ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    セレブ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能活動再開の目途が立っていない木下優樹菜について、実家の裕福さから復帰を焦っていないのではないかと、21日発売の「女性自身」(光文社)が報じている。

     
    記事によると、木下の実父は地元で会社を経営。

    祖父は界隈では有名な地主で、2軒の家と4棟のアパートを所有。

    家賃収入は年間数千万にも上り、不動産価値だけでも7億円以上あるという。

    「2女を抱えるシングルマザーとなった木下ですが、これほど実家が裕福なのであれば、芸能界に戻る理由もないでしょう。
    このままフェードアウトするのでは?」(記者)

    y

    木下といえば、2018年7月放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、無二の親友という青山テルマと共演。

    この時、テルマは「自分たち2人は芸能界に未練がないから本音で喋れる。
    本当にフラットで媚びてない」と木下との共通点を語っていた。

     
    また、昨年末に木下と離婚したFUJIWARA・藤本敏史は、「夫婦という形でなくなっても、子育てにおきましては父親、母親として二人で協力してしっかり責任を果たしていきたいと考えております」とコメント。

    一部ニュースサイトは、藤本から養育費が支払われるようだとの関係者のコメントを報じている。

    「離婚発表後に木下の不倫疑惑が浮上したこともあり、長年にわたり養育費を払い続けるであろうフジモンに同情が集まっている。
    一方、木下はこのまま無職になっても、お金に不自由はしなさそうですね」(同)

     
    いまだタピオカ恫喝騒動に対する謝罪会見が開かれないなど、芸能界にしがみついている気配を感じさせない木下。

    その背景には、裕福な台所事情があったようだ。


    https://entamega.com/30691

    所長見解:もうな・・・
    【【これはセレブ】木下優樹菜「父は社長」「祖父は7億円地主」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中居正広「お金?全然減らない。使うの5万円位。お蕎麦屋さんでメニュー見るのが贅沢かな。」


    タレントの中居正広(47)が18日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演。

    「お金が減らない」と嘆いた。

    n

    リスナーからの「中居くんにとって、とっておきのぜいたくはなんですか?」という質問に「おそば屋さんに
    行って値段見るけど脈拍は変わらない。
    大戸屋、やよい軒…値段見ることはないね」とささやかなぜいたくを明かした中居。


     
    その流れで

    「自慢じゃないけど、本当に僕、お金が減らないです」

    「一日1000円しか使わない」

    「光熱費とか
    家賃とか携帯(電話)とかを外せば、だいたい5万円ぐらいじゃない?
    お財布から出てくのは月5万円ぐらい。

    ぜんぜん減らない。
    おっつかないよ、月5万じゃ」

    と庶民的な生活を明かしていた。



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000170-spnannex-ent

    所長見解:そんな感じやね・・・

    【【悲報】大富豪である中居正広さんの食生活がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■ 100円ショップと専門店の使い分け方法

    わが家の例で恐縮ですが、自宅近くの100円ショップに行く途中に、大型ホームセンターがあります。

    そこで家庭の消耗品で必要なものがあれば、いったんホームセンターに寄って値段を見てから100円ショップに行きます。

    もし100円ショップの方が安ければそこで買い、ホームセンターの方が安ければ100円ショップでは買わないで、帰り道のホームセンターで買う、という使い方です。

    100円ショップがすべて安いわけではなく、安いものもあれば、ホームセンターやドラッグストアの方が安いものもあるからです。


    一方で、トイレットペーパーやティッシュペーパー、洗濯洗剤や柔軟剤といったかさばるものや重量があるものは、ネット通販でまとめ買いしています。

    そして、100円ショップで買うものと専門店で買うものとは、目的で使い分けています。

    使い勝手が変わらず機能性を求めない消耗品については100円ショップ、それ以外は専門店やナショナルブランド(NB)商品を買う、という分け方です。


    たとえば先日100円ショップで購入したのは、子ども用のプラスチック食器です。

    子ども(幼児)は食器を床に落としたりしますから、プラスチック食器のほうが安心・安全です。

    しかもレンジ対応もしている。

    そして食器は、性能に依存することはないので、100円ショップで十分です。


    s



    ■ 調理用品、洗剤は100円ショップでは買わない

    一方で、フライパンや鍋といった調理用品は、ホームセンターで高機能なものを買っています。

    調理道具は値段だけではなく、たとえば「焦げ付きにくさ」や「掃除のしやすさ」、そして「耐久性」も重要であり、100円ショップの商品とは明らかに差があります。

    そしてこれは毎日のことですから、やはり快適に使えるほうがいい。


    同じように、家庭で使う洗剤類も、「汚れの落ちやすさ」「すすぎの泡の切れ」といった機能に依存しますから、これはNB商品のほうが使いやすい。

    また、少量使い切りの場合は100円ショップ、まとまった量が必要なものはホームセンターやネット通販という分け方もしています。

    たとえばピクニックに持っていく使い捨ての弁当箱や紙皿などは、そうそう必要になるものではないため、余らせても収納スペースを圧迫するだけです。

    それに、棚の奥にしまっておくとその存在を忘れ、在庫があるのに新しく買ってしまうということにもなりかねない。

    そこで、少量が必要だけれども年に数回使うか使わないかというものは、多少割高になっても100円ショップで賄い、都度使い切ってしまうという発想です。

    さらに、大型の100円ショップでは、DIY商品も充実しています。

    そこで最近私が買ったのは、鉄製のフックとマジックテープ。

    わが家ではベビーカーを多用しているのですが、荷物を掛けるフックがよく壊れます。

    ベビー用品店で買うと、2本で450円ほど。

    でも樹脂製のため、毎日使っていると数カ月で折れてしまう。

    そこで100円ショップでフックとマジックテープを買い、ベビーカーの取っ手に巻き付けることで、壊れにくいフックの完成というわけです。

    もちろん、手間暇やかかる時間とのバランスではありますが、資産性やリターンの少ないものは徹底的にコストを抑えるため、今日も100円ショップを利用しています。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17590761/

    所長見解:ええやん・・・
    【【セレブ】お金持ちが100円ショップで買わないものがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    g


    すまん、GACKTって何がすごいの?

    ミュージシャンとしても微妙だし(あいつの曲聴いたことない)、

    どうやって収入得てるのかも謎だし、

    結局一流ヅラしてるだけだろw

    所長見解:一流なんやで・・・


    【【緊急アンケート】GACKTさんって何がすごいの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    デヴィ夫人「毛皮のコート破られた」訴訟で完敗 前から裂けていた


    「破られた!」と自信満々だったが
     
    ちょうど2年前、晴れやかなクリスマスイブにデヴィ夫人(79)は怒り心頭だった。

    毛皮のコートをホテルに破られた、と激怒。

    ホテル側を民事提訴したのだが、預ける前から破れていたと法廷で認められ……。


    v


    慰謝料、修理費用など181万8千円の支払いを求め、去る5月に提訴したデヴィ夫人。

    その日、クリスマスパーティに訪れたグランドプリンスホテル高輪のクロークで、4千万円もするというコートの右腕部分を破られた、という話だった。

    「従業員が踏んづけてしまい、それに気づかず持ち上げようとして裂けたんだと思うんです」

    と夫人は、本誌(「週刊新潮」)に怒りをぶちまけていたが、

    「東京地裁より、弊社がデヴィ夫人に支払う損害賠償はないという骨子の和解勧告がなされ、夫人側も受け入れて12月20日、和解が成立しました。
    弊社の主張を全面的に受け入れたものと判断できます」

    と、プリンスホテル広報部。


    たしかに、ホテル側はコートが最初から破損していたと主張していたが、夫人は、ホテルが破っておきながら自分に責任転嫁している、と自信満々だったはず。

    事の経緯をプリンスホテルの関係者が語る。

    「この日、15時31分、夫人は地下1階の宴会場にエスカレーターで降りてきて、32分に受付をすませ、コートを手に会場に入りました。
    コートは会場担当が受け取り、34分にクロークに預けています。
    クロークの担当者はすぐ破損に気づき、会場担当とも連絡をとり、ホテルの責任ではないことを確認のうえ、54分、夫人に破損の旨を伝えました。
    夫人は会場外のロビーで“人的に破かなきゃこうならない”とお怒りでした」

     
    その後、何人もの責任者が説明したものの、夫人の主張は変わらず、

    「ついには“こうやったんじゃないの?”と、感情的にコートを踏んだり引っ張ったりして、最終的に破損は20センチくらいまで広がっていましたよ」

     
    ともあれ、夫人側は提訴。

    ホテル側は、15時31分に夫人がエスカレーターを下る際、すでに右腕部分が裂けている防犯カメラ映像も提出。

    これを裁判所は重視した模様だが、なぜか夫人側は歯牙にもかけず――。

     
    和解したことについて夫人に尋ねると、

    「知らないです。
    まだ、報告を受けていません。
    防犯カメラの映像? 
    あなたにお見せしてもいいです。
    全然切れていませんよ。
    なに言ってるんですか、あなた。
    変な言いがかりつけないでください!」

     
    そう叫んで電話を切ってしまった。

    こうして白を黒、黒を白と主張し通す強さこそが、デヴィ夫人の生命力、突破力の根源なのだろう。


    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200113-00601888-shincho-ent

    所長見解:もうね・・・

    【【結果発表】デヴィ夫人「毛皮のコート破られた」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ