ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    早急な謝罪も時すでに遅し!?

    自身の姉が勤務するタピオカ店のオーナーとの間でトラブルが起こっていたことを10月6日にインスタグラムにて明かしていた木下優樹菜。

    木下によると、木下がインスタにて同店を宣伝したことにオーナーが怒ってしまい、姉は給料をもらえずに人間不信になってしまったということだった。


    しかし、今度はオーナー側と見られる人物がツイッターにて、木下がオーナーへ送ったとみられるインスタグラムのダイレクトメッセージのスクリーンショットを公開して反論。

    そのやりとりで木下は姉の名前を出して、その「妹だけど」と名乗ると、弁護士を立てての法的措置も考えているなど、自身が思う不満を存分にぶつけ、姉のために戦っている様子が分かる。


    k


    しかし、〈いい年こいたばばあ〉〈覚悟決めて認めなちゃい おばたん〉などといった、芸能人とは思えない汚い言葉遣いに加え、〈こっちも事務所総出でやりますね〉という恫喝的なワードが見られている。

    やりとりをさらされたことで、木下は9日にインスタにて〈この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした〉と謝罪した。


    しかし、姉のためとはいえ、あまりに衝撃的な文面を送りつけていた木下に世間からは

    「いやいや、あなたもおばたんだよ。しかも相当幼稚な…」

    「相変わらず汚い言葉遣いですね。どこの中学生だよ」

    「この人の口が悪いのがキャラでないことはわかった」

    などと批判が殺到。

    炎上状態となっている。


    「オーナー側は給料の未払いなどについてはすでに振り込んでいたなど、木下の主張と食い違う部分があり、こちらはどちらが正しかったのかは一概に判断できません。
    しかし、文句があったとしても、芸能人という立場を考えれば、もう少し言葉を選び、冷静に対処する必要があったでしょう。
    また、木下は過去のバラエティ番組で自身の娘たちを『コイツら』と呼んでいたこともありましたし、インスタにて、夫の藤本敏史のことを愛してあげて、といったメッセージを送ったファンに対しても《まだ 愛 てやつをちゃんと知らなそうなおこちゃまには言われたくないわ!黙れ》と返答したこともありましたから、今回の『おばたん』発言が飛び出すのも納得です。
    今後こういったトラブルを起こさないためにも日頃から言葉遣いには気を付けてほしいところ」(エンタメ誌ライター)


    とにもかくにも今後の活動に支障をきたすことは間違いなさそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17236446/

    所長見解:あれやね・・・

    【【タピオカ騒動】木下優樹菜さん「黙れ」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月11日の「東スポWeb」が、木下優樹菜と実姉が勤務していたタピオカドリンク店とのトラブルについて報じた。

    木下はタピオカ店関係者に対し、恫喝めいたダイレクトメッセージを送っていたという。

    「木下は6日、姉のYがタピオカ店から給料をもらえておらず、窃盗の犯人のような扱いをされたとインスタで告発。
    しかし、東スポがタピオカ店関係者を取材したところ、給料は振り込んでおり、窃盗に関しても店から物がなくなったことで、警察の指導で合鍵を持っているYに確認しただけと説明しました。
    にもかかわらず、木下から《出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》《覚悟決めて認めなちゃい。おばたん》といった一方的な恫喝メールが届き、営業妨害もされたため、法的処置を考えていると明かしました」(芸能記者)


    この問題はネット上を大きく騒がせており、「口が悪すぎる」「もう子供の好きな『モニタリング』(TBS系)とかにも絶対出ないでください」と非難が殺到している。


    y


    そんな木下は過去、テレビ番組の収録中にもキレる場面が何度もあったという。

    「16年放送のバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、芸人がイヤホンでグラドルの言動を操るというドッキリ企画でのこと。
    その際、ドッキリだと知らない木下は、グラドルに対し『必死なのはわかるんですけど、もうちょっと空気っていうものを読んだほうがいいかな』と、凄む場面が話題に。
    また、13年放送のバラエティ番組『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)では、クイズ回答者のはいだしょうこに対し、『書くの遅いっすけど』と感情を露わにし、泣かせてしまったこともあります。
    さらに、街で夫のFUJIWARA・藤本敏史に絡んできた一般人には『お前こそ誰だよ! 誰に向かって言ってんだよ!』『次やったらマジで許さねぇからな!』と、大声で激怒したエピソードなどもテレビで明かしており、彼女がキレるのは日常茶飯事だったのでしょう」(テレビ誌記者)


    木下は10月9日に、〈この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした〉と、インスタでタピオカ店側に謝罪した。

    が、これにも、自身の「恫喝メール」をタピオカ店の関係者がツイッターで公開し木下に批判が集まったため、あわてて謝罪したのではないかという声も少なくない。

    木下は元ヤンキーだったこともあり、一度頭に血が上ったら誰にも手がつけられない状況になるのかもしれない。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17233897/

    所長見解:怖いね・・・

    【【これはヤバい】木下優樹菜のブチギレ癖がコチラwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    所長見解:これは・・・

    【【悲報】武蔵小杉の例のタワマン住民の掲示板が修羅場の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜、活動休止免れず…事務所が解雇も選択肢か、「事務所総出でやります」と恫喝


    タレントの木下優樹菜が窮地に陥っている。 

    事の発端は、タレントの木下優樹菜が、自身の姉が働く7月にオープンしたタピオカドリンク店を、木下がInstagramで宣伝したことだった。

    店の女性オーナーがこの木下の行動をよく思わなかった模様で、木下は今月6日、インスタに次のように投稿した。 

    「お姉ちゃんは、一緒にやっていた方に、裏切りのような行動などをされてしまい、しまいには、わたしが、ぜひ来てくださいねって、インスタで、宣伝した事がよほど ご迷惑だったらしく、、ご機嫌がよろしくなくて、お姉ちゃんがキレられてしまったり、しまいには、給料もちゃんともらえず、、給料明細までもらえず、、、人間不信のようになってしまぃました」 

     
    家族思いの木下が、“被害者”である姉が店のオーナーから受けた仕打ちを告発したことで事態は収まるかと思いきや、オーナーの関係者と思われる人物が、木下がオーナーにTwitterのDMで送ったとされる以下の文面が公開され、今度は木下が批判を浴びるところとなったのだ。 


    「インスタで宣伝したのが気に食わねえだの色々言われてたみたいだけどさー」 

    「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 

    「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うし ばかばかしいんだけどさー 
    嘘ついちゃって、あとひけなくて、 焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ」 

    「んで、給料明細出すの常識な。色々頭悪すぎな」 

    「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー  もーさ、やめなあ?  覚悟決めて認めなちゃい おばたん」 

    「んでさーいい大人がさー  LINEスルーとかやめよーよー」 


    y



    事務所を持ち出した代償 

    今回の木下の行動について、弁護士法人ALG&Associates執行役員の山岸純弁護士は「脅迫罪が成立する可能性はゼロではありません」と指摘するが、スポーツ紙記者はいう。 

    「木下は所属事務所からこっぴどく怒られたみたいです。
    木下が店のオーナーに送ったDMには『事務所総出でやりますね』という記述があり、事務所からすれば木下の個人的なトラブルに勝手に名前を使われて、まるで事務所が日頃から恫喝まがいな方法を使っているように世間から思われかねない。
    木下一人の問題ではなく、会社全体のスキャンダルに発展しかねず、しっかり謝罪させたのでしょう。 

    これまでは“口は悪くておバカでも良妻賢母”というキャラクターが受けて、ママタレとして育児本も出版するほどでしたが、今回のスキャンダルはかなりの痛手です。
    事実上、木下のタレント人生はこれで終わり。
    あとは夫のフジモンにがんばってもらうしかありません」 

    また、テレビ局関係者はいう。 

    「元ヤンキーキャラの一方で裏表のない言動で好感度も高く、木下自身も“ブサイク”と評するお笑いタレントの藤本敏史(FUJIWARA)と結婚し、2人の子どもを育てるママタレとしも人気がありました。
    それだけに、今回公けになった恫喝DMの文面はシャレにならないレベルで、局の間では、木下が映る映像はカットするなり、使用を見合わせる動きが出ています。
    今後テレビのみならず雑誌などにも出ることは厳しいでしょう」 


    https://biz-journal.jp/2019/10/post_123270_entry.html 


    店側に木下優樹菜公式アカウントが送った脅迫DM

    no title

    no title

    no title


    他参考

    「ゆきなのお姉ちゃん さやかがオープンしました」

    no title

    「姉よ。おめでとうよ。」と夫婦名義で花束

    no title

    所長見解:ちょっとね・・・

    【【タピオカ騒動】木下優樹菜さん、事務所解雇で引退も・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの木下優樹菜が10月9日、自身のインスタグラムを更新。

    実姉が働いていたタピオカドリンク屋に対する不適切発言で謝罪をしたのだが、一向に炎上が収まる気配がないさなか、木下の親友であるタレントの鈴木紗理奈にまで飛び火してしまったようだ。

    コトの発端は、木下が6日に《お姉ちゃんは、一緒にやっていた方に、裏切りのような行動などをされて》などと、実姉が働いていたタピオカドリンク屋のオーナーとの〝トラブル〟を暴露したこと。

    ファンに《もうお店には行かなくて大丈夫です》などと呼び掛け、徹底的に店が〝悪〟だと主張していた。

    「すると翌日、店の関係者と思われるツイッターユーザーが出現。
    木下の主張を次々論破した上、木下から受け取ったとされるダイレクトメッセージのスクリーンショットを公開。
    そこには『これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね』『いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思う』などと、恐喝めいたメッセージや罵倒の数々がありました」(芸能記者)


    これを受けて木下は9日、インスタグラムで、

    《私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います》

    《今後は自分の芸能人という立場をしっかりと考え、発言には十分注意していきたい》

    などと、謝罪する事態になった。


    s


    ■能天気な擁護に炎上が飛び火


    すると、木下の謝罪文投稿に対して、木下の親友である鈴木は、


    《反省して、また次! みんな応援してるよーー!(ハートマーク)》

    と〝擁護〟コメントを投稿。

    しかし、木下の暴言は恐喝に近い犯罪スレスレ的なものであったことから、

    《これ擁護した鈴木紗理奈って何考えてんの?》

    《何より鈴木紗理奈好きだったのに、ハートマーク付き能天気なコメントしててガッカリした》

    《えー、鈴木紗理奈好きだったのに同レベルなのかぁ》

    《鈴木紗理奈がコメントで次!とかハートとか状況判断できてなくて草 芸能界こわたん》

    《木下優樹菜を応援する鈴木紗理奈にも矛先が向いてるの見て、身を呈してかばっているようにも見えるけど貫通してるように見える》

    などと、すっかり鈴木にも飛び火してしまったようだ。


    新井浩文容疑者が強制性交の疑いで逮捕された際、ムロツヨシが擁護して大炎上していたが…。

    人はナゼ、同じような過ちを繰り返してしまうのだろうか。


    https://myjitsu.jp/archives/96874

    所長見解:あらら・・・
    【【タピオカ騒動】鈴木紗理奈、木下優樹菜を擁護した結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ