ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    h


    謎の勢力「半沢直樹にはお色気シーンある」

    no title


    no title


    no title

    所長見解:まあな・・・

    【【大人気ドラマ】謎の勢力「半沢直樹にはお色気シーンある」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    '00年放送のフジ月9ドラマ『やまとなでしこ』が、まさかの復活。

    7月6日と13日の2週にわたり、ゴールデンタイムに“特別編”として再放送された。


    「松嶋菜々子さんと堤真一さんが主演した大ヒット恋愛ドラマですが、再放送は不可能と言われていました。
    押尾学さんも出ていたからです。
    彼は'09年に麻薬取締法違反で逮捕されていますからね」(テレビ誌ライター)

     
    合成麻薬MDMAを一緒に服用したホステスが死亡した責任を問われ、保護責任者遺棄罪で実刑判決を受けた。

    「ピエール瀧さんや沢尻エリカさんの例でわかるとおり、不祥事を起こした俳優が出演したシーンは放送されないのがテレビ業界の不文律。
    押尾さんは重要な役柄だったので、すべてをカットするのは不可能でした。
    セリフなしでも、しっかり映り込んでおりエンドロールに名前が出ました。
    ある意味、テレビ局の“英断”ですよ。
    2夜分の平均視聴率は10・3%でした」(前出・ライター)


    m


    バンド活動にも手応えを感じられず
     
    押尾は'14年に出所。

    翌年には美女との“白昼濃厚路上キス”をフライデーされた。

    「芸能人としてカムバックしたいという気持ちはあったみたいですね。
    '16年には自身のバンド『LIV』として、ライブイベントに出演。
    その後、インスタグラムでは、仕事仲間や幼い息子との写真を頻繁にアップしていますが、何の仕事をしているのかは、よくわかりません」(ワイドショースタッフ)

     
    FX投資関連の情報商材を扱うメルマガの広告塔になったこともある。

    「彼の知名度を利用したんですね。
    ただ、許可なく写真を勝手に使われてしまったというのが実情のようです。
    バンド活動にも本人は以前のような手応えを感じていなかったようで、芸能界復帰の気持ちは薄まっていったようです」(押尾の知人)

     
    現在はどうしているのか。

    「彼は今、完全に一般人として定職についていますよ。
    アヤシイ人たちとの関係も断ったと聞いていますし、芸能界への未練もないんじゃないですか」(前出・知人)

     
    新たな世界で、過去の過ちを完全にカットすることはできたのだろうか?


    https://news.yahoo.co.jp/articles/dae192a2b83e16373e470cc0bc8c127b58ad59a0

    所長見解:せやな・・・

    【【あの人は今】押尾学さん、サラリーマンになった模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    半沢直樹って神ドラマじゃないか?倍返しだっ!!


    h


    所長見解:おもろいな・・・

    【【高視聴率】半沢直樹、神ドラマ説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    m
      

    女子、半沢直樹にブチギレ

    no title

    no title

    所長見解:まあね・・・

    【【悲報】女さん、半沢直樹にブチ切れの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新垣結衣「30歳を迎えるのに、女優としてこのままの状態でいいのか」

    実年齢と役柄のギャップに違和感…知人に悩み明かす



    2018年10月の「獣になれない私たち」(日本テレビ系)を最後にドラマ出演していなかった新垣結衣(32)の復帰作が、8月スタート予定の「親バカ青春白書」(同)に決まった。

    目を引いたのは、ガッキーがこのドラマでムロツヨシ(44)の妻、永野芽郁(20)の母親を演じることだ。

    ガッキーと永野は12歳差で姉妹の設定でもおかしくない組み合わせ。

    しかも、“病気で亡くなった妻”という役柄のため、出演シーンもセリフも少ないという。

    今回のドラマ出演はムロの強烈な後押しもあったそうだが、ガッキーの周辺もいろいろ動いている。


     
    にわかに騒がしくなったのは昨年春。

    「獣に――」が終わり、テレビ各局が新企画を所属事務所にプレゼンしたところ、けんもほろろに突き返されたという。

    当時のガッキー周辺の動きについて、芸能関係者は次のように語る。


    「『獣に』終了後から、ガッキーは所属事務所との間で無期限の休養に入ることをあらかじめ約束していたそうです。
    デビューから14年間、無我夢中で走り続けてきて、『自分自身を改めて見つめ直すための時間を下さい』と事務所に伝えたと聞いています。
    この沈黙の1年10カ月は、ガッキーがこれまで歩んできた自らの足跡を振り返る貴重な時間でした」


    g


    ■30歳なのにアイドルみたいな役柄ばかりでいいのか

    30歳を過ぎ、女優としての過渡期を迎えつつあるガッキー。

    この充電期間によって心境の変化もあったのだろう。

    彼女の知人が次のように語る。


    「彼女は映画『コード・ブルー』の撮影をしている頃から、食事の席とかで漠然と女優としての将来への不安を口にしていました。
    『もうすぐ30歳を迎えるのに、女優としてこのままの状態でいいのか。
    いつまでもアイドルみたいな役どころばかりでいいのだろうか』と。
    私は『女優として順調なんだから、運命に身を任せた方がいいよ』とアドバイスしましたが、本人はどうしても実年齢とオファーされる役柄のギャップに違和感を覚えているようでした」


     
    確かに、この話を踏まえると、16年10月期の「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の続編のオファーに本人が二の足を踏んでいたことも、「獣に」でファンが驚いた初めての大人のキスシーンやベッドシーンを演じたことも、整合性が取れる。



    「親バカ」にしても、初めて母親を演じることはガッキーにとって大きなチャレンジだといえるし、役者たちから熱い支持を集める演出家・福田雄一氏に演技指導を受けられることはチャンスでもある。


    全文はソースをご覧ください
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/275228 

    所長見解:ええやん・・・
    【【悲報】新垣結衣さん、すごい悩んでいる模様・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ