トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    創立50周年の節目に、大手芸能事務所「オスカー」が揺れている。

    創業者の娘婿が獅子身中の虫として君臨、社員が約3割も遁走した。

    看板女優・米倉涼子の訴えは届かず、退所を選ぶことになった。

    上戸彩、武井咲がこれに続き、帝国は崩壊の一途を辿っている。


    g


    所属タレントは6500名。

    ギネスブックもビックリの巨大な芸能事務所「オスカープロモーション」は、福岡出身の古賀誠一氏(80)が天理高校を卒業後、タレント事務所勤務などを経て、一代で築き上げたものだ。

     
    ゴクミこと後藤久美子の成功を足掛かりに、「第二のゴクミを探せ」をコンセプトにして全日本国民的美少女コンテストを立ち上げ、そこから米倉涼子、上戸彩、武井咲(えみ)らが輩出してきた。

     
    東京・表参道の本社にも、ゴクミ、米倉、上戸、菊川怜、武井、剛力彩芽……の順にポートレイトが飾られている。

    現在の貢献度ならゴクミはそこから外れてしかるべきだし、ZOZO・前澤友作前社長との恋愛で仕事がほぼゼロ状態だった剛力もまたしかりなのだが、令和の時代にあって、過去の貢献も忘れず、序列を重んじる昭和の緩やかな空気が漂っている。

     
    もちろんそれはひとえに古賀氏の愛情ゆえのことで、経済合理性に左右されない生き方の表れと言えるのかもしれない。

    他方、彼らタレント、そして彼らを支えるスタッフは「古賀組」を自任し、「古賀教」を奉じる者たちであり、“古賀さんのためなら”とひと肌もふた肌も脱いできた。

    「ドクターX」シリーズで当代一の女優となった米倉も古賀組であり古賀教の信者だが、そんな彼女はある大物俳優に、

    「古賀さんが社長でなくなるなら、私オスカーを辞めますから」

    などと告げ、かねてより不退転の決意を表明していたという。

    昨年末には、剛力、武井と共に「オスカー3人娘」として事務所が猛プッシュしてきた忽那汐里(くつなしおり)が退所。

    そしてこの3月にもタレントの岡田結実(ゆい)、韓国出身の人気モデル・ヨンアが事務所を辞めることが発表されているが、「米倉退所」はそれらを遥かに凌駕するインパクトだ。


    同社の関係者に聞くと、

    「そんなふうに言いましたか……。
    古賀社長に育ててもらったことを大変恩義に感じている米倉が離脱となれば、上戸、武井も同じ気持ちですから、米倉に続く可能性は高いと思いますね」

     
    米倉の怒りの源は何なのか。

    異変はすでに数年前から起こっていた。

    「ここ3年で毎年15人ほどの社員が辞めています。
    この3月と4月にも、役付きで屋台骨の『20年選手』3人が退社の見込み。
    理由は古賀氏の娘婿のパワハラとされている。
    彼ら社員はみな古賀氏率いるオスカーを愛してきたけれど、そうではなくなりつつある現実を悲観し、辞めていくんです」(同)

     
    160人ほどいたオスカーの社員の約3割が退社とは穏やかではない。

    櫛の歯が欠けたように、とはまさにこのことだ。

     
    娘婿とは専務の堀和顯(かずあき)氏(49)を指し、古賀氏の長女でオスカー常務・幸子氏の夫に当たる。

    ちなみに次女は女優の久我陽子だ。

    「目黒区内の小中学校でふたりは同級生でした。
    同窓会か何かで再会して意気投合。
    共に酒が好きで量も飲む。
    良縁に恵まれなかった幸子さんは入れこんでしまった。
    それまで和顯さんは、IT企業のコールセンターでバイトのまとめ役をしていたとか、タクシードライバーやバイク便の配達員をやっていたなどと聞きましたけど……。
    結婚は12年目で、結婚の翌年に役員としてオスカーに入社。
    初めにデジタル・企画制作部門を担当し、その後に宣伝も担務として追加、2年前の夏から財務も担う専務になっています」(同)

     
    所属タレントやスタッフに注がれる古賀氏の愛はむろん、娘に対してはそれ以上のもので、溺愛という言葉がふさわしいかもしれない。

    ある大手芸能事務所幹部は、オスカーのゴタゴタは今や業界の常識と断ったうえで、こう総括する。

    「要するに、古賀氏が娘可愛さに娘の言うことを鵜呑みにしてしまい、娘婿を取り立てた。その結果、幹部を含めた古参の社員たちが娘婿に反発し、大量に辞めていっているのが真相です」

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    週刊新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/04060559/?all=1

    ▼写真
    https://www.dailyshincho.com/wp-content/uploads/2020/04/2004011135.jpg

    所長見解:いろいろあんねやね・・・

    【【巨大芸能事務所】オスカープロモーション、なんかいろいろヤバい説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ドンキホーテがお気持ち表明。

    日本人は店員に質問しまくりの馬鹿だった!


    no title

    所長見解:やな・・・

    【【悲報】ドンキホーテさん、激怒の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    t


    玉川徹『政府の中枢がPCR検査をしないように画策してる』

    田崎『ソースは?』

    玉川『…それは言えない』



    ※動画がコチラ

    1:15.30~


    モーニングショーがやっと死者数の少なさに気づいた


    今日の羽鳥モーニングショーは、政府に対して、文句文句文句、文句のオンパレードで本当に五月蠅かった。

    よく年寄りは、あんな文句番組を見ていられるなあ。


    わしが見るのはあの番組が最もコロナヒステリーが進行していて、大衆の不安を煽るアジテーターの
    役割りを果たしているからだ。

    ヒトラーが五月蠅いからといって、チェックせずに放っておいたら、
    ユダヤ人を収容所に送り込む集団殺人国家になっていたという歴史に学ばなければならない。

    コロナ陽性を検査で炙り出して隔離しろという考えも、ユダヤ人を炙り出して隔離しろという考えにそっくりだから驚く。



    番組の最後でようやくコロナの「死者数」が他国に比べて抑えられているという事実に、山口真由が着目したが、それに玉川徹が奇妙な反論をしかけたところで番組が終わってしまった。


    実はこの番組、徹底的に「感染者」の増加のみをクローズアップして恐怖を煽り、視聴率を上げてきた。

    「死者数」に注目させたら、途端に破綻してしまうからだ。



    玉川が言おうとしたのは陰謀論である。

    毎年、肺炎で10万人も死んでいるから、その中に
    コロナ感染者が含まれているはずだという根拠なき陰謀論である。

    他国に比べての日本のコロナ「死者数」の少なさは、驚異的だからだ。


    だからアメリカも玉川も「日本の検査数が少ないから」と言うのだが、それでは「死者数」の少なさを説明できない。



    検査はしてもしなくても、感染者は増え続けるのであって、感染経路は追えるはずがなく、結果として
    インフルエンザの感染者数・1000万人まで増えても何ら不思議ではない。

    問題は「死者数」なのだ。


    イタリアもアメリカも、日本人(アジア人)をコロナで差別していたのはつい数週間前だ。


    コロナ感染は日本が先行している。日本が先行していて、アメリカが遅れて感染が始まり、

    あっという間に日本の「感染者数」も「死者数」も抜き去っていったのだ。

    所長見解:もうな・・・

    【【モーニングショー】玉川徹『政府の中枢がPCR検査をしないように画策してる』 → 田崎『ソースは?』 → 玉川『…それは言えない』wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    世界のマスク市場が「無法化」、米の買い占めに各国が懸念も

    [パリ/ベルリン 3日 ロイター] 

    新型コロナウイルスに対応する医療従事者を守るためのマスクを確保する動きが世界中で加速しており、マスク市場は「ワイルド・ウエスト」(無法で粗野な米国開拓時代)と化している。

    米国が既に契約を結んだ他国よりも高い価格を払って買い占めるケースも見られている。


    m


    フランスとドイツの高官によると、米国はマスクの世界最大生産国である中国に市場価格を大幅に上回る値段を払っている。

    既に契約を結んだ欧州の国から契約を奪い取ることもあるという。

    ドイツのメルケル首相が率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の幹部は、ロイターに対して「お金は問題でない。米国は必死だ。どんな値段でも払う」と話した。


    新型ウイルスは昨年中国で初めて発生して以降、パンデミック(世界的大流行)と化した。

    欧州や南北アメリカ、その他の地域で各政府が必死に医療従事者や介護施設の従業員、国民の防護製品を確保しようとしている。

    世界の感染件数は100万人を突破。

    米国では感染が急増しており、貴重な防具の在庫を巡る競争は激化している。


    米国土安全保障省(DHS)の当局者は今週、米企業と米政府は国外から調達する防護具について、市場価格以上の値段を払っているとロイターに匿名で発言。

    米当局者は「あり余るまで買い続ける」とし、8月まで海外からの調達は続くかもしれないと述べた。


    フランスでも3つの地方政府のトップが同じような見解を示した。

    仏東部グランテスト地域圏の幹部は、マスク確保のために絶えず闘っていると指摘。

    直前で引き渡しの取り決めが変わると話し、「米国人は飛行場の滑走路で現金を出し、われわれの提示額の3倍、4倍を支払う」と懸念を示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-00000014-reut-cn 



    所長見解:そうなるわな・・・

    【【アメリカ買い占めでマスク戦争勃発】日本さん、やはり当面マスクは手に入らない模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が1日、YouTubeチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」を更新。

    人気YouTuberの「ヒカル」とともに雑誌にて「セレブ米」を買い占めたとして一部報道された件について「普通の買い物やったんやけど」と釈明した。


    高級米8キロを買い溜めたとの報道を受け、宮迫は「大学生の息子もいる家族3人で8キロって少ないから……」と話し、「世間一般の方がお米を買うときって10キロ」と、8キロはむしろ少ないと話し、いつも通りの買い物であったことを主張した。

    さらに1キロ700円との報道もあったが「普通の『あきたこまち』です」と銘柄を公表し報道を真っ向から否定した。

    「こんな落ちきった人間をまだ落としたいって俺なんかした?」と納得のいかない宮迫は動画内で、報道した雑誌の出版社から貰った手紙内に記されていた電話番号へ発信。


    出版社側へ「記事見させてもらったんですけど大分語弊があると思うんです……」と電話口で直接の“徹底口論”を行っている。

    約15分に及ぶ“口論”の末、「もっとすごい納得されることを言われるのかと思ってた」、「ただただ気分が悪かった」と煮え切らない様子だった。


    no title


    動画
    https://youtu.be/7hK56GUuYA4


    https://encount.press/archives/36138/ 

    所長見解:もうな・・・

    【【買占め騒動】宮迫博之さん「こんな落ちきった人間をまだ落としたいって俺なんかした?」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ