トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「“いだてん”って何ですか?」

    夫の活躍ぶりをこう一笑に付すのは、ビートたけし(71)の妻・幹子夫人(67)。

    たけしは現在、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺~』で“落語の神様”と呼ばれた古今亭志ん生を怪演中だ。

    そんななか、元日発売の『スポーツニッポン』で“たけし離婚調停”という見出しが躍った。

    「記事によると、昨年5~6月ごろにたけしさんサイドから離婚調停の通知書が幹子夫人に届いたそうです。
    幹子夫人も2人のお子さんたちも突然の出来事に驚きを隠せなかったといいます」(スポーツ紙デスク)

    報道から4日後、たけしは出演した報道番組で「(離婚)調停なんか終わっているよ、バカヤロー! あとは判子を押すだけだ」と衝撃発言。

    その直後にたけしの所属事務所が否定コメントを出すなど、迷走ぶりがうかがえる。

    夫婦の溝が決定的になったのは、昨年3月。

    たけしは「オフィス北野」から独立し、愛人と報じられている18歳年下のA子さん(53)と設立した新事務所「T.Nゴン」で芸能生活を始めたのだ。

    実は昨年11月、本誌はこの報道に先立って、幹子夫人に“離婚説”について直撃している。

    幹子夫人は離婚については完全否定していたが、「(たけしに)腹の立つこともあるじゃないですか」と複雑な胸中を告白してくれた。

    b


    今回も本誌はさっそく幹子夫人のもとへ。

    顔見知りの記者が声をかけると、幹子夫人は苦笑しながらも取材に応じてくれた。


    ――たけしさんとの離婚調停についての記事、お読みになりましたか?

    「もういいって。私はもう、わからないから。全然わからない」

    またもや離婚を完全否定する幹子夫人。

    前回の直撃では「その人(愛人)が自分の思ういい展開になると思ってるんじゃないですか?」と、たけしの愛人問題についても初めて言及していた。

    ――たけしさん本人もテレビ番組で“離婚調停は終わった”と話していましたが。

    「えぇっ!? 本人が言っているの!? 呆れた。調停なんて、絶対ないですから……」

    たけし自身が「(離婚したら)もう何100億(円)も取られちゃうよ」と語っていたように、離婚すれば多額の慰謝料が舞い込む可能性は高い。

    それでも離婚を拒否し続けるのは「愛人とは絶対に再婚させない!」という本妻のプライドがあるからだろうか。

    最後に幹子夫人は「大河ドラマってこれまで見る習慣がなかったけど、“いだてん”見てみます」と語っていた。

    離婚へ突き進む夫の姿をテレビ越しに見て、幹子夫人の心境はいかばかりか――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00010002-jisin-ent

    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【泥沼離婚】ビートたけしの離婚調停発言に妻・幹子夫人が猛反論問題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年末から年明けまで、とにかくマスコミを騒がせていたのは花田優一(23)といえるかもしれない。

    自身の不倫・離婚騒動だけでなく、靴職人として信用問題に関わる納期遅れによる返金対応に追われるなどの報道もある中、年末の21日と22日の2日間にわたり、都内のギャラリーで、描き溜めていた絵を販売する個展を開催。

    同時に2019年度の靴の注文も受け付け、その様子はテレビ局も張り付き、わざわざ中継を入れる番組もあったほどだ。

    h


    優一のだらしなさに気づく

    「この2日間で約300万円の売り上げがあったようですが、客のほとんどは両親の関係筋。
    盛況というほど一般のお客さんはいなくて、来場は友人や知り合いばかりでした。
    絵を買う人や注文をする人のほとんどが、ご祝儀注文ですからお客とは言い難いです」(ワイドショースタッフ)

    昨年9月には、結婚している立場でいながら女性との交際が報じられたが、それについてはこう釈明。

    「食事に行っただけでも写真を撮られることもある。
    自分の一挙手一投足を取り上げていただけることには感謝しています」

    そして今年に入り、吉岡里帆(25)の実弟を弟子にしていたものの、わずか3か月で逃げ出されるほどの職場環境だったことがあらたに判明している。

    「優一が注文された仕事をほとんどしないで、飲み歩いていることを暴露されていましたが、実は吉岡里帆のことを狙っていたから弟を弟子にした、という話があるんです。
    もともと2人は面識があった。
    優一が吉岡の相談に乗るような感じで急接近したがうまくいかず、弟をきっかけに吉岡と会うセッティングをさせようとしていたらしいんです」というのは元貴乃花部屋の後援会関係者。

    最初は何も知らずに上京し、はしゃいでいた吉岡の弟も、次第に優一のだらしなさや、いい加減さに気がつきうんざりしていたという。

    さらに続ける。

    「とにかく優一は女性にだらしない。
    写真誌で撮られた女性は彼がよく通っていた銀座のクラブの女の子ですよ。
    離婚していないのに飲み屋の子に手を出すし、あわよくばタレントまで、というわけです。
    それを見ていた弟子である吉岡の弟は呆れて逃げ出したということです」

    自分で払うと言っていた700万円の新車のローンだってあるはずだ。

    弟子への給料を払うほど売り上げも期待できないのに、その飲食代はどうやって捻出していたのだろううか。

    銀座でのツケが溜まっての個展か、それともやっぱり景子ママか!?


    http://news.livedoor.com/article/detail/15839081/
    週刊女性PRIME


    所長見解:そうやね・・・

    【【靴職人】花田優一氏、顧客だけでなく弟子も離れていく理由がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「花田優一氏の不誠実な対応を思い出すと本当に腹が立ちます」と語るのは、40代の男性・Aさん。

    Aさんが靴職人でタレントの花田優一(23)に製作を依頼したのは’17年春。

    だが結局、Aさんが完成した靴を受け取ることはなかった。

    昨年12月24日には『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が花田優一のインタビューを報じている。

    商品が送られてこない、料金の返却を求めても応じないなど、靴製作を巡る顧客とのトラブルも報じられてきたが、優一は次のように説明した。

    「靴の製作には時間がかかるもの。
    (顧客には)1人1人対応しています。
    説明不足だったお客様には自分からお電話をしたり、直接伺ってご説明したりしています」

    誠実ぶりをアピールし、トラブル報道を否定した優一だったが、前出のAさんは言う。

    「花田氏の会社に料金を振り込んでから1年後のことでした。
    私は地方に住んでいるのですが、靴が出来上がったという連絡があり、東京のホテルに呼び出されたのです。
    でも急に花田氏から『父(元貴乃花親方)が倒れて、看病しているので今日は会えない』という電話があり……。
    その後、何度かメールや電話をしたのですが、なかなか折り返しもなく、つながったと思ったら、『(連絡を)忘れていました』と言われました」

    実はAさんのような“被害者”は、靴をオーダーした人たちばかりではない。

    優一に弟子入りした若者も、彼から“被害”を受けていたのだ。

    優一の知人は言う。

    「’18年9月にTさんという男性が弟子になったとき、彼は周囲に自慢していたのです。
    『吉岡里帆ちゃんの弟も、俺の弟子になったからね』と」

    y


    そう、弟子・Tさん(23)は人気女優・吉岡里帆(25)の実弟だった。

    吉岡は京都出身。

    もともと弟・Tさんも京都市内にあるフレンチレストランで働いていた。

    吉岡も弟のシェフ修行を応援しており、店を訪れたときの写真をインスタグラムで紹介している。

    だがTさんは突如、上京を決意。

    吉岡家の知人は言う。

    「東京で大活躍している里帆さんの姿を見て、Tくんも自分の力を東京で試してみたいと、考えるようになったようです。
    Tくんを花田優一さんに紹介したのは里帆さんだと聞いています。
    ただ里帆さんはTくんが靴職人を目指すことには反対していました」

    大きな希望を胸に抱いて上京したTさん。

    だが彼を待っていたのは悪夢の日々だった。

    「優一氏は顧客たちからのクレームの処理をTさんにやらせていたのです」(前出・優一の知人)

    前出のAさんは言う。

    「靴も完成せず、返金を求めると花田氏と連絡がとれなくなりました。
    困っていた私に代わりに電話をくれるようになったのがTさんでした」

    奇妙な話だが、返金を求めるAさんと、真面目に対応を続けるTさんは連絡を取り合っているうちに、少しずつ信頼関係を築いていったという。

    「次第にTさんは花田氏に弟子入りしたことを後悔するようになっていました。
    私にも『師匠が靴を作っている姿をほとんど見たことがない』『お客さんからのクレームを報告しても、まともに取り合ってもらえない』などと話すようになったのです。
    飲み歩いていて工房に帰ってこない花田氏を深夜まで待っていなくてはいけないこともあったそうです」

    Aさんは弟子を辞めるように勧めたという。

    するとTさんは苦しげにこう語ったのだ。

    「師匠がやっていることは、詐欺と言われても仕方がない。
    でもここで逃げたら、私も“共犯”になってしまうから、頑張ってお客さんの対応を続けたい」

    孤軍奮闘を続けていたTさんだが、結局、弟子入りから3カ月ほどで靴職人の道を断念。

    そして、弟の苦悩の日々を知った吉岡は号泣したという。

    12月29日、本誌はTさんへの指導について、優一を直撃取材した。

    微笑みを浮かべていた彼だが、Tさんの名前を出すと、とたんにムッとした表情に……。

    「あ~、もう辞めているしね。理由? まぁ彼にもいろいろと考えがあったのでしょう」

    ――親交がある吉岡里帆さんの弟さんですよね?

    「……先方もいるお話ですので。私がお話しすることはないです」

    それだけ言い残すと、車に乗り込み、走り去っていった。

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1699027/ 


    所長見解:どっちもどっちやね・・・

    【【靴職人へ】吉岡里帆の弟が花田優一に弟子入りした結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    ■第5位:安倍なつみ(4.7%)

    ■第4位:石黒彩(5.0%)

    ■第3位:加護亜依(8.5%)

    ■第2位:矢口真里(10.9%)

    2位は矢口真里。

    男性俳優との交際発覚でグループを脱退したものの、バラエティタレントとして超売れっ子だった彼女だが、不倫発覚でイメージが大きく失墜してしまった。

    センセーショナルだった不倫劇は、多くのファンをがっかりさせてしまった様子。

    長期休業を経て現在は仕事を再開させているが、イメージ回復は「まだまだ」のようだ。


    ■第1位:吉澤ひとみ(36.0%)

    2位以下を大きく引き離しての1位は吉澤ひとみ。

    やはり飲酒ひき逃げ事故のマイナスイメージは拭い去れず、26ポイント差をつけてトップとなった。

    既に芸能界を引退しており、復帰は難しい状況。

    自業自得とはいえ、このような「芸能生活の最後」になってしまったことが残念でならない。

    https://www.news-postseven.com/archives/20190103_840046.html


    所長見解:呪われてる・・・

    【【あの人は今】モーニング娘で一番不幸になった人がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大阪府大阪市生野区にある今里新地に、日本ボクシング連盟の終身会長であった山根明氏の妻の経営するクラブはある。

    自身のテリトリーというべき場所で、キープしていたボトルをちびちびと飲みながら、山根氏の弁舌は熱を帯びた。

    「この店は、働いている従業員のほとんどが日本人なんです。
    不法滞在しているような外国人がおらんのが良い。
    ここに来てくださっているお客さんや、街で出会った人に、写真をせがまれるし、『男の中の男です!』なんて励ましてくれる。
    そうした声に、どれだけ救われたかわかりません」

    「激動の1年」(本人談)の師走を、山根氏は忙しく飛び回っていた。

    疑惑に対する釈明の活動──ではなく、お笑い番組である『あらびき団』(TBS系)の特番への出演や、ドッキリ番組でデヴィ夫人らと共演する収録などため、東京と大阪を何往復もしていたのだ。

    y


    「わしがテレビに出れば、不思議なほど視聴率が上がるみたいやね。
    デヴィ夫人は素敵な方で、写真をお願いしました。
    しかし、何が面白いのかわからん芸人が出てきて、わしが激怒した番組もあるんや。
    それをまた面白がられて……完全な騙し討ちやった。
    もう2度と、出ぇひんわ!」

    口ではそう言っても、ビートたけしの番組に出演すれば初体験の年齢を告白し、バラエティ番組では50歳近く歳の離れた若手芸人にいじられ、10月に79歳になった山根氏はまんざらでもない様子である。

    メディアもメディアで、数か月前にはあれほど疑惑を追及していたのに、今や強面ながらたどたどしい口調で怒鳴り散らす山根氏を“キワモノ”のように面白がって高視聴率を狙うのだから違和感は拭えない。

    スポーツ界でスキャンダルが続出したことで、ひとつひとつの“消化”が極めて速くなっているのだろうか。

    山根氏は1939年に大阪府堺市に生まれ、終戦後、5歳で母の母国である韓国に渡った。

    10歳で日本に密入国し、27歳まで国籍がなかったと振り返る。

    若かりし日に国籍すらなかった人物が、どのような経緯で日本のアマチュアボクシングのトップにまで成り上がることができたのか興味は尽きないが、波瀾万丈の人生を送ってきたことだけは確かだろう(そのあたりの経緯は、来春に自伝を出版予定らしい)。

    そんな山根氏の自宅のリビングには、2歳だった時の両親との記念写真を挟むように、会長時代に大会を視察に訪れた今上天皇をおもてなしする2枚の写真が飾られていた。

    「天皇陛下に、わざわざ声をかけていただいた。
    あれには感激してねえ。
    頭を下げたまま、『ハハーッ』って感じで、頭を上げられなかった。
    わしはね、母の国である韓国も、北朝鮮も、愛しています。
    だけど、日本国籍を取得した以上、日本人として生きています。
    日本人として、日の丸を愛し、法人の代表として、日本ボクシング連盟を代表する会長として、これまで全世界を飛び回って日本の素晴らしさを伝えてきたつもりです。
    私の経歴には、何一つ、隠し事はありません」

    日本ボクシングを再興する会によって告発された12項目──判定への介入や過剰な接待要求などがなかったと主張するのであれば、解雇無効を求めて日本大学を提訴した内田正人・日大アメリカンフットボール部前監督や、虚偽の告発をされたとして、田南部力氏を名誉毀損で訴えたレスリングの栄和人・元至学館大学レスリング部監督のように、反撃の訴訟に出る考えはなかったのか。

    「弁護士に相談したら、支度金が200万円必要やという話やった。
    わし、貧乏やから、払えへん。
    今はねえ、こんな幸せな生活はない。
    連盟におる時は、下におる理事や選手との人間関係に悩み、2020年の東京オリンピックに向けて、重たいモノを背負っておった。
    それが全部なくなりましたから」

    山根氏の新しい名刺には、肩書きとして「無冠の帝王」(英語表記はUncrowned King)とあった。

    「わしは終身・無冠の帝王や。
    これからは芸能人として生きていく。
    79歳になって、夢も目標もない。
    現在、仕事と言えば、テレビ出演ぐらい。
    山根明を冷静に評価していただいて、呼んでくださる番組にはどの番組にも出たい」

    インタビューのあと、山根終身会長時代に使途不明の支出2400万円が見つかったことも、日本ボクシング連盟の現体制によって明らかになった。

    無冠の帝王は新たな疑惑にどんな釈明を用意しているのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-00000011-pseven-spo 


    所長見解:おもろいけどね・・・

    【【ボクシング元会長】山根明「これからは芸能人として生きる」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ