ビートたけし

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    彼女と出会って、殿は変わってしまった――。

    ビートたけし(72)の10年来の弟子で運転手を務めていた石塚康介さんは、「週刊新潮」11月14日発売号で、たけしの愛人とされてきた横井喜代子さん(仮名)からのパワハラ被害と提訴した事実、そしてたけしと横井氏との「真実」を明かしていた。


    石塚さんはさらに、たけしらによる「オフィス北野」の元社長・森昌行氏への“糾弾”の詳細も明かす。


    b


    コトが起きたのは2018年2月11日。

    東京都世田谷区にあるたけしの自宅兼事務所、通称「等々力ベース」だった。

    たけしはこの日、軍団と会計士ら約10人を引き連れ、森氏を取り囲んだ。

    「その日、殿と軍団は『金を貰い過ぎだ』『10億円なんてもんじゃないに決まってる』『株主総会になぜ呼ばない』『会社の株はどうなっているんだ』などと、延々とカネ絡みのことで森さんを追及していました。
    それも約3時間にわたって――」(石塚さん)


     
    石塚さんによれば、13年に横井氏と出会って以降、たけしはカネにうるさくなった。

    この“糾弾会”も、横井氏に影響されたたけしが、森氏の役員報酬が高すぎると思い込み、開かれたという。

    被害と提訴した事実、そしてたけしと横井氏との「真実」を明かしていた。



    【音声】たけし、「刀出せ!」の激高

    動画がコチラ

     

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17403956/

    所長見解:怒ってんな・・・
    【【閲覧注意】森社長に殴りかかるビートたけしの衝撃音声がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年3月末にオフィス北野を退所したビートたけし。

    その騒動の渦中を収めた音声が流出し、週刊新潮が報じている。

    当時社長だった森昌行(現代表、つまみ枝豆)をビートたけしの自宅兼事務所で取り囲んだ「糾弾会」が行われた。

    「糾弾会」が行われたのは2018年2月11日で、ビートたけしが退所すると発表される1か月前(発表は同年3月14日)。

    no title


    音声は一部聞き取りにくい部分もあるが、ハッキリ聞こえるのは森昌行が「殿自身が経営には……」と言いかけたところでビートたけしが「オイ、刀出せ」と激高する。

    音声が変えられてわからないが周りの人がそれを見て叫びながら「やめてよ」と止める音声も確認できるが更にビートたけしは「なめてんじゃねーぞ、コノヤロー」と詰め寄っている。

    「あなた、あなた本当にやめて」という女性の声も聞こえるが、それに耳も貸さず「てめぇ、いい加減にしろよ、コノヤロー」と怒りが収まらないビートたけし。

    少し落ち着いたビートたけしは「普通だったら、軍団もお前半端じゃねえぞ。お前、いいか? こんな、お前30年も騙され続けて、最後の最後にこのザマだぞ。この汚さ。見たか。え? 株もみんな返せよ」とここで音声は終わっている。

    詳しくは11月20日発売の週刊新潮で報じられるという。

    http://dailynewsonline.jp/article/2083654/

    所長見解:怖いな・・・
    【【音声流出】ビートたけしが森社長を恫喝「オイ、刀出せ」「なめてんじゃねーぞ、コノヤロー」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年の事務所独立騒動につづき、今年6月には糟糠の妻との離婚が明らかになるなど、ビートたけし(72)の「異変」が立て続けに取り沙汰されている。

    背景には、現事務所の取締役で18歳年下の愛人・横井喜代子氏(仮名)による“洗脳”があるとされる。

    たけしの運転手を務めてきた人物が、実名で告発する。


    b


    「私は7月30日にたけしさんの運転手を辞めました。
    殿をロールス・ロイスの白いファントムに乗せて仕事現場に送迎することも、もうありません」

    と証言するのは、2010年に弟子入りし、翌年6月から今年7月までの8年間、たけしの運転手を務めてきた石塚康介さん(41)である。

    石塚さんは、横井氏のパワハラによって自律神経失調症を患ったとして、彼女と事務所の「T.Nゴン」を相手に、1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

    13年にたけしが横井氏と出会って以降、スタイリストやマネージャーなど、多くの人がたけしの元を去って行った。

    「今回、私がこうして声をあげることで、彼女に苦しめられながらも沈黙せざるを得なかった人たちが、私に続いてくれたらなと思っています。
    そして世間の人に、殿を変えてしまった彼女の真実を知ってもらえれば幸いです」

     
    石塚さんによれば「横井さんは『自分の思うがまま』にならないと気がすまない」。

    たけしの仕事に口を出すようになったほか、オフィス北野のマネージャーやタレントの給料を調べ、“あなた会社に金を取られているだけなんじゃないの”とたけしに吹き込むこともあったという。

     
    運転手を務めていた石塚さんも、横井氏の監視下に置かれることに。

    待機や連絡の指示など、過剰なまでの“管理”がなされ、「事務所で待機していてやることがなかったので、ロールス・ロイスの給油に行こうとすると、それを横井さんが防犯カメラで監視していて、すぐに電話してきて『私に連絡してから行け』と言ってきたことも」

     
    深夜の連絡、休日であっても待機を強いられるといったパワハラ行為は加速。

    我慢の限界を迎えた石塚さんは、横井氏と口論になったことをきっかけに、辞意を告げる。

    その場にはたけしも同席していたが、「殿は終始無言でした」。

     
    橋本マナミに嫉妬し“共演NG”にした――など、横井氏の「真実」をつぎつぎと明かす石塚さん。

    11月14日発売の週刊新潮でくわしく報じる。


    「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00592630-shincho-ent

    所長見解:あれやね・・・
    【【実名告発】ビートたけしの元運転手、パワハラ被害で提訴の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フジテレビ「FNS27時間テレビ」(2日後6・30~3日後9・54)の27時間を通しての平均視聴率は5・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。


    f


    昨年の平均視聴率7・3%を下回り、歴代最低を記録した。

    番組のエンディングを飾る「グランドフィナーレ」(3日後6・00~9・54)は8・3%だった。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/05/kiji/20191103s00041000335000c.html

    所長見解:もうね・・・


    【【悲報】フジテレビの「27時間テレビ」の視聴率がコチラwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    5月から新元号“令和”が始まり、まだまだ全国的にお祝いムードが続いている。

    30年続いた平成の間には、『笑っていいとも!』『SMAP×SMAP』『めちゃ×2イケてるッ!』『さんまのまんま』(すべて、フジテレビ系)、『さんまのからくりTV』『チューボーですよ!』(ともに、TBS系)、スペシャルでの放送はあるがレギュラーとして終了した『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)などなど、数多くの人気番組が終了した。

    そこで今回は、「もう一度見たい“復活してほしいテレビ番組”」について、10~50代の男女100人に聞いてみた。

    v


    第3位は『SMAP×SMAP』。

    1996年4月15日~2016年12月26日に放送された、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の5人、当時のSMAPのバラエティ番組『スマスマ』。
    特に、番組前半の料理コーナー『BISTRO SMAP』が人気だった。

    この番組を選んだ人からも「また料理対決が見たい」(44歳/女性)という声が多く、他には「SMAPが好きなので」(46歳/女性/主婦)、「大好きな番組だった。楽しかったので」(20歳/男性/学生・フリーター)、「SMAPの仲が良かった頃の番組だから。またあの頃のSMAPが見たい」(34歳/男性/営業・販売)など、解散してしまったSMAPのメンバーが再びそろったところが見たいという人も多かった。


    第2位は、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)。

    1991年12月8日~1997年11月2日に放送されていたバラエティ番組で、ダウンタウンの松本人志と浜田雅功を中心に、今田耕司、東野幸治や、女優の松雪泰子、篠原涼子なども体当たりコントに挑み、人気を博した。

    この番組を選んだ人からは「すべて面白かった。特にコントが面白かった」(46歳/男性/コンピュータ関連技術職)、「めちゃくちゃなところが楽しかった。予測できない面白さ」(35歳/男性/公務員)、「昔ハマっていた。今では見られない内容」(37歳/女性/主婦)という理由が挙がっていた。


    日刊大衆
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190602-36037738-taishu

    所長見解:懐かしい・・・


    【【結果発表】復活してほしいテレビ番組がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ