ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能活動の再開を宣言した女優で歌手の西内まりやが28日、自身のInstagramを更新。
    現在の思いをつづった。

    セクシーなビキニ姿でビーチに佇む美しい写真を投稿した西内。
    「Love the life you live. Live the life you love. - Bob Marley 自分の生きる人生を愛せ 自分の愛する人生を生きろ」と、ジャマイカのレゲエミュージシャンであるボブ・マーリーの名言を添え、「私は一度自尊心を失くし自分を大切に出来なくなったけど、もう一度自分と、自分の人生を好きになってみようと思った」と過去の苦悩とそれを乗り越えた現在の前向きな思いをつづった。

    20日付の投稿では、今年3月31日をもって前所属事務所との契約が満了したことを報告し、「何度も心と話し合い、もう一度チャレンジしたいと思いました」と再始動を宣言。

    気持ち新たなに再スタートを切った西内へ

    「素敵な言葉」
    「本当に戻ってきてくれてありがとう。これからもずっと応援してます」
    「まりやちゃんの生き方はかっこいい!」
    「おかえりなさい!強くなったまりやちゃんのこれからが楽しみです」

    といったエールが送られている。(modelpress編集部)

    https://mdpr.jp/news/detail/1782596 

    no title


    所長見解:もうね・・・

    【【芸能界復帰】西内まりや 「自尊心を失くし自分を大切に出来なくなったけど…もう一度」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    鬼束ちひろ、新シングルのジャケで二面性表現

    鬼束ちひろが8月22日にリリースするニューシングル「ヒナギク」のジャケットアートワークが公開された。

    今回のアートワークはシングル収録曲「ヒナギク」「Twilight Dreams」をモチーフに、“美しさと毒”、“光と闇”など鬼束の二面性を表現。
    最新のアーティスト写真や、シングルの購入特典として配布されるクリアファイルにもこのビジュアルが使用されている。

    no title

    https://natalie.mu/music/news/292001

    鬼束ちひろは、日本の女性シンガーソングライター。本名同じ。宮崎県日南市南郷町出身。
    生年月日: 1980年10月30日 (年齢 37歳)


    所長見解:復活やん・・・

    【【お騒がせ歌姫】あの鬼束ちひろさんの今がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    西内まりやが愛車紹介「ドライブ大好き」

    先日、芸能活動再開の意向を表明した女優・モデルの西内まりや(24歳)が7月26日、自身のInstagramを更新し、「My car」と愛車を紹介している。

    西内はこの日、愛車ランドローバーの前でポーズをとった写真を投稿。
    また、「ドライブ大好き」と、運転席に座ってハンドルを握る様子も披露した。

    これにファンからは

    「めっちゃカッコいいですね」
    「まりやちゃんの車に乗ってドライブ行けたら幸せだわ~」
    「いい車乗ってますね!!」
    「ディスカバリーカッコ良すぎ!」
    「ブラックのディスカバリー似合ってます!」

    などの声が寄せられている。

    no title

    https://www.narinari.com/Nd/20180750453.html


    所長見解:どうした・・・

    【【トラブル女優】西内まりやが迷走し始めた結果wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年3月31日をもって所属していたライジングプロダクションとの契約が終了した女優の西内まりや(24)が20日、自身のインスタグラムを更新。
    改めて、同事務所と契約満了となったことを報告し、今後について「実は一度、表現する道を歩む事を諦めようと考えたのですが、何度も心と話し合い、もう一度チャレンジしたいと思いました」と再始動に意欲を示している。

    「お久しぶりです。私、西内まりやは、2018年3月31日をもって株式会社ライジングプロ・ホールディングスとの契約が満了となりました事をご報告致します」と発表した西内。

    「これまで育てて下さった事務所関係者の皆様、そして応援して下さる皆様に心から感謝しております」と心境を述べ「突然更新や活動が止まってしまいご心配をおかけし、そしてご報告が遅くなってしまい本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

    今後については「実は一度、表現する道を歩む事を諦めようと考えたのですが、何度も心と話し合い、もう一度チャレンジしたいと思いました。一歩ずつ精進していこうと思っておりますので、今後とも応援よろしくお願い致します」と決意をつづっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000352-oric-ent

    no title


    所長見解:かわいいのにな・・・

    【【事務所トラブル】西内まりや、再始動ってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今年の全日本選手権を史上最年少で制し、五輪の金メダリストたちも次々と撃破。
    張本智和選手は、弱冠15歳ながら名実ともに日本ナンバーワンに上り詰めた。
    メディアは当然、その成長過程を知りたがる。
    すると、彼の地元、仙台に残された遺恨に突き当たるのだ。

    張本選手は、2020年の東京五輪を17歳で迎える。

    「目下のところ、メダル候補の最右翼です」

    そう語るのは、スポーツ紙の五輪担当記者。

    「6月のジャパン・オープンでは、リオ五輪金メダルの馬龍や12年ロンドン五輪で金の張継科といった中国選手を破って初優勝しました。
    勢いはまだまだ続くと思われるので、各社、張本選手の生い立ちから取材しているのですが……」

    と、口ごもる理由は、

    「彼が小学生時代に所属していた、仙台卓球センターの『仙台ジュニアクラブ』にあります。
    ここはかつて、福原愛ちゃんもいたんですよ。
    クラブ代表だった狭間善次さんはこれまで、様々な取材をさせてくれました。
    でも最近は、“一切、張本のことは喋らない”と取材拒否を貫いているんです」

    いったい、どんな事情があるのか。
    狭間、張本の双方を知る関係者が明かす。

    「実は、狭間さんと張本家のあいだで金銭トラブルがあったんです。
    狭間さんは古くから、不動産業のかたわら卓球教室をやっていました。
    そしていまから20年前、中国でプロ卓球選手だった張本くんの両親を招いた。
    福原愛ちゃんの親御さんの紹介でした。
    2人を社員にし、卓球の指導にあたってもらったわけです」

    父親は宇(ゆ)さん、母親は凌(りん)さん。
    彼らの息子の成長とともに諍いの芽も膨らんだ

    h


    ■写真も燃やされ…

    どういうことかというと、

    「張本くんが強くなり、彼だけが出場する大会が増えました。
    そこに同行する宇さんを、狭間さん側は“保護者として行っているだけだから仕事ではない”とした。
    挙げ句、給料のカットを通告して、センターも使用禁止。
    夫妻は会社を辞め、2年前に『張本卓球場』を開きました。
    かなりの生徒がそっちへ移りましたね」

    この喧嘩別れには、物騒な噂までつきまとう。

    「センター内に歴代大会入賞者の写真が飾られていました。
    張本くんのも当然あり、凌さんが写真を引き取りたいと申し出た。
    すると狭間さんは断り、燃やしてしまったというのです」

    ここは事実関係を当人たちに確認するしかあるまい。

    まず、狭間氏に接触すると、

    「取材はお断りしているんです。
    別れるときに嫌なことがあったんだけど、その内容は差し控えたい。
    でも、“給料を払わない”とは言っていない。
    凌さんだけが残ってコーチする機会が増えたから、凌さんの給料は上げると言ったけど、折り合いがつかなかった」

    とだけ語り、手でバツを作って口を噤んでしまった。

    一方の宇さんの話。

    「私からするとクビだけど、あっちはクビじゃないって言う。
    でもどちらが正しいかは周りの人が知っています。
    それでいいじゃないですか。
    センターが使えなくなって苦労したけど、いまはここでやれているから」

    両者はいまも大会などで一緒になるが、挨拶はおろか、目も合わせないという。

    張本選手の父親と給料カットマンの因縁はかなり根深い。
    ピンポン外交で和平とはいかないようだ。


    週刊新潮 
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/07100559/?all=1


    所長見解:いろいろあるな・・・

    【【チョレイ】卓球「張本智和」家と地元卓球教室の因縁がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ