トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    先週発売号で、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也の仲介による闇営業の実態を報じた「フライデー」(講談社)だが、発売中の今週号でも闇営業をこなしていた新たな芸人を実名で報じている。

    同誌の先週号では、2015年に男女計40人が逮捕された振り込め詐欺グループが14年末に催した忘年会に入江を始め、入江の仲介で雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成らが出席していたことを報じ、騒動に発展した。

    今週号では、その忘年会の約半年前に行われた首謀者の誕生会での闇営業を写真とともに報道。

    入江の仲介でムーディ勝山、お笑いコンビ・天津の木村卓寛、くまだまさしらが出席し、ネタを披露していたという。

    「もっと強力なネタの続報が期待されていたが、ネームバリューがいまいちな芸人ばかり。宮迫らに比べてインパクトは弱かった」(芸能記者)

    入江の仲介で闇営業をこなしていたのは、入江が6月4日付で契約を解除された吉本興業の芸人ばかりかと思われた、実はそうではなかったという。

    「先週号の写真が解析され、すでにネット上では拡散しているが、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ・ザブングルも出席して芸を披露していた。
    ところが、『フライデー』は実名を出さず。
    その理由について様々な憶測が飛び交っている」(同)

    そして、気になる実名報道がなかった理由なのだが…。

    「以前は売れていたが、今はすっかり勢いがなくなったのが大きいし、所属事務所との関係が悪化するのを避けたようです。
    とはいえ、当然、事務所も把握しているので、今後、ザブングルは干されることになりそう」(出版業界関係者)


    h



    闇営業が発覚した“罪”は重いようだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/16621139/

    所長見解:名前出ないよね・・・

    【【闇営業問題】関係者「今後、ザブングルは干されることになりそう」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ メドベージェワに“不幸の手紙”を送ったのは羽生結弦ファン!?  マスコミが一切報じない“ゆづタブー”が発動中か!?

    「この件に関しては、どのメディアも踏み込んだ報道は控えています。
    羽生結弦選手がらみの可能性があるからです」。

    “ゆづタブー”の発動をほのめかすのはテレビ関係者だ。

    f


    先日、日本のアイスショーに出演したフィギュアスケート女子平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワが、中傷の手紙を受け取っていたことが判明した。

    その中身がまた強烈だ。

    同じくアイスショーに参加したジョニー・ウィアー氏が手紙の内容をツイッターなどに投稿。

    そこにはこう書かれている。

    「DEVIL(悪魔) 日本から出て行け。
    日本でお前の顔を見たいと思っている人はいない。
    日本人はみんながお前を嫌っている。
    ロシアに帰れ!
    日本から出て行け!」

    ウィアー氏は「私たちのスケート仲間の一人が今日、〝ファン〟からこのメッセージを受け取りました。
    長くフィギュアスケートに携わる者として、この振る舞いは受け入れられるものではない。選手すべてのファンにはならなくても、選手全員を尊重しなければいけない」と怒りのコメント。

    当のメドベージェワはインスタグラムのストーリーズ機能を更新し「サポートと優しい言葉をありがとう。
    私は全然気にしてないわ。
    この手紙は私を傷つけるものではなかった。
    こんなことは1度や、2度、3度目でもない。
    今日のショーは関係なく素晴らしかった。
    楽しんでくれることを願っています。
    PSジョニー・ウィアーのような最高の友達は私にはもったいないわ。
    大好きです」とつづった。


    気になるのは手紙を送り付けた犯人。

    下世話なマスコミのことだから、こぞって犯人探しするかと思いきや…。

    現時点で送り主に関する報道はゼロ。

    〝らしくない〟のはナゼか? 週刊誌記者が声を潜めて語る。

    「マスコミはうすうす気付いているはずです。
    羽生(結弦)ファンが怪しいということを…。
    メドベージェワは羽生ファンを公言し、一部で密着ツーショット写真が流出したこともある。
    これが羽生ファンを刺激したことは言うまでもありません。
    ただ、怪しいとわかっていても、記事で匂わすことすらできないのが現状です」


    理由の1つは羽生ファンを敵に回すことのリスクだ。

    別の週刊誌記者によると「この業界では『浅田麻央と羽生結弦には手を出すな』という不文律があるんです。
    ともに熱狂的なファンがいて、わずかでもネガティブに報じれば、編集部に抗議電話が殺到します。
    対応していると仕事にならないので、いつしかマイナスな話はスルーするようになったのです」という。

     昨年7月には、歌手の斎藤和義が仙台公演のMCで羽生と下ネタを絡めた〝妄想トーク〟を展開。

    これにブチ切れた羽生ファンが猛抗議した結果、公式ホームページで「この度、弊社所属の斉藤和義が羽生結弦さんのイメージを損なうような話をしてしまい、ご本人またファンの方々に不快な思いをさせてしまった事をお詫び致します」と謝罪するハメになった。


    2つ目の理由は、日本スケート連盟と羽生の関係性だ。

    本来ならば、率先して〝犯人確保〟に動かなければならない連盟が、〝羽生案件〟となると急に及び腰になるのだ。


    スポーツ紙記者の話。

    「いまや羽生の方が連盟よりも立場は上。
    ここ数年、羽生は出場大会を絞って、五輪や世界選手権など、実績になる大会にしか出ようとしないが、そんなことがまかり通るのは、彼だけですよ。
    連盟は彼の機嫌を損ねないよう、細心の注意を払っている。
    今回の中傷問題でも御用マスコミには裏で『羽生と絡める報道はしないように』とお達しがあったとか。
    破れば今後の取材拒否などのペナルティーが課される可能性もあった」

    4月にはネット上で羽生を誹謗中傷する記事作成の募集あったと話題になったが、連盟は「取り得る必要な措置を講じていきたい」と即座に反応。

    メドベージェワの時とはえらい違いだ。

    そう考えると、結局うやむやのまま幕引きとなりそうだ。


    https://tocana.jp/2019/06/post_99349_entry.html

    所長見解:どうなんやろね・・・
    【【闇深】フィギュアスケート・メドベージェワの「不幸の手紙」問題をマスコミが一切報じない理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ボーカリスト兼ギタリストの桜井は、CD総売上枚数6000万枚を誇るミスチルの楽曲のほとんどを作詞・作曲している。
     
    「引っ越しの際、ご本人が奥さんと子供たちを連れて、近所に挨拶に回っていました。
    さすが大物アーティストだと思ったのは、千疋屋のメロンを手土産に持ってきたこと。
    でも、複数の近隣の方が受け取りを拒否したそうです」(近所住民)

    東京・世田谷区のとある高級住宅街。

    この地に豪邸を建てたにもかかわらず、近隣住民にメロンを受け取ってもらえなかったのは、ミスチルこと『Mr.Children』の桜井和寿(49)である。

    昨年夏に完成した新居は地上2階地下1階、敷地は約226坪で、延べ床面積は約260坪。

    スタジオが完備された地下室も約90坪ある。

    m


    「土地の坪単価は250万円ほど、上物の建築費用は坪200万円ほどだと推定できます。
    土地と建物を合わせて、総工費は10億円以上でしょう」
    (地元不動産業者)

    この邸宅に隣接する住民は複雑な気持ちでいるという。

    周辺を取材すると、こんな不満が聞こえてきた。

    「工期は説明もなく延期され、コンクリートを大量に使っていたからか、騒音が酷かった」

    「2階の屋上部分に目隠しとして、高さ2mほどの白壁の囲いがあります。おかげで周囲の家は日当たりや風通しが悪くなったんですよ」

    「外壁の高さが5mもあり、日の光が遮られてしまうんです。周りの草木が枯れてしまいます」

    工事期間中には住民グループが工事現場に行き、担当者に書面を渡して抗議したそうだ。

    「5回ほど抗議しましたが、担当者は『桜井さんに伝えておきます』の一点張りでした。
    挨拶に来た桜井さんにも問い質しましたが、『もう建ててしまったので……』と。
    ご本人は低姿勢で丁寧に対応していただきましたが、いまも納得はいっていません」(前出とは別の近所住民)

    桜井の所属事務所はこう回答する。

    「近隣の方々からご意見をいただいたことはありますが、個別に説明してきちんと対応し、良好な関係を築いております」

    6月14日発売のFRIDAY最新号では、桜井邸の写真を掲載。

    近隣住民の抗議内容を詳しく報じている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16616360/

    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/3/e3b67_1643_ceb51f21ff77eca8137dd24eef2174fe.jpg
    所長見解:高いな・・・

    【【ミスチル】「Mr.Children」桜井さんが地元住民とトラブルの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    猫組長 (@nekokumicho)さんが1:56 午後 on 火, 6月 11, 2019にツイートしました。


    画像①


    https://twitter.com/nekokumicho/status/1138308990285127680?s=03

    所長見解:証拠には・・・
    【【証拠画像】「入江10万 宮迫100万 亮100万」←アウトwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    実は、入江の2か月ほど前にも、「ラブ注入!」のギャグで一世を風靡した芸人・楽しんごが吉本を退社していた。

    t


    ユーチューバー活動に本腰を入れるためと、当時は報じられていたが、どうやら彼も闇営業が原因での契約解除だったらしい。

    「‘18年から渋谷りゅうきさんと『おいなりさん』というコンビを結成しているのですが、全国を飛び回って闇営業をしていたようです」
    (テレビ局関係者)

    その中には、交渉段階で事件になりかけた危険なものもあった。

    「ペットが集まる2日間のイベントの営業だったそうなのですが、運営側は楽しんごさんに“もしかしたら無しになるかもしれない”と、あくまで仮でのオファーをしていたそうなんです。
    結果的に、スポンサーなどの判断もあり無しになってしまったんですが、それを伝えると彼の態度が一変。
    “その仕事のために、ほかの仕事のオファーを断っていたので、営業補償を払え”と、強引に迫ってきたんだとか」(同・テレビ局関係者)

    この恐喝まがいの言動は、運営側を中心に大問題となり、当時の所属事務所だった吉本の耳にも届くことに。

    「あわや刑事事件という問題を起こした上に、その話は事務所を通していない闇営業ということもわかってしまった。
    契約解除は自然な流れだったようですね。
    相方の渋谷さんは言われるがままに動いていただけなので、吉本に残ってもいいと言われたそうですが、楽しんごさんに“一緒に辞めよう”と強引に押し切られ、吉本を去っていきました」(同・テレビ局関係者)

    手軽に現金が手に入る闇営業だけど、バレたら芸人生命はオシマイ。

    そのリスクを今一度、考えたほうがいいのかも……。


    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00015325-jprime-ent

    所長見解:あれやもんね・・・

    【【悲報】楽しんごさんも闇営業で吉本をクビってよwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ