ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2016年のリオ五輪で4連覇を達成し、国民栄誉賞に輝いた女子レスリングの伊調馨(33)。
    週刊文春の直撃取材に応じ、栄和人強化本部長(57)に対する複雑な心境を語った。

    伊調、栄氏の双方と親交の深いレスリング関係者が事情を明かす。

    「栄さんは五輪3連覇で国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里をはじめ、計6人の金メダリストを輩出しています。
    紛れもなく女子レスリング隆盛の立役者です。
    その圧倒的な実績を背景に強化本部長に君臨し、レスリング協会で絶大な影響力を持つようになった。
    伊調への嫌がらせは2010年頃に始まり、エスカレートするばかりです。
    このままでは東京五輪はとてもじゃないけど目指せない。
    本人もそう話しています」

    1月18日、内閣府の公益認定等委員会に提出された1通の告発状。
    そこに記されていたのは、協会の強化本部長である栄氏による伊調に対する“パワハラ”だった。

    告発状が指摘する“パワハラ”は大きく分けて次の3点だ。
    1つは伊調が師事する田南部力コーチ(42)に対する不当な圧力、2つ目は伊調の男子合宿への参加禁止、そして最後は、彼女がリオ五輪まで練習拠点とした警視庁レスリングクラブへの“出禁”処分である。

    この告発状を元に本誌は取材を進め、伊調を直撃すると、30分にわたり取材に応じた。

    東京五輪が2年後に迫っているなか、5連覇に向け練習もままならない状況だという。

    「練習……そうですね、自分が求めていけば、練習させてくれるところはたくさんあると思うんですけど、私が(練習に)行ったことで、栄監督による圧力が周りの方にかかるというのはちょっと懸念している部分ではあるので。
    うーん、『来て欲しい』って言って下さる方はたくさんいるんですけど、『私が行ったらどうなるのかな』って……」

    ――練習したくても練習場に行けない状況なのか。

    「現役を続けるとなると、栄体制の元でやるしかないので、また色んなことを我慢しながらやっていくとなると……。
    朝練とか午後練も練習環境がしっかり整わないと、なかなか腹をくくれない部分があります」

    栄氏は週刊文春の取材に対し、“パワハラ”の事実を否定し、「(東京五輪に)出たければ出ればいいだけの話」などと語った。

    3月1日(木)発売の「週刊文春」では、伊調へのインタビューに加え、栄氏への直撃取材、告発状の中身など、6ページにわたって詳報している。
    また、本記事に関連する動画が、同日朝5時より「 週刊文春デジタル 」にて公開される予定。

    no title

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180228-00006376-bunshun-spo 


    所長見解:なんかすごいね・・・
    【【衝撃告発】女子レスリング伊調馨が、栄本部長からのパワハラを告白ってよwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    白いキャップにニットワンピース、黒いコート姿でマンションから現れたのは歌手で女優の西内まりや(24)だった。

    主演ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)が終了してから1年近くたつ。
    久々に目撃した彼女だったが、顔色も決して悪くはない。
    隣には同じようにキャップを目深にかぶった恋人でモデルの呂敏(27)が寄り添っていた――。

    n


    「西内は現在、活動休止状態にあります。
    所属事務所との契約も3月末日に終了する予定ですが、彼女は弁護士を通じて、契約を更新しない旨を伝えています。
    音楽業界のなかでは“このまま引退してしまうのではないか”という声も上がっているのです」(レコード会社関係者)

    西内と所属事務所の不協和音が明らかになったのは、昨年秋のこと。
    11月23日発売号の『週刊文春』が、西内が事務所の社長をビンタしたと報じたのだ。

    「アーティスト志向が強く歌手としての活動に専念したがっていた西内さんに対し、事務所は女優やタレントとしての活動も期待していました。
    そうした方向性の違いが次第に亀裂を深めていったようです」(前出・レコード関係者)

    はたして“引退説”は事実なのか?
    モデル恋人とのツーショットを目撃した現場で話を聞いた。

    「……引退ですか? 少なくともいまは、引退は考えていないですね。
    ファンの皆さんに楽しんでいただけるようなエンターテインメントをお届けするという目標や、私自身は何も変わっていません」

    ――所属事務所とは、4月以降は契約更新をしないとうかがいましたが?

    「それは弁護士さんと相談して進めている件ですので、私がいまこの場所で語ることはできません。
    ただ一つ言えるのは、事務所に対しては恩もありますし、感謝もしているということです。関係者やファンの皆さんにはご心配をおかけして申し訳ないです……。
    いままではこうして自分の気持ちを語る機会もありませんでしたので、今日は(取材にきてもらって)ありがとうございます」

    ときおり涙ぐみながら話をする西内が笑顔を見せたのは、記者が恋人についての質問をしたときだった。

    ――呂敏さんの存在も支えになっているのでしょうか?

    「これから2人でランチに出かけようと思っていたんです。
    恋人?いやそれは(笑)……、いつかきちんとした形で、私の口からお話しできれば……」

    恋人に寄り添われながら春を待つ西内。
    彼女が選ぶ新たな道の行方は――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00010001-jisin-ent


    所長見解:どうするんだろうね・・・
    【【引退騒動】西内まりやを発見(男付き)ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平昌五輪で8日のジャンプ男子ノーマルヒル(NH)予選に出場する14年ソチ五輪個人ラージヒル銀メダルの葛西紀明(45)=土屋ホーム=がこの日午前1時過ぎに自身のブログを更新し、思わぬハプニングに巻き込まれたことを明かした。

    k


    葛西は7日に試合会場のアルペンシア・ジャンプセンターで最終調整。
    今季W杯個人総合8位につける小林潤志郎(26)=雪印メグミルク=、小林陵侑(21)=土屋ホーム=、伊東大貴(32)=雪印メグミルク=と共に予選メンバー入りを果たした。

    「平昌ノーマルヒルトレーニング(選考会)」と題したブログで「皆さん今晩は!NORIさんまだ起きてました。
    今日は午前、午後とノーマルヒルの練習がありました。
    午前中はNORIは飛ばなかったんだけど。
    午後は19時から3本飛びました。
    選考も兼ねてたから試合と同じ気持ちで飛んだんだけど、やっぱり緊張するよね
    1本目も2本目も緊張のあまり上手く飛べず3本目にようやく自分のジャンプらしくなって来て、なんとか飛距離を出す事が出来ました。
    誰が選ばれてもおかしくないメンバーの状況で、部長、ヘッドコーチには難しい選択をさせてしまいました。申し訳ないです。
    なんとかNORIは明日のノーマルヒル予選に出場することが出来ます!
    しっかり予選通らないとね!!」とメンバーに入った状況と心境をつづっていた。

    その上で「練習を終えたのが22時前で、ここからなんと!ハプニング」とし「22時丁度のバスが待てど暮らせど来ない!
    気温は―14℃他のチームはとっくの昔に帰っちゃって、日本チームだけ取り残される。
    しかも40分も!!
    開会式の練習だと言い聞かせながら耐え忍んでましたが、マジでなまら寒かった」と明かした。

    「というハプニングもありましたが、なんとか選手村に帰って来て、しっかりキムチとコムタンスープを食べて、今は部屋でまったりしております。
    そうそう!NORIの部屋に日の丸の国旗の寄せ書きしっかり貼り付けました!
    さあ!明日も頑張るぞーーー!!」と意気込んでいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00000064-sph-spo


    所長見解:わざと?・・・
    【【韓国平昌】ジャンプ・葛西紀明、練習後にバスが来ないため零下14度の中40分も待つことにってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    悪いのはハッカーなんじゃないの?

    c


    所長見解:どっちもどっちだよね・・・
    【【仮想通貨】コインチェック事件って社長がものすごく叩かれてるみたいだけどってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの婚約に関連する行事が、再来年に延期されることがわかった。
    宮内庁が近日中に正式に発表すると見られる。
    2月8日(木)に発売される女性セブン(2月22日号)が報じる。

    眞子さまと、国際基督教大学(ICU)時代の同級生で法律事務所勤務の小室圭さんは、昨年9月3日に婚約内定会見を開いた。
    おふたりの結婚に向け、今後のスケジュールとしては、今年3月4日に、一般の結納に当たる「納采の儀」が行われ、11月4日に「結婚の儀」が行われることが発表されていたが、それらの行事が再来年の2020年に見送られることになった。

    関係者の話では「婚約に関連する行事の準備にしっかり時間をかけたいから」という理由だという。
    来年には天皇陛下の退位と、新天皇の即位も予定されていて、皇室関連行事のスケジュールが過密だという面もあるが、異例の延期となった。

    k


    前週の女性セブン(2月1日発売)では、小室さんの“異変”を報じていた。
    小室さんがパラリーガルとして勤務する弁護士事務所の関係者の次のコメントを紹介している。
    「1月下旬、小室さんが急に何日かまとめて仕事を休んだんです。
    同僚がわざわざ自宅まで仕事関係の書類を届けに行くほどでした。
    体調を崩したのか、それとも“報道”に関して何かあったのか…」

    小室さんの欠勤に前後して、いくつかの週刊誌で「小室家の過去」を指摘する報道が相次いでいた。
    まずは1月23日、『週刊女性』が「眞子さま義母が養っていた“彫金師の恋人”」と題した記事を掲載。
    小室さんの父・敏勝さんが2002年に自殺した後、小室さんの母・佳代さんが、アクセサリーなどに装飾を施す男性Aさんと2007年頃まで交際し、Aさんの生活が苦しくなると、自宅マンションにて住まわせていた時期もあったと伝えた。

    続いて1月25日、『週刊文春』と『週刊新潮』が、佳代さんの“借金問題”を報じていた。

    皇室記者が解説する。

    「佳代さんが、Aさんの後に交際した外資系商社マンのBさんに400万円以上の援助を受けたというものです。
    Bさんとは婚約もして、佳代さんは“圭の父親代わりになってください”とまで言っていた。
    しかしその後、婚約を破棄した後にBさんが返金を求めると、“贈与を受けたものだ”と佳代さんは主張。
    小室さんも同様の考えだったそうです」

    Bさんは、その400万円以上のお金は小室さんのICUへの入学金や授業料、留学費用やアナウンススクールの授業料にあてられたと主張しているという。

    「それらの報道を受けて1月25日、宮内庁長官会見で記者から“報道が眞子さまのご縁談に悪い影響を与える可能性は?”という質問が飛びました。
    長官は“答える立場にないし、答える必要もない”と応じましたが、周囲が結婚への影響を案じていたことはたしかです」(前出・皇室記者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00000020-pseven-soci

    眞子さまと小室圭さんの結婚 再来年に延期へ 宮内庁発表
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180206-00000082-jnn-soci


    所長見解:これもしかして・・・
    【【皇室結婚】眞子さまと小室圭さん、婚約関連行事、再来年に延期ってよ・・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ