ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    一部メディア「終焉説」の真偽
     
    ふなっしーは消えた。ふなっしーは終わった。
    もう誰も、ふなっしーのことなど興味がない……。
    こんな記事が、ネット上で散見される。
    リアリティを感じる人も、少なくないのだろう。

    f


    例えばニフティニュースには「『ゆるキャラグランプリ』終了予定と判明 ふなっしーは凋落、勝ち組はくまモンだけ?」(2017年11月30日)という記事を掲載している。
    配信元は「アサ芸プラス」だ。

    記事では「非公認とはいえ、年収7億円ともいわれた“ふなっしー”の凋落が象徴するように、ゆるキャラは完全に飽きられました」と断言。
    「国民も『ゆるキャラは“くまモン”だけでいいのでは?』という気持ちになったことは否めません」という“エンタメ誌ライター”の指摘も紹介している。

    他にも「ブーム終焉!? ふなっしー、芸能界で逆風? 不義理なフジテレビに梨友激怒」(ミステリーニュースステーションATLAS:2017年8月3日)という記事も、検索上位に表示される。

    こちらも「ギャラが獲れるタレントまで昇華したゆるキャラもいた。それが、『ふなっしー』や『ちいさいおっさん』であった。 彼らはトーク力に長けており、一躍スターダムにのし上がったが、最近ではその露出は激減している。もはや旬は過ぎたということであろうか・・・?」と、やはり“ふなっしー終焉説”を展開している。


    仕事を選ぶようになったふなっしー
     
    実は共に、根拠に乏しい記事なのだが、それでも読まれているのは、読者が「そういえば最近、ふなっしーをテレビで見てないよなあ」と、心の中で補足してくれるからだろう。

    だが、これに真っ向から反論するのがテレビ局の関係者だ。
    「ふなっしーは営業で死ぬほど稼いでます。めちゃくちゃ売れっ子ですよ」と解説する。

    「確かにテレビの出演は少なくなりました。これには複合的な理由があります。
    何しろ、CM、アニメ、テレビドラマ、映画、舞台、ゲーム、コミック、小説、絵本と、1人メディアミックスといった具合の人気者ですから、どんどんギャラが跳ね上がっていったんです。
    テレビ局側としては『高額の出演費を出すのだから、元が取れるほどのインパクトがある映像を撮りたい』と考えます。
    その代表例が、日本テレビ系列の『うわっ! ダマされた大賞』でしょう。
    13年の10月に放送された番組では、ふなっしーに対して爆破ドッキリが仕掛けられました」

    違法にアップロードされた動画も閲覧できるが、確かに馬鹿馬鹿しい内容だ。
    次第に、ふなっしーは「仕事を選ぶ」ようになっていく。
    本人は否定したとはいえ、何しろ年収7億円とも噂される売れっ子だ。
    さらに「中の人」は“本業”でも依然として稼いでいるという観測も根強い。
    「別に土下座してでもテレビに出たいわけではない」と考えたとしても不思議はないだろう。(以下ソースで)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180521-00542283-shincho-ent 


    所長見解:もう十分だろう・・・

    【【あの梨は今】テレビから消えた「ふなっしー」がコチラwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「山口メンバー」という言葉に違和感を覚えながら、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也(46)の騒動を見ている人も多いだろう。

    ○○メンバーは17年前に、稲垣吾郎が道路交通法違反と公務執行妨害で逮捕(不起訴)された時に「稲垣容疑者」「稲垣被疑者」と言わないようにするためにひねり出された呼び方。テレビをはじめとする多くのメディアによる「稲垣メンバー」の“大合唱”は失笑を買ったが、これは「忖度」と騒いでいるメディアのジャニーズ事務所への究極の“忖度報道”だった。

    g


    当時、SMAPを擁するジャニーズ事務所は隆盛を誇り、芸能界における“1強”時代に向けてまい進中、盾突くことができない時代だ。
    稲垣の会見の時は、CULENを設立して元SMAPをマネジメントする飯島三智代表が仕切って睨みを利かせていた。
    飯島代表にしてみれば、「あの時と同じ手法?」という思いに違いない。


    稲垣と山口を比べてみると……。

    稲垣は現行犯逮捕で逃亡の恐れがないことから2日後に釈放されたが、普通なら「容疑者」「被疑者」。
    一方の山口は逮捕はされず、相手と示談が成立、書類送検された後(起訴の可能性も低い)。
    山口とか山口さんと言うのも嫌か変だから「山口メンバー」になったのかもしれない。
    ただ、響きとしては逮捕された「稲垣メンバー」みたいな印象が強い。

    言ってみれば、SMAPの“置き土産”のメンバー呼ばわり。
    メディアの忖度は弱まったにせよ行き届いている点はかつてと同じか。


    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/228211/1


    所長見解:稲垣メンバー・・・
    【【山口メンバー】ジャニーズへの忖度報道の原点がコチラwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    30代、40代の辣腕ディレクターは“敬遠”で「石橋貴明」の生き残る道

    t


    過去の栄光を知る者にとっては、屈辱の数字だったに違いない。
    「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系列)が3月22日、最終回を迎えた。
    その視聴率は9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)という驚愕の数字だったのは既報の通りだ。


    全盛期は前身番組の「とんねるずのみなさんのおかげです」だが、最高視聴率は1989年3月30日に記録した29.5%。
    20%台で当たり前だったのだから、1桁の視聴率は――時代には逆らえないとはいえ――やはり寂しい印象を受ける。

    身も蓋もない言い方だが、「とんねるず」の2人は、稼ぐだけ稼いだ。
    この後は引退に追い込まれても、生活に困ることはないだろう。
    とはいえ、石橋貴明(56)にも木梨憲武(56)にも、意地というものがあるはずだ。
    トップランナーの座は譲るにしても、このまま忘れ去られるのは絶対に認められないに違いない。


    30代、40代の辣腕ディレクターで『「とんねるず」と仕事をしたい』と思っている人は少数派でしょう。そういう意味では、石橋さんが再び脚光を浴びるのは難しいかもしれません」

    ところが、50代のベテラン・ディレクターやプロデューサーになると、「いよいよ俺たちが仕事をできる時代が来た」と意欲を燃やしているというのだから、まさに「捨てる神あれば拾う神あり」だ。

    もっとも「とんねるず」のファンにとっては悲報だろうが、“バラ売り”は必須条件だという。

    「コンビとしての商品価値は、やはり『みなおか』が証明した通りです。
    木梨さんが画家と俳優で活躍するなら、石橋さんはスポーツ番組のMC、キャスターが期待できます。
    帝京高校野球部に所属し、テニスとゴルフは相当な腕前だと聞きます。
    何よりスポーツ全般に相当な知識を持っているのはご存知の通りです。
    毎年、年始に放送されるテレ朝の『スポーツ王は俺だ!』は19年続く人気番組。
    となると、日テレ『Going!Sports&News』の上田晋也さん(47)さん、現在は降板しましたがTBS『S☆1』の田中裕二さん(53)、そしてトーク番組ですが今年1月からレギュラー放送が復活したフジテレビ『ジャンクSPORTS』の浜田雅功(54)さんのライバルになるかもしれません」

    問題は、どこのテレビ局が関心を示すかだ。
    上で日テレ、TBS、フジテレビの名前が出ているので、単純に消去法でいくとNHKかテレ朝、そしてテレビ東京となる。

    「『うたばん』や『MLB主義』で気心の知れたスタッフの多いTBSは可能性が高いでしょうが、個人的に見てみたいのはテレ東です。
    石橋さんがキャスターとして、スポーツ番組で司会を担当するわけです。
    ご存じの通りテレ東は、自由度が高いのが最大の魅力です。
    やんちゃなところのある石橋さんとは、相性が抜群のはずなんです。
    実際、オファーがあれば、石橋さんも関心を示すのは間違いないでしょう。
    懸念材料があるとすれば、ギャラの問題かもしれません。
    テレ東が熱意で口説き落とし、視聴率でNHKや他の民放にリベンジを成し遂げたら、面白いですけどね」

    それにしても、いまだにテレビ業界の内部から、これほどまで情熱的な「復活待望論」が出てくるのだ。
    まだまだ「とんねるず」の2人は“死ぬ”わけにはいかない。

    還暦へのカウントダウンが始まっているが、年齢に相応しい成熟した「とんねるず」は魅力的かもしれない。
    もう一花でも二花でも咲かせ、沈滞したテレビ界を活性化させてほしいものだ。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/03300955/?all=1


    所長見解:スポーツ系がいいね・・・
    【【番組終了】「石橋貴明」の生き残る道がコチラwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    引っ越して半年くらいで初めて来たわ
    受信料支払が裁判で合憲になったとか粘ってたけど
    どう言えばさらっと帰ってくれるんだ

    NHKみてるなら支払うけどテレビ自体がないし

    N


    所長見解:テレビ無いなら・・・
    【【強制集金】NHK受信料徴収の断り方がコチラwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『ひょうきん族』は放送禁止

    テレビに引っ張りダコの予備校講師・林修が、日本テレビではレギュラー番組をもったことがない。
    それはなぜか?

    「日テレは、『家庭教師のトライ』が主要スポンサーの一つなんです。
    いくら視聴率が見込めるからと言って、ライバル企業の講師である林修はなかなか起用できないんです」(日テレ関係者)

    いまテレビの現場は、面白い企画ではなく、いかにスポンサーや視聴者から抗議が来ない番組を作るかということばかりを考えて疲弊している。

    なかでも番組作りで絶対に避けなければならないのが、「イジメ」と「過剰な下ネタ」だという。

    「以前なら、たとえばバラエティの番組中で、出川哲朗さんが一人だけ理不尽な扱いをされて笑いをとることが多かった。
    でも、いまは『イジメ』を連想させるというクレームが来る可能性があるので、やりにくくなっています。

    ダチョウ倶楽部の上島竜平さんの『アツアツおでん』や『熱湯風呂』が最近見られないのも同じ理由ですね。

    d


    このままだと『ハゲ』『デブ』や『出っ歯』という言葉も番組中で使用できなくなるかもしれません。

    下ネタも同様です。
    女性タレントがバナナや棒状のアイスを食べるシーンですら、視聴者に性的にとらえられるかもしれないと自粛しています。

    アニメ『クレヨンしんちゃん』で、男性器を象にたとえて描くシーンがありましたが、それすらいまは放送できなくなっています。

    こんな調子で現場の制作スタッフが萎縮していたら、毒のない無難な企画ばかりになってしまう。面白い番組なんてできるわけがないですよ」(ベテラン放送作家)

    かつて一世を風靡した加藤茶の「ちょっとだけよ」といったお色気ギャグや、『オレたちひょうきん族』の懺悔室のような「お仕置き」コントはもう見られないのだ。

    近ごろの視聴者は局ではなく、番組スポンサーに直接苦情を入れる傾向にある。
    すると、スポンサーはテレビ局に抗議する。

    また、ネット上で騒ぎになるだけでも、イメージダウンだとスポンサーは問題視する。
    それを番組プロデューサーは恐れている。

    バラエティであれ、ドラマであれ、台本の1ページ目には提供スポンサーが明記され、スタッフは目を通して刺激しないように意識する。


    民放のドラマ制作担当のディレクターが明かす。

    「あるドラマで、子役が休日の昼ご飯を食べるシーンがありました。
    子役が母親に用意してもらったカップラーメンのフタを開けながら『ヒドイなぁ。お昼、カップ麺か……』と言うセリフがあったんです。

    それに対して後日、プレビューを見た局の営業サイドから差し替え要求がありました。
    『カップ麺メーカーのスポンサーからクレームがついたらどうするんだ』というわけです」

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14413506/


    所長見解:大変だね・・・
    【【放送禁止】テレビの「タブー」と「自主規制」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ