ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    s



    伊藤詩織さん、イギリスの番組で大はしゃぎ


    所長見解:ほんまや・・・
    【【検証動画】伊藤詩織さん、外国の番組で大はしゃぎの模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女子プロレスラー・ジャガー横田(58)の夫で、医師でタレントとしても活動する、木下博勝氏(51)が、2017年4月から今年8月31日まで務めていた「医療法人社団 颯心会」でパワーハラスメントを繰り返していたと、12月17日の『文春オンライン』が報じた。


    木下氏は東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了し、東京大学医学部附属病院第一外科にも勤務したことがあるエリート医師。

    2004年にジャガー横田と結婚し、現在では『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)のレギュラーコメンテーターを務めるなど、テレビに出演する機会も少なくない。

    テレビ番組では「恐妻キャラ」で鬼嫁のジャガー横田に頭が上がらない夫というイメージだが、仕事の現場では違ったようだ。


    『文春オンライン』によると、木下から2年の間、毎日のように怒鳴られ、暴力を振るわることもあったという准看護師は、弁護士と相談し、訴訟の準備を進めているという。

    「また、この2年間で“木下先生とは仕事をしたくない”と言って、ドクター2人、ナース3人、事務員2人が辞めているといいます。
    訴訟の準備を進めている准看護師は、木下氏と新人助手とともに訪問診療に行った際、診療バッグを車のトランクに積んでドアを閉めたら、閉めたときの音が気に食わなかったのか、木下氏が“そういう風に閉めたら耳がおかしくなるだろ”“鼓膜破れたらお前金払えんのか? 医者の給料なんぼだと思ってるんだよ。
    お前、払えると思ってんのか慰謝料”と、恫喝的に声を荒げたといいます」(芸能記者)


    『文春オンライン』では、このほかにも木下氏のパワハラ音声を公開しているため、反響も大きく、木下氏のインスタグラムには

    「本当なら人として最低」
    「医者がそんなに偉いですか?」
    「医師という立場を利用してハラスメントするなんてあり得ません」

    といったコメントが寄せられている。


    「『文春オンライン』の直撃に対し、木下氏の所属事務所は“事実無根”とパワハラを否定しているようです。
    木下氏については『スッキリ』(日本テレビ系)でのトラブルもありましたよね……」(前出の芸能記者)

    y


    ■2014年には沖縄愛人報道!

    朝の情報番組『スッキリ』で、今年2月まで全8回にわたって放送されたジャガー横田と木下氏の息子・大維志くんの中学受験企画。

    昨年7月から密着がスタートしたこの企画は、偏差値41だった大維志くんが「お父さんと同じ外科医になって人を助けたい」という夢を叶えるために偏差値71の超難関校・広尾学園を目指すというもの。

    大維志くんは、「家庭教師のトライ」から派遣された選りすぐりの家庭教師の指導のもと、150日にわたって猛勉強。

    第1志望と第2志望を含む7校の中学には落ちたものの、すべり止めで受験した2校の私立に見事合格したところで密着は終了した。

    この4月から中学生となった大維志くんだが、5月16日発売の『女性セブン』(小学館)が彼の進学先について報じている。

    合格した2校のうちのどちらかに入学すると見られていたが、意外なことに、都内にある公立の中学に入学したという。

    「宿題なし、テストなし、担任なしという新しい教育スタイルで進学率が抜群に高い中学らしく、ジャガー一家は番組で合格を手にした私立ではなく、そちらの公立中学への進学を選んだようです。

    その理由は、番組内で“すべり止め”と連呼したことで、合格した中学の保護者からクレームがあったこと。


    http://dailynewsonline.jp/article/2123944/?page=2
    日刊大衆

    所長見解:第二弾ありそうやね・・・

    【【これは怖い】ジャガー横田の夫・木下医師の「悪質すぎるパワハラ問題と沖縄愛人トラブル」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「怒り失敗した有名人」第1位に選ばれた木下優樹菜


    “タピオカ恫喝騒動”で芸能活動を自粛中のタレント・木下優樹菜(32)を巡り、水面下でまた騒動が起きていた――。

    10日に発表された「アンガーマネジメント大賞2019」で、木下が「怒りの感情をコントロールできずに失敗してしまったと思う有名人」の第1位に選ばれたことが発端だ。

    木下サイドが復帰に向けた動きを模索する中で、不名誉な1位でクローズアップされるのは大きな痛手。

    だからといってネットニュースが、すぐに“抹消”されたのはいったいなぜ?と大きな話題になっている。


    y


    アンガーマネジメント大賞は、日本アンガーマネジメント協会が制定するもので毎年12月に発表される。

    協会のメールマガジンを通じて昨年11月から今年11月の間に注目された人物・事件・事柄を募集し、上位に挙げられた回答の中から協会公認のアンガーマネジメント講師266人の投票により各設門の1位を選ぶ。


    「上手に怒りの感情をコントロール・対応した有名人第1位」である「アンガーマネジメント大賞2019」は、嵐の櫻井翔(37)が受賞した。


    嵐が2020年いっぱいで活動休止することを発表する会見で「無責任という指摘もあると思うが」と聞かれた櫻井は、「2年近くかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。
    これは我々の誠意です」と、誠実かつ冷静に回答したことが評価された。

     
    これに対し木下は「怒りの感情をコントロールできずに、失敗してしまったと思う有名人」の第1位に選出。

    木下の騒動は、都内のタピオカドリンク店と、同店で働いていた木下の実姉Aさんとのトラブルが原因。

    木下が同店の関係者に送りつけた“恫喝DM”が大炎上し、11月18日には当面の間、芸能活動を自粛すると発表した。

     
    嵐が活動休止の発表会見を開いたのは今年1月のこと。

    一方の木下は最近の話題。

    それだけに、木下の受賞がクローズアップされてもおかしくなかったが、なぜかニュースとしてほとんど報じられなかった。


    「実は大手メディアを含めてニュースとして記事を配信した媒体はあったのですが、すぐさま“消去”。
    または報じようとしたが、“自粛”した媒体もあった。
    実はアンガーマネジメント大賞に選出されたことに気づいた木下サイドから『取り上げないでほしい』というお願いがあったのです。
    ただ、ネット上では恫喝騒動で木下が『出方次第でこっちも事務所総出でやりますね』などとDMを送っていただけに『また総出か?』などと厳しい指摘が相次いでいる」(芸能関係者)

     
    今回の騒動は木下だけでなく、夫であるお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(48)への飛び火も収まらない。

     
    藤本は1日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(関西ローカル)で、騒動について「本当に申し訳ございません」と謝罪。

    木下の様子について「当然のことながら、反省の日々です」と明かした。


    「木下さんは徐々に元気を取り戻していると聞いてますが、世間の目が怖く、今もなかなか家から出ることができないとか。
    騒動(表面化)から2か月たち、事務所も含めて復帰に向けた動きを模索しているが、少しでも早く世間の記憶が薄れることが大事になってくる。
    だからこそ『アンガーマネジメント大賞』で掘り返されることを、マイナスと考えたのでしょうね」(芸能プロ関係者)

     
    活動自粛を発表するまで、木下の恫喝騒動について報じたのは本紙を含めてごくわずか。

    ほとんどのメディアが報じなかったが、これも事務所から「扱わないで」という“お願い”があったといわれる。

     
    ネット上では「アンガーマネジメント大賞の報道がなぜ消されたのか?」と、いまもなお疑問の声が噴出している。

    復帰の足かせにならなければいいのだが…。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00000001-tospoweb-ent

    所長見解:総出やね・・・

    【【これは怖い】木下優樹菜「怒りの感情コントロールできなかった芸能人1位」→ なぜかネット記事が消えた件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    カイヤが離婚真相を激白! 自宅で記者にみせた「麻世がドアに突き立てた刃物の痕」


    「麻世の暴力にはあまり理由がないの。
    カッとなると手がつけられない。
    家のあちこちをパンチするし、刃物を持って私を追いかけてきたこともある。
    部屋に逃げ込んだんだけど、ドアには刃物を何度も刺した跡が残っているわ」


    m


    記者の直撃取材にそんな衝撃の回答をしたのは川崎麻世と離婚係争中のタレントのカイヤ。

     
    '90年に結婚したものの、結婚生活の半分以上が別居状態だったふたり。

    その別居生活はなんと15年にも及ぶ。

    今年の12月6日に記者会見に登壇した川崎は裁判に触れ、「絶対勝ちます!」と“勝利宣言”。

    長年の泥沼闘争がついにクライマックスを迎えようとしているなか、カイヤに直撃取材をしたところ、飛び出したのが冒頭のセリフだった。


    「離婚裁判は麻世の策略から始まった」と語るカイヤは記者を自宅に招き、川崎が殴って穴をあけたドアや刃物を突き立てた跡などを見せるなど“物的証拠”を並べつつ、「酔った麻世に車で跳ねられた」という衝撃の事実に到るまで、120分の大激白をしてくれた──。

    有料版ではカイヤ怒りの主張の詳報に加え、川崎麻世への直撃取材も敢行。

    その“言い分”も掲載している。


    https://www.jprime.jp/articles/-/16809
    ▼川崎麻世が殴って穴を開けた扉の穴を指差すカイヤ 
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/9/c/620/img_9c27f46326c15899a0192db97dceb608677230.jpg



    所長見解:どっちもどっちやね・・・

    【【離婚真相】カイヤが記者にみせた「川崎麻世が突き立てた刃物の痕」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    プーさんを回収する“フラワーガール”ももう見られない!?

    19日から始まる全日本フィギュアスケート(国立代々木)で、ちょっとした異変が起こるらしい。

    今回から演技終了後の花束やプレゼントの投げ入れが全面禁止になるという。

    競技進行と観客の安全のためだ。

     
    あの“くまのプーさん”の縫いぐるみの投げ入れで、羽生結弦が滑った後はリンク一面が黄色く染まるほど。

    フィギュアでは投げ入れはお約束になっている。

     
    人気選手の後は、フラワーガールと呼ばれる少女たちが何人もリンクに出て、抱えきれないほどの花束を持って一生懸命回収している。

    しかし、花束は完全にラッピングされていないと落ちた花びら一枚がエッジに引っ掛かり、転倒する可能性がある。

    プレゼント品も、控えている次の選手の頭にぶつかることもあるという。

    f

     
    フィギュア関係者に聞いてみた。

    「欧米なとでも花束程度は投げ入れられるが、縫いぐるみなどは日本独特。
    韓国でもキム・ヨナ全盛期には2トントラックで回収したといわれ、どちらも日本や韓国のローカルな風習ではないのか」

     
    昔は芝居や相撲でひいきの役者や力士に対し紙にお金を包んだ“おひねり”が飛んだそうで、その名残かもしれない。

     
    年々投げ入れは増える一方で、国内では大会によって入り口に選手別の回収ボックスを用意し、プレゼントはそこに入れてもらっているという。

    花束も指定された業者が会場で販売するラッピングしたものでないと投げ入れられないらしい。

     
    選手の方も花束は楽しみにしているらしく、学生も出場する全日本では、うれしそうに自分で拾って持ち帰る選手も多い。

     
    それでも全面禁止になったのは、やはり“くまのプーさん”の過剰な投げ入れの影響が大きい。

    先日のグランプリ(GP)ファイナルの男子フリーでも大逆転を目指した羽生が演技を終えるとお約束のプーさんの縫いぐるみが雨あられと投げ込まれた。

    いつもの光景とはいえ本人は4種5本の4回転ジャンプを跳び、ぐったりと精根尽きたところだっただけに異様だった。

     
    場所はイタリアのトリノ。

    投げ込んだのは、もちろん日本の女性ファンだろうが、これをやりたいがためにわざわざやってきたのでは、と思えるほどのおびただしい数だった。

     
    フリーの最終滑走者が羽生ならまだわかるが、黄色く染まったリンクでは最後にSP首位のチェン(米国)が控えていた。

    チェンに対してリスペクトの気持ちがあれば、演技の妨げにもなりかねない投げ入れはできないだろう。

     
    日本フィギュアは羽生をはじめ選手は一流。

    これを機に投げ入れは封印し、観客も一流であってもらいたい。 

    http://www.zakzak.co.jp/smp/spo/news/191207/spn1912070006-s1.html?ownedref=articleindex_not 176et_newsList

    所長見解:すごいもんな・・・

    【【フィギュアスケート】羽生結弦のプーさん全面禁止ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ