ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:バンド

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昭和の終わりごろ、日本にロックの大きなムーブメントが巻き起こった。
    その中心にいたバンド「レッド・ウォーリアーズ」のボーカル、ダイアモンド・ユカイ(55)がゲストを招いて昭和ロックの歴史をひもといていく。

    今回も伝説のバンド「BOOWY」のドラマー、高橋まこと(63)と当時を振り返る。
    今回は解散と再結成、さらに…。

    b


    高橋:ユカイんとこは解散まで早かったよな。

    ユカイ:86年にデビューして、89年8月に西武球場、10月に武道館2日間やって解散した。3年か。あっという間だ。派手なバンドだね(笑い)。その後、何回か再結成してるけどね。

    高橋:最初から派手なバンドだったよ。俺、西武球場はバイクで見に行ったな。最近、またライブやったみたいだけど、レッズとしてレコーディングはしない?

    ユカイ:2002年に出した7枚目「7th」で完結したという気持ちが強いんだよね。いつかやることもあるかもしれないけど、いろんな葛藤を乗り越えて、俺もシャケ(木暮武彦=レッズのギター)もあそこで納得したから、次はどうかなぁ。レッズってマニアックな曲も多いけど、いい曲も多いんだよね。 

    高橋:いい曲あるよな。俺「バラとワイン」とか大好きだよ。再結成して、あの曲をまた生で聴けるのはいいな。

    ユカイ:まことさんたちだって解散早かったじゃない。4人になって、売れてすぐでしょ。

    高橋:4人での初アルバムを出したのが83年。86年に人気が出て、解散宣言したのが87年の12月24日。ちょうど30年前か。翌年4月のライブ「LAST GIGS」が最後だな。

    ユカイ:BOOWYは再結成しないの?

    高橋:親方(氷室京介)がもうステージで歌えないから無理だろう。マイク置いちゃったんだから。
    ただステージはやらないにしても、ヒムロックは新曲は出して、PVを作ればいいと思うんだ。動いてる姿をファンには見せてほしいし。俺はそう思ってる。

    ユカイ:一回でも再結成すればいいじゃない。

    高橋:俺はあいつら(氷室、松井恒松、布袋寅泰)より7つ8つ上だから、「やるなら俺がドラム叩けなくなる前だぞ」って話はしてたけど、ヒムロックが東日本大震災の時にひとりでやって、これでないな、とは思ったよ。

    ユカイ:口にチャックしてない?

    高橋:してないよ、開けっぱなし(笑い)。

    >>2以降につづく

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000012-tospoweb-ent


    所長見解:見たいよね・・・
    【【氷室布袋】BOØWY「再結成」あるのかってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月20日に『第158回芥川龍之介賞』と『第158回直木三十五賞』の候補作品が発表された。
    いずれも実力派の作家が並ぶなかで驚かされたのが音楽バンド『SEKAI NO OWARI』のメンバーとして活動するSaoriこと藤崎彩織が直木賞候補に選出されたことだ。

    藤崎の初小説である『ふたご』(文藝春秋刊)は、ピアノが友達という中学生の夏子が、仲間たちとバンドを結成し、共同生活を送りながら自らの居場所を模索していくという青春小説。
    一部のファンからは小説の登場人物が、「セカオワのSaoriとFukaseをモチーフにしているんじゃないか」とも噂されていた。

    s


    「藤崎は文藝春秋の文芸誌『文學界』で『読書間奏文』というコラムを連載していて、もともと、その文章力は高く評価されていました。
    10月28日に発売されたばかりの『ふたご』は、早くも10万部を超えるベストセラーとなっていますが、いまのところ購入層は『SEKAI NO OWARI』ファンが多いようです。
    そのため、インターネット上では早くも《文春の話題作りか》、《二匹目の火花狙い》などと、揶揄する声も上がっています」(雑誌編集者)

    過去に芸能人が書いた小説が文学賞にノミネートされた例としては、又吉直樹の『火花』(芥川賞受賞作品)や、モデルでタレントの押切もえ『永遠とは違う一日』(山本周五郎賞候補)などがある。
    いずれもメディアで大きく取り上げ、火花は累計300万部を超える大ヒット作となっている。

    「芸能人の書いた小説は、それだけで宣伝効果があるのは間違いありません。
    実際に、藤崎の小説もニュースで取り上げられるたびに、枕詞のように『SEKAI NO OWARIのSaoriさんが…』と続いています。
    ほかの候補者からすれば決して気持ちのいいものではないでしょう。
    直木賞を主催する『日本文学振興会』は、実質的に文藝春秋社です。
    藤崎が直木賞を受賞すれば100万部は超えるだろうといわれていますから、文春もかなり肩入れしてるのではないでしょうか」(同・編集者)

    かつて2010年には、俳優の水嶋ヒロの初小説『KAGEROU』が『第5回ポプラ社小説大賞』を受賞し、100万部の大ベストセラーになったことがある。
    しかし、肝心の小説の中身は決して大賞に値するものではなく、「出来レース」、「やらせ」などと散々な言われようだった。

    直木賞は来年1月16日に発表される。
    藤崎の小説が本当に大賞に値するかは選考員が熟考して決定されるが、実力不足のままマーケティング優先で受賞するようなことがあれば、“文学の終わり”と陰口をたたかれることになるだろう。

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1220/myj_171220_2981555680.html


    所長見解:もうね・・・
    【【文学終焉】セカオワSaoriが直木賞にノミネートされた裏事情ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小室哲哉が、22日、KEIKOとマーク・パンサーと自身の写真を公開した。

    小室は、自身のInstagramで、「2017.10.22のチャートだよね?ありがとうこざいます!」とコメントを添え、妻・KEIKOの写真、globeのアルバム「15YEARS -BEST HIT SELECTION-」がiTunesのアルバムランキング1位となっている画像、また自身と、マーク・パンサーとの2ショットという4枚の写真をまとめて投稿した。
    「15YEARS -BEST HIT SELECTION-」は、2010年9月にリリースされた作品だ。

    この投稿にファンからは

    「KEIKOさんの元気な姿が見れてホントに嬉しいです」
    「小室さん桂子さんのお元気そうな姿拝見出来て嬉しいです」
    「桂子さんの写真載せて下さり!ありがとうございます」
    「けいこさん見て泣けてきたー」
    「元気な顔見れて嬉しい」

    と、療養中のKEIKOの写真を喜ぶ声や

    「KEIKOのglobeでの復活を毎日祈ってます」
    「早くKEIKOさんの歌声で、心の傷を緩和されたいです」

    と、KEIKOの復帰を待ち望む声が見られた。

    小室は今年8月、InstagramでKEIKOがくも膜下出血を患った後に歌ったという歌声を公開。
    ファンからは、歓喜の声が起こっていた。
    その一方、今月には自身の引退について考えたことや「家から歌声が消えて6年かあ。毎日、一喜一憂の人生。」とKEIKOが2011年の10月からくも膜下出血で療養に入ってから6年が経過したことを綴り、それに対する思いも明かして話題になった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13784040/

    no title


    所長見解:復活してほしいね・・・
    【【病気療養】小室哲哉、自身とKEIKO、マーク・パンサーの写真公開ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ヨーロッパ各地を訪問中のYOSHIKI(X JAPAN)が、医師から休養が必要と診断された。

    「本日倒れてしまいました。。アイスランドでの出演が急遽キャンセルになりました。ごめんなさい。Seeing a doctor now」と、昨日10月21日(現地時間)にアイスランド・レイキャビクで予定していた、X JAPANのドキュメンタリー映画「WE ARE X」のプレミアイベントへの出演を急遽キャンセルするとSNSで発表したYOSHIKI。

    同映画のプレミアイベントがツアー形式で13日間で全10カ国11都市を回るという過密スケジュールだったこともあり、9日目のイギリスにて現地医師から数日間の休養が必要という診断が出された。


    アイスランド訪問に向けてInstagramにSigur Rosの「Hoppipolla」ピアノカバー動画をアップするなど、現地ファンに向けたアクションを見せた矢先の出来事だったこともあり、
    YOSHIKI自身はアイスランドでのリベンジの機会があることを強く望んでいるとのことだ。

    YOSHIKIは医師の指示を仰ぎつつ、10月24日のフランス・パリでのプレミアイベントに出席予定。
    また10月27~29日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで行われるVAMPSのハロウィンライブイベント「HALLOWEEN PARTY 2017」の29日公演にも予定通り出演する。

    no title

    http://natalie.mu/music/news/253713 


    所長見解:よく倒れるね・・・
    【【恒例行事】YOSHIKI、ヨーロッパ訪問中に倒れるってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    皆藤愛子に「なんで結婚しない?」 美人で未婚だと「性格が悪い」「変な人」扱いするのはおかしい

    キャスターの皆藤愛子(33)が、19日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、自身の恋愛偏差値の低さについて語った。

    「インテリVSノットインテリSP!!」というテーマに早稲田大学卒のインテリとして出演した皆藤。
    “学歴なんて意味ないじゃんと思ったこと”について、「人生に必要なのは恋愛偏差値だなと思います」と話した。
    高校時代の皆藤は受験勉強に勤しんで彼氏がいなかったが、その一方で当時も「彼氏が途切れなかった子」は現在、「お母さんになって幸せな家庭を築いている子」ばかりだそう。
    だから、恋愛偏差値が大事だと感じているようだ。

    MCの明石家さんまに「何回くらい結婚を申し込まれてるの?」と聞かれると、「何回か……ありますけど」と皆藤。
    さんまに「3回くらい?」と追及されると「それくらいですかね」と答えていた。
    なんでも、初対面の男性に「(結婚を)前提に付き合ってください」と告白されたことがあるという。それはともすれば恐怖体験かもしれない。
    さんまから今は結婚の予定があるか聞かれると「まったくないです、本当に」と否定していた。

    学生時代は勉強に打ち込んでいたため、恋愛偏差値は低めだと言い張る皆藤。
    過去にも恋愛について「駆け引きというか、わたしは隠しちゃうタイプ」と発言している。

    だが皆藤は今年5月、「FRIDAY」(講談社)に男性との沖縄デートをスクープされている。しかもそのお相手はDIR EN GREYのベース・Toshiya(40)。
    皆藤は「お友達です」とToshiyaとの関係を否定していたが、ネットでは皆藤が“実はバンギャ”だったことがクローズアップされ、年齢を重ねてもブレずにV系男子に想いを寄せる姿に好感を抱く声が上がった。
    好きなV系男子とのデートを実現させた皆藤は、自身が言うほど恋愛偏差値は低くないのかもしれない。

    k


    番組では、結婚の予定は「まったくない」としていた皆藤。
    しかし、そんな彼女に「なんで結婚しなかった?」「この見た目で33歳になっても結婚できないってことは性格に難ありなんだろうね」「結婚に興味ないんじゃないの」「よっぽど理想が高いんだな」という失礼な声が上がっている。

    皆藤は沖縄デートがスクープされた時、「本当に婚活しなきゃいけないので、これが出ると困るんです」と発言していて、結婚願望はあると明言している。
    そもそも、皆藤に「可愛いのになぜ結婚しない」と言うのは、未婚者に結婚できない理由を詮索したりするマリッジハラスメントのそれと同じだ。
    そもそも、結婚できないからと言って、「性格に難あり」と決めつけるのもおかしな話だ。

    皆藤は過去に理想の結婚相手について、「決断力がないので、ぐいっと来る人がいい」と明かしている。
    恋愛偏差値云々の話も含め、すべてはタレント活動のためのカモフラージュという可能性もあるが……。

    30代になって彼女のような女性が独身だとあれこれキャラ付け(破天荒、趣味が変、異常にガサツなど)をされて面倒なことになるため、「結婚はしたいけれど、恋愛偏差値が低いので」という方便にたどり着いたのかもしれない。
    ともかく人は見かけによらないものなので、「どうして結婚できないの?」は大きなお世話だ。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170921-00369815-messy


    所長見解:かわいいのにね・・・
    【【美女子穴】皆藤愛子、バンギャってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ