ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    t


    自粛の影響でテレビドラマの再放送が多い中、長澤まさみの過去ドラマが評判だ。

    彼女が2012年に主演した『都市伝説の女』(テレビ朝日系)で、超ミニスカ姿はエッチ度抜群。

    no title


    「石原さとみ、新垣結衣、吉高由里子、そして長澤。
    30代前半の人気女優たちの中にあって、長澤のスタイルの良さは抜きん出ています。
    『都市伝説の女』は20代前半のピチピチした長澤を見ることができるのですが、超ミニスカをはいてパン●ィーが見えるぐらいの太ももを露出しています。
    彼女は10代でデビューした当初からスタイルの良さは評判でしたが、それを象徴するような作品です」(テレビ雑誌編集者)

     
    当時の放送は、0時をまたぐ深夜ドラマだったが、平均視聴率9.7%という驚異的な数字を記録。

    あまりにも人気だったために、続編が作られたほど。

    特に男性ファンが狂喜したのは長澤のビジュアルだ。

    「納得さえすれば、映画で脱ぐし、写真集で全裸をやっても構わないと周囲に話しているとか。
    30代の人気女優で、フルオープンに最も近いのが長澤というのは定説です」(芸能ライター)

     
    そんな中、気になる情報が浮上。

    一部週刊誌が、今年前半は撮了の映画以外は、目立った活動はしないと報じている。

    「実は今、写真集を企画しているといいます。
    時期が時期なだけに、緊急事態宣言の解除後に、撮影を開始するという話です。
    内容はもちろん……。
    発売されれば12年以来、8年ぶり。
    予約段階での60万部超えを狙うとされ、大いに期待できそうです」(同・ライター)


    コロナよ、早く終息してくれ!


    https://wjn.jp/article/detail/0015031/?utm_source

    所長見解:ええな・・・

    【【朗報】長澤まさみの超ミニスカが工口過ぎる問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    これ、菅野美穂

    m


    主演は4年ぶりのドラマ主演となる菅野美穂(43)


    ※画像がコチラ


    所長見解:ええやん・・・

    【【悲報】女優・菅野美穂さんの現在がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    西内まりや、『全裸監督』で極秘復帰!「巨●ΛV嬢」を熱演中

    s


    10月中旬の夜11時を過ぎた東京・歌舞伎町の街角に、人だかりができていた。

    女性はワンレン、ボディコン。

    男性は肩パッドつきのダブルスーツと、群衆までが1980年代のバブル期さながらの光景だ。

    なんと! ドラマ『全裸監督シーズン2』(Netflix)の撮影がおこなわれていたのだ。

     
    前作は、伝説のAV監督・村西とおる氏をモデルにした主人公を、山田孝之が怪演して話題を呼び、2019年の配信ドラマで最多視聴者数を獲得。

    続編を望む声が根強い作品である。

    撮影現場で、ド派手なシャツを着た満島真之介(31)のかたわらで美しい両肩を見せていたのは、西内まりや(26)だ。

     
    西内は、所属事務所社長と揉めた際、ビンタをして逃走した騒動を発端に、2018年3月で事務所を解雇。

    以降、目立った芸能活動はしていない。

    「彼女が事務所と和解したという話は聞きません。
    現在、フリーで活動していますが、日本のテレビや映画への復帰は難しい状況です。
    今回はNetflixが米国資本だから、出演が可能になったのでしょう」(芸能プロ関係者)

     
    撮影していたのは、西内と満島が街角で揉めるシーン。

    テイクを繰り返すたび、2人は真剣な面持ちでモニターを確認していた。

    西内は、約2年半ぶりの芸能活動復帰となる。

    気になる役どころは……。

    「シーズン2は、樹まり子をモデルにしたΛV女優と、主人公・村西の愛憎劇が描かれる予定で、西内さんが樹を演じると聞いています。
    必然的に、ヌ●ドシーンや “濡れ場” も避けられません」(Netflix関係者)


    ▼写真
    https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2020/10/19210026/nishiuchi_mariya_1_thumb_Y.jpg 


    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://smart-flash.jp/showbiz/119544 


    所長見解:ナイスやね・・・

    【【朗報】西内まりや、「全裸」で復帰ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    俳優の福士蒼汰(27)が自身のインスタグラムを更新し、鍛えられた上半身を披露した。

     
    福士は20日の「20:30頃から~21:00。22:00~22:30頃まで」と、自身が主演を務めるフジテレビ系ドラマ「DIVER―特殊潜入班―」(火曜後9・00)の放送前後にインスタライブを行うと告知。

    告知に伴い、鍛え上げられた上半身裸の写真をアップした。

    また、インスタライブでは「裸では配信しません。笑」とつづった。


    j

     
    フォロワーからは

    「楽しみにしてます」
    「顔出し!?」
    「裸でもいいのに」
    「かっこいい」
    「肉体美」
    「バキバキ」
    「直視できません」

    といった歓喜の声であふれた。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/10/18/kiji/20201018s00041000537000c.html


    ※画像がコチラ
     

    所長見解:すごいやん・・・
    【【これはすごい】福士蒼汰、セクシーすぎる裸体がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    来年1月に放送が決定している、新垣結衣(32)主演の大人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のスペシャル版。

    ’16年10月期に放送され、最終回では20.8%の高視聴率を記録しているだけに、待望の続編にファンは大喜びだ。

    本誌も10月初旬、収録に挑む新垣の様子をキャッチしているが、今回の『逃げ恥』スペシャルは、新垣が2年ぶりに主演を張る作品だという点でも注目されている。


    「’18年10月の主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)以来、映画もドラマもしばらく出演がありませんでした。
    出演オファーはたくさんあったはずなのですが……。
    ドラマや映画の仕事を少し控えたいという、新垣さん自身の意向があったためだと聞いています」(映画関係者)

    新垣は10代前半からローティーン向けファッション誌のモデルとしてキャリアを開始。

    高校生で女優デビューを果たした。

    10代、20代と第一線を駆け抜けて、30代に突入したこの2年ほどで、その心境に変化があったようだ。

    仕事を抑えていたさなかの昨年6月のインタビューで、次のように語っている。

    《年齢に抗いたいという欲求は全然ないのですが、鏡を見たときに“もう戻れないんだな”って、学校を卒業したときみたいな寂しさを覚えることもあります。
    この気持ちをどんな風に受け止めるか。
    これも30代の課題ですね》(『VOCE』WEB版より)


    「恋人にしたい女性有名人ランキング」(オリコン)は今年で4連覇。
    昨年発売された8千円以上の写真集も発売前に重版がかかるなど、男女ともに圧倒的支持を得続ける“かわいさ”“美しさ”を持つガッキーでも、年を重ねてきたことに一抹の寂しさを感じることがあるらしい。

    同じインタビューでこうも語る。


    y


    ■ガッキーが語っていた“30代への葛藤”

    《30代って一般的にまだまだベテランじゃないし、かといって若手でもない。
    ライフステージも人それぞれで。
    だけどそれも含めて悩んだり、奮闘するからこそ30代を終えた時に“やり抜いた”“楽しかった”と思えるのかな》


    仕事面での葛藤も、垣間見える言葉だが……。

    「新垣さんのデビュー以来のイメージといえば、清楚、癒し、ガッキースマイル……といったもの。
    しかし、30代に入ってから挑戦した『獣になれない私たち』では、ベッドシーンもあり“脱清純派か”との声も上がりました。

    さらに、今年8月期に久々出演したドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)は、脇役であったこと、母親役であったこと、2つの点が話題に。
    彼女は女優として新しい可能性を模索しているように感じますね」(スポーツ紙記者)

    実際“脇役”については、新垣自身が次のように話している。

    《これまでありがたいことに主役とかヒロインばかりをやらせていただいていたので、今後は脇で支えるような役にももっと挑戦してみたいかも》(『テレビブロス』’19年4月号)


    10代、20代と老若男女に愛される王道を歩んできた“ガッキー”。

    30代は女優として悩みながらも“脱・ガッキー”を図ろうとしているというところだろうか――。

    「今後は主演を引き立てる個性的な役や、年齢に応じた妻や母といった役柄も増えていくでしょう」(前出・芸能関係者)


    自分を見つめる時間を持った2年間、そしてこれからも悩み奮闘しながら――。

    彼女の輝きはさらに増していくことだろう。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/25b1a50a8ec3f3884017d69fb830f6cee2c333e3


    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20201016-00010004-jisin-000-1-view.jpg


    所長見解:まあな・・・

    【【悲報】新垣結衣が抱えていた複雑な葛藤がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ