集客が期待できる三浦大知や韓国の人気グループ・EXOがパフォーマンス。それもあり、浜崎の登場前に空席が目立ってしまった。
    本来ならば集客力のない浜崎を大トリから外すべきだが、エイベックスにとって多大なる功労者だけに、本人の申し出がない限りは外せない」(同前)

    今年、デビュー20周年にもかかわらずまったく盛り上がらない浜崎。
    そろそろ“白旗”を上げた方がよさそうだ。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180828-71673521-jitsuwa


    所長見解:お浜さん・・・

    【【a―nation】大トリ・浜崎あゆみ、例年以上の空席祭りの結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    体調不良による芸能活動の無期限休止が発表されたのは、8年10か月も前のこと。
    往年のファンは、中森明菜の“完全復活”を待ちわびている。

    「現在も実質的には芸能活動は休止中といえる状態ですが、'16年末に7年ぶりとなるディナーショーを開催しました。

    n


    '17年末のディナーショーでは、前年より規模を拡大し、14都市で計18ステージを披露。
    チケット代は5万円という高額だったにもかかわらず即日完売。
    追加席が売り出されましたが、そちらもすぐに売り切れました」(レコード会社関係者)

    '17年のディナーショーのタイミングでは、デビュー35周年を記念するオリジナルアルバムとカバーアルバムが同時発売された。
    これを機に復活が期待されたが、「アルバムとディナーショー以外の活動は、やはりありませんでしたね……。
    チケットは争奪戦となりましたし、ディナーショーのタイミングに合わせてテレビに出演してくれたら、彼女に直接会えなかったファンも喜んだと思いますが、なかなかそこまでは難しいようでした」(同・レコード会社関係者)


    会報にファンは落胆

    年に1回のディナーショー以外で、ファンと明菜をつないでいるのは、ファンクラブ会員に向けて年に3回、不定期で発行する会報だ。

    「ページ数も少なく、最近の明菜さんの写真などもありませんが、毎回、彼女からファンに向けたメッセージが掲載されています。
    彼女の直筆を印刷したもので、すごく特徴的な字で可愛いんです(笑)。
    生歌を聴けるディナーショー以外で明菜さんの“声”を聞けるのはここだけなので、ファンは毎号楽しみにしています」(明菜ファンの女性)

    しかし、8月上旬に会員に届いた会報には、ファンを心配させ、また落胆させるメッセージが綴られていた。

    「最新号の明菜さんのメッセージは、《さみしいねぇ…ほんとォーに…みんなに…会いたい…でも…無理かもぉー》という言葉から始まっていました。
    昨年のこの時期に届いた会報には、年末のディナーショーの案内があったのですが、今年はそれがないので、彼女の言葉から考えても今年はディナーショーがないということでしょうね……。
    《最近では…むかしの…映像とか…色んなところで…見れるでしょ!!》というような言葉もあり、寂しくなりました」(同・ファンの女性)

    今年の明菜は、ディナーショーのほかにも夏に東京と神奈川でライブが計画されており、会場も仮押さえされていたという一部報道もあったが、「春までは順調な回復で夏のコンサートに冬のディナーショー開催も念頭に入れていたのですが、その後、再度体調を崩し、ディナーショー開催も危ぶまれている状態で、先行きは未定となっています」(前出・レコード会社関係者)

    今年のディナーショーなど今後の活動について、所属レコード会社に問い合わせてみたが、担当者不在のため期日までに回答は得られなかった。

    生で、もしくはテレビであの歌声を─。
    ファンの“デザイア”に、彼女が応えるのは、次はいつになるだろうか。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15190940/


    所長見解:復活してほしいね・・・

    【【あの人は今】中森明菜の絶望的メッセージがコチラ・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ