ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    バンド

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気芸能人が若くして亡くなった際、時折発生するのがファンによる「後追い自殺」問題である。

    ファンの後追い自殺が、初めて社会でクローズアップされた事件は1986年4月の岡田有希子投身自殺事件であろう。

    事件は4月6日、人気アイドルだった岡田が所属事務所・サンミュージックが入居するビルから飛び降り全身強打で即死したもの。

    人気アイドルの突然の訃報にファンは強いショックを受け、彼女の後追い自殺が相次いだとされる。

    本事件は「ユッコ・シンドローム」と呼ばれた。

    正確な人数は不明だが、自殺から2カ月が経過した6月8日の朝日新聞には「30人を超える若者が自殺している」との記載があり、少なくとも岡田の死後、30-40人が若者が自死を選んだとされている。

    現に当時の報道番組では、悩める若者をあまり刺激しないよう岡田の後追い報道を控えたり、死体写真(当時の週刊誌には岡田の死体写真が掲載された)を報じないなどの配慮があったという。

    なお、30人を超える若者が自死を選んだ背景には、単に岡田の死に対するショックだけではなく、同時期に日本で初めて、いじめ自殺として注目された中野富士見中学いじめ自殺事件などがあり、その影響があったためともされている。


    j



    続いて、若者の後追い自殺がクローズアップされたのは、1999年の「X JAPAN」の元ギタリストhideの自殺事件である。


    hideの自殺から1週間後の5月10日、仙台市内のトイレで19歳の若者が「X JAPAN hide 今いくぜ」と書かれたノートをバッグに入れ首つり自殺したほか、6月には東京都八王子市内で女子中学生が自室のドアノブにはちまきをかけて首を吊り、自殺した。

    この自殺方法はhideと全く同じであり、こちらも後追い自殺ではないかと思われたが、この女子生徒の遺書には「後追い自殺ではない」と記載されており、あくまで方法だけhideを参考にしたのではないかとされている。


    また、2001年には、とんねるずの番組から誕生した人気音楽グループ「野猿」の解散コンサートの後、東京都港区のマンション前で女子高生2名が自殺した。

    このうち1人の女子高生は「野猿が解散するなら、もうどうでもいい」と周囲に語っていたが、以前から精神的に弱っていたらしく、野猿の解散が直接の原因ではないことが現在では判明している。


    このように芸能人の自殺や解散をきっかけに自殺する若者は昭和末期から平成以降増えた印象がある。

    ただ、元から悩みを抱えていた可能性もあり、直接の原因とは一概には言えないのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1964418/

    所長見解:あったな・・・
    【【衝撃】猛烈ファンの「後追い自殺」問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    名曲だろこれ

    s

    所長見解:いいよね・・・


    【【音楽】ロビンソンのスピッツって曲を初めて聞いた結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「遅すぎた解散劇」との声もある。

    CHAGE and ASKAのデビュー40周年を機に発表されたASKA(61)の「脱退」表明を受け、Chage(61)はファンクラブサイトで「彼の思いは『彼の考え』である事に間違いありません。
    そして誰が何を言っても『覆る』事はないのでしょう」と脱退を受け入れるコメントを発表。

    「皆様を悲しませてしまった事に責任を感じると共に率直にとても残念な思いです」と無念さをにじませた。

     
    福岡の高校の同級生で結成された通称チャゲアスは「万里の河」(1980年)でブレーク後、「恋人はワイン色」(88年)、「SAY YES」(91年)、「YAH YAH YAH」(93年)などの大ヒット曲を連発。

    2007年12月のライブを最後にファンの前から遠ざかり、09年1月に活動休止を発表していた。

    13年に再始動を発表したものの、14年にASKAが覚醒剤取締法違反で逮捕され、雲散霧消していた。

    それがついに事実上の解散となったわけだ。


    c

     
    Chageは「解散は考えたことはありません。
    (チャゲアスは)俺の人生そのものだから」などと雑誌インタビューで語り、デュオ存続にこだわり復活を求めたが、「何もできない複合体であるならば、複合体の意味がない。
    延命するより解体する方が現実的」とASKAがそれを断ち切った格好だ。


    「人気が出てから距離ができ、不仲説やすれ違いは以前からあった。
    解散はやむなしだったのでは」と、あるベテラン芸能記者はこう言う。


    「ASKAさんには、チャゲアスは俺がメインという思いがずっとある。
    Chageさんの楽曲ももちろんあるのですけど、現に今、自分ひとりでツアーもできるし、歌っていくうえで、Chageさんの存在が必要不可欠というわけでもない。
    今は個人のファンクラブを持ち、今年はバンドツアー『Made in ASKA―40年のありったけ―』を回っています。
    チャゲアス時代の3分の1でもファンクラブにいれば十分、やっていけるでしょうし、解散の意思はもう何度もChageさんサイドに伝えていた。
    ASKAさんにとってチャゲアスはとっくに終わったものだったのです」

     
    一方のChageも、雑誌インタビューで「俺はASKAがいなくては、いま、こうして音楽をやれていない。
    きっとASKAも、俺がいたから、ここまできた。
    二人だったからこそ、たどり着けた。
    そう思っています」と熱い思いを語っていたが、言いしれぬ思いもあったようだ。


    「覚醒剤事件のときも、チャゲアスを支え、ASKAさんの味方をしてきたのがChageさん。
    クスリに関しては、ずっとやめろやめろと言ってきて、今もその影響を疑ったり心配をしている。
    それなのに、事件後、ASKAさんからは直接の謝罪を受けていない。
    頭をさげてくれば、一緒にまた一から出直すつもりでいるのに……。
    『万里の河』の♪どれだけ待てばいいのですかああ届かぬ愛を、というサビに近い気持ちを抱えてきたように見えます」(前出のベテラン記者)

     
    Chageは「各々がソロ活動をやればやるほど、CHAGE and ASKA復活論が熱望される状況下に戸惑いが生じているのは僕もそうですし、彼もそうなのでしょう」と、ファンサイトでASKAの脱退理由を推察。

    直接ASKA本人から心境を聞く機会もないようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00000004-nkgendai-ent

    所長見解:待たせたね・・・

    【【チャゲアス解散】ASKAの脱退をChageが受け入れた泣け過ぎる理由がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    男性4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔(35)が19日、TBSのトークバラエティー「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」(月曜後7・00)に出演。

    自身の貯金額について明かした。

    m


    進行を務める「平成ノブシコブシ」吉村崇(39)が、鬼龍院翔に「鬼龍院さんは将来のことを考えていないですよね?」と話を振ると、鬼龍院は「考えていない方ですね」とサラリと受け流した。

    ただ、その理由が驚きだった。

    鬼龍院は「(日本人の生涯年収である)“2億”貯まったら無鉄砲に生きよう」と決めていたと明かし、続けざまに「2億たまったんで…」と自ら暴露。

    スタジオの面々は「たまったの!?」と、驚きを隠せずにいた。


    鬼龍院によれば「2億稼げばこの仕事がなくなっても高円寺あたりのワンルームでじっとしてれば生きていける、と計算した」そうで、今後「自由にのびのび生きられる」算段はついたという。


    それでも2億円たまったとはいえ「別に(生活は)変わんないですね」とひょうひょうとしていたが、吉村は「2億たまってるっていうのが強すぎて何も入ってこない」と嘆いていた。


    ちなみに、ゴールデンボンバーは2009年に発売した7枚目シングル「女々しくて」が大ヒット。

    オリコンカラオケランキングでは歴代1位となる“50週連続1位”を記録するなど、息の長い人気を得た。

    そんなこともあって、昨年鬼龍院は印税額について「カラオケは1回入れてくれたら僕に2円が入ってくる。
    (現在は)著作権印税として月に2~30万円ぐらい入っている」
    「(全盛期は)月1000万円ぐらい入ってました」と告白していた。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/19/kiji/20190819s00041000318000c.html

    ▼画像
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/19/jpeg/20190819s00041000319000p_thum.jpg

    所長見解:ええな・・・

    【【これはすごい】ゴールデンボンバー・鬼龍院翔さんの貯蓄額がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「西川さんがステージに現れて、中村さんと17年ぶりの共演を果たしたとき、ファンの中には感極まって泣きだす人もいました。
    西川さんも涙していましたね。
    ドリカムのツアースタッフの中には17年前と変わっていない人たちもいて、終演後は久々の再会に、固い握手を交わして喜び合う感動の光景も見られました」(音楽関係者)


    デビュー30周年を迎えた吉田美和(54)と中村正人(60)のDREAMS COME TRUE。

    現在、4年に1度の全国ツアー「ドリカムワンダーランド」を開催中だ。

    7月27日、北海道出身の彼らが札幌ドームで凱旋公演を行った。

    その“前夜祭”イベント「ドリカムディスコ」(通称ドスコ)のステージで中村がサプライズゲストとして呼んだのは、17年前に脱退した西川隆宏(55)だったのだ。


    d


    「脱退後、覚せい剤取締法違反で逮捕された彼は、表舞台からしばらく姿を消しました。
    09年の6月に故郷・北海道でバーを開いた後、DJ Niehyaとして音楽活動を再開させたんです。
    中村さんと一緒に出演する機会はいままでなかったので“ドスコ”の盛り上がりは最高潮。
    吉田さんが参加しない“前夜祭”とはいえ、ファンは“3人のドリカム”を愛していたんだな、と思いましたね。
    中村さんは、西川さんの脱退後も、ずっと彼を気にして定期的に連絡を取り合い、彼が札幌にオープンしたバーにも何回か足を運んでいたそうです。
    今回の札幌ドーム公演終了後、今度は西川さん主催のイベントに深夜になって訪れていたと聞いています」(地方紙記者)


    今年3月21日。

    ドリカム30周年を記念するブログに、中村は3人時代のドリカムの写真を大きく掲げ、意味深なメッセージを掲載した。

    《やっとデビューできた時の言葉では表せなかった気持ち。それから30年間のうれしい気持ち。苦しい気持ち。たのしい気持ち。悲しい気持ち。大好きな気持ち。大嫌いな気持ち。今日を迎えて、やっぱり言葉では表せない気持ち。そんな色んな気持ち達を全て一旦受け入れ天に昇らせよう》


    「札幌での“ドスコ”終了後、実際に3人で会う機会を持ったそうです。
    その場には、ドリカムのサポートメンバーでもある吉田さんの旦那さんもいたようです」(前出・音楽関係者)

    今回の西川との“共演”に手を差し伸べた中村は現在、“吉田美和の音楽を世界に届ける”というコンセプトの音楽会社で代表取締役を務めている。


    「中村さんは自らライブやイベントの交渉や打ち合わせを行っています。
    最終的に吉田さんに確認をとり、彼女がOKを出さない限り、基本的に企画は通らないんです。
    中村さんは今年の30周年を逃すと西川さんの“復帰”はありえないとわかっていました。
    だからまずは故郷で、かつ吉田さんが出ないイベントのときにでも、と提案した。
    吉田さんが西川さんを再度“ドリカム”と認める許可を出しやすいようにと考えたのでしょう」(地元の放送局関係者)


    ドリカムの事務所関係者に、今回のイベントについて聞くと、

    「確かに中村と西川さんはドリカムディスコで共演しましたが、それは中村の個人的なつながりから。
    その後、3人では会っていません。
    3人で活動することはありません」


    現時点での西川のドリカム再加入は否定するが、別の音楽関係者はこう証言する。

    「今回のイベントでは大多数のファンが西川さんを歓迎し、大盛況でした。
    これを受け、西川さんは他都市で開催される“ドスコ”にも出演を依頼されたそうです。
    正直、吉田さんには当初、不安もあったようですが、ファンの反響を聞いてやはりうれしかったようです。
    西川さんが正式メンバーとして復活する“悲願”にはまだまだ時間がかかるかもしれませんが、大きな一歩です」


    動きだしたドリカム。

    3人の復活ステージは大きな話題になると力説するのはNHK関係者だ。

    「好評だった昨年の『紅白』に負けじとスタッフは令和初『紅白』の目玉探しに奔走しています。
    昨年は朝ドラ『まんぷく』の主題歌を担当するも辞退。
    今年の朝ドラ『なつぞら』の舞台が北海道ということもあり、30周年“同郷”のドリカム出場となれば、この上ない目玉となるでしょう」


    多くのファンは3人のドリカムに“会えたらいいね”と願っている――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00010000-jisin-ent

    ▼画像
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/08/drecam_1_line_tw.jpg

    所長見解:そんなになるか・・・

    【【朗報】ドリカム、三人で完全復活説】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ