トランプ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日韓関係悪化で安倍内閣の「韓国通」が次々交代?

    韓国メディアが懸念示す


    g


    2020年8月7日、韓国・ヘラルド経済は「日韓関係の悪化により安倍内閣が“韓国通”を事実上更迭した」と伝え、「日韓間のコミュニケーションの幅が狭まるのではないか」と懸念を示している。

    日本政府は石井正文駐インドネシア大使の後任に金杉憲治前外務審議官を内定した。

    金杉前外務審議官はこれまで、昨年の日本政府による半導体材料の対韓輸出規制強化をめぐる協議など朝鮮半島外交を担当してきた。

    記事によると、最近まで主要7カ国(G7)首脳会議の調整役を任されていた元審議官が任命から10カ月で解任され、縁もゆかりもないインドネシア大使に赴任することについて、外交界では「韓国との関係悪化が原因」との分析が出ている。

    ある外交消息筋は「安倍内閣の日韓関係改善の意思が強くない証拠だ」とし、「最近は国際紛争担当の人材を増やすなど、外務省の動きが対話より対決の方に向いている」と説明したという。


    安倍内閣は最近、元駐韓総括公使の鈴木秀生・国際協力局長と長尾成敏・北東アジア第1課長の交代も発表した。

    記事は「2人とも外務省内で“韓国通”とされていた。
    後任には韓国と外交的対話経験のない人が任命された」と伝えている。


    この記事に韓国のネットユーザーからは

    「安倍首相は何を考えているのか。韓国はあらゆるケースに対応できるよう準備するべき」「今の日本は韓国を敵とみなしているようだ」
    「安倍首相は韓国と断交したいのか?韓国との関係がさらに悪化したらトランプ大統領も黙っていないだろう」

    など不満げな声が数多く上がっている。


    また、「安倍首相は支持率を上げるために韓国を利用している」との指摘や、「韓国は静かに日本製品不買運動を続け、軍事力を増強すればいい」「どうせ韓国通も大したことできなかった。トップが代わらない限り日韓関係は改善しない」などの主張も見られた。


    https://www.recordchina.co.jp/b826672-s0-c10-d0058.html

    所長見解:しらんがな・・・

    【【激怒】韓国人さん「安倍は韓国と断交したいのか? 韓国との関係がさらに悪化したらトランプも黙っていないだろう」←これ    】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■米政府のコロナ対策、検査拡大より「社会的距離」の重要性強調へ


    t


    新型コロナウイルスの感染封じ込めを巡り、トランプ米政権は優先的戦略としてソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)を重視する計画だ。

    政権関係者が明らかにした。

    政権は最近まで、封じ込め策として広範なウイルス検査の実施を強調していたが、方針を転換する。

    全米で検査試薬や原料の供給が細る中、ホワイトハウス関係者はここにきて、検査対象として65歳以上の高齢者、前線で働く医療従事者、症状が見られる入院患者を優先する考えを示し始めている。


    https://jp.wsj.com/articles/SB10654192108108964503004586271281507697892

    所長見解:そやな・・・

    【【コロナ対策】アメリカさん「これ検査しまくる意味ある?」←方針転換wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アメリカ、一日でコロナ感染者が6700人増えるwww

    no title

    所長見解:あかん・・・

    【【これはヤバい】アメリカさん、一日でコロナ感染者が6700人増 ←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京五輪は延期すべきとトランプ大統領


    t


    【ワシントン共同】

    トランプ米大統領は12日、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、東京五輪は1年間延期すべきだとの考えを表明した。

    ロイター通信が伝えた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00000005-kyodonews-int 



    所長見解:そうなりそう・・・

    【【悲報】トランプ米大統領「東京五輪は1年延期」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    北朝鮮、年始クーデター勃発か!? 

    米国の「真意」読み違えた正恩氏…“鉄槌”下された独裁者たちと重なる点も


    歴史は繰り返すのか。

    核・ミサイルなど強硬路線へ逆戻りしようとしている北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長。

    その言動は、かつて大国を甘く見て鉄槌(てっつい)を下された独裁者たちと重なると指摘するのは国際投資アナリストの大原浩氏だ。

    寄稿で大原氏は、米トランプ政権の対北軍事行動や、政権内の軍事クーデターが勃発する可能性が高まっているとみる。

    一方、米CNNテレビは26日、北朝鮮の挑発行動について、金委員長の誕生日である来年1月8日ごろまで実施の可能性があると伝えている。


    いよいよ正恩氏が自分勝手に決めた「米国との核廃棄に関わる交渉期限」である12月末が近づいてきた。

    国連決議による経済制裁の中でも、「北朝鮮からの出稼ぎ労働者の受け入れ禁止」が最も大きなダメージを与えており、最近の「打ち上げ花火」のようなミサイルの乱発も、北朝鮮が追い詰められている証である。

     
    前記決議によって、海外で収入を得る北朝鮮の出稼ぎ労働者は12月22日までに本国に戻るはずだったが、北朝鮮に親和的な国々では「制裁逃れ」になりかねない事態が起こっているようだ。

    実際、共産主義中国とロシアは16日、北朝鮮に対する制裁の一部を解除する決議案を国連安全保障理事会に提出した。

     
    ミサイル発射や金一族および政権幹部のぜいたくのために必要不可欠な「出稼ぎ労働」に対して、国連決議による経済制裁がどこまで順守されるかが、今後の北朝鮮情勢に大きな影響を与える。

    その「ピンハネ率」は70%以上ともいわれる。

     
    気になるのは、金正恩氏がトランプ大統領のメッセージを読み違えているのではないかということだ。

    それを読み解くためには、関係がないようにも思えるイランなど中東情勢や、その歴史が重要なポイントになる。


    t

     
    まず、イランのロウハニ大統領が2日間の訪日日程を終えて21日に帰国した。

    これは、安倍外交の重要な成果だが、「安倍嫌い」の左派マスコミはほとんどスルーして何も伝えていない。

     
    振り返れば、ホルムズ海峡近くのオマーン湾で6月13日に石油タンカー2隻が攻撃を受けた事件について、米国は「証拠」を挙げてイランの仕業だと強硬に主張し、あわや開戦という状況になった。

     
    これが安倍首相のイラン訪問中に起こったため、批判的に論評されたが、あまりに出来すぎたタイミングを考えると、うまくいかなかった場合のオプションとして安倍首相のイラン訪問をトランプ政権がセットしたという「米国による自作自演説」が濃厚だ。

     
    結局、イランはドイツ・フランスなどの「米国の同盟国」を後ろ盾にし、日本を仲介役にして「話し合い路線」に復帰した。

     
    金正恩氏は、このケースを見て、北朝鮮に対しても米国の軍事作戦はないと踏んでいるようだが、それは大きな間違いである。

     
    イランの後ろ盾には、米国の同盟国がずらりと並んでいるが、北朝鮮を支持するのは、「旧・悪の帝国」のロシアと「新・悪の帝国」の中国そして米国から「コウモリ以下」と思われている韓国である。

    また、日本との間には「拉致問題」が大きく横たわっている。

     
    歴史を振り返れば、イラクのフセイン大統領は、ブッシュ(父)大統領の米国が動かないと思ってクウェートに侵攻したが、大きな間違いであった。

    また、アルゼンチンのガルチェリ大統領は、英国が黙認すると思ってフォークランドを占拠したが、サッチャー首相は大胆な決断をした。

    トランプ政権にとってはもちろん、米国の若者の血を流さないクーデターがベストだ。

    トランプ氏はハト派であり、拳を振り上げながらも、クーデターなどの自滅を待っているだろう。

    だが、米国のユダヤ票にも大きく影響するイランから手が離れつつある現在、朝鮮半島における軍事オプションも十分あり得る。

     
    長引くアフガニスタン紛争などで米国民の戦争疲れはたしかにあるが、北朝鮮が暴走して大義名分を与えれば軍事行動も否定できない。

    それは中国やイランへの強烈なメッセージともなる。

     
    注目は、例年発せられる正恩氏から北朝鮮国民への「新年の辞」だ。

    米国の真意を読み違えた正恩氏が、「すべての準備が整っている米国」の軍事作戦を招くか、米軍の攻撃を恐れた政権(軍)幹部のクーデターが起こる可能性はかなり高い。

     
    おとそ気分が冷めやらぬうちに、日本人は、「トランプ大統領からのお年玉」が北朝鮮に与えられるのを目撃するかもしれない。


    (リンク先に続きあり)
    https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/191229/for1912290001-s1.html?ownedref=not 176et_all_newsTop 

    所長見解:どうすんねやろな・・・
    【【緊急速報】北朝鮮、年始クーデター勃発説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ