ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
       
    女優の剛力彩芽が、深夜ドラマ『抱かれたい12人の女たち』(テレビ大阪)で約1年半ぶりにドラマ出演することが分かった。

    放送に先立ち、ストーリーと写真が公開されたのだが、剛力の表情にネット上では《〝ZOZO疲れ〟がスゴイ》などと話題になっているようだ。


    同番組は、女性客に扮した個性派女優たちが、バーのマスター役の俳優・山本耕史を口説き落とし、一夜だけの関係を持つまでの過程を描いた大人の恋愛ドラマ。

    ただし、台本はなくすべて即興。

    女優たちの体当たり演技が見どころだ。


    剛力が出演するのは、12月21日に放送される最終回で、ある女優の熱愛スクープを追い掛ける芸能記者役。

    グレーのパーカーにカーキ色の上着を羽織り、明るい茶髪という〝ボーイッシュ〟な姿で登場する。

    世間を騒がせているその女優『A』と男が、このバーから出てくるのを目撃し、 マスターに話を聞きにやって来たという設定だ。


    繰り広げられる即興会話の中で、剛力は「もうちょっとうまくやればいいのに、バカだよねあの娘」と女優に毒のあるセリフを吐くのだが、この真意について撮影終了後に「役を通じてですが『あの子、バカだよね』とか世間が思っていること、今だから言える自分の気持ちを言えたのはすっきりしました」と語っている。


    g


    指名手配犯並みの人相に…

    「剛力といえば、交際していた『ZOZO』創業者・前澤友作氏との破局が先日報じられましたが、一時はその〝バカップル〟ぶりが話題に。
    交際が公になった途端に剛力側からSNSで前澤氏の顔写真をアップしたり、前澤氏が剛力の笑顔写真を撮って、その写真を剛力がSNSにアップしたりでしたね…」(芸能ライター)

    そんな前澤氏との別れで〝絶賛傷心中〟と思われる剛力。


    ドラマ放送に先だって公開された写真について、ネット上では、

    《何か疲れてるように見えるけど大丈夫?》
    《何か痩せこけてるな》
    《顔が疲れ過ぎてる やつれちゃった感じだよね》
    《ずいぶん…な顔になったね 事件の指名手配もしくは犯人写真みたい》
    《ZOZO疲れでやつれてない?》

    などと、心配の声が続出している。


    前澤氏は自身のツイッターで《一区切り。》と心機一転した様子をつづっている。

    剛力もまた、女優街道に戻れるのだろうか…。


    画像がコチラ

    http://dailynewsonline.jp/article/2081669/ 



    所長見解:あらら・・・


    【【悲報】剛力彩芽さん、骨になる・・・・    】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2005年の『ドラゴン桜』(TBS系)以降、毎年のように連続ドラマに出演していた女優の新垣結衣。

    しかし、今年は出演作がなく、ネット上で心配の声が広がっている。


    g


    06年には『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』、08年には『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)、12年には『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)、16年には『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)など、数々のヒット作に出演してきた新垣。

    昨年は、『逃げ恥』の脚本を手掛けた野木亜紀子氏と再びタッグを組み、連ドラ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で主演を務め、他にも劇場版『コード・ブルー』に出演するなど、仕事にまい進していた。

    「ここ数年、新垣は大人気女優にもかかわらず、出演する連続ドラマは年に1本と絞り、その〝プレミア感〟もあって評判は上々でした。
    しかし、大ヒット確実という前評判だった『獣になれない私たち』が、全話平均視聴率8.7%と大コケ。
    新垣の演技も酷評されてしまいました」(芸能記者)


    この大コケが原因かは分からないが、今年は役者としての仕事はナシ。


    https://myjitsu.jp/archives/99648

    所長見解:ガッキ-・・・

    【【悲報】新垣結衣さん連ドラ出演ゼロってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    田中みな実の共演NGリストにカトパン!

    テレビスタッフも震え上がる2人の関係


    m

     
    元TBSで現フリーアナウンサー・田中みな実(32)の注目度が良くも悪くも高まっている。

    田中は3日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演し、明石家さんま(64)を前に相変わらずの力量を発揮。

    写真集発売、女優業にも進出しているが、そんな中、テレビ業界では田中に関する「共演NGリストが更新された!」とささやかれている。

    しかもそこに登場するのはカトパンこと加藤綾子(34)だった!

     
    田中は3日の「行列の――」で、司会のさんまに対し、TBS時代から有名だった“ペンギン走り”などブリっ子技を披露。

    VTRでは田中の大ファンだという大相撲の炎鵬(25)とのロケで、背後から肩をもんだり、両手で顔を触ったりの“男殺しテク”を見せつけた。

    炎鵬を前に何度も髪をかき上げるあざといしぐさは、さんまら共演者からイジられたが、12月13日に発売される写真集に収録された一枚を炎鵬にプレゼントし、ちゃっかり宣伝。

    放送後にはインスタグラムを更新し「炎鵬関お気に入りの1枚はこちらでした」とランジェリー姿で寝ころび笑顔のショットを公開する抜け目のなさを見せている。

     
    田中はフリーアナとしての仕事のほか、女優としても放送中の「モトカレマニア」(フジテレビ系)に出演するなど、引っ張りだこだ。

    仕事が増えるのに伴い、不穏な情報も浮上した。

    きっかけは9月25日に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジ系)だったという。

    「ゲスト出演した田中は、MCの元フジテレビアナの加藤綾子と共演し、以前からテレビ業界に広まっていた“不仲説”をお互いに笑顔で一蹴した。
    その時は誰もが不仲はネタなんだと思っていたんですよ。
    それが実は、ガチだったのです」(テレビ関係者)

     
    同番組で田中は「メディアで加藤さんとも仲が悪いとか散々書かれるけど、そもそも互いに嫌い合うほど存じ上げないんですよ。ね(加藤さん)?」と確認。

    対する加藤も笑顔で「そうですよね」と返した。

     
    2人のこんなやりとりに、共演したマツコ・デラックスなどが「みな実も悪いよね、言い方がね」と田中の口調が丁寧すぎて怪しいとツッコミを入れ、笑いが広がった。

     
    だが、実際の2人は本当に犬猿の仲だという。

    「『ホンマでっか――』に田中がゲスト出演したのも手違いだったそうで、だから、のっけから台本になかった不仲説に対し2人は過剰に反応し、優等生的なコメントを発した。
    スタッフは中途半端な盛り上がりだったため、放送するための尺が足りずに困っていたそうです」(事情通)

     
    田中は14年9月末にTBSを退社。

    一方の加藤は16年4月末にフジテレビを退社し、それぞれフリーアナながら、女優業にも進出した共通点がある。

    これが、確執にもつながっているという。

    「2人とも目指すところが一緒。
    最終的にはフリーアナではなく女優を目指したい。
    女優業に先に進出したのは加藤で、ドラマ『ブラックペアン』(18年4月期、TBS系)でデビューした。
    一方の田中も『絶対正義』(19年2~3月、フジ系)で本格的に女優デビューした。
    加藤にしたら、田中は自分のマネっ子にしか見えず、ケンカを売るようにフジばかりに出演していると思っているんです」(同)

     
    対する田中にも因縁がある。

    「加藤が出演した『ブラックペアン』は田中の古巣TBSで、加藤が演じた治験コーディネーター役は当初、田中がやる方向だったそう。
    それを加藤に取られたと思っているわけです」(ドラマ関係者)

     
    田中と加藤のライバル関係を表すエピソードも漏れ伝わってきた。

    「2人はそれぞれ、テレビスタッフに質問するんです。
    田中は『加藤さんって、理想の女子アナの姿ですよね?』、加藤は『田中さんって、きれいですてきですね』。
    水を向けられたスタッフがほめようものなら、二度と口をきかなくなるそうですから、かなり根深そうなもの」(同)

     
    共演を避けながら、それぞれの場所で活躍するしかなさそうだ。


    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1608888/

    所長見解:どっちもええね・・・


    【【不仲説】田中みな実の共演拒否にあの人気女子アナってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    国民的ドラマシリーズ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)の名子役としてブレークした俳優のえなりかずきが、同ドラマから“永久追放の危機”に瀕している。

    同番組の脚本家・橋田壽賀子氏が、去る10月3日発売の『週刊文春』にて、えなりが同ドラマ主演の泉ピン子と共演NGを出したことを暴露し、「そういう申し出すること自体、私は頭に来るのよ」などと、えなりへの怒りをあらわにしているのだ。


    w


    ただ、えなりが共演NGにした理由は、ピン子による“イジメ”が原因だというから穏やかではない。

    「ピン子さんの共演者イジメは、NHKの朝ドラ『おしん』でブレークしたころから有名でした。
    渡鬼でもえなり君に対して厳しく当たったり、収録の合間に肩を揉ませるなどを強要していましたからね」(出演者のマネジャー)

     
    イジメに遭ったのは、えなりだけではない。

    「えなり君のマネジャーの母親に当たり散らしたり、立場上、断れないことをいいことに、自分が所有するシャネルを安く買わせたりしています。
    それを見て育ったえなり君が、ピン子さんに嫌悪感を示すのは当然でしょう」(元事務所関係者)

     
    一方、ピン子はイジメを否定しているという。

    「橋田さんがピン子さんに聞いたら“イジメた覚えは全くない”と答えたようです。
    ピン子さんは上の人に取り入るのはうまいですからね。
    橋田さんはピン子さんの言うことを鵜呑みにしてしまったようです」(元ドラマスタッフ)

     
    2人の共演シーンは、2015年の渡鬼特番を最後になくなっている。

    「今年の9月に放送された特番では、えなりは大阪に出張しているという設定で、出演すらしていません。
    渡鬼では、以前もレギュラーの役者さんが急に出演しなくなることや、ドラマ内で死亡扱いになっていたケースがありました。
    橋田さんは『私は嫌いな役者は作中で出張させたり、死なせたりします』と言っていたので、同じケースではないかと思われます」(同・スタッフ)

     
    えなりが復活することを願うばかりだが…。


    https://npn.co.jp/article/detail/76769340/

    所長見解:そうなんや・・・

    【【渡鬼】脚本家・橋田壽賀子氏が激怒「えなりかずき永久追放」←これwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    10月20日から放送されている木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)が好評だ。

    「かつてパリで二つ星レストランに勤務し、将来を期待されていた主人公がトラブルを起こし料理界を追放されます。
    3年後に、料理人の鈴木京香さんと出会い、かつての仲間を誘ってお店を開き、三ツ星獲得を目指す物語です。
    共演者には、及川光博さんや沢村一樹さん、Kis‐My‐Ft2の玉森裕太さんなど、豪華なメンバーがそろっていますよ」(スポーツ紙記者)

     
    そんな話題作にいま“ある疑惑”が浮上している。


    「設定やストーリーが、‘15年に公開されたアメリカの映画『二ツ星の料理人』に酷似しているんです。
    『グランメゾン』に原作はなく、フジ系のドラマ『世にも奇妙な物語』などでおなじみの脚本家の黒岩勉さんによるオリジナル作品。
    しかし、2作品が非常に似ていることから、ネット上では《パクリではないか?》という声もあがっていますよ」(映画配給会社関係者)


    ■多すぎるストーリーの共通点

    いったいどのあたりが似ているのだろうか。

    「『二ツ星の料理人』は、一流の腕を持ちながらトラブルを起こして店を追われた元二つ星レストランのシェフが、三ツ星獲得を目指して奮闘する物語です。
    『グランメゾン』同様、主人公が3年後にかつての同僚や女性の料理人をヘッドハンティングするのですが、元同僚からは次々に断られて店を立ち上げるのは非常に難航します。
    主人公の経歴やかつての同僚を誘っても断られる展開など、2作品には共通点が多いんです」(同・映画配給会社関係者)


    『グランメゾン』の第1話では、木村が日仏首脳会談の昼食会でフランスの大臣にアレルギー食材を提供してしまったことで職を失うシーンがある。

    『二ツ星の料理人』でも似たような場面があって……。

    「仲間に裏切られ、レストランに現れたミシュランの調査員の料理のソースに大量の唐辛子を入れられます。
    その結果、三ツ星を得るチャンスを逃してしまうんです。
    大まかなストーリーだけでなく、こうした細かい部分でも似ているところがあっては盗作を疑われても無理ないですよ」(同・映画配給会社関係者)


    ■盗作か、オマージュか

    確かに似ている部分が多いような気もするが、それだけで盗作だと決めつけることはできない。

    映画パーソナリティのコトブキツカサ氏は、今回のようにストーリーが似るケースは多いと指摘する。

    「あるテーマを扱って、かぶる部分があるのは当たり前です。
    『スターウォーズ』シリーズは、‘58年に公開された黒澤明さんが監督を務めた映画『隠し砦の三悪人』がモチーフだと言われていますし、三谷幸喜さんが脚本を手がけたフジ系のドラマ『古畑任三郎』は、‘68年から’03年まで放送されたアメリカのサスペンス・テレビ映画『刑事コロンボ』と似ていると言われていました。

    ただ、三谷さんは『古畑』が『刑事コロンボ』のオマージュであることはほぼ認めています。
    彼は『刑事コロンボ』が大好きで、その作品をモチーフにどう変化させるかを考えたそうです」

     
    ただ、昔はそうした類似性を咎めることは少なかったという。

    「まだSNSやネットが発達していなかったので、作品が似ていると思っても、仲間内で話す程度でした。
    しかし、いまは似ている作品を見つけると、ネットで粗を探したり、重箱の隅をつつくような言い方をします。

    私も日本の映画を見て、“ここはハリウッド映画のあの部分と似ているな”と思うことはありますが、それをネガティブにとらえるのではなく、“この部分はあの映画のオマージュなんだ”と考えます。
    よいエッセンスを取りあげて作品を作るのはよいことですから、楽しんで見たほうがいいと思いますよ」(コトブキ氏)


    『グランメゾン』も、海外映画をモチーフにして作っているのだろうか。

    TBSに問い合わせたところ、

    「さまざまな取材や資料をもとに制作しております。
    今後の展開もどうぞご期待ください」(広報部)

     
    ストーリーが似ているのは、単なる偶然なのか、よい部分を参考にしたのか、それとも……。


    https://www.jprime.jp/articles/-/16428?display=b

    no title

    所長見解:まあええやん・・・


    【【悲報】木村拓哉主演『グランメゾン東京』の盗作疑惑にTBSからの回答がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ