トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    西内まりや インスタDMで仕事オファー届き「びっくり」 
    久々の芸能イベントで笑顔、今後は音楽中心で


    歌手でモデルの西内まりや(24)が12日、都内で行われた「シャンパーニュ メゾン マム」プレスイベントに、陸上男子100メートル、200メートル世界記録保持者ウサイン・ボルト氏(32)とともに出席。
    西内は3月いっぱいで所属事務所を退所し、フリーとなったことを公表後、初めての芸能イベントへの出演となった。

    西内は赤のロングドレス姿で登壇。
    「こうして皆さんにお伝えできるのは久しぶりになってしまったんですけど」と前置きしたうえで、「今の時代は本当に大きく変化している時代だと思う。当たり前が当たり前じゃない時代です。皆さんの心の中にある声だったり、新たな発想を大切にして突き進んでいっていただきたい。私もなんですが、紆余曲折な人生だったり、すごく平坦な道だったりとか、最後には自信を持って、自分の人生を誇りに思える人生を歩んでいけたら」とメッセージを送った。

    同日からスタートする「メゾン マム」のグローバルキャンペーン「WHAT’S YOUR NEXT VICTORY」で、新たな挑戦を開始した人、日本のアンバサダーとしてキャンペーン動画に出演している西内。
    今回のキャンペーンへの参加には「純粋にただただ光栄で、私のインスタグラムのDMに直接、フランスの方から依頼をいただいたので驚いた。普段からマムは飲んでいたので、凄く嬉しく思います。びっくりしますよね」と笑顔。
    動画の撮影には「実際にパリの工場での撮影だったんですけど、シャンパンの温度を保つために、部屋が低温に保たれていて、歴史を感じられたのは神秘的な時間だったなと。凄く楽しい撮影でした」と振り返った。

    動画では「私の新たな挑戦は世界で活躍することです」と語っているが、「やっぱり今後は音楽を中心的に作っていきたい。そのためにも国境を超えて、日本以外の方にも広げていきたい。そのために、さらに英語をもっともっと勉強しているところです」と話した。
    ともに登壇したボルト氏に自慢の英語で語りかける姿も見られた。

    西内はボルト氏に「大変な時にどのようにモチベーションを保っていたのか?」と質問。「自分に自信を持って、自分は何でもできると思うこと」とアドバイスを受けると、西内は「私自身もパワーをもらった。国境を超えて、たくさんの方にエンターテイメントを作っていきたい」と前を向いた。

    西内は昨年10月に所属事務所社長を平手打ちするなどして事務所側とトラブルになり、3月いっぱいで契約満了に。
    今年7月20日にインスタグラムで「実は一度、表現する道を歩むことを諦めようと考えたのですが、何度も心と話し合い、もう一度チャレンジしたいと思いました」などとつづり、芸能活動再開を発表。
    9月からモデルの仕事を再開したことも明かしていた。

    no title

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/12/kiji/20181112s00041000247000c.html


    所長見解:音楽か・・・

    【【あの人は今】西内まりや「今後は音楽中心で」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3年前の独立騒動がいまだに尾を引いている若手女優・のん(25)が前所属事務所『レプロエンタテインメント』に“謝罪”したことで、芸能活動の行方に注目が集まっている。

    「写真週刊誌に、のんが知人男性と前事務所に謝罪に行った現場を撮られ和解と報じられましたが、前事務所は即座に否定のコメントを出した。
    9月には女優の真木よう子が移籍してきましたから、のんは必要ない。
    芸名『能年玲奈』の名前が復活する可能性は極めて低いですね」(芸能関係者)

    のんはNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)で大ブレークしたが、'15年1月に女性演出家と個人事務所を設立したことで独立騒動に発展。
    のん側とレプロ側の双方が対立したまま翌年に独立した。
    同時に能年玲奈の名前で芸能活動ができなくなったため、『のん』と改名した経緯がある。

    n


    のんの置かれた現状に困惑したのが、脚本家の宮藤官九郎とNHKの大河ドラマ制作スタッフだという。
    「来年の大河『いだてん 東京オリムピック噺』の脚本は『あまちゃん』を担当した宮藤官九郎です。
    制作スタッフも“あまちゃんチーム”ということもあって、のんを大河に出演させたい。
    そのためには、前事務所と和解させることが先決です。
    だから、謝罪と再度マネジメントを依頼することで問題の解決を図ったんです」(ドラマ関係者)

    しかし、前事務所の対応はツレないもので「能年氏から、過去についての謝罪と、弊社にマネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、本人との面会に至りました。
    しかしながら、何ら解決には至っておりません」と和解をきっぱり否定。
    事前に情報が洩れたことにも不信感を抱いている。

    「新たに所属した真木よう子は女優として評価が高く、ドラマの需要度は高い。
    後ろ足で砂をかけるように辞めて行ったのんに、関わりたくないのが本音では。
    今回、和解が成立しなかったことで、のんの大河ドラマの話は暗礁に乗り上げていますよ」(同)

    のん、和解工作失敗で“じぇじぇじぇ”。

    http://dailynewsonline.jp/article/1566771/
    週刊実話


    所長見解:もうね・・・

    【【元・能年玲奈】のん、前事務所に独立トラブルを謝罪した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年11月7日、「『現代用語の基礎知識』選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が発表された。
    「おっさんずラブ」「首相案件」「もぐもぐタイム」など30語だ。

    だがツイッター上ではさっそく「○○がないからやり直し」と、ノミネートに異議を唱える意見が相次いでいる。


    「平成最後の○○」「男山根」...

    J-CASTトレンド記者が11月7日から8日にかけての流行語に関するツイートを見たところ、追加してほしいとして挙がっていたのは、「平成最後の〇〇」と、日本ボクシング連盟の前会長、山根明氏の発言が多かった印象だ。

    「平成最後の○○」は2019年5月から新年号に変わるのを踏まえて、夏ごろからネットニュースの見出しなどでよく見かけるワードだ。

    また今夏に助成金流用問題などで世間を騒がせた山根氏の発言から、「男山根」「歴史の男」といったワードも目立った。
    なおこの騒動に関連するワードとしては「奈良判定」が、実際にノミネートされている。

    なおスポーツの不祥事では、日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、当時の監督が選手に言ったのではないかと疑いが出ている「やらなきゃ意味ないよ」というセリフも、多くの人が挙げていた。


    サッカーや野球関連のワードも

    今年6~7月は、サッカーワールドカップが大いに盛り上がった。
    またプロ野球・日本シリーズが終わったばかりということもあり、サッカーや野球関連の流行語の投稿も多かった。

    サッカーファンは、既にノミネートされている「(大迫)半端ないって」に賛同する声の一方で、5月にスペインの名門チーム「バルセロナ」から、Jリーグ・J1「ヴィッセル神戸」へ電撃移籍したアンドレス・イニエスタ選手が話題を集めたとして、「イニエスタ」を推す意見も多い。

    野球ファンからは、福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手の強肩を表す「甲斐キャノン」と、FA(フリーエーエジェント)権行使を表明した選手が会見でこぞって使う「他球団の評価を聞いてみたい」を挙げる人が目立った。

    そのほか、「あきらめたら試合終了」「安室の女」「安室奈美恵」「裏口入学」「紀州のドン・ファン」「ヒプマイ(ヒプノシスマイク)」「Vtuber」「変態仮装行列」「山口メンバー」も複数人が挙げていた。

    y


    2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞ならびにトップ10は、12月3日に発表される。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15567274/


    所長見解:偏ってるよね・・・

    【【やり直し】2018年流行語大賞候補に入ってないアレがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の松居一代に新たな火種が勃発か。
    今度は隣家に対して怒りを隠せないようだ。

    m


    松居といえば、前夫の俳優、船越英一郎との激しい“離婚バトル”は記憶に新しい。
    動画共有サービス「YouTube」やブログなどを駆使し、船越の私生活を暴いていく“松居劇場”の迫力はサスペンスドラマの比ではなかった。
    その矛先が今、意外にも松居の隣家へと向けられようとしている。

    「11月7日のブログを見ると、松居宅の隣にある家が、新築のため擁壁を壊したことが事の発端になったことがわかります。
    擁壁とは、土砂崩れを防ぐために斜面をコンクリートブロックなどで強化した壁のこと。
    問題の家は、松居の自宅の上に位置しています。
    その擁壁が壊され、掘り出された土が、山のように積まれていました。
    もし豪雨などに見舞われた場合、土の山が崩れ落ち、大量の土砂が松居の自宅を襲う可能性があるというのです」(芸能記者)

    一大事とばかり、危険を感じた松居は隣家と建設会社に連絡。
    その後、建設会社の担当者が駆けつけて危険を認めてくれたが、事は簡単におさまらなかった。

    「翌8日のブログでは、朝、松居は隣家、建設会社、解体業者の4人で緊急協議したことを報告しています。
    協議の内容は、山のように積まれた土が崩れ落ちないように、夕方までにフラットにしてほしいということでした」(前出・芸能記者)

    しかし松居との約束は破られ、日が暮れても土は山のように積まれたまま。
    そこで松居は

    「この、山が崩れて…うちを襲ってきたらどうするんですか!!」
    「一度、約束したならば守りなさい!! それが、約束というものです」

    と怒りを爆発させたのだ。

    「松居は朝の緊急協議では約束の書面を作る時間はなかったそうですが、タブレットで動画を撮影していたようです。
    動画の扱いには手慣れた松居ですから、問題がこじれた場合、その動画がどう使用されるのか先方も不安でしょうね」(前出・芸能記者)

    “松居劇場”がこれ以上続くことなく、円満に解決することを祈る。

    http://dailynewsonline.jp/article/1563954/


    所長見解:ややこしいな・・・

    【【隣人トラブル】松居一代が怒り爆発の件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    オフィス北野・森社長、今月末にも退社 新社長はつまみ枝豆

    t


    オフィス北野の森昌行社長(65)が今月末にも退社することが10日、分かった。

    関係者によると、早ければ森社長は今月いっぱいで社長職を退き、同時に退社。
    新社長には、3月に同社から独立したビートたけし(71)が推薦するたけし軍団のつまみ枝豆(60)が就任する。
    枝豆は10月のイベント登場時、引き継ぎ時期は「今年中」と語っていた。
    専務はダンカン(59)が務める。

    現在、森社長は新体制が万全な状態でスタートできるように仕事の引き継ぎに奔走中。
    サンケイスポーツの取材に「まだ(退社が)決まっていないので、現時点でコメントできることはありません。発表できるときに皆さんに報告します」と話した。

    また、浅草キッドの玉袋筋太郎(51)が退社の意向を固め、コンビ存続の危機にあるという一部報道について「現在、(退社などを)公にできる話には至っておりません」と説明した。

    浅草キッドについては、前日9日に水道橋博士(56)が過労による体調不良で休養すると発表されたばかり。
    復帰時期は未定で、当面ピンで仕事をすることになった玉袋は8日のツイッターに「あいぼうがああなってしまった。こうなった以上 自力でやりしかねえよ! 帰ってこいよ~!」(原文まま)と意味深に投稿したが、9日に削除されている。

    また、7日には師匠のたけしについて「師匠なので師匠だから 死ぬ気で本当に死ぬ気でお話した。がんばれよ! という一言頂き涙!」とツイートしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000502-sanspo-ent


    所長見解:もうね・・・

    【【森社長クビ】オフィス北野の新社長がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ