ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ディナーショー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    インスタグラムに、〈みんな元気でね! ばいばーい!〉と華原朋美(44)が投稿したのは今年7月。
    SNSも閉鎖し、完全に表舞台から姿を消した。
    早い話、いまは一切、活動していない状態だ。
    なのに、12月にディナーショーが入っている。大丈夫なの? 

    k


    テレビの露出が少なかろうと、値段が高かろうと構わない。
    聖子ちゃんや郷ひろみ、演歌の大御所といった面々のディナーショーは、すぐに満員御礼となる。
    が、華原朋美のディナーショーはちっとも売れていない。

    「このまま引退かと思われている彼女の“復活のステージ”になるはずなんですけど……」

    と、さる芸能プロダクションの関係者が呟く。

    「12月11日、東京は目白の椿山荘で開かれる、『華原朋美クリスマスディナーショー2018』が売れていないんです。
    チケット予約は9月15日に始まっているのに、まだ半分も席が埋まっていないようでして」

    料金は3万2千円。
    参考までに、同じ会場で近い日どりのディナーショーを挙げると、氷川きよしと秋川雅史が4万円、稲垣潤一は3万4千円、松崎しげる3万3千円となっている。
    ベテラン勢に並ぶ華原朋美の値段がべらぼうかどうかは措くとしても、気になるのは、彼女のコンディションである。
    活動休止状態なのに、ステージをこなせるのだろうか。


    キャンセルなら違約金

    芸能プロ関係者は、こうも明かす。

    「彼女はSNSを閉じて以来、かなり太っちゃって顔もパンパンです。
    それもこれも、自堕落な生活が原因。
    外出といえば、昼過ぎに犬の散歩をすることと、家の近くの大通りで流しのタクシーを拾ってパチンコ屋に行くぐらいなんです」

    なぜそんな暮らしぶりかというと、

    「発端は『フライデー』です。
    インスタ投稿の10日ほど前の号で、大手不動産会社の飯田グループホールディングス会長との逢瀬を撮られました。
    華原が過去に出ていた番組やコンサートのスポンサーが飯田グループだったことで、業界からの印象も悪くなった。
    華原は、所属事務所からこっぴどく怒られ、SNS閉鎖へとつながったのです」

    そして8月。
    女性誌の直撃取材に応じた華原は、事務所との軋轢を認めて“引退を考えています”とコメント。
    このときには、体重増加もだいぶ進んでいた。

    別の芸能プロ関係者の話。

    「華原さんはいま、とてもじゃないけれど歌える状態ではありません。
    クリスマスディナーショーも、所属事務所が1年前から会場を押さえていたから開催の方向で進んでいるだけ。
    ディナーショーをキャンセルするなら違約金を払ってもらうと事務所から言われ、彼女も渋々やると言っているようですが、開催されるなら、ぶっつけ本番に近い形になるでしょうね」

    実際のところはどうなのか。
    所属事務所に訊ねると、引退を否定したうえで、

    「お互いの意見を話し合い、信頼関係をもって仕事をしております。
    今年も例年通り椿山荘でのディナーショーを開催させていただく予定です」

    と語る。華原の親族は、

    「これまでもいろいろあって、引退かも、となったこともありました。
    でも、そうはならなかったので、今回も大丈夫だと思っていますよ。
    ディナーショーも、あるのは知っていますが仕事の話は分かりません」

    ディナーショーまであとひと月少々。
    体重と体調は、間に合うか。
    当人はパチンコ屋で沈思黙考、悩んでいる最中かもしれない。


    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181113-00551477-shincho-ent


    所長見解:またか・・・

    【【これは太い】華原朋美の現在がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    X JAPAN・YOSHIKIの“ディナーショー”が好調だ。
    開催5周年を迎えた今年は、ディナーショー公演に予約が殺到したため、朝に開催する「ブレックファーストショー」3公演を急きょ追加したほど。
    だが、そもそもYOSHIKI自体、“THEロックスター”的なイメージが強く、ディナーショーと言えば“大御所ベテラン歌手”、参加者も“年配の富裕層”という一般的なイメージとは真逆。
    最近のディナーショーは、ひと昔前と比べると多様化しており、タレント色の強いプレミアムな“ライブイベント”と化している傾向にある。


    ■ロックスターYOSHIKIのディナーショーが絶好調、ディナーショーが再評価

    YOSHIKIのディナーショーは、正式名称が「EVENING WITH YOSHIKI 2018 IN TOKYO JAPAN 4DAYS 5TH YEAR ANNIVERSARY SPECIAL」。
    今年は5周年記念として、当初は7月13日~16日の4日間、グランドハイアット東京で開催する予定だった。
    ところが発売開始直後にソールドアウトしたことから、急きょ14日~16日の午前中に「ブレックファーストショー」を3公演追加し、全7公演となったのである。

    チケット料金は、「5万円を超えるのは超大物クラス」とされるディナーショー界の常識をはるかに凌駕する「8万6400円(税込)」。
    だがその内容は、料理はすべてYOSHIKIプロデュース、キティちゃんとコラボしたYOSHIKITYが登場し、YOSHIKIMONOのファッションショーも行なわれ、極めつけはYOSHIKI自作のワインがお土産につくなど、まさにYOSHIKIずくめ。

    ショーの内容はピアノ演奏だけではなく、ドラムソロも披露。
    ラストのカーテンコールでは超至近近距離でファンたちが囲む…となれば、ファンにとってはこの値段でも“お買い得”なのかもしれない。
    ちなみにこのディナーショーには、元メジャーリーグのスター選手であるバリー・ボンズや、元FCバルセロナでスペイン代表サッカー選手、ジェラール・ピケもゲストとして来場し、セレブ感満載のショーだったようだ。

    y


    ■高額のディナーショー、今も昔も、そのお値段はタレントの“格”で千差万別 

    日本におけるディナーショーの草分けは、五木ひろしと言われている。
    以降、美川憲一や石川さゆりなどの演歌歌手に続き、加山雄三、さだまさし、鈴木雅之といった大御所シンガーもディナーショーを開催、郷ひろみのほか松田聖子、工藤静香などの“80年代アイドル組”も進出すると完全に定番化した。
    とは言え、ディナーショーは基本的に“格”のあるタレントでなければできないものであり、逆に言えば、ディナーショーが開けるということは、一流芸能人に仲間入りしたという“基準”でもあったのだ。

    そして、その“格”もディナーショーのチケット料金に反映され、五木ひろしや松田聖子などのトップクラスは4~5万円レベルで“高値安定”、2016年に7年ぶりにディナーショーを開催した中森明菜もプラチナチケットとなり、最高5万円のチケットは即完売した。
    年末ともなると、その年の最も高額なディナーショーがメディアで話題に上がることが、今や年末の“風物詩”ともなっているのである。

    しかし、若い世代にとっては、ディナーショーはあくまで年配が参加するものというイメージがあり、実際、チケット代も若者が気軽に参加できる額ではない。
    YOSHIKIの8万6400円にしても現時点では今年の最高額であり、仮に1公演300席とすると、7月の7公演で1億7000万を売り上げたことになる。
    それでいてハコ(会場)は小規模、コストがかる大がかりなステージセットも物理的に設置できず(ホテルの宴会場ではスペース的に限界がある)、あくまでもタレントと客の“距離が近い”ことを最大のウリにするという、制作側やタレントにとってディナーショーとは、大切な“稼げるコンテンツ”でもあるのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000360-oric-ent
    続く


    所長見解:高いな・・・

    【【YOSHIKIも開催】今や高齢層向けではない「ディナーショー」がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ