ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:バラエティー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    X JAPAN再び分裂危機 ルナフェスにYOSHIKI単独出演の深刻事情

    ロック界のカリスマに新たな“火種”が勃発か――。
    日本のロックバンドが集う音楽フェス「LUNATIC FEST.2018」(以下、ルナフェス)が23、24日に千葉・幕張メッセで行われる。
    今年もそうそうたる顔ぶれが出揃ったが、人気ロックバンド「X JAPAN」の名前はなく、YOSHIKI(年齢非公表)が単独で出る。

    なぜバンドとして出ないのか? 
    実は、舞台裏ではボーカルToshl(52)とYOSHIKIの、のっぴきならない“事件”が発生していたのだ。

    y


    ロックバンド「LUNA SEA」が主宰するルナフェスは2015年に第1回を開催し、今回で2回目。
    ラインアップにはLOUDNESSやGLAY、大黒摩季など大御所も名を連ねているだけに、約6万人を動員した前回同様、大変な盛り上がりになることだろう。

    音楽関係者が語る。

    「もうモッシュ(興奮した観客が密集した状態で体をぶつけ合うこと)やダイブ、ヘドバン(リズムに合わせて頭を上下に振ること)の雨アラレですからね。
    中にはスリや痴漢の被害に遭ったファンもいたとか。今回も激しいライブになりそうですよ」

    ところが、ファンや関係者が不思議がっていることがある。
    それは「X JAPAN」は出演せず、YOSHIKIが単独出演することになったからだ。
    同関係者は「もともと『LUNA SEA』にとって『X JAPAN』は自分たちを育ててくれた“親”であり“師匠”なんです。
    他界したHIDEの後釜をギタリストのSUGIZOが担っていることからも明らか。
    そんなかわいい後輩のフェスに、バンドとして出演しないというのはあり得ないんですよ」と言う。

    実は、その舞台裏ではのっぴきならない事態が勃発していたのだ。

    内情を知る芸能関係者が明かす。

    「もともとはバンドとして出演する方向だったんです。
    そしたらToshlが法外なギャラを要求し『払えないんなら出ない』と言いだした。
    交渉してもまったく折り合わず、かといってボーカルのToshlを除いて出演するわけにもいかない。
    結局YOSHIKIだけの出演になったというわけです。
    後輩の顔を潰すことになったため、YOSHIKIはほぼノーギャラにしたといいます。
    義理堅い人間ですからね」

    ただ、今回の件でYOSHIKIははらわたが煮えくり返っているという。

    同関係者が続ける。

    「最近、Toshlがバラエティー番組にやたら出演しているというのもバンドのブランドイメージとしていかがなものなんでしょうか。
    『X JAPAN』のカリスマボーカリストが芸人にイジられまくってますからね。
    なぜそこまでしなければいけないのか周囲は理解に苦しんでいるのです」

    たしかに、ここのところToshlはすっかり“バラエティータレント”と化している。
    ある番組で遺体役になったかと思えば、別の番組ではお笑い芸人くっきー、レイザーラモンRGとネタを披露。
    占い師の銀座の母からは言いたい放題言われて、もはやカリスマボーカリストとしての面目はない。

    「世間に親近感を抱かせていると言えば聞こえはいいですけど、ただ笑われているだけですからね。
    ステージで『行くぞー!』とシャウトしても、『プッ』と噴き出されたらロックのライブが成立しません。
    YOSHIKIも不快感を抱いているとみられます」(同関係者)

    一見、友好的な関係の2人だが、YOSHIKIのToshlへの不信感は強くなりつつあるという。
    場合によっては、「X JAPAN」の“空中分解”もあるかも!?

    カリスマバンドはいったいどうなってしまうのだろうか。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1046086/ 


    所長見解:カリスマか?・・・

    【【金銭問題】X JAPAN、YOSHIKIとToshlの新たな亀裂がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    薬丸裕英の長女・玲美、ゴールデン帯バラエティー初出演 母・石川秀美に強烈ダメ出し

    薬丸裕英&石川秀美夫妻の長女・薬丸玲美が、10日放送の日本テレビ系バラエティー『踊る!さんま御殿!!』(毎週火曜 後7:56)3時間スペシャルでゴールデン帯のバラエティー番組に初出演することが9日、わかった。
    玲美は「父に認められるぐらい頑張って、父と共演するのが夢です」と目標を語った。

    玲美が出演するのは「世代対抗トークSP」。
    “オジサンオバサンへの苦情”というお題で、家族でカラオケに行ったときに、母・石川のリズムのノリ方が横ノリなのが恥ずかしいと一刀両断。
    司会の明石家さんまやほかの出演者を巻き込んで大論争を巻き起こした。
    “ジェネレーションギャップを感じるとき”では、父が難しいことわざを使いながら説教をするため、頭に入ってこないと暴露するなど、両親の家庭での素顔をバラしていた。

    放送を控え、玲美はORICON NEWSにコメントを寄せ「初めてのゴールデン帯のバラエティー番組だったので、とても緊張していましたが、さんまさんを始め、ほかの出演者の皆様が優しくて、会話が楽しくできたと思います」と充実感たっぷり。
    「父や母からは『くれぐれもさんまさんによろしくお伝えください』と言われました」と明かした。

    今後の目標については「今回の出演が楽しかったので、バラエティーに出て行きたいです。出させていただく番組すべて全力で駆け抜けていきたいと思います!」と話し「父に認められるぐらい頑張って、父と共演するのが夢です」と目標を語った。

    「今アツイ有名人」のコーナーには、写真集が16万部の大ヒット中の欅坂46・長濱ねるが参戦。
    好きな人にプレゼントして欲しいものはまさかの「カラスミ」と告白し意外な渋い好みが発覚するなど、かわいすぎる天然発言連発した。


    『踊る!さんま御殿!!』に出演する薬丸玲美

    no title

    https://www.oricon.co.jp/news/2109229/full/


    所長見解:これは・・・
    【【二世タレント】薬丸裕英と石川秀美の長女・玲美 ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    とんねるずの石橋貴明が8日、フジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」において、お笑いタレントのノッチを引き合いに「だから、日本のバラエティーはいま、ダメになってる」と強く持論を主張した。

    b


    番組では「とんねるず大反省会」として、若手から中堅タレントが、これまでのとんねるずの仕打ちに苦情を言い立てた。
    石橋がすぐにノッチのもみあげをバリカンで切るシーンが何度も放映され、ノッチは「あんな意味なく、もみ上げそるのはなんですか!?やってることチンピラじゃないですか!」と苦情をまくし立てた。

    石橋は冷静に「ノッチってさ、台本通りにしか言わないんだよね」と指摘。
    ここでおぎやはぎが台本を確認。
    「やってることチンピラじゃないですかって書いてある」と認めた。
    ノッチが何も言い返せない中、石橋が出演者全員に台本を見せ、納得させた。

    石橋は「そういうのは俺らはいやなの。タレントはアドリブ力だと思うのよ。そのまんまでしょ、君たちがやってることは。そういうとこで日本のバラエティー番組はいま、ダメになってるの」と不満をぶちまけた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00000139-dal-ent 


    所長見解:そうだよね・・・
    【【熱烈持論】石橋貴明「いま、日本のバラエティーはダメになってる」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手のmisonoが5日、自身のブログを更新。
    バラエティー番組への出演を今後しない方向であることを発表した。

    m


    misono、バラエティ番組を卒業

    misonoはブログに今後の“露出”について投稿し、「皆様の言う通りバラエティーには出ない方がいいっていう意見を、取り入れてみて…実行してみる事にしました」と卒業宣言。

    歌手としての基盤があったmisonoが、これまでバラエティー番組に出演してきた理由として

    「(所属事務所の)エイベックスに恩返しをしたいから」
    「お世話になったスタッフさんに感謝してるから&貢献したいから」
    「子供から、おじぃちゃん&おばぁちゃんまで“会うと”喜ばれるから」
    「バラエティーに進出したおかげで!知名度はあがり、動員数が増えたから」
    「このキャラ&イメージだったからこそ!人気はないけど、認知度はあるから」
    「こんな言動をしてきたからこそ!好感度はないけど、名前や顔を覚えてもらえたから」

    と6点あげた。


    misono、走り出そう 輝きに満ちた 未来が待ってる

    約10年間露出したバラエティー番組を卒業することに関しては「“2007年~2017年まで”の間、で続ける事が出来たバラエティー。
    misonoなんかが10年間もやれたのは、奇跡でしかありません。
    なので、ウチからしたら“元に戻る”だけなのです!」とした。

    最近は「露出をすればする程嫌われていくしバッシングされるし…
    ネットニュースになりすぎてて“炎上クイーン&お騒がせタレント”になってしまった」とし、「もうコレ以上は、叩かれたくない」と本音を吐露。
    「“不祥事をした”訳ではないのに…こんなにも“批判されるmisono”の方が、ヤバくない?!」と自身を“右往左往&浮き沈み”人間として、控えることを決意したようだ。

    misonoは最後に「皆から見たら現時点では“今この瞬間”が“終止符”になってしまう訳だけど、いつか=未来からしてみたら!こんなのは、ただの“通過点”だから』良いんだ」とファンに呼びかけている。

    http://mdpr.jp/news/detail/1744881


    所長見解:出るでしょ・・・
    【【恒例行事】misono、バラエティー番組卒業を発表ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    不倫スキャンダルが報じられ、レギュラー番組から姿を消したフジテレビの秋元優里アナ(34)。
    現在、フジでは秋元アナの空席を埋める女子アナの選定で大わらわのようだが、看板番組をめぐる女子アナたちの椅子取りゲームは他局でも激しさを増している。

    テレビ朝日では2016年に朝の情報番組『グッド!モーニング』のキャスターだった田中萌アナ(26)と先輩アナとの「職場不倫」が報じられて大騒動となったが、こちらは“復活”の芽が出てきているという。

    「朝の番組は降りた田中ですが、最近、上層部から好評だと聞く。
    『若手なんだから失敗もある。これから頑張って』と声をかけられているそうです。
    なにより騒動後に腐らなかったことが大きい。
    深夜バラエティでは意外にアドリブが利くと司会の爆笑問題が感心していた。
    局としては今後、バラエティを中心に復活の場を作っていくことになりそうです」(テレ朝関係者)

    昨年の「好きな女性アナウンサーランキング」では、5連覇の日本テレビ・水卜麻美アナ(30)、2位のNHK・有働由美子アナ(48)に続いて3位に急浮上したテレ朝・大下容子アナ(47)の評価は局内でも安定している。

    「先日も『ワイド!スクランブル』で音声が2分以上流れない放送事故がありましたが、大下アナの落ち着いた対応を称賛する視聴者の声が多く、局として助けられた。
    安心して生放送の報道・情報番組を任せられる存在です」(同前)

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180123-00000007-pseven-ent

    田中萌アナ
    no title


    所長見解:甘いね・・・
    【【不倫女穴】職場不倫の田中萌アナ、上層部から好評で復活ってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ