ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    石原さとみのコロナ感染をメディアがほとんど報じなかった背景


    k


    コロナ感染を報じられた石原さとみ。

    事務所は報道後にその事実を認めたが…



    女優の石原さとみが新型コロナウイルスに感染していたことが、所属事務所の発表で明らかになった。

    ドラマの撮影現場で1月中旬に受けたPCR検査で陽性と判明。

    石原にコロナの症状はなく、現在は自宅療養中ですぐに仕事に復帰する予定という。

    まずはひと安心、といったところか。



    実際には、事務所の発表よりも前に「女性セブン」が石原の感染を報じていた。

    4月から放送予定の主演ドラマの撮影が予定されていたが、感染発覚後に延期されたという。

    「ドラマの情報解禁前」ということもあり感染を発表しなかったというが…。



    「セブンの報道を受け、各マスコミが事実確認のために事務所に問い合わせたので、隠しきれなくなって回答したそうです。
    しかしホームページなどでは公表しておらず、あくまでマスコミからの問い合わせがあれば答えるというだけ。
    感染したこと自体は悪いことでもないのに、こんな対応になるのは不思議ではありますね」(スポーツ紙記者)



    別のケースではドラマ『ももいろ あんずいろ さくらいろ』(テレビ朝日系)で主演を務める予定だった筧美和子が新型コロナウイルスの濃厚接触者にあたると医師から指摘を受け2月3日に主演を降板した。

    代役にはアイドルグループ「PASSPO☆」の元メンバーの奥仲麻琴が務めるという。


    筧自身はPCR検査の結果陰性だったというが、感染せずとも「濃厚接触者」であれば降板…とはなかなか世知辛い。

    21日からスタートするドラマということなので、ロケスケジュールを変更できなかったのだろう。


    一方の石原だが、5日のスポーツ紙やテレビのニュースを見ても、目立って取り扱った媒体がほとんどないのだ。

    これはなぜなのか…。


    「石原さんの所属事務所が、マスコミに『できれば扱わないでほしい』とお願いしていた、と聞いています。
    理由を聞いても“プライベートなことなので”というよく分からない回答だったとか。


    事務所は、公表しなかったことについて『むやみに芸能人が公表することは社会不安をあおっていることになり得る』と説明しています。
    たしかに病気はプライベートなことですが、他の芸能人は、共演者やスタッフなどに迷惑が掛からないように公表していますからね…」(テレビ局関係者)



    たしかにドラマ制作発表前であり、舞台やコンサートなどファンに迷惑を掛けないのであれば、公にする必要はないのかもしれない。

    だが、8日に配信された「日刊ゲンダイDIGITAL」の記事によれば、感染を隠すために出演ドラマの情報解禁を2月3日から10日へ変更していたと報じられたが、これが事実なら、ますます「なにかあったのか」と思われても仕方ないだろう…。



    コロナに感染して炎上したのは、宴会やお持ち帰り報道などで何度も報じられた石田純一や、狭い劇場で舞台を上演し客までもクラスター感染を起こした山本裕典や有村崑くらい。

    芸能人が感染を公表しても、いまは非難を浴びることもないはずだ。



    報道により感染事実が判明してしまった石原。

    きちんと対応していれば、こんな騒ぎにはならなかったように思えるのだが…。

    なにはともあれ、一刻も早い復帰を願いたいものだ。



    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210209-00000001-friday-000-4-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/f67fc76b9d67542f17e8447725aec7bee862588c
    所長見解:そうなのか・・・

    【【これはヤバい】石原さとみのコロナをメディアが報じなかった闇過ぎる理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『白線流し』から25年 酒井美紀、42歳でグラビア初挑戦「わたし史上ギリギリ限界!(笑)」



    d


    女優の酒井美紀(42)が、8日発売の『週刊プレイボーイ』8号(集英社)で人生はじめてのグラビアに挑戦した。

     
    静岡県出身の酒井は、1995年に映画『Love Letter』で女優デビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

    翌年の連続ドラマ『白線流し』(フジテレビ)に主演し、注目を集めた。

    同作は2005年までシリーズ化され、青春ドラマの金字塔として多くの人に愛されている。


     
    名作ドラマの初放送からはや25年、42歳にして人生初のグラビアに挑戦。

    「まもなく43歳にして初グラビア!わたし史上ギリギリ限界!(笑)最初で最後です。
    お見逃しなく!」とコメントを寄せた。



    ※画像がコチラ



    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://www.oricon.co.jp/news/2183808/full/

    所長見解:もうな・・・


    【【検証画像】女優・酒井美紀(42)ギリギリ限界すぎる初グラビアの結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    信長の妻の名、「帰蝶」でなかった?

    「胡蝶」読み違えか


    nob

     
    戦国時代に天下統一事業を進め、本能寺の変で倒れた織田信長(1534~82)の正室の名前は、「帰蝶(きちょう)」ではなかったかもしれない――。

    信長の正室の本名をめぐって、国文学者から出された新たな学説が注目を集めている。

    美濃(みの)(現在の岐阜県南部)から嫁いできたことから「濃姫(のうひめ)」とも呼ばれたとされるが、文献の検討から「帰蝶」ではなく、「胡蝶(こちょう)」だった可能性が高いとみる説だ。


    https://www.asahi.com/articles/ASP223Q67P1VULZU01Y.html
    所長見解:マジかいな・・・

    【【歴史的発見】織田信長の妻は「帰蝶」でなく「胡蝶」ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    こいつどの役やっても一緒だよな ←想像した俳優

    d


    誰?

    所長見解:キムやろ・・・


    【【結果発表】どんな役をやってもいつも一緒の俳優がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    綾瀬はるか、デビュー20年 若手女優台頭する中で誰にも負けない魅力


    m


    1月17日から放送スタートするドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)で、約2年半ぶりに連ドラの主演を務める女優・綾瀬はるか(35)。

    女優デビューから20周年を迎えた彼女は、ファンを魅了し続けている。


     
    2001年にテレビドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)で女優としてのキャリアをスタートさせた綾瀬。

    その後は2003年の『僕の生きる道』(フジテレビ系)や翌2004年の『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)など様々な話題作に出演してきた。


     
    連続ドラマで初めて単独主演を果たしたのは2007年放送の『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)だった。

    高視聴率をキープして話題を呼んだ同ドラマは、続編が2010年に放送されたほか、2012年には映画化もされている。


     
    2013年にはNHK大河ドラマ『八重の桜』で主演に抜擢。

    この時期、綾瀬はるかに直接取材したカメラマンでライターの名鹿祥史氏は、当時の印象をこのように語る。


    「『八重の桜』に主演されていた2013年、ドラマと関係の深い福島県会津若松市で行われたイベントに綾瀬さんが出席され、東京から遠征して取材に行ったことがあります。
    イベント後に、同席していたスポーツ紙の方が手配してくれて、仕事を終え会場脇の車で休んでいた綾瀬さんに直接話を聞く機会にも恵まれました。


    その際の綾瀬さんの記者に対する真摯な対応や、気さくで、飾らない性格にすごく感心させられたのを覚えています。
    寒い季節で、しかも多忙な中の取材であったにもかかわらず、嫌な顔一つせず、丁寧にこちらのやりとりに応じてくださいました。
    綾瀬さんの仕事に対するプロ意識の高さもその時に強く感じました」



    “天然”と言われる彼女だが、仕事に対する意識の高さは業界関係者の間ではよく知られている。

    その後は数多くのテレビドラマや映画で主演を務めるようになり、まさに名女優としての地位を確立していった。


     
    名鹿氏は、そんな綾瀬の魅力について次のように続ける。


    「女優としては『八重の桜』以後も数々の作品に出演され、場数をこなしてきた綾瀬さんは、年齢を重ね、人生経験も積み、いろんな製作者や共演者との仕事を通じて、様々なものを吸収してきたのでしょう。

    演技面でも深みが増し、演じる役の幅も年々広がってきているように感じます。
    人から愛される、人から注目される資質は昔からずば抜けていましたが、それに甘んじず、頑張って来られた結果が今の綾瀬さんなのだと思います」


     
    最初に女優としてテレビドラマに出演してから、早くも20年が経過した。

    その間、様々な新しい若手女優も登場してきている。

    だが綾瀬の地位は揺るがないだろうと、名鹿氏は語る。


    「近年は有望な若手女優がたくさん台頭してきていますが、誰が出てきたからといって、綾瀬さんの人気やポジションが今後誰かに奪われてしまうといったこともないと思います。
    単純に役をこなすだけでなく、経験や人柄からくる所作の美しさ、綾瀬さんにしかない立ち居振る舞いの良さといった、他の若手女優にはない魅力がたくさんあるからです。


    また、幅広い年齢層から支持されるその好感度の高さも綾瀬さんの大きな武器になると思います。
    数々の代表作にも恵まれていますが、これからも大きな舞台で活躍し、代表作を増やしていくのではと思います」


     
    今年3月には主演映画『奥様は、取り扱い注意』も公開される。

    本来であれば昨年6月に公開が予定されていたものの、コロナ禍の煽りを受けて延期となっていた作品だ。

    深みを増した綾瀬はるかの魅力は、今後もますます磨かれ続けることになるに違いない。




    https://news.livedoor.com/article/detail/19516900/



    ▼画像

    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/6/26f22_759_eb69c7ce_59413006.jpg

    https://news.mynavi.jp/article/20191120-926405/images/001.jpg

    https://kyun2-girls.com/file/parts/I0000367/8587029d2a12657c65439162bc45297a.jpg


    ▼動画
    https://www.youtube.com/watch?v=4NAZmtM5cCU&t=195s


    所長見解:ええよな・・・
    【【芸歴20年】女優・綾瀬はるかの誰にも負けない魅力がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ