タトゥー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「俺が歩道でバイク直してたら、向こうから危ない人来たなぁってみんなで話してて、それがリーダーだったんですよ」

    11月7日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、大好きなバイクにまつわるエピソードを披露した長瀬智也。

    昨年9月には事務所に黙ってインスタグラムを開設。

    バイクにまたがったり、ギターを演奏する投稿を見たファンは、騒然となった。

    そのアカウントはすでに削除されているが、ほかにも彼が長年、愛好しているものがある。

    「'03年に“T”と“A”を組み合わせたデザインのタトゥーを胸に入れました。
    当時交際していた浜崎あゆみさんと自分のイニシャルを結びつけ、合わせるとハートになるという凝った趣向。
    それからタトゥーにハマりだしたそうです」(スポーツ紙記者)


    ■4年前から入れている“新タトゥー”

    浜崎と別れてからほどなくして消したそうだが、すでに新たな別のタトゥーを入れている。

    「公表はしていないそうですが、長瀬さんは4年前、お腹にタトゥーを入れているんですよ。テレビなどには映らないようにしているみたいですね」(長瀬の知人)

    こだわりが詰まったデザインで、馬やネジ、蔦をモチーフにして“バイクに乗る男”のイメージを表現したものだという。

    「少しずつモチーフを増やしていって、依頼してから実際に彫り物を入れるまで1年近くかけていました。
    すごく気に入っていたようで、見せてくれたこともありますよ。
    “目立たないところにしか入れられないんだ”と、少し寂しそうでした」(同・知人)

    そのときは満足したものの、最近では後悔しているそう。

    「やはり、日常生活に差し支えるところがあるみたいで。
    今はまた消したくなったそうです。
    周囲にも“あれは若気の至りだった……”と話しているとか」(別の長瀬の知人)

    タトゥーを消すにはいったいどれくらいの費用がかかるのか。

    『高須クリニック』の高須克弥院長に聞いた。

    「大きさや色など、タトゥーの状態により異なります。
    レーザーによる除去なら、1センチ×1センチサイズで1万円。
    切除縫縮による除去、顔面以外のタトゥーを単純に縫合する場合の目安は、1センチで2万5000円となります」

    実際に長瀬が入れたとされるタトゥーを見てもらうと、

    「半年あけて、2回にわたっての施術になります。
    金額は実際の状態を見ないと正確には判断できませんが、120万~150万円くらいですかね。
    施術としては皮膚移植になるでしょう」(高須院長)

    タトゥーを消したいと考えるのは長瀬だけではない。

    「ママ友デビューしてタトゥーがあると何かと引け目があるという女性はいますね。
    お子さんとプールに行きたいから消したいという相談もあります」(高須院長)

    消すときのほうがお金がかかってしまうタトゥー。

    40歳を迎えて、いよいよ長瀬も将来を考えだした!?


    週刊女性PRIME
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00014036-jprime-ent

    no title

    所長見解:そうやね・・・

    【【インスタ】TOKIO・長瀬智也が後悔しているタトゥーがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8月に両肩にある“タトゥーの写真”をSNSに公開して、物議を醸したタレントのりゅうちぇる。
    独特できらびやかなファッションセンスがウリだが、10月8日に出演したバラエティ番組「有吉ゼミSP」(日本テレビ系)では、幼少時代の貧困生活について赤裸々に告白した。

    r


    「りゅうちぇるは、沖縄市コザの出身で5人兄弟の末っ子。
    生まれて間もなく両親が離婚し、母親が5人の子供を引き取り育てました。
    2DKの木造アパートでの暮らしは、いくら沖縄の物件が安いとはいえ苦しく、りゅうちぇるは母親から“ティッシュは1枚ずつはがして、2回使うべき”などと教えられて育ったと話しています」(番組関係者)

    母の教えを守り、扇風機を使っていると「1日の電気代が5円変わる」から、スイッチを“弱”に変えたり、「一回流すたびに3円の水道代がかかる」とトイレの水も節約するなど、兄弟の中でもりゅうちぇるが、一番シビアにチェックしていたとも明かしている。

    「りゅうちぇるは、7月3日に放送されたバラエティ番組『幸せ!ボンビーガール2時間SP』(日本テレビ系)でも、ブレイク前の苦労話を語っていました。
    沖縄から上京したばかりの頃、ショップ店員として働きスカウトされたものの仕事はなく、そのため食事はまわりの読者モデルたちが、『痩せるしマジいいから!』と勧めてくれた“スルメ”と“マシュマロ”を少しずつかじって飢えをしのいでいたようです。
    なんでも一袋で3日間もたせていたとか」(エンタメ誌ライター)

    この苦労に耐え抜き、今の地位を手に入れたりゅうちぇる。
    どこぞの2世タレントに、爪の垢を煎じて飲ませたいやりたいエピソードでもある。

    しかし、りゅうちぇるはなぜ今になって“極貧エピソード”を公表しはじめたのか。

    「今までの彼は、華やかなルックスのイメージを損なわないように、貧困時代の過去はオブラートに包んできました。
    しかし結婚して1児の父となった今、より親しみのある“家庭的なイクメン”を演じるために、貧困&節約生活時代の話を解禁したのではないか」(前出・エンタメ誌ライター)

    “子育て”と共にイメチェンを図るりゅうちぇる。
    パパドルとして子育て世代の心をキャッチすることはできるのか!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1538012/


    所長見解:もう・・・

    【【衝撃告白】りゅうちぇる、封印していた過去がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントのりゅうちぇる(22)が9日、兵庫県内で行われたイベント「ビアコレ@阪神競馬場」に登場した。

    no title


    りゅうちぇるは7月に誕生した長男・リンクくんらの名前をタトゥーで両肩に入れたことを告白し物議を醸したばかりだが、この日は関係者が「質問はイベントに関連したもので。タトゥーの件は、なしでお願いします」と記者一人一人に釘を刺す“厳戒態勢”で行われた。

    りゅうちぇるのタトゥーを巡っては騒動に言及した著名人も巻き込む論争となり、注目を集めている。
    6日に都内で行われた取材では、りゅうちぇるに対しタトゥー騒動について質問があがったが、主催者側が制止する事態となっていた。

    なお、この日のトークショーでは「超かわいいです」などとリンクくんについて話し、良き父親ぶりを見せていた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000077-dal-ent


    所長見解:そろそろ・・・

    【【取材拒否】りゅうちぇる氏イベント出演も「タトゥーの件は、なしで」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    芸能界は結婚ラッシュに沸いている。
    新たに、イケメン俳優の勝地涼(32)と元AKBの絶対的エース、前田敦子(27)の新婚カップルも誕生した。
    だが、実はその陰で、勝地の父親が気を揉んでいたという。
    自分の背中のくりから紋々が、結婚の妨げにならないかと。

    m


    勝地と前田は連名のファックスで、7月30日の入籍を発表した。

    「3年前、日テレで放送された『ど根性ガエル』での共演で2人は知り合いました」

    とは、芸能記者。

    「前田は恋多き女として知られ、佐藤健と“お姫様抱っこ事件”を起こしたり、ちょっと前までは歌舞伎役者の尾上松也との真剣交際が伝えられていた。
    勝地とは、今年の初めに撮影が始まった映画『食べる女』で再共演し、今春から交際に発展。交際期間わずか半年足らずのスピード婚となったわけです」

    元国民的トップアイドルを妻にする勝地は、13歳のときに俳優デビュー。
    NHKの連ドラ「あまちゃん」の“前髪クネ男”役で、一気にブレイクした。

    「若手俳優のなかでも、勝地は演技派として知られています。
    19歳のときには、日本アカデミー賞新人賞を獲得。
    演劇界の巨匠、蜷川幸雄さんからも、“他の俳優とは空気が違う”“天才!”と、称賛されていました」(同)


    不動産業に転身
     
    いまや、若手有望株の俳優に成長した勝地だが、実は複雑な家庭で育った。

    「もともと、涼の父親はもう一つ別の家庭を持っていました」と、知人が明かす。

    「涼が生まれる前まで、母親は涼の兄にあたる男の子と2人、世田谷のアパートで暮していた。
    実はその当時、父親は『松葉会』という暴力団の幹部を務めていました。
    ガタイが良くて、強面。
    背中一面に入れ墨が入っていたし、ひと目でその筋の人だとわかりました」

    その後、勝地の誕生を機に、彼の母親と正式に結婚したという。

    「父親は涼が生まれてからも、しばらくは暴力団を続けていたのですが、20年くらい前に足を洗いました。
    それ以後、不動産業に転身し、いまではビルを所有するほどの成功を収めている。
    ただ、涼は俳優になってからも、父親の過去には引っ掛かりを持っていたようです。
    『笑っていいとも!』に出たとき、タモリから父親の職業を訊ねられ、“まあ、不動産業ですね”と口籠っていましたから。
    当然、父親も後ろめたい気持ちがあって、今度の結婚でも、自分の過去のせいで破談になったりはしないかと心配していたみたいです」(同)

    無論、すでに更生していれば、暴力団としての過去をとやかく言われる筋合いはないだろう。

    そこで、勝地の父親に話を訊くと、

    「20年も前に、やめています。
    もし、現役であれば入国できないはずのアメリカにも私は行っている。
    税金も払っていますし、普通の社会人です。
    2人には、みんなに可愛がってもらいながら、立派な家庭をつくって欲しいです」

    いまは、ただただ息子夫婦の幸せを願う父親だったのである。


    「週刊新潮」
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15214934/


    所長見解:そうなんだ・・・

    【【極秘情報】前田敦子と結婚した勝地涼の父がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント・りゅうちぇる(22)の「タトゥー」カミングアウトがSNS上で賛否両論の議論を巻き起こしている。
    りゅうちぇるは8月21日、Instagramの中で自身のタトゥー(19日のストーリーで披露)に批判が集まっていることに「こんなに偏見のある社会どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい」と書き込み、さらなる批判を呼んでいる。

    r


    InstagramやTwitterでは、りゅうちぇるのタトゥー発覚に賛否が分かれたものの、匿名の掲示板などでは

    「批判を覚悟で入れたはずなのにみっともない」
    「逆ギレの開き直り」
    「温泉やプールも行けない子供が可哀想だ」

    など、概ね厳しい声が見られた。

    これに対し、芸能界からはりゅうちぇる擁護の声があいつぐ。
    あばれる君(31)が「大丈夫!! 親指一本で投げられる言葉なんかに親心は絶対に負けないよ!!」とコメントしたほか、真鍋かをり(38)もTwitterで「なんでタトゥーで賛否両論…? それぞれの価値観なのに、他人のタトゥーにどうこう言う意味がわからない」と批判するネット世論に疑問を呈した。
    ほかにも、野村周平(24)が21日にTwitterで「タバコ吸ってたら印象悪い。タトゥー入ってたら印象悪い。意味わからない」と意見を述べている。

    一見すると、タレントらのうるわしい友情のようだが、テレビ業界におけるタトゥー問題は感情論で無責任に擁護できるものではなく、もっと根深い問題をはらんでいる。

    「民放テレビにおいては、タトゥーはいまも基本的には”放送禁止”です。
    ISSA(39)や山本”KID”徳郁(41)ら一部例外はありますが、社会的影響力が大きいと見られるタレントは完全にNGです。
    木村拓哉(45)も左足首にタトゥーを入れてますが、09年放送の『さんま&SMAP美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系)でテーピングで隠したのは有名な話。

    またディーン・フジオカ(38)も16年放送の『あさイチ』(NHK)で左腕のタトゥーを隠すようにテープが貼られています。
    最近では、野性爆弾のくっきー(川島邦裕・42)が手首をテーピングして隠しています」(週刊誌記者)

    ミュージシャン全般においては一種の文化とみられているのか、B’zの稲葉浩志(53)やEXILEのATSUSHI(38)はタトゥーを放送で見せている。
    だが、その一方で安室奈美恵(40)も02年の『 NHK紅白歌合戦』に出場した際、左肩にタトゥーが入っていたため、視聴者から苦情が殺到したという。
    その影響なのか、昨今の出演ではタトゥーは消えている。

    「りゅうちぇるに関しては中高生の間でのバラエティ人気も高いため、どう考えてもNG。
    影響を受けた女子高生らが安易にタトゥーを入れる可能性もある。
    『社会を変えたい』と意気込むりゅうちぇるですが、青少年への影響を懸念する勢力から反発があるのは必至。
    そんな態度を続けていけばテレビ業界では”危険人物”だとみなされるでしょう」(同記者)

    はたして、りゅうちぇるらが望むタトゥーに寛容な社会は訪れるのか。
    自由に生きる芸能人とまじめな社会生活を送る一般人の間には、まだまだ温度差がありそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1507385/

    所長見解:わざわざね・・・

    【【刺青あり】テレビ業界で危険人物「タトゥー隠し芸能人」がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ