ダルビッシュ

    Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ダルビッシュ有の「野球に走り込みは必要ない」理論をフィジカルトレーナーはどう考えるか 

    日米では「身体の動かし方」の考えはまったく違う


    d


    過去に、野球における「走り込み」についての疑問を口にしていたダルビッシュ

    日本では野球をする子どもたちが、練習の前にランニングをする光景をよく目にするだろう。

    高校野球の強豪校などでは、何十kmという距離を走り込む、というエピソードも耳にする。

    しかし一方で、「野球には走り込みは必要ない」という理論もある。

    アメリカでフィジカルトレーニングを習得し、独自のトレーニング理論でバスケットボールのプロチーム、プロのサッカー選手や野球選手、五輪選手たちを指導する吉原剛氏も「必要ない」と同意する。

    その理由や、トレーニングにおける身体の動かし方について語ってもらった。


    【米野球チームの選手から「なぜランニングをやるんだ?」】

    ――日本とアメリカで野球のトレーニングには、どのような違いがありましたか?

    吉原:私がフィジカルトレーニングの"修行"のため、アメリカにわたったのは20年以上も前のことになります。
    さまざまなスポーツを見ましたが、ある野球チームのフィジカルコーチとして入った時に、まずランニングの認識の違いに驚かされました。

    日本では当時、下半身を鍛えるために10km以上の走り込みを積極的に行なっていた。

    一方でアメリカでは、投手でも5km以上走っているのを見たことがなかったんです。

    ある日、練習の前のウォーミングアップで「軽いランニングをしよう」と私が提案すると、選手側から「なぜランニングをやるんだ?」という反発があって。
    「身体に疲労が溜まるから、いいパフォーマンスを発揮できなくなる。
    ランニングをするなら、その理由を教えてくれ」と怒ってしまいました。


    ――吉原さんは、それにどう答えたんですか?

    吉原:身体を温めること、心拍数を上げること、可動域を広げるために走るんだ、と答えました。


    ――正当な理由のように感じますが......。

    吉原:すると選手たちは、「それなら、スキップ動作やチューブトレーニングでも血流がよくなって身体が温まるし、長い距離を走る必要がないよね」と。
    それまでの常識が覆り、目から鱗が落ちました。

    確かにその通りで、ランニングをしなくても十分にウォーミングアップができることに気づかされたんです。
    先入観や固定概念がいかに選手にとってマイナスになるか、パフォーマンスを上げるには「Why」を明確に!と痛感しました。

    その方法を普段から実践していれば、雨天や、十分な広さがない試合会場で身体を準備する際にも困ることがありません。
    ひとりあたり、畳半畳分くらいのスペースがあれば十分なウォーミングアップができますから。


    ――長距離のランニングはあまり効果がないのでしょうか?

    吉原:まったく効果がないわけではありませんし、競技によっても違います。
    「身体をリフレッシュさせる」「疲労回復を促進させる」という目的であれば有効ですし、「持久力をつけて心肺機能を大きくする」という効果もありますが、瞬発力が大事な野球では、長距離のランニングは必要ないと私は考えています。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/5b7a36f4bbf6dce592e1b779f05096c4850ec751?page=1


    ▼画像
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230406-00993280-sportiva-000-6-view.jpg?pri=l
    所長見解:せやな・・・

    【【これは喝!】ダルビッシュ「野球に走り込みは必要ない」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ダルビッシュ「大谷くんが何を食べているのか、ずっと見ていました」


    no title


    ダルビッシュ「ゆでたまごを多く食べてましたね」

    ゆでたまごを食べればええんか?
    所長見解:そうなんや・・・

    【【暴露】ダルビッシュ「大谷くんが何を食べているのか、ずっと見ていました」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    紗栄子、ダルビッシュ有と「離婚したくなかった。なんでなんで、何も悪いことしてないのに」

    最初で最後の号泣事件を明かす



    m


    タレントで二児の母である紗栄子さんが、オフィシャルYouTubeチャンネルに投稿したインタビュー動画で、出産や育児、そして離婚について当時の気持ちを明かしています。


    タレント・モデルの紗栄子さんが芸能生活20周年を記念し、自身の公式YouTubeチャンネル「Sae Channel」で、これまで歩んできた道を振り返る「20周年トーク」を公開しています。

    後編にあたる「私生活編」では、ダルビッシュ有さんとの結婚と離婚、出産と子育てについても赤裸々に語りました。



    2007年8月に、ダルビッシュ有さんとの婚約と妊娠6週目であることを同時報告した紗栄子さん。

    当時、ダルビッシュさんは北海道日本ハムファイターズに所属していたため、紗栄子さんは「北海道に嫁ぐ」つもりで、芸能活動も大学も辞めています。



    2008年に長男、2010年に次男を出産。

    そこまで振り返ると紗栄子さんは、「で、そのあと、私はどっかのタイミングで離婚してるんだよ」「2012年? はんやっ! 4年? 結婚生活」と、自ら離婚について切り出しました。


    一流アスリートと家族になり、彼を支える覚悟をしていただけに、離婚は望んでいなかったそうで、離婚が決定的になったときにはマネージャーの前で初めて「大号泣」したそう。


    「離婚するってなったとき。
    私、したくなかったからさ。
    最終的にはもうするんだって思ってしたけど、え、したくないしたくない、なんでなんで、って思ってたから。
    でも、しなきゃいけないんだって察したときがあって。
    もう、そういう流れになってる、自分ではどうしようもできない、何も悪いことしてないのに……ってなったときがあって、そのときちょうど、お誕生日を山本さん(=マネージャー)がお祝いしてくれてて、ワンワン泣いちゃったんだよね」(紗栄子さんYouTube動画より)



    若いころから感情が乱れているところを人前では決して見せず、常に自律していたという紗栄子さんの涙をマネージャーが見たのは、このときが最初で最後だったそうです。

    こうして冷静に振り返れるほど、今は完全に過去のこととして整理できているのかもしれません。



    これまでの経験と今思うこと【私生活編】
    https://youtu.be/-ldyBKJqqPk




    ▼画像
    https://news.mynavi.jp/article/20210426-1879267/index_images/index.jpg
    https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/11566



    所長見解:今さら・・・

    【【暴露】紗栄子「ダルビッシュと離婚したくなかった。なんでなんで、何も悪いことしてないのに」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜“ウワサの不倫相手”不可解行動に失笑の声「確定やんww」


    「タピオカ恫喝事件」で芸能活動を休止中のタレント・木下優樹菜に〝新たな疑惑〟が浮上し、ファンをアゼンとさせている。

    問題になっているのは、木下が昨年7月10日に投稿したインスタグラムの内容だ。

    たいへんだけど…
    かわいぃから
    しかたなぃよね イーッパイ
    あそびまくって
    いっぱいねて
    しんどいくらい喧嘩してでも、
    てをつないで、寝て

    ずーーっと この繰り返し


    「投稿を〝縦読み〟すると、『たかしあいしてるよずーーっと』と読めることから、ネット上で『たかしって誰だ?』と話題になりました。


    当初は木下と長い付き合いのある美容師ではないかといわれていましたが、その後、ネット民の調べにより、過去のインスタグラムで、『ゆきなだいすき』と縦読みできる投稿をした、サッカー日本代表でSDエイバル所属の乾貴士の名前が浮上しました。
    さらに2人はお互いのインスタグラムを『いいね!』し合っていたことも発覚。
    2人が不倫関係にあったのではないかと、もっぱらのウワサになっています」(芸能記者)

    d


    さすがダルのツイートは容赦ない

    もっとも、乾は過去に木下のファンであることを公言しており、ただのファンとしての投稿であることも否定できない。

    そんな中、疑惑がより深まる出来事が発覚し、ネット上で大きな騒動となった。

    「大リーグのダルビッシュ有が1月14日、木下と乾の不倫疑惑について、『これが本当かどうかは知らんが、こういうの見つける人 マジですごいよな』と投稿したところ、乾が即座にダルビッシュのフォローを外したのです。

    ダルビッシュはフォロワーからの指摘に『マジですか!フォローされてたの知らないし、それはなんか複雑な気分になります』と答えていますが、乾にしてみれば後ろめたい気分になったのかもしれません。
    いずれにしても、乾の過剰反応が不倫疑惑の炎に油を注いだのは間違いありません」(同・記者)


    ネット上では、

    《指摘され恥ずかしかったんだろうなw》
    《めちゃ焦って速攻フォロワーから外したのか。確定だなww》
    《本人もいたたまれなかったんだろうな。絶対ヤッてるだろ》

    などといったチャカす声が上がった。


    木下は昨年末に藤本敏史との離婚を発表しているが、縦読み投稿をしていた時点では、当然ながら夫婦関係が継続している最中だ。

    もし不倫が事実だとしたら、世間からさらなる非難を浴びるのは必至だろう。


    いよいよ芸能界を正式に引退する可能性が高まってきた!?


    http://dailynewsonline.jp/article/2155555/

    所長見解:ダル・・・
    【【悲報】木下優樹菜の疑惑の不倫相手がダルビッシュのフォローを外した理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    d


    でも、日本経済界に優秀な人材がどれくらいいるかを見ると、他の国に比べて少なくないですか? 

    例えばアメリカ。

    いわゆる先を行っているこの国には優秀な人材がたくさんいます。

    アメリカには根性論のような考え方がないのに、なぜそんなに優秀な人材が生まれるのか。

    それってきっと、人生でたくさん訪れる苦しい場面を乗り越えていくための打開策を、自分自身で考えているからだと思うんですよね。

     
    一方で日本では、いろいろな経験をしたのに、自分の成績や収入、能力に結びついていない人が多い。

    それは教育にとって良い状態ではないと思うんです。

    だから、根性論については一度考え直さないと。

    もちろん、それしかやってきていないから、根性論を否定することによって自分の人生を否定することになってしまう人が多いとも思います。

    ただ、だからと言って、自分のやり方や考え方を正当化するのはやめてほしいと思う。


    ――容易にさまざまな情報を入手することができる時代。
    全世界の事例をもとに、何が正しいのかを考えるところから始めるべきですよね。

    ダルビッシュ:日本人ってそれができないんですよね。
    タトゥーもそうだし、マリファナもそう。
    マリファナはちょっと難しい問題があるだろうけれど、ただ何と言うか、「日本は日本」「日本人は日本人」と定めすぎてしまい、いろいろな可能性を閉ざしてしまっていると思いますね。


    ――そうですね。ダルビッシュ選手のように、自分自身で判断できる中高生はほとんどいないじゃないですか。
    やっぱり指導者が絶対だと思ってしまっているし、それが正しいとされてしまっています。


    ダルビッシュ:自分の高校時代もそうでしたよ。
    監督は神様であり、監督の言っていることはすべて正しいし、部員はみんな、監督には絶対服従のスタンスで臨んでいたので。

    でも、それは自然のことなのかなとも思いますけどね。
    小さな頃からみんなそうやって生きてきているし、それ以外の考え方や発想がないわけですよ。
    だから、せっかく自分を成長させられる可能性があるのに、すごく小さな世界に自分を閉じ込めてしまっている。
    それではなかなか成長できないと思います。


    ――でも、ダルビッシュ選手は別に監督と揉めたりしないじゃないですか? 
    メジャーの監督とのコミュニケーションはどのように取っているんですか? 
    何か疑問が生じたら直接聞きに行くようにしているんですか?


    ダルビッシュ:いや、何も聞かないですね。
    監督とは特に喋ることもないですし。
    何かあれば向こうから話し掛けてきて、「体は大丈夫か?」「大丈夫だよ」ぐらいですね。監督とはむしろそういう関係。
    一方、ピッチャーの場合はピッチングコーチとのやり取りがありますからね。
    ブルペンとかですごくいろいろなことを言ってくるんですよ。
    そういう時は、ピッチングコーチに「もう俺に何か言うのはやめてくれ」「問題点は自分で直すから」って言ってます。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00010000-realspo-base&p=2

    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【大胆告白】ダルビッシュ「根性論のないアメリカで、なぜ優秀な人材が生まれるのか」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ