ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ダウンタウン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    めっちゃかっこええな

    no title

    no title

    no title

    no title

    所長見解:かわったな・・・

    【【検証画像】若い頃の松本人志さんがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    もう松本人志が企画構成してないやろ

    g

    所長見解:もうね・・・

    【【悲報】ガキの使い終了説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    市長が「画期的」と喜んだ! 

    尼崎のイメージ「良くなった」と答えた市民、初の5割超え

     
    兵庫県尼崎市による2018年度市民意識調査で、尼崎市のイメージが「良くなった」「どちらかといえば良くなった」と回答した割合が52・6%に上り、2013年度の調査開始以来、初めて5割を超えたことが分かった。

    かつてはひったくり被害が県内ワースト、全国ニュースになるような事件も起きるなど悪いイメージがつきまとってきたが、近年は駅前再開発で「住みやすい」との評価がされるまでに。

    市は好機とみて、さらに取り組みを進めるという。

     
    今年2~3月、無作為に抽出した満15歳以上の市民3千人を対象にアンケートを配り、約25%の745人から回答を得た。

     
    「市に対するイメージは、ここ数年でどう変化したか」という設問では、「良くなった」15・7%(117人)、「どちらかといえば良くなった」36・9%(275人)と計52・6%で、前年度から約18ポイント上昇した。

    これまで最高だった市政100周年の16年度(42・6%)を超えた。

     
    また、イメージが改善したとする計392人に理由を尋ねると、「駅前周辺がきれいに整備されるなどまちの景観がよくなった」がトップで56・6%(222人)。

    「尼崎城などまちに新たなにぎわいが生まれた」15・6%(61人)、「体感治安がよくなった」13・0%(51人)と続いた。


    g

     
    プラスイメージの広がりに、稲村和美市長は「画期的」と喜ぶ。

    同市は昨年、民間企業の調査「本当に住みやすい街大賞in関西」で、再開発地域にファミリー層が集住するJR尼崎駅周辺が1位となったことや、新たな観光スポットとなった尼崎城の再建などが評価されたと分析する。

     
    同市はイメージ向上に加えて、子育て世帯の移住・定住促進や、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の得点向上などソフト面でも施策の目標値を定め、達成度を「まちの通信簿」としてホームページで公開している。

    稲村市長は「まちが変わったという印象がまとまって伝わったかもしれない。
    このチャンスを逃さずに施策に取り組みたい」と話した。


    子育て世代などが移り住んだJR尼崎駅北側の再整備地区=尼崎市潮江1
    https://lpt.c.yimg.jp/im_siggSjpZUl7ARgbokFdayF9tXw---x599-y900-q90-exp3h-pril/amd/20191008-00000000-kobenext-000-view.jpg


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000000-kobenext-l28 

    所長見解:イメージがな・・・
    【【悲報】尼崎のイメージ問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月16日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)で、放送作家・高須光聖が、ダウンタウンととんねるずの不仲説の真相について語った。

     
    高須はダウンタウンの小学校からの親友で、「3人目のダウンタウン」とも呼ばれている。

    『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)など、数多くの番組の作家を務めてきた。

     
    放送作家の先輩である高田文夫から「とんねるずとダウンタウンって、仲が悪いの?」とストレートに聞かれ、高須は「多分、昔は仲悪かったんじゃないですかね」と笑った。

     
    高田は「ああ、昔はね。若い頃は、芸人同士ツッパるからな」と若さゆえの切磋琢磨の心境があったことに納得する。

     
    高須は当時のフジテレビ事情を振り返り、「第1制作と第2制作で分かれてましたもんね」と、バラエティ制作の現場が2つの班に分かれ、互いに対抗していた点が大きいと話す。

     
    高田は「班ごとにね。石田(弘エグゼクティブプロデューサー)さんのところはとんねるずだけとか、決まってんだよね」とコメント。

    その話に高須は、「ダウンタウンのところは、ダウンタウンとウッチャンナンチャンで」と明かし、当時のスタッフがそうしたルールを勝手に作ってしまったと明かす。

     
    しかも、その独自ルールが各テレビ局に流れ、各局とも、とんねるずとダウンタウンの収録日が合わないよう、勝手に気を使うようになったという。

    「そこ(相手の番組)に(レギュラーで)出てる芸人は絶対に使わない、みたいな。
    お互いに意識はしてたんじゃないですか」

     
    高須はとんねるずについて、2018年2月25日放送の『空想メディア』(TOKYO FM)で、「とんねるずの “華” は芸人を超えてるよね」とコメントしている。

     
    自身について「僕はダウンタウンに近くてとんねるずさんとは付き合いがないように思われてるかもしれんけど……。
    たまたまここ何年かで、(とんねるずの)おふたりと仕事したり話をする機会があったのよ。
    でもいまだに『とんねるずや!』と思うもんね」と語っていた。

     
    かつて、とんねるずとダウンタウンにはアンタッチャブルなイメージがあったが、7月25日放送の『ダウンタウンDX』では、浜田雅功がとんねるず2人に偶然、飛行機の座席で挟まれ、3人でゴルフ談義をした話をしている。

     
    ダウンタウンととんねるず。

    2014年3月31日放送の『笑っていいとも!』以来の共演が実現することはあるのだろうか。


    t


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00010008-flash-ent

    所長見解:見たいな・・・
    【【真相暴露】「ダウンタウン」と「とんねるず」の不仲説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「7月27日に『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の収録がありました。
    いつもなら3時間かけて収録しますが、この日は2時間で終了したんです。
    また収録後は松本さんが芸人たちを連れて飲みに行き、“松本会”を開くというのが恒例。
    しかしプロデューサーから『今日はキャンセルになりました』との連絡があったそうです」(テレビ局関係者)


    反社会的勢力への闇営業問題に端を発した吉本興業の分裂危機。

    宮迫博之(49)と田村亮(47)は会見で謝罪するとともに、社長によるパワハラを告発した。

    すると加藤浩次(50)も「経営陣が変わらないなら辞める!」と激怒。

    若手芸人たちからも不満が続出している。


    いっぽう松本人志(55)は宮迫らの会見後に《動きます》とツイートし、岡本昭彦社長(53)へ直談判。

    その後も芸人を連れて出ていくことも辞さないと語るなど、救済に奔走している。

    だが大崎洋会長(66)の辞任について「大崎さんがいなかったら僕も辞める」と発言したことなどから、一部では《松本は体制派》との批判も出ている。


    「松本さんは、本当に若手芸人たちのことを考えています。
    でもいっぽうで“育ての親”である大崎会長を守りたい。
    そんな板挟みに悩んでいるようです……」(芸能関係者)


    h


    そんな松本が頼ったのは、ほかでもない相方の浜田雅功(56)だった。

    「若手芸人たちとの飲み会をキャンセルした松本さんは、実はひそかに浜田さんと“サシ”で会っていたんです――」(前出・テレビ局関係者)

    今年4月に放送された「松本家の休日」(ABCテレビ)で、松本は浜田と不仲な時期が続いていたことを告白。

    「死ぬほど仲悪かったからな。10年くらいあった。この数年やで、気にならへんようになったの」と明かしていた。

    「ここ5年ほどでいっても、2人の楽屋は別々。
    定期的にご飯を食べることも、いっしょに飲むこともありませんでした。
    その前に10年間も不仲だったことを考えると、サシで飲むのは15年以上ぶりということになるでしょう。
    それだけ異例の極秘会談だったといえます」(別のテレビ局関係者)


    だが振り返れば、松本を支えてきたのはいつも浜田だった。

    2人を知る芸能記者は言う。

    「そもそもダウンタウンの結成は浜田さんの一言がきっかけでした。
    高校卒業後、デザイン会社への就職が決まっていた松本さんに『吉本に入って漫才しよう!』と誘ったのです。
    また若いころの松本さんは尖っていて、インタビューに来ないこともありました。
    そんなときは浜田さんが『すみません。今日は相方が取材に対応する余裕がなくて……』と頭を下げ、1人でインタビューをこなしていました」


    14年に松本さんの父・譲一さん(享年81)が亡くなったときも、浜田は内緒で実家を訪問。

    号泣しながら、祭壇に手を合わせていたという。


    「今回も浜田さんは、オフィシャルにはいっさい発言していません。
    しかしその裏側ではずっと、松本さんや芸人たちのことを気にかけていたのだと思います」(前出・別のテレビ局関係者)

    その極秘会談がもたらしたものは、大きかったようだ。

    「いまの松本さんに忖度せず、本当に思ったことをアドバイスできるのは浜田さんだけですからね。
    松本さんもそれがわかっているからこそ、相方の意見が聞きたかったのでしょう。
    浜田さんからの意見を聞いた松本さんは、改めて吹っ切れたようです。
    最後は『2人で若手のための環境づくりをしよう』という意見で一致したと聞きました」(前出・テレビ局関係者)


    吉本問題はようやく解決へと向かうのだろうか。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00010000-jisin-ent
    所長見解:さすが・・・


    【【吉本問題】浜田、動きます。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ