ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:バンド

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年1月に突然、グループでの活動休止を発表した『いきものがかり』。
    名前からもじって休養宣言ならぬ“放牧”宣言をしたメンバー3人だが、復帰のメドは立っていない。

    ik


    ■メンバー間の音楽性の違い

    「'10年に発売したベストアルバムは140万枚を突破。
    '12年にはNHKロンドン五輪のテーマソングも担当し、紅白歌合戦も休止前年まで9年連続で出場していました。
    そんな絶頂期での放牧宣言ですから、ファンは騒然となりましたね」(スポーツ紙記者)

    昨年11月にはメンバーがそろってネットの動画に登場。
    久々に元気な姿を見せたが、復帰について語ることはなかった。

    3人の休止中の活動はというと、
    「リーダーである水野良樹は、五木ひろしや平原綾香などへ精力的に楽曲を提供。
    ギターの山下穂尊は昨年11月に初エッセイを発売しました。
    ボーカルの吉岡聖恵は、3月21日に発売される故・大瀧詠一さんのコンピレーションアルバムで、『夢で逢えたら』をカバーしました。
    彼女にとっては久しぶりの音楽活動でしたね」(音楽専門誌記者)

    ソロでは活動を再開している3人。
    それでも、バンド再開の声が聞かれないことにファンがやきもきするのには、理由があるという。

    「'16年にメンバーがそろって出演した『おしゃれイズム』(日本テレビ)で、水野が“プライベートでは、ぜんぜん仲よくないんです”って告白したんです。
    さすがに司会の上田晋也も“衝撃のカミングアウト!”って驚いていました。
    その翌年に活動休止となれば、ファンが解散を心配するのは当然でしょう」(テレビ誌記者)

    彼らの状況を知るあるレコード会社関係者に話を聞くと、表情はどことなく暗い。

    「当初、休止期間は1年くらいという予定だったのです。
    会社側は'18年中には新曲を発表できればという見込みだったそうですが、どうも今の感じではそれは難しそうです。
    というのも、男性メンバーは復帰に前向きなのですが、吉岡さんがまだ放牧していたいみたいなんですよ……」

    さらに聞いてみると、どうもメンバー間の“音楽性の違い”があるという。

    「実は、吉岡さんは“私の好きな歌を歌いたい”って周囲に話しているそうなんです。
    つまり、メンバーが作る楽曲とは違う楽曲で、自分のボーカル力を試してみたいということ。
    音楽短大ではミュージカルコースを専攻するほどの腕前で、歌唱力は日本の音楽シーンでもトップレベルですから。

    そこで、今年の夏ごろに彼女の好きな曲を集めたカバーアルバムを発売できないかと計画中だそうです。
    なので、グループとしての活動再開は、まだまだ先になるでしょうね」(同・レコード会社関係者)

    週刊女性はこれまでの楽曲をLPレコードに収めた『レコー丼』発売当日の3月15日に、都内の自宅に帰ってきた吉岡を直撃取材した。


    ■“放牧”はいつまで?

    ─すみません、いきものがかり活動復帰のメドは立っているのでしょうか?

    「今は未定なんですよ、ライブ活動とか。ただ、ファンクラブはやっていますので、会報の撮影をしたり、メンバーと話し合ったりはしています。放牧中なんですが、今日は『レコー丼』も発売されますので、そういうのを楽しんでいただけたらなって。えへへ(笑)」

    とてもチャーミングな笑顔。もちろん、本日発売は知っておりますよ!

    ─ところで、ファンからは早く復帰してほしいという声も高まっていますが?

    「具体的なことは決まっていないので……」

    と、神妙な面持ち。

    ─夏には吉岡さんがカバーアルバムを出されるとか?

    「いや、その予定はないです」

    ─メンバーとの音楽性の違いから、違う人の楽曲で歌いたいという思いがあるとか?

    「いやいや。そもそも、音楽性っていうんですかね、好きな音楽が一緒だからこそ、一緒にやっているので。そこは合っている部分だと思うんですけどね」

    ─メンバー間でギクシャクして再開できないのでは?

    「そんなことはないです。メンバーとも連絡はとり合っていますし。気遣っていただいてありがとうございます(笑)」

    ─放牧はまだ続きそうですか?

    「メンバー3人、スタッフさんと話し合って、具体的なことは決めていきたいと思います。自分たちを温かく見守っていただけたら、本当にありがたいことです」

    そう言って頭を下げた吉岡。“不仲説”や“解散”は笑顔で否定したけれど“放牧”はしばらく続きそう。彼女たちに“YELL”を送りながら再始動を待ちたい。

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0321/sjo_180321_2058308629.html


    所長見解:まだなのか・・・
    【【衝撃告白】いきものがかり 「不仲説と解散」ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    覚醒剤使用で3度の逮捕歴がある元タレント・田代まさしさん(61)が8日、ツイッターを更新。
    自身がかつて所属した「シャネルズ」に対し「靴墨ではなく泥を塗ってしまったことに改めて深い後悔と謝罪の気持ちで一杯」とつづった。

    田代さんは昨年10月20日以来、約5か月ぶりにツイート。
    鈴木雅之らとともに一世風靡(ふうび)したシャネルズについて書かれた記事をツイッターに張り付けた上で「これを読んで僕は、こんな偉大なグループのメンバーの一員であった事を誇りに思う」とコメント。

    t


    続けて「と共に、このグループに靴墨ではなく泥を塗ってしまったことに改めて深い後悔と謝罪の気持ちで一杯になりました」と思いをつづった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000114-sph-ent


    所長見解:もうしないでね・・・
    【【今更後悔】田代まさしさん、シャネルズに「靴墨ではなく泥を塗ってしまった」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手の石井竜也(58)が9日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。
    自身のバンド「米米CLUB」の解散理由について、「金のぶんどり合いですね」と、ぶっちゃけた。

    kc


    自身の紹介フリップの中で「82年に米米CLUBを結成。
    92年に「君がいるだけで」が289万枚の大ヒットも97年に解散」と紹介された石井だが、解散理由を聞かれると、「(メンバー間の)金のぶんどり合いですね。
    当時はメンバーがハゲタカに見えました」と共演者も思わずどん引きする過激発言。

    「どうやって、メシを食っていくかみたいな話になっちゃった。
    僕はバンドで一番大事なものはチームワークだと思っていたけど、曲を作る時に順列ができちゃって良くなくなった。
    俺は金よりチームワークを選んだということです」と率直に打ち明けた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000188-sph-ent

    所長見解:懐かしいね・・・
    【【壮絶暴露】米米CLUBの解散理由は「金のぶんどり合いですね」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ET―KING」いときんさん死去 38歳 昨年8月肺線がん公表

    大阪を拠点に活動する人気ヒップホップグループ「ET―KING」のリーダー、いときん(本名・山田祥正=やまだ・よしまさ)さんが31日、大阪府和泉市内の病院で死去した。38歳。兵庫県三田市出身。
    昨年8月にステージ4の肺腺がんであることを公表し、治療に専念していた。

    k


    「ギフト」「愛しい人へ」などのヒット曲を持つ浪速のブルースマンが病の前に力尽きた。関係者によると、1月中旬に夫人に心臓の痛みを訴えて病院に緊急搬送されたという。
    心臓に水がたまっており心肺停止の状態で、30分間の心臓マッサージで一時持ち直したものの、意識が戻らず家族が看護を続けていた。

    いときんさんは昨年6月の定期健診で異常が見つかり、7月に細胞検査を受けたところステージ4の肺腺がんと診断された。
    本人に自覚症状はなかったが、脳とリンパ節への転移も判明。
    8月に病気を公表した。
    抗がん剤治療は受けず、自宅療養などを続けていた。
    最近は免疫力を上げるため体力づくりにも励んでいたという。

    ET―KINGは、これまでになかった関西弁を使ったヒップホップで人気を博した。
    いときんさんはメインライターの一人でもあり、リーダーとしてグループを引っ張った。
    入院後も病室に音楽機材を持ち込んで曲を作った。
    4月25日発売の新アルバム「LIFE」で全曲のレコーディングに参加しており、闘病中も音楽への情熱を燃やし続けた。

    豪傑で酒豪、おとこ気にあふれる一方で、繊細で情に厚いことでも知られた。
    知人は「曲作りに強いこだわりがあった。歌詞の一つ一つに哲学があった。すてきな曲をもっと世に出してほしかった。本当に残念です」と肩を落とした。

    昨年12月28日に大阪で行われた全国ツアー最終公演が最後の公の場となった。
    1500人のファンを前に「力もらえました、生きるで。ありがとう」と感謝を口にしていた。
    音楽関係者は「あまりにも突然のことでショックだ。ライブに出たのはどうしてもファンに気持ちを伝えたかったのだと思います」と話した。

    99年にデビューしたET―KINGは2014年4月に活動を休止。
    同年9月には、上原多香子(35)の夫だったメンバーTENNさんの自殺という悲しみに見舞われたが、それを乗り越え、15年にメンバー6人で活動を再開していた。

    ◆いときん(本名山田祥正=やまだ・よしまさ)1979年(昭54)3月3日生まれ。
    兵庫県三田市出身。旧芸名はイトキン。
    高校卒業後、97年に大阪の福祉専門学校に進学。
    99年に大阪でTENNさん、KLUTCHとET―KINGを結成。
    その後にBUCCI、センコウ、DJBOOBY、コシバKENが加入した。
    2007年の「愛しい人へ」はデジタル配信で100万ダウンロードを突破するなど大ヒットとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000004-spnannex-ent


    所長見解:若いよね・・・
    【【残念訃報】「ET―KING」 "いときん"さん死去 38歳ってよ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    X JAPANのYOSHIKIが9日放送のTBS系バラエティ番組「マツコの知らない世界SP」(よる8時57分~)に出演。
    ボーカル・Toshlの脱退・洗脳騒動、X JAPANの解散から再結成に至った真相を赤裸々に語った。

    y


    X JAPANは幼なじみだったYOSHIKIとToshlが高校時代に結成し、1989年にメジャーデビュー。
    「X現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こした。
    しかし、1997年にToshlが音楽性の違いや洗脳騒動を理由に突然脱退を表明し、X JAPANは解散。

    YOSHIKIは「バンドメンバーっていう以前に幼なじみの友達っていう、家族だったんで、父親を失った時くらいのインパクトはありました」と当時受けた衝撃を語り、「Xというドアを完全に閉めてしまった。鍵をつけて鎖でグルグル巻いてしまって、この扉は一生開けない、開けたくない、その時点でX JAPANはないんだって決めてしまった」と当時の苦しみを回顧。
    マツコも「はたから見ててもこれは絶望的なのかなって一瞬思いましたよね」と振り返った。

    Toshlと「一生会わないんだな」と思ったというYOSHIKIはその後、再結成までの10年間Toshlと言葉を交わすことはなかったが、Toshlを洗脳していたリーダーが「X JAPANを再結成しなさい。そうすることによって自分にもっとお金を貢ぎなさい」と言ったことからToshlが連絡を取ってきたという。

    YOSHIKIは、「少し普通じゃないのはわかってたんですけど、ひょっとしたら東京ドームとかで演奏することによってまた感覚が戻ってくるかもしれない。
    そのチャンスかもしれないと思った」とそのことがきっかけとなり、再結成を決心したことを明かし、マツコからの「一緒にまたやり始めたことから、Toshlさんも徐々にこっちに戻ってきた感じなんですか?」という問いに「そうですね」と静かにうなずいた。


    https://mdpr.jp/news/detail/1739561 


    所長見解:よかったよね・・・
    【【脱退解散】YOSHIKI、当時の苦しみを告白 再結成のきっかけは教祖ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ