ピエール瀧

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◇ピエール瀧被告に懲役1年6月、執行猶予3年判決

    瀧被告は今後どうするのか。

    関係者によると、年内にも新曲作りなどの音楽活動を再開するのではという見方が浮上している。

    保釈後の4月半ばから東京都小平市の医療施設へ週1回のペースで通院。

    臨床心理士による再発防止プログラムを受けており、全24回で現在残り19回。

    今秋にも終える見通しで、この治療の終了後に自主制作盤などの作製に入るとみられる。

    初公判で瀧被告は「音楽を作ることはこれからもやっていく」と俳優業はやめ、ミュージシャンとして活動していく意思を示していた。


    m


    ミュージシャンの薬物事件では、ASKAが14年9月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた後、執行猶予期間中に自主制作盤をリリース。

    執行猶予が明けた18年11月に公演活動を解禁した。

    音楽関係者は「ASKAさんのように執行猶予中はステージに上がらず、インディーズ(自主制作)で細々とリリースする分には批判が起きないはずだ。時期をみて配信曲の販売などをしていくのでは」と指摘する。


    活動再開を急ぐのは、金銭面で切羽詰まった実情がある。

    事件で発生した損害額は芸能界史上最多の5億円超ともいわれている。

    逮捕で解雇された前所属事務所と折半したとしても負担は数億円。

    無職の瀧被告は経営していたおでんバーも廃業し、早急に収入源を探さなければならない。

    初公判でも「明るい展望はないに等しいが、どうにかして家族を養っていく責任がある」と切実に訴えていた。

    また、初公判の法廷に情状証人として立った医師も「薬物を断つために必要なのは社会における居場所と経済的安定」と明言。

    ストレスのかからないように音楽活動を始めることが再犯防止の環境にもつながるようだ。

    執行猶予が明ける3年後に本格復帰し、テクノユニット「電気グルーヴ」として復活する可能性もある。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000080-spnannex-ent

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190619-00000080-spnannex-000-view.jpg

    所長見解:そうやね・・・

    【【復帰へ】ピエール瀧、音楽活動再開の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    麻薬取締法違反罪に問われているミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)の初公判が5日、東京地裁で開かれた。

    瀧被告は俳優としての仕事のストレスを発散するためにコカインを常用していたと告白。

    俳優業をやめ、家族の支えのもとで更生していくと誓った。

    薬物依存の治療後、ドイツに移住し音楽活動を展開していくプランがあることも分かった。

    瀧被告は黒いスーツに紺色のネクタイ姿で出廷した。

    4月4日の保釈時よりも髪の毛も短く刈り込み、ややふっくらした様子。

    証言台の前に立つと、はっきりした声で質問に応じた。

    p


    小野裕信裁判長に職業を聞かれると「ミュージシャンをやっていましたが、事務所を解雇されたので無職と言えるかもしれません」と遠回しな表現で回答。

    石野卓球(51)と組むバンド「電気グルーヴ」の一員である自負をのぞかせた。
     
    小野裁判長に今後を聞かれ「楽曲制作は相方(石野)が主導しているけど、音楽を作ることはこれからもやっていきたい。
    バンドの中で足並みをそろえて、協力のもとでやっていかせてもらえたら」と、電気グルーヴで活動していくことを望んだ。

    「具体的に話をしているのか?」と問われると「彼(石野)の身の回りにも迷惑をかけてしまったし、そういう話には及んでいない」と述べるにとどめた。  
     
     
    しかし関係者によると、瀧被告の薬物依存の治療が終了後、ドイツを拠点に活動していくプランが浮上している。

    日本では復帰の道筋が険しいのに対し、ドイツは薬物事件の前科者に寛容な社会である上に、テクノの本場。

    電気グルーヴとしてもCDセールスが好調で、公演実績もある。

    瀧被告は「事務所を解雇されているので明るい展望はないに等しいが、私にも家族がいるので、どうにかして養っていく責任がある」と、わらにもすがる思いであることを明かした。

     
    更生の鍵を握るのは家族だ。

    瀧被告はコカインを常用した理由を「仕事のストレスを夜に1人で解消するためだった。
    深夜に帰ってきて(ストレスを発散するために)家族を起こすことには迷いがあった」と説明。

    妻は嘆願書で「注意して監督していきます」と更生に付き添う意思を示した。

    瀧被告のドイツ移住が実現した場合、現地でサポートできるかも鍵になりそうだ。

    瀧被告は「こんな事件を起こしても家内は離婚とかひと言も言わなかった」と感謝。

    保釈後は自宅で家族のために料理などの家事をしているという。

     
    コカインを譲り受けていた知人の通訳業の田坂真樹被告(48)の連絡先は消去し、コカインを使っていた別宅のマンションも今月末で賃貸契約を解約。

    「二度と手を出すことはありません」と話した。  
     
    検察側は懲役1年6月を求刑。

    弁護側は執行猶予付き判決を求めて即日結審した。

    判決は今月18日。


    《実家ひっそり》静岡県静岡市にある瀧被告の実家はこの日、1、2階の窓のカーテンが閉められ、ひっそりと静まりかえっていた。

    父親はインターホン越しに「テレビで報道されている通りで、何も答えることはありません」とだけ述べた。


    《更生プログラム担当医師が証言》瀧被告は現在、国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)に週1回通院し、更生プログラムを受けている。

    担当の医師が証人出廷し、瀧被告の状態について「依存度は軽症。依存症には該当しない」と述べた。

    臨床心理士によるプログラムは全24回で、瀧被告はこれまで4回受けた。

    終えるまで半年ほど要する見通し。

    同施設の「認知行動療法」は患者同士がグループディスカッションをするのが特徴だが、医師は「グループでやっているとマスコミが入ってきてしまう」と、瀧被告が特例で「個別」で受けていることを明かした。
     
    小野裁判長は「グループではなく個別で効果は?」と質問。

    医師は「(他の患者との)絆が生まれるメリットがないが、個別だと丁寧に治療が受けられる」と説明した。


    《傍聴券倍率60倍》瀧被告の初公判が開かれた東京地裁には、一般傍聴席21席に対して1266人が傍聴券を求めて長い列を作った。

    倍率は約60倍。

    待つ人の列は一時、数十メートルに及び、裁判の注目度の高さをうかがわせた。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/06/kiji/20190605s00041000457000c.html
    所長見解:どうやろね・・・


    【【逃亡】ピエール瀧、ドイツに移住説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴された「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が今秋公開の映画「宮本から君へ」に出演していることが16日、同作の公式SNSで発表され、「本作品の改編・追加撮影を行わず、劇場公開する」ことが明らかになった。

    公式ツイッターで「2018年9月29日から10月30日に撮影した『宮本から君へ』にはピエール瀧氏が出演しています」と瀧被告の出演を告知。

    「事件発覚後協議を重ねた結果、本作品の改編・追加撮影を行わず、劇場公開することを決定しました」と発表した。

    公式フェイスブックでも「映画『宮本から君へ』の公開に際してのお知らせ」と題し、告知を掲載。

    「映画『宮本から君へ』の本秋公開を楽しみにお待ちいただいている皆様へのお知らせがございます。
    本作品には、麻薬取締法違反容疑で逮捕、同法違反罪で起訴されたピエール瀧氏が本作に出演をしております」と瀧被告の出演を改めて明かし、「尚、本作品の撮影は昨年9月29日~10月30日の期間に完了しております。
    事件発覚後、映画『宮本から君へ』製作委員会は幾度となく協議を重ねてまいりました。
    その結果、ピエール瀧氏は、今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論に至り、製作委員会の総意として、本作品の改編・追加撮影を行わないまま、劇場公開することと致しました」と作品の改編・追加撮影を行わずにそのまま公開するとした。

    「議論を経ての結論であることをご理解頂ければ幸いに存じます。これからも本作の応援をよろしくお願いいたします」とファンに呼びかけた。

    e


    4月4日に保証金400万円を納付して保釈された。

    所属事務所はマネジメント契約を解除。

    初公判を6月5日。

    起訴状によると、3月12日ごろ、東京都内のマンションの一室でコカインを吸引したとしている。

    瀧被告の出演作品をめぐっては、大河ドラマ「いだてん」は俳優の三宅弘城(51)を代役として撮り直すことが決定。

    出演映画「居眠り磐音」(監督本木克英、17日公開)も奥田瑛二(69)を代役に出演部分再撮影を行った。

    また、4月5日に公開された映画「麻雀放浪記2020」は 映像の差し替えなどの措置はとらず、瀧被告の登場シーンもカットせずに上映された。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16466135/
    スポニチアネックス

    所長見解:まあね・・・

    【【復帰へ】ピエール瀧被告、今秋公開の映画に出演の模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ミュージシャンで俳優のピエール瀧被告(52)の事件で注目されている芸能人の薬物事情。

    一部では国民的人気を誇る人気男性タレントの名前までささやかれているというが、ここに来てあの人気俳優の動向も取り沙汰されている。

    瀧被告がコカインを使用したとして逮捕されてから約2カ月。

    その逮捕劇を受けて、さまざまなメディアでは次に誰が逮捕されるのかを予想する報道が相次いでいる。

    t


    「今回、厚生労働省の麻薬取締部が瀧被告を逮捕して世間にインパクトを与えたことで、当然ライバル関係にある警視庁も黙ってはいないでしょう。
    とくに警視庁は薬物事件の捜査上、麻取にはない“社会の風紀の乱れを正す”という啓蒙的な目的も有しており、『平成』から『令和』への時代の転換期というタイミング、来年の東京五輪開催に向けての国内の治安維持という観点から、いつも以上に捜査に力を入れることが予想されます」(芸能評論家)

    こうした背景もあり、著名人の新たな逮捕劇が注目されているというのだ。

    「巷で噂されている男性タレントに関しては、かねてから地元の反社会的組織の人間との古くからの親密な交際も取り沙汰されており、以前からウチも当局もマークはしています。
    ただ、薬物事件は“現行犯逮捕”が前提。
    警戒心の強いタイプだけに、なかなか尻尾を見せないというのが実情です」とは麻取関係者。

    今回逮捕された瀧被告にしても、取り調べでは「20代からコカインや大麻を使用していた」と供述している。

    かなりの長期間にわたる常習者にもかかわらず、これまで逮捕されなかったことをみれば、いかに薬物事件の逮捕が困難を極めるのかが容易に想像がつく。

    そうした中、最近捜査線上にあがっているのが若手人気俳優のXだという。

    Xといえば、端正なルックスで若い頃からドラマや映画などで活躍。

    年齢を重ねるにつれて露出を減らした時期もあったが、近年は演技派としても脚光を浴びている人気俳優の1人だが…。

    「実はXが昨年暮れ、芸能人も数多く出没する港区の都内有数の繁華街にある会員制のバーで、深夜に大暴れしたという話があって。どうも酒ではなく、大麻が原因だとささやかれています。
    もともと、その店は立地に加えて、一見さんお断りの“会員制”という特性もあり、著名人がお忍びで遊ぶには持ってこいの店なので、時々マークはしていたのですが大物が引っ掛かったというわけです」(前出の麻取関係者)

    この不穏な事態に、店側も一時期、Xを出入り禁止処分にしていたほどだ。

    Xの活躍を考えれば、瀧被告以上の影響が出かねないところだが、今後の動向に要注意だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000005-ykf-ent

    所長見解:誰やねん・・・

    【【極秘情報】若手人気俳優Xに大麻疑惑の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    現在放送中のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の視聴率が1桁台と低迷が続き、3月には出演するピエール瀧が麻薬取締法違反容疑で逮捕されるというスキャンダルにも見舞われるなど、マイナスの材料ばかりが目立っている。

    「業界では“『いだてん』は呪われている”と揶揄する声もあるなか、制作サイドは視聴率上昇に向けてあがいているようです。
    やはり、大河のファンは歴史モノが好きな人が多いので、現代に近い時代設定にしたことが大きな敗因でしょう。
    また、依然としてストーリーが“わかりにくい”という感想も多いようです」(テレビ局関係者)

    3月いっぱいで第1章であるストックホルム編が終了したが、脚本を担当する宮藤官九郎は出演したラジオ番組内でドラマの構想に5年の歳月を費やしたことを明かし、ドラマへの並々ならぬ熱意を語っている。

    p


    「ピエールの逮捕で、クドカンの努力も水の泡となりました。
    ピエールが逮捕された翌日、撮影現場では、まるでピエールは最初から出演していなかったかのように、出演者やスタッフからその話題は出ませんでした」(制作関係者)

    そんななかピエールの復帰について、一部からはこんな声も聞こえてくる。

    「NHKやスポンサーの力が強い民放テレビでの復帰は、確かに難しいでしょう。
    しかし、たとえば映画や舞台は、騒動が落ち着けばピエールを受け入れるでしょう。
    2月に逮捕された俳優の新井浩文に関しては、性犯罪ということもあり、復帰するとしても10年から20年はかかるといわれていますが、大麻不法所持での逮捕歴がある萩原健一が『いだてん』に出演した例もあるように、芸能界は薬物関連で事件を起こしたタレントに対しては、意外に甘いという風潮があるのは事実です。
    ピエールも俳優としては唯一無二の存在を誇っていただけに、近い将来、復帰の可能性は高いという見方が多いです」(テレビ局関係者)

    また、別の業界関係者もこう語る。

    「骨のある映画監督や舞台の演出家は、“この俳優を起用したい”と思えば、その俳優がたとえ過去に犯罪を犯していようと使いますよ。
    映画や舞台は見たい人だけがお金を払って鑑賞するので、不特定多数の人の目に触れるテレビと比べて、世間から理解を得られやすいという面もあるでしょう。
    俳優の過去や本人のイメージが役とリンクすれば、よりリアルに見えますから、そういう意味でも役者としては評価の高いピエールが復帰する日はそう遠くないといわれています」

    過去に性犯罪や違法薬物犯罪を起こしたものの、現在も芸能活動を継続しているタレントは多い。

    ピエール復帰に向けたハードルは低いのかもしれない。


    https://biz-journal.jp/i/2019/05/post_27779_entry.html

    所長見解:無理やろ・・・


    【【これは早い】ピエール瀧、芸能界復帰の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ