1: (・ω・)/ななしさん

「世間がASKAと認知してくれている間は、ASKAとして活動ができるようしっかり音楽を作っていきたい」

NHKの報道番組『ニュースウオッチ9』の密着取材を受けたASKAは、11月16日に放送された番組内でそう語った。

「ASKAさんは現在、5年8か月ぶりとなるツアー中なんです。
作品のリリースはありましたが、ツアーは覚せい剤取締法違反で逮捕されて以来初めて。
今回はそのツアーに臨む彼の密着取材でした」(音楽誌ライター)

c


再結成を望むChage

「全10公演のほとんどがソールドアウトという人気ぶりです。
今回のツアーはもちろんソロですが、『SAY YES』など、CHAGE and ASKAのヒット曲も歌っています」(同・音楽誌ライター)

10代から苦労をともにし後に大ヒットを、そして大騒動を起こした。

迷惑をかけられた側のChageは今─。

「ASKAさんの逮捕以降も、年1回ペースのライブツアー、アルバムのリリースなどチャゲアスのようなメジャーな活動ではないとはいえ、マイペースで音楽活動に励んでいますね」(同・音楽誌ライター)

事実上は解散状態のチャゲアスだが、今回のツアーではなんとASKAがChageについて触れるひと幕も。

「再結成についてよく聞かれるんだけど、今はお互い好きなことをやっているけど、そのときが来たら……。だから今は触れんといてぇ」

一方のChageの心境は。

「チャゲアスは、ひと言でいってしまうとASKAのもの。Chageは立場が弱い。
'90年代も、ASKAさんの作った曲ばかりが売れました。
Chageとしては、今もチャゲアスをやりたいと思っているんです。
現状、ASKAならチャゲアスの曲をソロで歌っても盛り上がりますが、Chageがひとりで歌ってもはあまり世間に需要がない。

そして、現状ソロでの活動を進めたいASKAにとって、チャゲアスはどうでもいいのではないでしょうか。
また、Chageは再婚した妻で個人事務所の社長に頭が上がらないんです。
その妻も、ビジネス的な面でチャゲアスをやってほしいはず」(音楽関係者)

11月中旬、Chageに話を聞こうと記者が自宅前で本人を直撃したものの、話に応じることなく車で走り去って行った。

そこで、チャゲアスの所属事務所『ロックダムアーティスツ』代表取締役の林田龍平氏に再結成について話を聞くと、

「確かにもともとはチャゲアスのプロダクションでしたが、今は2人とも取締役を辞任し、出版、権利関係のみの会社となっております。
よって、チャゲアス再結成について言える立場ではありません」

ちなみに、せっかくチャゲアスの名曲を歌っているのだから、今回のツアー公演にChageも誘って……という話はなかったのか。

ツアーを開催するビルボードクラシックスは、

「約1年前にご出演を提案させていただきました。
そして、ASKAさんと作品選定をはじめ、オーケストラ編曲の方向性、指揮者、オーケストラ、ホール会場などを厳選し、ツアー構想を進めました。
ツアーの構想段階から、ASKAさんソロでオーケストラ公演を実施するというものでした」

2人の間に、“SAY YES”が流れる日は来るのか

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181122-00013869-jprime-ent


所長見解:見たいね・・・

【【チャゲアス】Chage「再結成がしたい」←これwww】の続きを読む