テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月に入ったら情報番組で「コロナがー、PCRがー、Go Toトラベル・お盆休みがー」って全然やらなくなったの気づいてた?

    政府は何の対策もしてないから8月末には大変なことになる的に散々煽ってたけど、感染者数減少でトーンダウン。

    テレビの煽りってホントわかりやすいよね。


    no title


    https://mobile.twitter.com/mi2_yes/status/1301789124739780609?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1301789124739780609%7Ctwgr%5Eshare_3&ref_url=https%3A%2F%2Fsn-jp.com%2Farchives%2F11002


    岡田晴恵

    岡田 晴恵は、日本の公衆衛生学者。
    白鷗大学教育学部教授。
    専門は感染症学、公衆衛生学、児童文学。
    学校で流行する感染症の予防と対策を研究している。
    ワタナベエンターテインメント所属。
    生年月日:1963年 (年齢 57歳)

    https://sn-jp.com/archives/11002

    所長見解:まだ出てる?・・・
    【【コロナの女王】岡田晴恵氏(57)とは一体なんだったんだろうか・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「活動休止まであと4カ月ですが、テレビ各局では嵐の年末特番を懸けて調整が水面下で行われています」(テレビ局関係者)


    年内でグループとしての活動休止を発表している嵐。

    テレビで彼らの雄姿を見られる日も残り少なくなるなか、各局では嵐をめぐる争奪戦が勃発している。


    まずは、冠番組を抱えるフジテレビと日本テレビが一歩リード。

    「日テレは12月中旬~下旬に『嵐にしやがれ』の4時間特番を準備しているそうです。
    過去の名場面や未公開VTRなどを放送予定です。
    事前収録の予定ですが、番組の最後だけ生出演で嵐メドレーを披露してもらう案も出ています。

    またフジの『VS嵐』特番が放送日程的に民放で嵐が最後に出演する番組になる予定です。それだけに『嵐にしやがれ』を上回る過去最大の放送時間を予定しており、生放送でこれまでの思い出などを語ってもらうようです。
    さらに“5人の心に残るもの”という企画を計画しており、お台場に花火を打ち上げる構想もあるそうです」(前出・テレビ局関係者)


    いっぽう、涙をのんだのが『輝く!日本レコード大賞』への出演オファーをかけていたTBS。

    「活動休止に入る嵐に特別賞を授与する形などで早くから出演を打診していたそうですが、裏番組のリハーサルとかぶる関係でかないそうにありません……」(TBS関係者)


    その“裏番組”とは、大みそかの国民的番組『NHK紅白歌合戦』。

    '09年から出演し続けた嵐にNHKは異例の“嵐シフト”を敷くようだ。



    5



    ■NHKが用意した歴代最長クラスの驚愕の持ち時間

    「5人での紅白は今年でしばらく見納めになるだけに、持ち時間は歴代最長クラスの合計15~20分ほどを用意しており、当然、大トリの予定です。
    また、今後についてメンバー1人ずつ思いを語る演出も準備していると聞いています」(NHK関係者)

    そして、“最高のポスト”も用意していた。

    「5人全員での司会をNHKが熱烈にオファーしているそうです。
    史上初のグループでの総合司会も検討しているとか。
    メンバーも前向きに考えているといいます」(前出・NHK関係者)


    NHKが全身全霊で嘆願する背景には、コロナ禍による“焦り”が見え隠れしている。

    「今年の紅白はコロナ感染防止対策として無観客での実施を予定しています。
    出演者の“3密”を避けるためにも、局内の別スタジオやリモートなどを駆使した形での放送となる模様です。
    いつもと違う形式だけにお年寄りの“紅白離れ”が懸念されています。
    また話題となるヒット曲もなく、例年以上に目玉が不在。

    そこでNHKとしては、これまで5人で司会を務めた年は軒並み最高視聴率が40%を超えた嵐の力をなんとしても借りたいところでしょう」(前出・NHK関係者)


    嵐としても、5人での司会は“最後の花道”としてまんざらでもないようだ。

    「延期になっていた国立競技場ライブを秋に開催すべく調整が進められていますが、まだ発表されていません。
    また正真正銘、最後のステージになるはずだったカウントダウンコンサートも現状、未定です。
    5人で司会を務める紅白はまさしく伝説のステージとなるでしょう」(前出・NHK関係者)


    5人が最後に進む“花道”は果たして――。


    「女性自身」2020年9月15日号 掲載
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b310c6c21f159cd50e67c782581eafe5fef0140e

    所長見解:そうなるわな・・・

    【【嵐】NHK・紅白歌合戦、 異例すぎる「嵐シフト」の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で国内外の経済活動が停滞を続ける中、8月17日に内閣府が2020年4~6月期の実質国内総生産(GDP)の速報値を発表。

    前期比年率で27.8%減と、GDP統計をさかのぼれる1955年以降で最大の落ち込みとなったことが明らかになった。


    s


    その影響はテレビ業界にも及んでいる。

    8月7日の読売新聞では在京民放キー局5社の4~6月期連結決算が出そろったと報道。

    コロナの影響で広告収入の大幅減少に加え、イベントの中止が相次いだことでテレビ東京ホールディングス(HD)を除く4社の最終利益が減少。

    最終利益の落ち込みが最大だったのはフジ・メディアHDで、前年同期比90.6%減の20億円。

    日本テレビHDは81.7%減の15億円で、イベントの中止など、コロナ関連で約30億円の特別損失を計上したことが響いたと同紙では報じている。

    「YouTubeや、Netflixなどの動画配信サービスの台頭で、テレビの存在感が弱まりつつある中、さらにコロナ禍の影響でテレビ業界は絶望的な危機に直面。
    ただ、これほどまで利益が落ち込むというのはフジテレビ、日本テレビにしてみたら“想定以上”の衝撃だったのではないでしょうか。


    渦中のフジテレビは『直撃LIVE グッディ!』を打ち切り、『バイキング』の放送枠を1時間拡大させることを発表したほか、21年間続く朝の情報番組『とくダネ!』を来年3月に終了させる見込みです。

    そういった抜本的な大改革を断行しないとならない状況にあり、『ノンストップ!』も来年には打ち切りになるのではといった話も聞こえてきています。
    おそらく他にも終わる番組が相次ぐのではないでしょうか」(制作会社関係者)


    テレビ朝日では深夜帯に放送されている『しくじり先生 俺みたいになるな!!』や、さまぁ~ずの冠番組『さまぁ~ず×さまぁ~ず』、くりぃむしちゅーがMCを務める『くりぃむナンチャラ』といった番組を、ほぼすべて終了させて“リセット”し、20分程度の短い番組を多数連続して放送する、大改編を行う予定だという報道もある。

    しかも、その20分番組の1本あたりの制作費は、出演者のギャラなどすべて含めて驚異の50万円だとか……。

    「テレビ朝日がさまぁ〜ず、くりぃむしちゅーのの事務所サイドに番組の終了の話を持っていったところ、“いやいやいや、ちょっと待ってください”という反応だったといいます。
    “若手ならともかく、まさかこのクラスでも打ち切りに!?”といった衝撃があったのではないでしょうか。

    どうやら両者の番組は形を変え続くことになりそうですが、ただ、テレビ朝日としてもさまぁ~ずやくりぃむしちゅーという局の功労者、お笑い界のビッグネームの番組にすら手をつけるような、切羽詰まった状況に直面しているということでしょう。


    TBSでも爆笑問題がMCを務める『爆報!THEフライデー』が来春にも終了するとも聞こえてきています。

    同番組は若年層の個人視聴率が望めず、主にシニア層が見ている番組ですからね。


    民放キー局ディレクターは話す。

    「視聴率低迷にあえぐフジテレビと違い、視聴率3冠王の常連で10年ほど前から若者向けの番組しか作らないという方針を取っていた日本テレビですら、コロナ不況でこの状況ですからね。
    日本テレビも今後、抜本的な改革を進めることになるといいます。
    その中でも驚きなのは、長期間続く番組において、“メインMCを張っている人以外は全部切る”という方針だそうですよ。

    というのも、制作体制の見直しがあったここ10年ほどで立ち上げた番組と、それ以前から続く老舗番組だと、後者の制作費のほうが倍近く高いそうなんですよ。

    実は、他局は数年前からそういった老舗番組をどんどん終わらせてきたんですが、日本テレビにはそういった番組がまだまだたくさん残っているんです。
    そういった番組出演者の中には若年層の視聴率は見込めないのに、ギャラは高額という人がたくさんいる。

    メインMCは“番組の顔“なので、クビにしたら番組自体が終わるので残すのでしょうが、それ以外のタレントはすべてクビになるのではないか、ともささやかれているほどです」


    https://taishu.jp/articles/-/76846?page=1

    所長見解:そらな・・・

    【【コロナ禍】テレビ業界、大リストラの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    GACKT、Mステ急遽キャンセルは「認識のズレ」

    歌手のGACKTが、出演予定だった21日放送のテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」を急遽(きょ)キャンセルした理由を明かした。


    G


    GACKTは21日、自身のYouTubeチャンネルに動画をアップし「急遽だったんですけどミュージックステーションの出演をキャンセルしました」と報告し、その理由について説明した。

    GACKTによると、オファーの段階では出演を快諾したが、その後、発表された番組の放送内容が聞いていた話と違っていたと感じたという。

    「なぜか、テレビ局側と(自分との)間に入っている方たちの間で全然情報の伝達もうまくできていないような状況が何度も重なって、僕が認識している形と向こう側が認識している形が、だいぶズレがありまして。
    ちょっとそれは失礼なんじゃないの? 
    ということで、今回はじゃあお断りさせていただきます、ということとなりました」などと説明。

    「誰が悪いとかっていう話ではなく、単純に情報の伝達がうまくできていなかったということと、あとは、今後こういうことがなかったらいいなというふうに思っています」とした。

    また、歌や出演を楽しみにしていたとの声が多数あったといい「それに対しては本当に申し訳ないなという気持ちでいっぱいです」とし、番組で披露する予定だったという、THEBOOM「島唄」のカバーをアカペラで披露した。

    GACKTは「こんな状況なので1人でも多くの方にこの歌が心を癒すきっかけになってくれればうれしいと思っています」とした。


    GACKTが出演をキャンセルした件について、テレビ朝日広報部では「番組制作の過程において認識の相違があり、所属事務所とも話し合いの上で、出演を見送ることになりました。楽しみにしていた視聴者の皆さまには大変申し訳なく思っております」とコメントしている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/ef427d812c3ecf565225de9ef856f594b0ad781a

    所長見解:別にね・・・

    【【トラブル】GACKTさん、Mステドタキャンの理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    この時期に見たい

    s

    所長見解:バレるからな・・・

    【【悲報】心霊番組を全然やらなくなった件・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ