ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ダウンタウン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「7月27日に『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の収録がありました。
    いつもなら3時間かけて収録しますが、この日は2時間で終了したんです。
    また収録後は松本さんが芸人たちを連れて飲みに行き、“松本会”を開くというのが恒例。
    しかしプロデューサーから『今日はキャンセルになりました』との連絡があったそうです」(テレビ局関係者)


    反社会的勢力への闇営業問題に端を発した吉本興業の分裂危機。

    宮迫博之(49)と田村亮(47)は会見で謝罪するとともに、社長によるパワハラを告発した。

    すると加藤浩次(50)も「経営陣が変わらないなら辞める!」と激怒。

    若手芸人たちからも不満が続出している。


    いっぽう松本人志(55)は宮迫らの会見後に《動きます》とツイートし、岡本昭彦社長(53)へ直談判。

    その後も芸人を連れて出ていくことも辞さないと語るなど、救済に奔走している。

    だが大崎洋会長(66)の辞任について「大崎さんがいなかったら僕も辞める」と発言したことなどから、一部では《松本は体制派》との批判も出ている。


    「松本さんは、本当に若手芸人たちのことを考えています。
    でもいっぽうで“育ての親”である大崎会長を守りたい。
    そんな板挟みに悩んでいるようです……」(芸能関係者)


    h


    そんな松本が頼ったのは、ほかでもない相方の浜田雅功(56)だった。

    「若手芸人たちとの飲み会をキャンセルした松本さんは、実はひそかに浜田さんと“サシ”で会っていたんです――」(前出・テレビ局関係者)

    今年4月に放送された「松本家の休日」(ABCテレビ)で、松本は浜田と不仲な時期が続いていたことを告白。

    「死ぬほど仲悪かったからな。10年くらいあった。この数年やで、気にならへんようになったの」と明かしていた。

    「ここ5年ほどでいっても、2人の楽屋は別々。
    定期的にご飯を食べることも、いっしょに飲むこともありませんでした。
    その前に10年間も不仲だったことを考えると、サシで飲むのは15年以上ぶりということになるでしょう。
    それだけ異例の極秘会談だったといえます」(別のテレビ局関係者)


    だが振り返れば、松本を支えてきたのはいつも浜田だった。

    2人を知る芸能記者は言う。

    「そもそもダウンタウンの結成は浜田さんの一言がきっかけでした。
    高校卒業後、デザイン会社への就職が決まっていた松本さんに『吉本に入って漫才しよう!』と誘ったのです。
    また若いころの松本さんは尖っていて、インタビューに来ないこともありました。
    そんなときは浜田さんが『すみません。今日は相方が取材に対応する余裕がなくて……』と頭を下げ、1人でインタビューをこなしていました」


    14年に松本さんの父・譲一さん(享年81)が亡くなったときも、浜田は内緒で実家を訪問。

    号泣しながら、祭壇に手を合わせていたという。


    「今回も浜田さんは、オフィシャルにはいっさい発言していません。
    しかしその裏側ではずっと、松本さんや芸人たちのことを気にかけていたのだと思います」(前出・別のテレビ局関係者)

    その極秘会談がもたらしたものは、大きかったようだ。

    「いまの松本さんに忖度せず、本当に思ったことをアドバイスできるのは浜田さんだけですからね。
    松本さんもそれがわかっているからこそ、相方の意見が聞きたかったのでしょう。
    浜田さんからの意見を聞いた松本さんは、改めて吹っ切れたようです。
    最後は『2人で若手のための環境づくりをしよう』という意見で一致したと聞きました」(前出・テレビ局関係者)


    吉本問題はようやく解決へと向かうのだろうか。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00010000-jisin-ent
    所長見解:さすが・・・


    【【吉本問題】浜田、動きます。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    TBS系バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」で、一般人として登場した大阪のおばちゃんたちの中に見たことのある顔もいたと、ネット上で話題になっている。

    TBS側は、エキストラ事務所に参加者派遣をお願いしたとJ-CASTニュースの取材に異例の説明をした。

    2019年7月31日夜放送の番組では、男性タレントたちが街ブラ中におばちゃんたちに触られるかどうかを検証する企画を行った。

    「おばちゃんファンから逃走中」のタイトルで、純烈チーム4人と石田純一さんらバラエティチーム4人が対決し、触られずに生き残った人が多いと勝ちというルールだ。


    大阪おばちゃん集団が現れたのは、後半残り少なくなったときだった。

    おばちゃん集団は、観光で東京にやって来たウソみたいな展開だとし、8人は、「見つかった、見つかった、バラけましょう」とのかけ声で散り散りになった。

    すると早速、集団の1人が「お写真お願いしていいですか?」と純烈メンバーを追いかける。

    「分かるけど、今ちょっと待って」と制止するも、メンバーは、後ろから腕を掴まれてしまった。


    「積極性が関東ハンターとはケタ違いの大阪ハンター」。

    おばちゃん集団について、番組はこう紹介し、タレントにいきなり抱き着いたり、虎柄の服を着た女性がタレントを追いかけたりする様子を流した。

    結局勝ったのは、純烈チームになった。

    b


    この大阪おばちゃん集団について、番組の放送後には、ツイッター上などで、「他の番組で見たことあるぞ!」といった声が上がり、実際に大阪の事務所所属のモデルたちではないかとの指摘が出た。

    それは、事務所のスタッフブログで6月中旬、所属の女性10人が「超人気バラエティ番組」のロケに出演すると告知があったからだ。

    「THE 大阪のおばちゃん」と紹介され、その中には、虎柄の服を着た女性(61)もいた。夜行バスで東京に向かったという。


    ブログにあった超人気バラエティ番組とは、「水曜日のダウンタウン」のことかについて、大阪のモデル事務所は8月1日、J-CASTニュースの取材に担当者がこう答えた。

    「いえ、違います。違う番組にも出ていますし。
    番組名、スポンサー名は明かしません。
    ネットの指摘は、伝え聞いていますが、すべてTBSの方に聞いて下さい」


    TBSの広報部は1日、次のように取材にコメントした。

    「当企画で大阪の方がどのようなリアクションをするのか観察したいので、エキストラ事務所に、番組名も企画内容も伏せたまま参加者に東京にお越しいただくようお願いしていました。
    引率役の一人の方だけには事前に内容をお伝えしていました」


    https://www.j-cast.com/2019/08/01364135.html 

    所長見解:わかるよね・・・

    【【恒例行事】水曜日のダウンタウン「大阪おばちゃん集団」にヤラセ疑惑ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ダウンタウンの松本人志(55)が、28日放送のフジテレビ「ワイドナショー」で、闇営業に端を発する吉本興業の分裂騒動について「芸人が誰一人やめることなく、楽しく普通の会社になることを願っている」と話した。

    この日までに、若手の受け皿としての“社内独立”構想などについて相方・浜田雅功(56)と話し合いを持ったことが判明。

    「松本興業」実現への動きが本格化する。


    d


    この日のワイドナショーで「吉本の芸人6000人(全員)は分からないですけど、上から500人くらいはやめることなく、それだけ願ってる」と話した松本。

    21日の生放送で明かした「松本興業」構想の実現に向け動き始めていた。

    自身が吉本内で“社内独立”し、謹慎処分を受けた芸人の受け皿になる「松本興業」構想。

    「イエローカードの子たちを、俺が保証人になるから生かしたってくれ」と吉本側に求めたことを明かしていた。

    さらに20日の宮迫博之(49)と田村亮(47)の会見後、吉本では当事者以外の芸人からも会社批判が続出。

    若手を中心に、退社を辞さないとの声も上がっている。


    スポニチ本紙の取材では、松本は今週分の収録に先駆け、相方の浜田と吉本の分裂危機について話し合いを持った。

    関係者によると「会社側に対してどのようなスタンスであるべきか、じっくり話し合ったようです。どうすれば問題を解決できるのか、2人とも真剣に考えている」という。

    イエローカード芸人や、会社に不満のある若手芸人を守る「松本興業」の方向性についても協議したとみられる。

     
    浜田は一連の問題について、これまで意見を発信していない。

    ただ、26日に後輩の品川庄司・品川祐(47)がツイッターで浜田の写真を掲載し「芸人みんなのことを考えてくれている」と紹介しており、事態収拾への思いは共通している。

     
    松本は、吉本の大崎洋会長(66)と岡本昭彦社長(52)の退陣を求めている加藤浩次(50)との対立構図も否定した。

    「大崎会長が辞めれば辞める」と話している松本だが、「(加藤に)電話した。俺全然怒ってへんから思うように言ったらええって(言った)」と強調。

    岡村隆史(49)からも「しゃべりたい」と連絡があったといい、関係性の薄かった芸人とも連携を深めて、吉本芸人一丸を目指す。

     
    ただ松本は、今回の闇営業騒動に関して吉本側の対応に不満があり「膿(うみ)を出し切らなければ、僕が全員連れて出る」と不退転の決意を強調。

    トップ芸人の訴えに吉本がどう応えていくかが問われる。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/29/kiji/20190728s00041000456000c.html

    所長見解:変わらんやん・・・
    【【ダウンタウン】松本、浜田と吉本興業から独立ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ダウンタウン・松本人志が雨上がり決死隊・宮迫博之らのために奔走するなか、相方の浜田雅功が「動かない」と話題だ。

    宮迫とロンドンブーツ1号2号・田村亮の謝罪会見直後、「後輩芸人達は不安よな。松本動きます」とツイートした松本。

    実際、同日深夜に都内の吉本興業本社で大崎洋会長と岡本昭彦社長に面会。

    2人揃って会見を開くことを約束させたほか、不祥事を起こした芸人を松本が引き取るための新部署を作ってほしいと要望。

    上層部はそれを受け入れたという。

    なお、ダウンタウンと大崎会長は昔、一緒に東京へ進出した同志。

    一方、岡本社長は、ダウンタウンの元マネジャーとして知られている。

    吉本幹部に近い存在であることから、すぐに行動を起こした松本だが、相方の浜田は現時点までコメントすら出していない。


    h


    そのため、ネット上では

    「なんで浜ちゃんは動かないの?」
    「吉本のお偉いさんのこと、いつもみたいにどついてよ」
    「菜摘のことより、吉本をどうにかして!」

    といった声が相次いでいる。


    「ダウンタウンは楽屋も別で、コンビで一緒に何かをするタイプではありません。
    それに宮迫さんは松本派閥ですから、とりあえず松本さんに任せているのでしょう。
    とはいえ、浜田さんが何も考えていないわけはなく、むしろ誰よりも後輩芸人について真面目に考えるタイプ。
    もしこの先、松本さんが手の施しようのないほどに状態が悪化したら、浜田さんも動くのでは? 
    番組の打ち合わせでも、松本さんが煮詰まった際に浜田さんが口を開き、解決するパターンが多いそう。
    実は松本さんよりも、浜田さんのほうが頼りになるという声は多いですよ」(お笑い関係者)

    そもそもSNSをやっておらず、ニュース番組のコメンテーターなども務めていないため、自由なコメントを披露する場のない浜田。

    あえて騒ぎ立てないところが、浜田のいいところなのかもしれない。


    https://entamega.com/20452

    所長見解:切り札やろ・・・
    【【吉本トラブル】浜田雅功「動かない」理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年2月放送のTBS「水曜日のダウンタウン」(水曜後10・00)で話題となった、8年間私語をしていないというコンビ結成53年の大御所コンビ「おぼん・こぼん」が3日、同番組に出演。

    ドッキリ仲直り大作戦企画に参加した。

    2月の番組では「芸人解散ドッキリ 師匠クラスの方が切ない説」の検証で、おぼん(70)がこぼん(70)に解散を持ちかけるというドッキリを敢行。

    ドッキリがスタートし、おぼんが「俺が何に怒っているのか分からないか。俺に対して謝るのか謝らないのか」と切り出すと、こぼんも「何を偉そうに言ってるねん」と応戦。

    解散ドッキリを仕掛けられている側のこぼんが「スッキリしよ。辞めましょう。それでいいじゃん」と解散を提案する事態となった。

    見届け人を務める「ナイツ」塙宣之(41)、土屋伸之(40)は「この番組のせいで本当に解散しちゃうよ」と大慌て。

    互いに不満を爆発させる2人の元にナイツが急いで“ネタばらし”に向かったが、こぼんは「シャレになるドッキリとならへんドッキリがあるで」と激怒。

    ナイツは平謝りの状態となった。

    b


    今回は「おぼん・こぼんでも催眠術さえあれば仲直りできる説」という検証に臨み“目の前の人が愛おしくなる”という催眠で2人の仲直りを図った。

    偽番組企画で師匠たちを招き、催眠術師が2人にうまく催眠をかけて対面したが、おぼんは催眠のかかりが弱く「気分悪っ」「何やねん、これ」と、あっという間に素の顔に。

    対するこぼんは催眠がかかっているのか、笑顔のまま。

    おぼんが「一言謝ったら」と促し、催眠術師が「その一言を言って仲直りできるなら楽になりませんか」と話し掛けたが、こぼんは「いや、無理やね」と素の状態に戻り、「なんかワケ分からないことばっかやってんなあ」と仲直り企画は失敗。

    再び見届け人を務めたナイツがすかさず、ドッキリ企画だと告げて頭を下げたが、こぼんは「もう、やめとけや。こらアカンで。まじでアカンで」と怒りは収まらず。

    「今日のところは帰らせてもらいますわ」と現場を離れた。

    おぼんは反対に催眠が解けると「何で素直になれへんのやろ。一言アイツが謝ればいいのに…。ホント腹立つねん。もうホントに…。くそー!」と号泣。

    「こんなコンビのためにね、みんなにやってもらってね。申し訳ない」と泣きながら思いを打ち明けた。

    ▼画像
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/03/jpeg/20190703s00041000352000p_thum.jpg
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/03/kiji/20190703s00041000476000c.html



    所長見解:ネタやろ・・・

    【【不仲芸人】「おぼん・こぼん」仲直り企画の結果・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ