トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《関係者各位の皆様、応援頂いております皆様にご迷惑おかけしてしまい大変申し訳ございません》

    12月13日、自身のブログで、陣幕親方(58)の娘で1歳年上のA子さんと離婚したことを発表した花田優一(23)。

    父・元貴乃花親方の花田光司氏(46)と母・河野景子さん(54)の離婚発表から、わずか2週間後のことだった。

    「優一くんは『両親が今まで離婚しなかったのは俺のおかげ』と豪語していて、『母は僕がいないと生きていけない』と周囲にうそぶいていました」(花田家の知人)

    優一は昨年10月にA子さんと結婚。

    しかし、今年8月には別居が報じられ、翌月には不倫疑惑が浮上。

    靴職人として働く一方、母の知人の芸能事務所に所属しタレント活動をしていたが、トラブルが相次ぎ9月に解雇されていた。

    芸能レポーター・駒井千佳子さんはこう語る。

    「もともと元貴乃花親方は、優一さんをタレントではなく“靴職人”としてのテレビ出演なら、と芸能事務所入りを許可したのです。
    それなのに約束を破り、本業の靴作りをおろそかにし、所属事務所にも迷惑をかけ続けた。
    そんな優一さんにあきれ果てた親方は事務所に『息子を解雇してください』と申し出たそうです」

    花田氏は“不肖の息子”と“その母親”に対し、忸怩たる思いがあったようだ。

    t


    離婚発表直後にテレビ出演したのも元妻へのわだかまりが背景にあったという。

    「実は離婚が確定的になった段階で景子さんは記者会見する方向で動いていたそうです。
    しかし、花田氏はその動きを察知して、懇意にしている日テレの担当者に相談したとか。
    それで急きょ『スッキリ』出演が決まったようなのです。
    花田氏が一方的に離婚の経緯、子どもたちの話をして“先手を打った”ことで、何を言っても言い訳に取られると判断した景子さんは、会見を断念したと聞いています」(角界関係者)

    その後も一部メディアで《離婚原因は景子さんの“通い女将”“長男溺愛”が理由》と報じられた。

    「景子さんは、夫婦や母子の問題など、自分と元夫しかわからないような内容が報道されたことで、花田氏の“リーク”を疑っているそうです。
    もともとマスコミの方なので情報操作には敏感ですから。
    優一くんへの冷徹な発言は特に、許せずに怒り心頭だそうです。
    景子さんは、もしこれ以上、花田氏がメディアで自分や優一くんのことを否定的に話すことがあれば、名誉棄損で訴えることも考えているといいます」(後援会関係者)

    平成の大横綱の離婚劇。元号が変わるまで余波は続きそうだ――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181219-00010001-jisin-ent

    所長見解:大変やね・・・

    【【法廷闘争へ】河野景子さん、元貴乃花親方のリーク疑い訴訟も検討の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年もさまざまな出来事があった芸能界。

    中でも目立ったのが、酒に起因する事件だった。

    2018年を回顧する連載の初回は、元TOKIOの山口達也(46)が酩酊(めいてい)した末に女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された事件を振り返る。

    事件が起きたのは今年2月。

    山口が司会を務めていたテレビ番組で知り合った女子高校生を東京都港区の自宅マンションに酒に酔った状態で呼び、無理やりキスをするなど、わいせつな行為をした。

    4月に書類送検され、のち起訴猶予となったが、事態を重く見たジャニーズ事務所は5月、契約解除を発表した。

    山口は1月から飲酒による肝臓数値悪化のため入院しており、退院した当日の出来事。

    事件当時、焼酎1本を空けていたことも発覚し、深刻な飲酒の問題に直面していることが浮き彫りとなった。

    山口は4月に謝罪会見した直後に入院。

    テレビ局関係者によると、約8カ月たった現在も首都圏近郊の病院に入院しているという。

    治療しているのは、うつ状態とそう状態を繰り返す気分障害の一つ「双極性障害」。

    実は5年以上前から症状に悩まされていたという。

    同関係者は「精神的に不安定になると酒に頼ってしまうことが多く、トラブルになることもあった」と明かす。

    医療ジャーナリストの森田豊氏は「双極性障害の患者は、そう状態のとき自分の好きなことに走りやすい。過度の飲酒を引き起こした原因のひとつと推察できる」と指摘。

    治療により症状をコントロールしないと「そう状態のときに規範を逸脱した行為をする傾向が強い」とも話し、飲酒と障害が事件の一因となった可能性が高いとした。

    山口を巡っては、16年の離婚についても飲酒の影響が取り沙汰される。

    音楽関係者は「自制の利かない状況に元妻が愛想を尽かして、息子2人を連れ山口の元を去ったと聞いています」と話す。

    現在心配されているのは金銭面。

    山口は自身の治療費用に加え、養育費も支払ってきた。

    ともに仕事をしていた番組スタッフは「収入はゼロでしょう。家族のサポートを受けながら貯金を崩してやりくりしていると思いますが、それもいつまで持つのか」と危惧する。

    酒で全てを失った山口。

    同スタッフは「普段は明るくて気さくな人だったんですが…。どうして酒を控えることができなかったのか」と残念そうに語った。

    y


    ◆相次いだ酒トラブル

    【元「モーニング娘。」吉澤ひとみの飲酒運転事故】

    9月6日午前7時ごろ、酒気帯び状態で乗用車を運転し、東京都中野区の交差点に赤信号を無視して進入。

    20代女性をはね40代男性にもケガを負わせたが、そのまま走り去った。

    自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法で逮捕、起訴され、先月30日に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。

    逮捕当時、吉澤の呼気からは基準値の約4倍のアルコールを検出。

    交差点には、法定速度を約26キロ超過した時速86キロで進入していた。


    【「とろサーモン」久保田かずのぶと「スーパーマラドーナ」武智正剛の酒酔い中傷騒動】

    3日未明、「M―1グランプリ」の打ち上げで発生。

    酒に酔った勢いで、審査員を務めた上沼恵美子(63)をこき下ろし。

    インスタライブで動画配信され、インターネット上で炎上。

    「クソ」「更年期障害」などの言葉も批判を浴びた。

    2人は4日にツイッターで謝罪。

    上沼は、2人に直接謝罪させたいという吉本興業の申し出を断った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000069-spnannex-ent


    所長見解:いろいろあったね・・・

    【【あの人は今】元・TOKIO山口達也、まだ治療入院中の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8月に一部メディアに対して引退をほのめかすような発言をしており、その後が注目されていた歌手の華原朋美が11日、東京・椿山荘でディナーショーを行ったことを、各スポーツ紙が報じている。

    華原といえば、7月に大手不動産グループの会長との不倫疑惑を一部で報じられ、さらには、突然自身のSNSを閉鎖。

    8月に直撃を受けたメディアに対し、その理由について事務所の“検閲”があったことや、かつての恋人・小室哲哉のアルバムについて言及したところ、事務所スタッフから“クレーム”が入ったことを明かしていた。

    そのうえで、「今、事務所と話し合いを進めています。うまくいかない場合は引退も考えています」と宣言したが、この日のディナーショーの開催は決定していた。

    「少しは稼働してもらわないと事務所もたまったものではない。
    そこで事務所は1年前からディナーショーの会場を押さえ、出演をキャンセルするなら華原に違約金を支払わせる意向を示唆したところ、華原も渋々出演を承諾したというから、まだまだ事務所との溝は埋まっていないようです」(芸能プロ関係者)

    各紙によると、華原は70分間のステージでヒット曲「I’m proud」、「I BELIEVE」など12曲を熱唱。

    k


    集まったファン450人に対し、「今年はお休みを多くいただいてしまいましたが、来年はもっと皆さんの前で歌う機会を作っていきたい」と約束。

    さらに、週刊誌で報じられた激太り報道に触れ、「(所属事務所の)社長から『やせないと、このステージには立たせない』と言われたので、根性で1か月で9キロやせました。
    泣きながらランニングしました」と舞台裏の努力を明かしたという。

    この日のチケット代は食事・ドリンク付きで3万2000円(税込)。

    単純計算で1440万円を売り上げた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1608115/

    所長見解:どうなんやろ・・・

    【【ディナーショー】華原朋美の闇すぎる事情がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k


    ――2人が直接上沼さんに謝罪をしたいと言っている話もあるようなんですが。

    「いいって。そんなことする必要ないです」

    そう語る上沼の口ぶりは意外にも穏やか。

    さらに、驚きの一言が飛び出した。

    「私思うんです。お酒を飲んでくだをまくことなんてのはよくあること。
    だからね、天下取ったらいいんですよ。
    彼らがダウンタウンのようになったら何言おうが失言になりませんからね。
    頑張って、日本一の漫才師になってほしいと思います」

    一部で『好き嫌いで決めているのでは?』と批判を受けていた自身の審査についてもこう語り始める。

    「実は、(好き嫌いで審査していると)受け取られた部分については失言かなと反省しているんです。
    特にミキに『決勝に残ってほしい!』と言ってしまったのは、私情が絡んでいました。
    そこは反省しています。
    でもね、漫才はちゃんと審査したつもりです。
    得点に好きとか嫌いとかは、いっさい入れておりません! 
    私は漫才だけを見てちゃんと審査した自信があります。
    だって皆さん頑張っているんですもの。
    人生がこれで変わるわけですから」


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00010000-jisin-ent 


    所長見解:やばいやん・・・

    【【これは怖い】上沼恵美子「酒の席だし気にしてない。とろサーモンとスパマラには日本一の芸人になってほしい」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9日放送の『上沼・高田のクギズケ』(読売テレビ系)で、上沼恵美子が『M-1グランプリ2018』(朝日放送系)の審査について自身を揶揄したとろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ武智の騒動について皮肉を連発した。

    番組冒頭、「あのちょっと一言よろしいでしょうか」と切り出すと、「あの私ね、ネットとか知らなくて疎くて。アナログ女で申し訳ないんですけど、先週でしたかね、『M-1グランプリ』やりまして、それで誰かがあの、凄いことになってるらしいんですよ。炎上して」と発言。

    そして、「私は依怙贔屓もしませんし、審査を何年もやらせていただいて、本当に何年も真剣に審査をさせていただいています。
    ですから間違いなく、私の意見の審査でございますので、どうかよろしくお願いしたいということ」と審査員の姿勢について理解を求める。

    k


    さらに、とろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智については、

    「お2人のことは全く私はなんとも思っておりません。
    暴言だなんだと言ってますけども、全然結構です。
    悪いけど興味ないです。
    悪いけどこのへんで堪忍してくださいませ」

    とバッサリ。

    すると、「何も知らない」という高田純次が、「じゃあ来年から僕が出るようにしましょう」と笑いにする。

    上沼も「よろしくお願いいたします。バトンタッチ」と乗った。

    上沼は「興味がない」とし、最後は笑いにしたものの、その表情は厳しさに溢れており、一連の騒動はやはり不愉快だったようだ。

    そんな上沼の嫌味が炸裂したのが番組中盤。

    「暴走老人が多い」という話題で、自身の複数番組で前説を務めていたというお笑いコンビ・祇園に「師匠はいるんですか?」と質問。

    祇園の2人が「NSCという養成所出身なので(いない)」とコメントすると、上沼は「師匠とか師弟関係がないから礼儀正しくない人が多いな、今」と強烈な皮肉。

    祇園の2人はびっくりしてしまうが、「祇園はしっかりしてるよ」とフォローを入れた。

    この「礼儀正しくない人」が誰を指しているのかは、不明だ。

    そして、番組の最後には、上沼が「酔うと気が大きくなる。なんでも上げたくなる」などと発言。

    すると、祇園の2人が「じゃあ飲みに行かせていただいていいですか」と立候補すると、上沼は「待ってたわ今度行こうね、ぜひぜひぜひ」と笑顔を浮かべる。

    しかし、最後に「でもね、若手の漫才の方のぐでんぐでんは嫌です」と強烈な嫌味。

    スタジオは笑いに包まれ、エンディングとなった。

    番組内で2人の騒動に直接触れることはなかったが、節々に嫌味を入れ、笑いを取るとともに、「許さない」というメッセージとも取れる強烈な皮肉を入れた上沼。

    この内容を見た視聴者は「格が違う」「しっかり笑いを取って嫌味を言っているのは凄い」などと、上沼の話芸を称賛した。

    酔った勢いで上沼に「喧嘩を売った」とろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智だったが、残念ながら格が違いすぎたようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1604580/

    所長見解:怖い・・・

    【【激オコ】上沼恵美子「今の吉本の芸人は礼儀正しくない」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ