バラエティー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アンチが多いのは人気がある証拠というが、近頃の女優・土屋太鳳はその嫌われぶりがかなり際立っているようである。


    t


    「清純派女優は同世代・同性の層からは嫌われがちなものですが、嫌われぶりが目立つようになったのは15年のNHK連続ドラマ『まれ』であざとい演技を披露して以降だと言われています。
    最近目立ったのは『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の『ゴチになります!』でのリアクション。
    土屋は6月から7月にかけて2回連続で最下位になり全員分の支払いをすることになったのですが、2回ともお金が足らずに号泣するというハメに。
    視聴者からも『そういう企画なのにお金用意してないのは……』などと反論の声が殺到してしまいました。(芸能ライター)
     
    役者としての演技には演出があるのでフォローもできるが、深刻なのはバラエティなどに出演した素顔への評判の悪さである。

    「天然で天真爛漫なところが彼女の魅力ですが、計算高いというかイヤらしい一面も視聴者からは指摘されています。


    その一つが“大きなアレアピール”。


    彼女のタレントとしてのキャラクターは清純派ですが、度々体にフィットした衣装で豊満なアレをアピールして話題をさらっています。
    昨年の『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)のドレス巨乳も注目を集めましたし、今年の5月に放送された『the trip~じ・とりっぷ』(フジテレビ系)では豊満なアレの自撮りドアップも披露。
    こちらはアングル的にも胸を強調するものでしたので、『絶対狙ってる!』と女性視聴者の批判を集めました。


    さらに指摘が多いのは、男性共演者との距離の取り方。


    過去には共演の多い山崎賢人との交際匂わせや、北村匠海との歌手デビューの際の密着寄り添いカット。
    さらに佐藤健のことを健先輩と呼び、仲良しアピールをすることでも注目を集めましたね。
    なお、ぶりっ子キャラは生来のものではなく、幼馴染の俳優・野村祐希によれば『普段の話し方と違う』のだそう。のちに野村はフォローしますが、少なからずぶりっ子であることは間違いないでしょう」(同)


    土屋は今年5月に発表された『週刊女性』(主婦と生活社)の嫌いな女性芸能人ランキングで第7位。

    この順位は若手女優の中ではトップであり、ZOZOタウンの前澤社長との交際で人気が急落した剛力彩芽よりも上位であるという。

    同性人気を盛り返すのはなかなか苦労しそうである。

    https://entamega.com/21831 

    所長見解:ええけどな・・・

    【【悲報】土屋太鳳が「剛力彩芽以上」に嫌われる理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年4月30日に幕を下ろす「平成」では、さまざまなバラエティ番組が放送され、数々の名場面が生まれた。

    そこで、マイナビニュース会員4,748人に「平成に放送されたテレビバラエティ番組の中で、最も“名場面”だと思うシーン」をアンケート調査。

    その結果、1位には『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』(フジテレビ、14年3月31日放送)で、タモリ、明石家さんま、笑福亭鶴瓶、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、爆笑問題、ナインティナインらが集結した夢の共演シーンが選ばれた。

    t

    平成バラエティ名場面ランキング

    1位:『笑っていいとも! グランドフィナーレ』夢の共演

    2位:『第69回NHK紅白歌合戦』桑田佳祐、松任谷由実ら大団円

    3位:『世界の果てまでイッテQ!』イモト、安室奈美恵にドッキリ対面

    3位:『SMAP×SMAP』最終回ラストのSMAP「世界に一つだけの花」

    5位:『進め!電波少年』猿岩石「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」ゴール

    6位:『アメトーーク!』「運動神経悪い芸人」“ヒザ神”誕生

    7位:『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』蝶野正洋の月亭方正(山崎邦正)ビンタ

    8位:『新春かくし芸大会』堺正章のテーブルクロス引き

    9位:『進め!電波少年』松本明子、アラファト議長にアポなし突撃成功

    10位:『FNSの日テレビ夢列島』「BIG3」ビートたけし、明石家さんまの愛車破壊


    1位~10位
    https://news.mynavi.jp/article/20190414-808560/images/001l.jpg

    11位~25位
    https://news.mynavi.jp/article/20190414-808560/images/003l.jpg

    https://news.mynavi.jp/article/20190414-808560/images/002l.jpg

    ●調査概要
    調査時期:2019年3月2日~31日
    調査対象:マイナビニュース会員
    調査数:4,748人
    調査方法:インターネットログイン式アンケート。19年1月22日から2月22日まで自由記述のアンケートを実施し、この結果とマイナビニュース編集部が選んだ名場面から選択項目を作成。
    https://news.mynavi.jp/article/20190414-808560/ 


    所長見解:いいともね・・・

    【【覚えてる?】平成バラエティ名場面ランキングがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Xといえば、人気若手女優として数多くのドラマや映画、舞台に出演。

    トーク力もあり、最近はバラエティー番組での出演も目立つ。

    その一方でデビュー前の“元ヤン説”が取り沙汰されるなど、公私両面で話題を振りまいているが、そんなXが取材現場で思わぬ行動をとっていると噂になっているのだ。

    「Xさんは番組の収録現場やメディアの取材現場などで、女優など同世代の女性タレントの自宅の場所やよく遊んでいるスポット、男性関係などを赤裸々に話してくれるんですよ。
    中には週刊誌の記者が飛びつきそうな話題まであって、こっちが『そこまでしゃべって大丈夫!?』って心配になるほどです」(女性誌記者)

    g


    古くから芸能人をネタ元にしたスクープもあるにはある。

    とはいえ──。

    「最近もマネジャーをはじめとした芸能事務所のスタッフなどの“関係者”が、自分のところのタレントのライバルのスキャンダル情報をマスコミに流すケースはありますが、芸能人本人が他のタレントの情報をリークすることはマレですよね」(スポーツ紙芸能デスク)

    ライバルタレント潰しなのか、はたまた単なる趣味なのかは不明だが、X発の激アツスクープが世間に話題を振りまく日も近い!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1728028/

    所長見解:誰?・・・

    【【裏の顔】人気若手女優Xが女性タレントの男関係をリーク説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月14日放送のバラエティ番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に、元サッカー日本代表でタレントの丸山桂里奈が出演した。

    同番組で丸山は月収を明かしたという。

    「番組で丸山は、現在の月収に関して『290から300万円くらい』とみずから暴露し、スタジオ出演者を驚かせました。
    彼女は昨年、198本もの番組に出演し、『2018タレント番組出演本数ランキング』では第3位にランクイン。
    今年に入ってからもバラエティ番組で引っ張りだこですから、大金を稼いでいても不思議ではありません」(テレビ誌記者)

    丸山といえば、運動神経が抜群なだけでなく、過去の過激な恋愛体験も包み隠さず暴露するなど、NGがないため、様々な番組で重宝されている。

    s


    しかしその影響で、あるバラエティタレントがピンチに陥っているという。

    「2月15日発売の『フライデー』によると、丸山はバラエティでの実力だけでなく、裏ではスタッフに挨拶を欠かさず、誰よりも早く現場入りするマジメな性格が高評価なのだとか。
    さらに自分で袋詰めしたお菓子を、ADを含めた全スタッフに配り、丁寧に挨拶していくため、彼女と一度仕事をした人はみんな、ファンになるそうです。
    ですがその影響で、これまでバラエティタレントとしてトップレベルの売れっ子だった鈴木奈々の仕事が激減。
    本人もかなり焦っているようで、元気な姿が印象的な彼女も、最近は口数がみるみる減っているとテレビスタッフが証言しています」(前出・テレビ誌記者)

    丸山のほか、昨今は朝日奈央や西野未姫など、次々と人気タレントが台頭してくる芸能界。

    はたして鈴木は今年、生き残ることができるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1697464/

    所長見解:しかたない・・・

    【【バラエティ番組】鈴木奈々を見なくなった深刻すぎる理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    潜在視聴率とはそのタレントを見たがる視聴者数のバロメータ。

    だが、「持ってる」どころか、視聴者離れを起こす女性タレントは少なくないという。

    テレビマンの証言をもとに、顔を出せばチャンネルを替えられる「潜在マイナス視聴率」を探ってみた。

    今や業界内で「出してはいけない」と敬遠される女王格がベッキー(34)だ。

    テレビ関係者が語る。

    「不貞そのもの以上に、報道後の『友達で押し通す予定!笑』という“居直りLINE”への反発はいまだすさまじく、ノーギャラでも出てほしくないタレントの筆頭かもしれません。

    現在も“休養中扱い”の番組が6つもあることがすべてを物語っています」

    b


    テレビで見ることの多い鈴木奈々(30)にも、「マイナス要因」が囁かれている。

    「鈴木は女芸人以上にはっちゃけてくれるので、バラエティ番組としては非常に重宝しているんです。

    しかし、痛々しくて見ていられずにチャンネルを替えてしまう視聴者が大量発生するため、視聴率を下げるタレントと見られています」(前出・テレビ関係者)


    同類の有名女性は他にも。

    「まったく同じ傾向なのが今年ブレイクした丸山桂里奈(35)です。

    今年の日本テレビ系『24時間テレビ』の企画で、ヒップで相撲を取る対決企画では引き締まったヒップを披露して番組に貢献しましたが、彼女を『下品で痛々しい』と毛嫌いする視聴者も少なからずいる。

    少し毛色は違いますが、いきなり生放送で号泣するなど突発的な行動を繰り返す遠野なぎこ(38)も『見ていてヒヤヒヤする』との理由でマイナス要因です」(前出・テレビ関係者)

    バラエティの盛り上げ役も一筋縄ではいかないようで…。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15620238/


    所長見解:まあね・・・

    【【悪イメージ】視聴率を下げてしまう女性タレント達がコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ