ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    21日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で大相撲の横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=が前頭8枚目・貴ノ岩(27)=貴乃花=を殴打した暴行事件を特集した。

    t


    番組では横綱審議委員会の委員を取材。
    この委員は今回の事件で貴乃花親方が沈黙していることに「己の目的のために横綱という宝を利用するのはいかんよな」とし、「今の協会を一掃して自分が理事長になろうとしている」とコメントした。

    その上でこの委員は「貴乃花親方をこらしめないとダメだ。今の協会が悪くて現理事を一掃することが正義だと思っている」との見解を示した。
    日馬富士の進退については「やめなくちゃならないかもしれない」とし「これからの世論の流れ次第」と示していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000071-sph-spo


    所長見解:貴乃花を悪者にするようだね・・・
    【【角界闇深】横審委員「横綱という宝を利用する貴乃花をこらしめるべき」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ねえ、祐也さ~ん」

    連れの女性2人が甘えた声で話しかけると、向かいに座った中年男性が言葉を返した。
    そのとたんに起こる笑い声。
    11月中旬の夜。
    都内のバーで目尻を下げていたのは、女優・三田佳子(76)の次男・高橋祐也(37)だ。
    かつて3度の逮捕でマスコミを騒がせたころの面影はすでにない。
    当時より体重が大きく増えたようで、まるで別人のようだった――。

    「実は、高橋さんがまた警察沙汰を起こしたんです。
    交際女性が『暴力を振るわれた』と言って、世田谷区内の交番へと駆け込んだそうで……」(芸能関係者)

    連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の“ばあば”役をはじめ、数々の作品に出演している三田。
    その次男である高橋は、これまで名女優の“不肖の息子”として世間を騒がせてきた。
    そんな高橋が、またもや警察沙汰を起こしたという。

    「事件が起きたのは9月1日のこと。
    交番に駆け込んだのは、なんと元・乃木坂46の大和里菜さんでした。
    警察は当初“民事不介入”として捜査に消極的だったのですが、交際相手が高橋さんだと知って被害届を出させようと本腰を入れました。
    大和さんは『以前も彼にひどく暴行され、アバラを強打したことがあった。
    そのため今回、身の危険を感じて警察にかけこんだ』と証言したそうです。
    医師の診断書をとると、今回のケガは軽症でした。
    ただ、以前殴られたというアバラは骨折していたそうです」(前出・芸能関係者)

    大和里菜(22)は、人気グループ「乃木坂46」の第1期メンバーだった。
    14年10月に週刊文春で“未成年飲酒疑惑”が報じられ、同年12月には乃木坂46メンバーとしての活動を終了。
    その後、15年に芸能活動を再開させていた。

    「大和さんは『高橋さんと会うと車代として3万円くれる』と話していました。
    彼女以外にも、高橋さんの遊び相手となる女の子はいたようです。
    高橋さんは彼女に『都内でバーを経営している』と言っていたそうです。
    実際にそのバーへ行ったこともありますが、こじんまりしたお店。
    とてもその稼ぎだけで豪遊できるとは思えません」(大和の知人)

    冒頭に記した高橋の夜遊び場面は、本誌がこのバーを訪れた際に見たものだ。
    だが後で記者がバーの店員へ「高橋さんと連絡がとりたい」と伝えたところ、「高橋さんは、単なるお客さんです。オーナーではありません」との答えが返ってきた。

    かつては演出家・唐十郎(77)の「劇団唐組」に所属していた高橋。
    03年の退団後も、Vシネマ進出や歌手デビューなど活動の場を広げてきていた。
    しかし3度目の逮捕後は引退発表をすることもなく沈黙を続け、ブログの更新も止まっている。
    いっぽう今回の暴行騒動は、早い段階から大和と高橋の双方が弁護士を立て、示談交渉を始めていたという。

    「暴行騒動で2人の仲も終わっていたのですが、示談交渉が進むにつれてまた連絡を取り合うように。
    最終的には弁護士を外して直接やり取りをするようになりました。
    大和さんは周囲に『示談金は150万円で決着できそう』と漏らしていました」(前出・芸能関係者)

    大和の所属事務所へ確認を求めると、意外な事実がわかった。
    彼女は事件が起きる前の今年8月時点で、事務所を退社していたという。

    「たしかに警察からの問い合わせはありましたが、大和との契約関係はすでに終了しているため弊社はお答えする立場にありません」

    冒頭の目撃した夜、高橋はバーで夜がふけるのも構わず何度もグラスに入ったお酒を飲み干していた――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171121-00010002-jisin-ent

    no title


    所長見解:お騒がせだね・・・
    【【地下室王】三田佳子次男また警察沙汰 元・乃木坂46メンバーへ暴行騒動ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手・女優・モデルとして活躍する西内まりやに関して、衝撃的なニュースが報じられた。
    11月15日発売の「週刊文春」によれば、西内は10月初頭に所属事務所の応接室で、関連会社社長を「平手打ち」。
    さらには「もう我慢できない!」と絶叫し、過呼吸のような状態に陥ったという。

    今年1月クールのフジテレビ系「月9」ドラマ「突然ですが、明日結婚します」で主演を務めた彼女の異変は、業界内でも大きな話題になっている。

    n


    「最近、周囲に『もっと自分の作詞作曲で音楽をやりたい』と漏らしていると聞いていましたが、こういう事態に発展するとは全く想定外でした」と語るのは広告代理店関係者だ。

    「CMの打ち合わせでも自分でアイデアを出すなど、彼女は『一緒に仕事をしやすいタイプ』の人でしたよ」とも証言する同関係者は「よほどフラストレーションを溜め込んでいたんでしょう」と指摘する。

    いったい何が西内をビンタに走らせたのか?
    昨年、彼女が登壇したPRイベントに携わった人物は彼女に“ただならぬ雰囲気”を感じていた。

    「西内さんとはイベントのリハーサルでお会いしたんですが、話しかけても反応が鈍く、スタッフとの意思疎通にも難があったように見えたんです。
    睡眠不足か体調が悪いのではと思っていましたが、今思えば、あの時から内面に異変をきたしていたのかもしれません」(PR会社関係者)

    「ビンタ事件」前から西内の言動に表出していた“異変”。
    ファンにとっては心配な限りである

    http://dailynewsonline.jp/article/1377307/


    所長見解:引退するのかな・・・
    【【重要証言】西内まりや「ビンタ騒動」前から見せていた内面の異変ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    モデルで女優、歌手の西内まりや(23)に突如として暴行騒動が浮上した。
    1月現在、SNSを半年以上も更新せず、開店休業状態に陥っていた西内だが、以前から囁かれていた”芸能界引退”が現実味を帯びてきた。

    n


    16日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じたところによると西内は10月3日、所属事務所「ライジングプロ・ホールディングス」のオフィス内でライジング関連会社の春日隆社長を殴打し、興奮状態で泣き叫びながら応接室を飛び出してきたという。
    春日氏は医師から一ヶ月以上の加療が必要であると診断されるほどの怪我を負い、こうした騒動から約一ヶ月後の10月下旬、西内の代理人から一通の内容証明が送り付けられ、そこには「来年4月以降はライジングとは契約更新をしない旨」が書かれていたようだ。

    「西内の異変は春頃から業界内で囁かれていました。
    1月に出演した『突然ですが、明日結婚します』が、フジの月9史上まれに見る低視聴率を記録するなどメンタル不安が深刻化して、インスタグラムの最後の投稿(5月6日)では『なぜこうも重なるんだと、様々な予測出来ない出来事に戸惑い、落ち込み、投げやりになり押し寄せる壁を押し返し耐えて負けて耐えて力つきてついに心がシュンってなくなってしまうんじゃないかと。
    諦める事は簡単に出来るけどそれでも保とうとそれでも前に進みたいと思えば思うほど小さな事で傷つきやすくて。
    その傷を修復するのには時間がかかる』(原文ママ)と意味深なメッセージを投稿。
    その後、更新が途絶えてしまった。
    それ以後、SNSの更新が途絶えたことを心配し、業界内外で体調悪化説や留学説などが飛び交っていました」(週刊誌記者)

    かつて主演を飾ったドラマ『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)や映画『CUTIE HONEY -TEARS-』の大ゴケに重ね、『突然ですが、明日結婚します』の終盤には嵐・相葉雅紀(34)主演の次作『貴族探偵』ばかりに総力が注ぎ込まれ、西内はまるで捨てゴマ扱いに。
    フジテレビから頭を下げられ、3ヶ月の海外留学を急遽キャンセルしての出演だったにもかかわらず、西内は相当な屈辱を味わっただろうことは想像に難くない。

    西内は現在、表舞台からは姿を消したものの、『女性セブン』(小学館)にスクープされたハーフの長身モデル・呂敏(27)との熱愛が続いている模様で、週刊文春にも自宅マンションの前で2人でいるところを直撃されている。

    「ビンタ事件の際に西内は興奮状態に陥りながら、『もう我慢できない!』『私はアンタたちのためにこんなに頑張っているのに何で認めてくれないの……』と大声で泣き叫んでいたようです。
    恋人の呂敏との一件なのかは不明ですが、両者の間には信頼感が大きく揺らぐようなトラブルが起きていたようで、もはや西内と所属事務所は完全に決裂しそうな雲行き。
    本人のモチベーションの低下も囁かれ、結婚による引退観測も出ている。
    ライジング側は西内の暴力行為を正式に認めており、一歩も引くつもりはない。
    このまま関係がこじれれば、西内は実質的に芸能界からの”永久追放”となるでしょう」(前出・記者)

    西内が主演したドラマのタイトル、“突然ですが、結婚します”を地で行くのか、はたまた別事務所に移籍するのか。
    ゴリ推しが囁かれた、かつての”ライジングの秘蔵っ子”は何を我慢できなかったのか。
    両者の成り行きに注目したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1376447/


    所長見解:もったいないよね・・・
    【【暴力騒動】西内まりや、「もう我慢できない」で芸能界追放ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の横綱日馬富士(33)=伊勢ケ浜=に暴行を受け、頭部などを負傷した貴ノ岩(27)=貴乃花=の診断に関して新事実が明らかになった。
    日本相撲協会は17日、危機管理委員会が診断書を作成した医師に確認した結果、頭蓋底骨折、髄液漏れはあくまで疑いであり、九州場所初日から出場可能な状態であったと発表した。
    師匠の貴乃花親方(45)=元横綱=が聴取で語った休場理由とは大きく食い違う結果に混迷がより一層深まった。
    一方、日馬富士はこの日、東京・両国国技館で鳥取県警から任意の事情聴取を受けた。

    t


    打ち出し後、協会の春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)が報道陣に文書を配布した。
    記されていたのは、貴ノ岩の診断書を作成した医師に危機管理委員会が診断根拠を詳細に確認した調査結果。
    それは事件の根幹にも関わる驚きの内容だった。

    9日付で作成された診断書では「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」で全治2週間とされていた。
    危機管理委員会の調査によると、右中頭蓋底骨折はあくまで疑いに過ぎず、今回の傷害との因果関係は不明だという。
    また髄液漏れは実際に髄液が漏れた事実はなく、今後生じる可能性も極めてまれだとされた。

    さらに全治2週間は受傷した10月26日から11月8日までの期間であり、12日の九州場所初日からの出場に支障がなかったとの言質を得た。
    「重傷」の報道には、診断した医師自身が驚いていることも公表された。

    暴行事件が発覚した14日、協会から事情聴取された際に師匠の貴乃花親方は「(貴ノ岩は)ビール瓶で殴られた。頭が割れている。相撲を取る状況じゃない」と説明していたが、大きな食い違いがある。
    この日、都内の両国国技館で鳥取県警から任意の事情聴取を受けた日馬富士の進退に関わる協会の処分にも、影響を与えかねない内容だ。

    協会は事件への対応の遅れを指摘されてきたが、春日野部長は「危機管理委員会は動きだしている。診断書の有無があり、調査をしたらこういう結果になった。
    病院もビックリしている。診断書はこれが最終的なものと理解して欲しい。
    分からなかったことを一つ一つつぶしていかないと」と力強く言い切った。

    被害届を提出した貴乃花親方への痛烈な“反論文書”。
    同親方を再聴取することに春日野部長は「調査の段階だし、すべてが終わってから」と警察の捜査とも連動しながら見極めていく方針も示した。

    来春には2年に1度の理事長選が控える。
    一連の貴乃花親方の立ち回りは、前回敗れた選挙をにらんだものと見る向きも協会内にはある。
    同親方は沈黙を貫くが、行動には謎が深まるばかり。
    自らの口で反論しなければ、立場は苦しくなる

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000001-dal-fight


    所長見解:なんかややこしそうだね・・・
    【【不可解謎】貴乃花親方なぜだ…深まる混迷 診断書作成の医師反論ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ