トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の前頭貴ノ岩(28=千賀ノ浦)が、付け人で三段目力士の貴大将(23)に暴力を振るった問題で、入門から今年9月の秋場所まで指導した元貴乃花親方の花田光司氏(46=元横綱)は「言語道断」と、かつての弟子を一刀両断した。

    問題発覚から一夜明けた6日、都内で日刊スポーツの取材に答えた。

    また11月の九州場所で初優勝した小結貴景勝(22=千賀ノ浦)ら、旧貴乃花部屋の力士からも「残念」などの声が相次いだ。

    貴ノ岩の育ての親は口調こそ落ち着いていたが、それとは対照的な言葉を発した。

    元貴乃花親方の花田氏は、新幹線で都内に戻ったところで歩きながら質問に答えた。

    貴ノ岩が起こした暴力については、開口一番「あんなことをしちゃったらね…」と、残念そうに話した。

    さらに「言語道断でしょ」と続けた。

    昨年10月に元横綱日馬富士による暴力事件で貴ノ岩は被害者となり、自身も暴力根絶を訴えてきた。

    その思いが届いていなかったことへの、歯がゆさを飲み込むように後は「予定があるから」などと多くは語らなかった。

    今年10月に、日本相撲協会が暴力決別宣言と、暴力問題再発防止策の方針を発表した。

    それは貴ノ岩のようなケースが再び起こらないよう、花田氏が愛弟子を守ろうとしたのが発端ともいえる。

    皮肉にも協会の宣言などを受け、暴力の加害者は厳罰に処する方針が適用される第1号も貴ノ岩となった。

    そんな状況を招いた貴ノ岩の軽率な行動と、かつての弟子が再び暴力の被害者となった貴大将への思いやりが混在し「口では言い表せないこと」の意味の「言語道断」という言葉となったのかもしれない。

    この日、大分・別府市で行われた冬巡業に参加した、旧貴乃花部屋時代から弟弟子の貴景勝、貴源治は、ともに真っ先に「残念です」と語り、視線を落とした。

    暴力については「顔が腫れていたので分かった」(貴景勝)「顔を見れば分かる」(貴源治)と、頬が腫れた翌朝の貴大将を見て察知したという。

    初優勝からわずか10日後の出来事だが、貴景勝は「僕のことはどうでもいい。自分は相撲を取ることしかできない」と気丈に話した。

    苦楽を共にしてきた兄弟子と再び相撲を取りたいか問われると「付け人の立場もあるし、2人の関係もある。ただ、早く解決してほしい」と、一段と深刻な顔で話した。

    貴源治は「この件に関しては『言い訳なし』じゃないですか。言葉はないですよね。これが貴ノ岩関の人生なんだな」と厳しい言葉も述べた。

    貴源治は、双子の兄の貴公俊も暴力を振るって謹慎処分を受けた。

    一時の感情で暴力へと発展する愚かさを人一倍感じている。

    常に暴力問題の渦中にさらされてきた旧貴乃花部屋。

    育ての親にも、弟弟子にも、暗い影を落とすことになった。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00412501-nksports-fight

    no title


    所長見解:引退やね・・・

    【【貴ノ岩暴力問題】元貴乃花親方怒り激白がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    先ごろ離婚を発表した大相撲の元貴乃花親方・花田光司氏と元フジテレビアナウンサー・河野景子さんの長男で、靴職人の花田優一氏が大きなトラブルを抱えているようだ。

    写真週刊誌『FRIDAY』11月30日号によると、優一氏に靴を注文した客から「商品が届かない」というクレームが殺到しているという。

    しかも、客が連絡を取ろうとしても、優一氏は何だかんだと理由を付けて逃げ回っていたそうだ。

    何件かは最終的に返金という形でコトを収めたと報道されている。

    同誌の記者が直撃取材を試みるも、優一氏は無言のまま逃げるようにビルの中へ。

    このトラブルにより、所属していた事務所から解雇されたという。


    ネット上ではこの件について、

    《高額品なんだから内金→商品と引き換えに全額支払いが普通なんじゃないん?》
    《さんまに作った靴を見てこれはアカンと感じたわ》
    《靴だけ作ってれば良かったのに出過ぎだよ》
    《先払いさせて結局作らず連絡取れず事務所に電話してやっと返金って、詐欺以外の何者でもない》
    《客商売でこんな話が出たらもう終わりだね》

    など、当然の厳しい意見が並んだ。

    y


    優一氏のトラブルはこれだけではない。

    『週刊新潮』12月6日号によると、結婚生活が危機的な状況だという。

    「既に妻とは離婚することで合意していて、後は離婚届を提出するだけ。
    優一氏が結婚したのは2017年10月で、まだ新婚だったのですが、重度のマザコン・シスコンと不倫疑惑報道によって、妻が呆れ返ってしまったようです」(芸能記者)

    また、優一氏は両親の離婚理由の1つだというウワサも。

    一部スポーツ紙の記事によると、元親方は優一氏が靴職人として成長してもらいたいと思っていたが、母の景子さんは芸能活動も含めて、優一氏の活動を応援したいとし、教育方針の違いがあったという。

    そんな中、当の優一氏は両親の離婚についてブログで、

    《スーパーヒーローのように憧れた父 いつも太陽でいた母 2018年の今日、笑顔あふれる、変わらない毎日!靴づくり、自分は修行 以上!》

    と能天気なコメント。

    出始めた当初は、

    「久々にしっかりとした2世が出てきた」
    「親に頼らないのは好感が持てる!」
    「若いのに真面目で、応援できる」

    と評判だったが、結局はただのバカ息子だったようだ。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15674334/
    週刊実話


    所長見解:そうね・・・

    【【二世タレント】靴職人・花田優一氏の化けの皮が剥がれた結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の中越典子が29日、第2子となる女児を出産したことを自身のInstagramで発表した。

    中越は「このたび、11月22日に無事、第二子の元気な女の子を出産しました。母子ともに健康です」と報告し、ピンク色のおくるみに包まれた赤ちゃんとそれを優しいまなざしで見つめる自身の写真をアップ。

    そして、「澄みきった空のような娘の澄んだ瞳に、うっとりしています」と母になった喜びを綴っていた。

    そんな中越のもとには、祝福の言葉や「お疲れ様です」と中越を労う言葉が多く届いているが、中には「そういえば旦那は最近見ないな」「旦那、仕事は大丈夫?」など、夫である俳優の永井大の仕事を心配する人たちも。

    二人は2014年に結婚したが、そのあたりから永井の仕事は激減し、最近は露出の機会がめっきりと減っている。

    n


    「永井さんはスポーツ系のバラエティで火が付き、自身の体力を生かした役柄も多かったです。
    ドラマ『特命係長 只野仁』(テレビ朝日系)では筋肉美を見せつけ、『サラリーマン金太郎』(テレビ朝日系)ではスタントマンなしで格闘シーンを演じるなど、2000年代は永井さんだからこそという仕事が多くありました。
    しかし、ここ数年はテレビドラマや映画にちょこっと出るのみ。
    今年のドラマ出演はスペシャル番組やドラマの数話に出ただけです」(芸能記者)

    しかし、一時は人気俳優の名をほしいままにしていた永井が、テレビから消えてしまったのはなぜなのだろうか。

    「多くのトラブルが重なって、イメージが低下してしまったことが原因だと思います。
    12年には、実際は落札していないのに、わざと格安で人気商品を落札したように見せる詐欺サイト『ペニーオークション』の販促に加担しました。
    そして、15年には、週刊誌に金銭トラブルを抱えていることをすっぱ抜かれる始末…。
    今では永井さんの仕事を埋められるような多くの若手俳優も育ってきているので、制作側も敢えて永井さんを使おうとはしません」(前出・同)

    永井は覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元俳優・高知東生氏と仲が良かったことでも知られ、そのことも影響を与えているようだ。

    しかし、夫婦仲は良好で、今回の出産にも立ち会ったとのこと。

    2児の父となったことで、演技にさらに深みが出ることだろう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15674138/

    所長見解:見なくなったね・・・

    【【2子出産】中越典子の夫、永井大の現在がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    モデルで女優の西内まりや(24歳)が11月28日、自身のInstagramで、太ももまで露わにした美脚を披露。

    ファンの絶讃を浴びている。

    西内はこの日、「エレガントカッコイイ衣装は@versace」と、ヴェルサーチェのファッションに身を包んだショットを投稿。

    これにファンからは

    「なんて素晴らしいスタイル」
    「スタイル抜群」
    「美脚でカッコイイなぁ」
    「脚長い~!」
    「ほんと美脚!」

    などの声が寄せられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15663213/

    no title


    所長見解:そうね・・・

    【【インスタ】西内まりや、太ももの結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    BTS紅白落選で狂った戦略 日本ファンと“別居”!? 

    撤退も視野

    大みそか恒例「第69回NHK紅白歌合戦」の出場歌手発表会見が14日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われ“原爆Tシャツ問題”の渦中にある韓国の男性7人組グループ・BTS(防弾少年団)が予想通り、落選した。

    テレビではすでに「ミュージックステーション(Mステ)」(テレビ朝日系)の出演が取りやめとなっていたが、そこに追い打ちをかける紅白落選。

    相次ぐ“BTS外し”により、日本での人気とは逆に、活動縮小に向かうのは確実で“日本撤退”も視野に入れざるを得なくなったようだ。

    やはりBTSは落選した。

    BTSは最近の世界的な活躍から出場を有力視されていたが、直前になって過去にメンバーが原爆Tシャツ、きのこ雲Tシャツ、ナチス帽を着用していたことが発覚。

    世界中を敵に回しての大騒動に発展していた。

    13日に東京ドームで行われたコンサートには、会場外にBTSを糾弾する団体と擁護する団体が入り乱れて、多数の警察官が出動。

    コンサートの最後に、メンバーのジミンが「全世界の多くの皆さんが驚かれ、ご心配をされたと思います。本当にお騒がせしました」と騒動に言及。

    所属事務所も一連の問題について謝罪コメントを発表したが、遅きに失した感は否めず、紅白出場を逃した。

    g


    例年、紅白出場者の選考は、

    (1)今年の活躍
    (2)世論の支持
    (3)番組の企画・演出

    ――の3点を考慮して決定される。

    騒動の渦中にあるBTSだけに落選理由に注目が集まり、NHK制作局エンターテインメント番組部の渋谷義人チーフプロデューサー(CP)にも質問が集中した。

    BTSの落選について渋谷CPは「3点の選考基準に合っているかで判断した」を繰り返すばかり。

    先月30日に韓国で元徴用工への賠償判決が出たことで紅白選考に影響を与えているといわれることにも「3点の選考基準に合っているかで判断した」と回答したが、さすがにこれでは収まらないと判断したのか、別のNHK局員が「総合的な判断としか言いにくい点がありまして…」と、バツが悪そうに助け舟を出す場面もあった。

    昨今の第3次韓流ブームに乗って、今年の紅白はBTSと女性9人組グループTWICEの出場が内定といわれていたが、前出の徴用工判決の影響で日韓関係が悪化して事態は急変。

    それに伴い「NHK上層部では韓流グループの出場について再検討された」(NHK関係者)というが、TWICEは現場からの強い要望もあり、2年連続出場を勝ち取った一方で、BTSは“原爆Tシャツ問題”を抱えたことではじかれてしまった格好だ。

    BTSは紅白など年末の音楽番組に出演ラッシュ、そして13日に始まったドームツアーと一気に露出を増やし、日本での人気を不動のものにする計画だったが、テレビ各局から“出演NG”となってしまい、それも崩れ去ってしまった。

    所属事務所が13日に出した謝罪コメントで幕引きを図りたいところだったが、それでも“原爆Tシャツ問題グループ”というイメージは拭えず、来年以降の日本の活動に影響が出ることは確実だ。

    音楽関係者は「日本の風物詩、紅白に出場して名実ともに国内人気ナンバーワンK―POPグループとして活動するはずだったが、想定が大きく狂ってしまった。

    日本で何かするたびに批判されてしまうので、今はとにかく動きづらい。

    そもそも、BTSは日本以外の国、米国を中心にアジア、欧州など世界各国で活動しており、そこまで日本に重きを置いていないのも事実。

    現時点ではテレビ出演もNGの烙印が押されているし、紅白落選で活動はますます日本の比重が小さくなるでしょう」と音楽関係者。

    一方で、7日にリリースした新シングル「FAKE LOVE/Airplane pt.2」は約45万5000枚売れた。

    「日本でCDをリリースするけど、ほとんど来日しないという、事実上の“撤退”という状態に追い込まれる可能性は十分にあります」とテレビ局関係者。

    2月にドームツアーが終了するBTSだが、それ以降は日本で見られる機会は減ってしまいそうな雲行きだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000006-tospoweb-ent


    所長見解:まあね・・・

    【【原爆Tシャツ問題】BTS、日本撤退説。】の続きを読む

    このページのトップヘ