テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「新幹線まではなんとかなるけど、リニアモーターカーのスピードにはついていけません。東京から乗ってベルトをする間もなく名古屋に到着というのは、ちょっときついですよ」


    代表取締役社長を務める水道メーター製造・販売会社「ニッコク」の一室に現れたみのもんた(75)は、穏やかな表情で自身の“降板理由”についてそう語った。

    みのは今年3月いっぱいで、MCを務めていたバラエティ番組「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系列)を降板することを発表。

    降板後のレギュラー番組は無くなり、事実上のテレビ引退となる。


    「文藝春秋」4月号掲載のインタビューでは、引退に際しての心境が明かされた。


    m


    今のテレビに“本当の喋り”はあるか?
     
    冒頭のように、年齢による体力の衰えによって引退を考えたと言うみの。

    一方で、年齢という理由だけでは解決できない“隔たり”も感じていた。

    「本当の喋りには『間と緩急』というものが必要なんですよ。
    ですが最近は、機関銃のように言葉をまくしたてて、それをぶつけ合うというのが、どんどん(テレビの)主流になってしまったような気はしますね。

    『これはひょっとしたら、テンポがあって良いということなのかな?』と考えたこともあったんだけど、どうやらテンポというものでもないみたい。
    そこにあるのは、奇声、歓声、罵声、ざわめきだけで、いつまでたっても核心の『か』の字も出ないし、話題は急に飛ぶし、挙句の果てには起承転結がなくなっている。
    ちゃんとした言葉の文章が流れてこないので、何を言っているのかさっぱり分からなくなるんです。

    例えば、バラエティーのタレントさんはずいぶん昔からいるけれど、タレントの元々の意味は『能力』や『才能』ですよね。
    最近は踊ったり騒いだり奇声をあげたりするだけで……ピエロにもなれないね。
    似ているようで、全く違う。
    本物のピエロのパフォーマンスを見ると、物悲しい気持ちにさせられる。
    あれは凄いね。
    最近のタレントさんは、喋りで相手を笑わせたり驚かせるところまではいけるかもしれないけど、泣かせることは出来るかな?」


    「男の子よりも女の子がいいな(笑)」
     
    一時期は「1週間で最も多く生番組に出演する司会者」としてギネス世界記録(2006年)に認定されるほど多忙を極め、同時に銀座での豪遊ぶりが報じられるなど、仕事も遊びも全力投球だった。

    最近はどのような生活を送っているのか。

    「毎日の予定で言うと、夕方5時に会社の業務が終わって、それから……これがいけないんだけど、1人で飯を食うのが嫌なんですよ。
    息子や孫たちの家庭に行って一緒に飯を食うというのもなんだかね。
    だから、誰か誘っちゃうわけ。
    男の子よりも女の子がいいな、なんて(笑)。
    そこだけいまだに変わらない。
    行きつけの店で食べるんだけど、必ず飲んでしまうから帰りは深夜1時くらいになっちゃいますね」


    テレビは引退しても、銀座通いはまだまだ続きそうだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00036844-bunshun-ent&p=2

    所長見解:もうな・・・

    【【衝撃告白】みのもんた(75)がテレビを引退した理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    9日放送の『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)で、長らくMCを務めていた優香が産休入りすると発表。

    代打MCは後日紹介すると明かされた。

    ネットでは祝福の声が相次ぐ中、その発表方法に違和感を持つ視聴者も多くいた。

     
    「実は、今回告知として『ラストに重大発表あり』との予告をしていました。
    番組スタッフからすれば、スタート直後からさまぁーずと番組を守ってきた優香が、現場を離れる大きな節目となるため、盛大に送りたいという想いがあったのでしょうが、番組の“ライト”なファン、さらには、ほとんど観ない人にとっては、特に大きなことではありません。
    今回、『重大発表』と銘打っただけに、改めて番組に注目した人もいたことでしょう。
    この改編時期ということもあって、番組終了や時間帯の移動などを想定していた視聴者にとっては、肩透かしを感じたに違いありません。
    ネットでは、『重大発表がしょうもなさ過ぎた』『大した発表でもないし引っ張ってこのオチ。また色々言われそうだなあ』なんて声もありました」(テレビ誌ライター)


    q

     
    これまでも「重大発表」と煽るだけ煽って、インパクトの少ない告知をする番組は存在した。

    安住紳一郎アナウンサーが司会を務める『ぴったんこカン・カン』(TBS系)で、「重大発表」と告知した際、ネットでは「フリーに転身するのか?」と憶測が飛ぶ事態に。

    しかし、発表されたのは、安住アナが同局の東京五輪番組の司会をするというものだった。

     
    さらに、嵐が活動休止を発表した直後も、『VS嵐』(フジテレビ系)で、「重大発表がある」と告知。

    蓋を開けると、『2019 FNS歌謡祭』の総合司会を相葉雅紀が務めるというものだった。

    番組終了など覚悟していたファンにとっては、怒りしかわかない手法であり、放送後、ネットは大荒れしてしまった。

    こうした他局の失敗を、テレビ朝日は学んでこなかったのだ。


    https://news.goo.ne.jp/article/npn/entertainment/npn-200002041.html

    所長見解:そやね・・・


    【【悲報】『Qさま!』の重大発表がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    こういうのが買い占めを助長してんのわからないのかな?


    n

    所長見解:ほんまにな・・・

    【【煽り屋】テレビさん、今度は納豆が品切れってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    w


    「はっきり言って コロナ疲れ(中略)情報に流され情報に踊らされギスギスした感じがもうイヤ」

    「コロナ疲れが世の中に広がってますね…(中略)楽しみは全部中止、終わりが見えない」

     
    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、SNSに書き込まれたこれらの投稿。

    ついにはメンタルや肉体に不調をきたし、「コロナ鬱になった」という人まで出てきている。


    「ここ最近毎日吐き気するし寝入りが浅くて寝起きがダメだしもうこれはコロナ鬱」

    「寝付けないし眠りが浅くて毎日朦朧とする中、仕事はしろ、でも娯楽は控えろでこの国で生きてく見通しがまるで立たなくて何もしたくない……」

     
    目には見えない未知のウイルスによってイベントは相次いで自粛となり、政府は一斉休校を要請。

    観光客の減少などにより倒産する企業も現れる中、悪質なデマが拡散しトイレットペーパーの買い占めなども起きている。


    以下下記URL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00010006-abema-soci

    所長見解:たしかに・・・

    【【話題】もうコロナにうんざりな件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コロナウイルスによって社会が大混乱に陥っている現状は、まさに東日本大震災の際の状況と多くの共通点がある。

    特にテレビを通じて繰り返し流される情報・意見発信のあり方には既視感を禁じ得ない。

    はじめにお断りしておくと、私は、防衛・教育研究問題に関して現政府とはかなり異なる価値観をもっている。

    今はその後の結果論に基づいて、過去の対応に批判を繰り返してばかりいる時期ではない。


    w


    例えば、1月末に中国人入国全面拒否に踏み切るべきだった。

    ダイヤモンド・プリンセス号の乗客・乗員は全員下船させ隔離し、直ちに全員にPCR(Polymerase Chain Reaction)検査を実施すべきだった。

    陰性となった乗客を帰宅させた際には、公共交通機関を利用させず専用のバスで送り届けた上で、しばらく自宅待機を要請すべきだった ……などなど。


    それらは実現可能性と波及効果の双方を考えて選択されるもので、その時点で波及効果を正しく予想することは不可能である。

    いずれにせよ批判が巻き起こることは避けられない。

    仮に自分が責任ある立場だったとして、状況が読みきれない状態で賛否が分かれる重要な決断を正しくできたとは思えない。

    テレビのワイドショーで毎日同じような批判を繰り返している人々も同じだろう。

    批判すること自体は大切である。

    しかし、無責任に「べきだった」と批判するだけではなく、今から具体的にどうやれば実行できるのかまで踏み込んだ提言をすることがその前提だ。

    具体的対策をともに練り上げて、実行する立場にいる人たちがすぐ取り入れられるレベルの議論を尽くすことで、前線で頑張っている人たちの負担を少しでも軽減するという発想でなくては意味がない。

    でなければ、我々素人の誰でも思いつく程度の不平不満をテレビ電波で垂れ流し、人々の共感を集めて刹那的に溜飲を下げるだけに終わる。

    テレビのワイドショーには例えば2時間というあらかじめ決まった時間枠がある。

    そのためであろうか、ただでさえ薄い内容をさらに水増しして時間を延ばして放送しているとしか思えない。

    通常時はそれでも良かろう。

    単に見なければ良いだけだ。

    しかし、現在のような状況下では、人々は最新の信頼できる情報を求めている。

    インターネットやSNSで根拠のない情報が氾濫し拡散しうる時代だからこそ、通常時の毒にも薬にもならずとも人々の興味を引くワイドショー的なトピックの取り扱いとは全く異なり、それなりの責任が求められるはずだ。


    全文はこちら
    https://webronza.asahi.com/science/articles/2020030300001.html
    https://webronza.asahi.com/science/articles/2020030300001.html?page=2

    所長見解:もういいな・・・

    【【悲報】ワイドショーのコロナ報道がひどすぎる件・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ