バンド

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    便利な場所柄、芸能人を見かけることも多い目黒区内のドン・キホーテ。
    10月のとある夜、ここでキャップを目深にかぶったカップルに遭遇した。
    『GLAY』のTERU(47)と『PUFFY』の大貫亜美(45)夫妻だ。
    すっかり大きくなった一人娘も一緒である。
    芸能人出没エリアとはいえ、この夫婦が驚安の殿堂でお買い物とは、少々意外だ。

    40代半ばだというのに、デビュー当時と変わらない引き締まった小顔が印象的な亜美。
    一方のTERUは、革ジャンではなくトレーナー、細身ではなくゆったりしたパンツ、手にはビニール傘、とロックミュージシャンらしからぬ装いだ。

    買い物を終えた一家は、大きな買い物袋を手に駐車場へ。
    かつて日本の音楽シーンを席捲し、驚異的なCDセールスを誇った夫婦の買い物風景は、驚くほど庶民的なのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00010000-friday-ent

    no title


    所長見解:太ったね・・・

    【【激太り】 「GLAY」TERUと「PUFFY」大貫亜美夫婦の現在がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    男性4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔(34)が29日放送のフジテレビ系「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜・後11時)に出演し、ヒット曲「女々しくて」でカラオケランキング1位になった時の印税額を明かした。

    k


    鬼龍院はカラオケで1回入れると2円の印税が発生することを説明。
    「女々しくて」1曲で、現在でも月に20~30万円の印税額が発生するといい、さらに「2014年とか13年にカラオケランキング1位になって、その翌年に印税が来るのでその時は月1000万入ってました」とカラオケランキングで51週連続1位を記録し、2013年度著作物使用料の分配額がトップになった時の額を打ち明けた。

    これには、メンバーの喜矢武豊(33)は「えー。そんなに入ってくるんですか?まじかよ。今更言うな!当時言えよ」とまさかの金額に驚いた表情を見せた。


    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00000269-sph-ent


    所長見解:すごいな・・・

    【【衝撃告白】金爆・鬼龍院「女々しくて」のカラオケ印税がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気バンド・チェッカーズの元メンバーの武内享(56)、大土井裕二(55)、藤井尚之(53)のバンド「アブラーズ」が10月24日、大阪市内で結成15周年記念ライブを行ったと一部メディアが報じた。

    記事によると、ライブには藤井フミヤ(56)がゲスト出演。
    今年は、チェッカーズのデビューから35周年という節目の年。
    4人は思い出話に花を咲かせたという。

    c


    「アブラーズはもともと武内さん、大土井さん、尚之さんに加え、04年に舌がんで亡くなったクロベエこと徳永善也さんもメンバーでした。
    チェッカーズデビュー20周年の03年から本格的に活動を行う計画でしたが、徳永さんの舌がんが発覚。
    徳永さんは志半ばで亡くなりました」(レコード会社関係者)

    24日にステージに集った4人以外のメンバーは、高杢禎彦(56)と鶴久政治(54)。
    しかしフミヤが「クロベエを送る会」の発起人から高杢と鶴久政治を外したことで、メンバーは完全にフミヤ派と高杢派に分裂。
    確執が明らかとなった。
    その件が、現在までチェッカーズが再結成されていない原因といわれている。

    「高杢さんが03年に発売した著書『チェッカーズ』(新潮社)はまるで暴露本で、そのことがフミヤさんの逆鱗に触れたといわれています。
    しかし昨年のライブ後にフミヤさんは再結成とはいかない理由として“徳永さんの不在”をあげました。
    また今年8月、高杢さんがテレビ出演。
    その際に再結成はまんざらでもない様子でしたが、『1人亡くなっていますから……それが一番キツい』と胸中を吐露しています。
    逆をいえばフミヤさんと高杢さんの2人で話し合って徳永さんの件をクリアできれば、再結成の可能性もゼロではなさそうです」(音楽業界関係者)

    35周年での再結成の話はまだ浮上していないが……。
    5年後の40周年にはぜひとも実現してほしいものだ。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15503301/
    女性自身


    所長見解:無いよね・・・

    【【確執】チェッカーズ 再結成の可能性がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1983年9月21日にデビューし、92年に解散した7人組ロックバンド・チェッカーズの元メンバー、武内享(ギター)、大土井裕二(ベース)、藤井尚之(サックス)にバンド・アブラーズが、結成15周年を迎え、24日に大阪・なんばHatchで『アブラーズライブ2018 "Roots Of Groove』を開催した。
    そこにチェッカーズのリードボーカルで、ソロ歌手として活動している藤井フミヤがゲスト出演。
    4人ともデビューしてから35周年の節目をともに祝った。

    f


    デビュー当時、最年少18歳だった尚之でさえも53歳。
    武内は56歳、大土井は55歳になり、年齢の話から武内は「昔話をするなら、俺よりも年上を呼ぶしかない」と、武内の10日前に生まれたフミヤをスペシャルゲストとして呼び入れると、場内は割れんばかりの歓声に包まれた。

    MCでは、35年の思い出と感謝をトークにのせた。
    チェッカーズのデビュー当時、「スーパーアイドルだった頃」(フミヤ)の楽曲の中で「何が好き?」(武内)という話になり、武内は「意外と、『あの娘とスキャンダル』が好き。ポップだったと思う」。
    ほかの3人は「ジュリアに傷心(ハートブレイク)」を推した。
    さらにフミヤは「いまとなっては『ギザギザハートの子守唄』も好き」といい、武内も「当時は抵抗あったけど、いま聴くとかっこいい」などと話していた。

    このトークの流れで、「涙のリクエスト」を演奏。
    さらに解散した年の夏に行った全国ツアー『Blue Moon Stone』のセットリストから「Hello」「運命-SADAME-」「誰もいないweekend」をメドレーで披露し、最後にフミヤが作詞、武内が作曲した「お前が嫌いだ」で会場を沸せた。

    曲間のMCでは、何かと「老い」をネタにしながらも、磨いてきた演奏技術をもって全力でパフォーマンス。
    「久しぶりにアブラで音を出すととっても楽しい」(武内)と、3人とも充実した表情を見せていた。
    アンコールの最後では再びフミヤが登壇し、チェッカーズの「BLUES OF IF」を演奏して、スペシャルな夜は幕を閉じた。

    アブラーズの面々は「あっという間の35年。
    これから何年続けられるかわかりませんが、死ぬまでと言っていおきたい」(尚之)、「3人とも音楽をやめることはないだろうし、俺らも解散する理由がない」(武内)、「健康には気をつけて。病気のないように頑張っていきたいですね。皆さんも」(大土井)と、ファンとの再会を期していた。
    アブラーズは、来年2月の終わりから夏にかけてツアーも決定している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000341-oric-ent


    所長見解:見たいね・・・

    【【再集結】ついにチェッカーズが復活する説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月10日、大阪港区にあるパチンコ店『K-POWERS』の公式Twitterアカウントにて、LUNA SEAの河村隆一が同13日に来店すると発表された。

    LUNA SEAといえば、5月に日本武道館で行われたライブを成功させ、12月にはさいたまスーパーアリーナにて『LUNATIC X’MAS 2018-Introduction to the 30th Anniversary-』を開催されることが発表されている。
    昨年末にリリースしたアルバム『LUV』もオリコンランキング4位にランクインするなど、活動休止がありつつも、いまだに注目を浴びているバンドである。

    そんな成功を収めているバンドのボーカルが、パチンコ店へ営業に来るとあって、ネットでは「行きたい」「やばくない!?」などと喜ぶ声が多数。
    その一方で、「河村隆一がパチ屋の営業まわる未来、俺には読めんかった」という戸惑いや、「斬新」「さすがに草」などと、ネタとして面白がる人も散見された。

    「河村は昨年も同店に訪れていますし、グランドオープンする際のコマーシャルにも出演しています。
    イメージキャラクター的な立ち位置なのでしょうが、ファンからすれば“お金に困っているの?”と思ってしまうのは仕方がないこと。
    彼は以前から、パチンコ店やショッピングモールでの営業もしていて、今回の件でさらに不安になったのではないでしょうか」(エンタメライター)

    河村のようにタレントや歌手が地方営業するパターンは多い。
    むしろギャラが高く出演時間も短いため、コスパが良い。

    江頭2:50や酒井法子などはパチンコ店での営業を定期的に行っているため、イメージが強い人も多くいるだろうが、過去にテレビで活躍していた芸能人が“営業に来た”となると、やはり、どこか落ちぶれた印象がついてしまう。

    今年3月に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が終了し、現在同局の『石橋貴明のたいむとんねる』でMCを務める石橋貴明が、6月に札幌競馬場へ営業に行った際も大々的なニュースになったほどだ。

    華々しい芸能界で活躍したタレントも生活するために必死。
    “落ちぶれた”なんて思わず純粋な気持ちで応援してあげてほしいものだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15434188/

    no title


    所長見解:もうね・・・

    【【あの人は今】LUNA SEAの河村隆一がパチンコ屋で営業の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ