セクハラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    財務省の福田淳一事務次官が女性記者相手にセクハラ発言を繰り返したとして、週刊新潮が報じて騒動になっている。
    音声データの中には「おっ○い触って良い?」「縛って良い」「しばってもらっていい?」という会話が確認でき、セクハラともとれる。

    この音声を公開したところ福田事務次官本人の声に類似しているとしており、批判が相次いだ。
    しかし、福田事務次官は捏造されたものだと否定し、更に被害者女性に名乗り出るように要請。

    4月17日に放送された『ビビット!(TBS系)』と『情報ライブ ミヤネ屋(日本テレビ系)』が日本音響研究所に音声解析を依頼。
    偶然にも局が違う2つの番組は同じ音響研究所に解析を依頼していた。

    日本音響研究所の鈴木氏は「声は90%福田事務次官のもの」とした。
    しかしながら問題は録音された場所にある。
    週刊新潮によると音声は福田事務次官の自宅近くのバーで録音されたものと報じられているが、鈴木氏は「異なるシチュエーションで録られた音声を繋ぎ合わせている可能性がある」と説明した。

    1分の音声データは冒頭部分が男性ボーカルがバックに流れており、違う男性の声も聞こえる。
    2箇所目では福田次官が「手を縛ってあげる 胸触って良い?」と言う箇所で“カンカンカン”と何かを砕く音が聞こえる。
    これはアイスピックで氷を砕く音だという。BGMもジャズ風になっており最初の音声の男性ボーカルとは雰囲気が異なっている。

    最後の方では福田次官が「工口くないね、洋服服 その前工口いやつだったの?」と発言している箇所では先ほどの“カンカンカン”とは別の響きのある音が聞こえる。
    これはヘラで鉄板料理をしている音だと説明。

    つまり、男性ボーカルが流れる箇所、アイスピックで氷を砕く箇所、鉄板料理をしている箇所の3つの音声を繋ぎあわせ、1分の音声にしたという。

    福田次官が「おっ○い触って良い?」「縛って良い」と発言したのはほぼ間違い無いが、これがどういうシチュエーションで発言したのだろうか。
    単純に福田次官が全てのシチュエーションでセクハラ発言したともとれるし、仮にキャバクラのホステス相手に発言したものだとすれば、また違う展開になりそうだ。

    週刊新潮は「全て事実に基づいたもの」と説明している。

    http://gogotsu.com/archives/39141

    no title


    ビビット動画
    http://fast-uploader.com/file/7079565613121/
    ミヤネ屋動画
    http://fast-uploader.com/file/7079565640731/

    所長見解:なんか怖いね・・・
    【【これはやばい】財務省福田事務次官セクハラ疑惑 複数の音声を繋ぎ合わせた可能性 ←これwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    セクハラ疑惑を報じられ、就任予定だったフジテレビ系新報道番組「プライムニュース イブニング」(今月2日スタート)を降板した元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)が、今日10日発売の「婦人公論」で降板騒動後初めて、メディアのインタビューに応じている。
    「(相手の女性に)どれだけ謝罪しても謝罪しきれない」と、反省の弁と謝意を示した。

    m


    上品な顔立ちから「NHKの麿」と呼ばれた登坂アナは今年1月に退局、大手芸能プロに所属しフリーに。
    しかし同月、一部でNHK札幌放送局在籍時のセクハラ疑惑を報じられ、番組への降板を申し出た。

    同誌ではセクハラ疑惑についても説明。
    11年6月の番組打ち上げ食事会の際、体調が悪くなり壁に頭を強打してうずくまった時、その女性から「大丈夫ですか?」と声をかけられたという。
    その時「彼女が『セクハラを受けた』と感じるような行為をしてしまったのです」と告白した。

    日ごろから、セクハラやパワハラに注意をしていたというが、登坂アナは「心身ともに相当弱っていました」。
    当時、視聴率競争のプレッシャーや仕事増大などから精神的に不安定になっていたことも原因かもしれないとし、「ずっと反省し、悔やんできた」と話している。

    今後について「お許しをいただけるのなら、もう1度、自分にできることを探しながらやっていきたい」と、フリーアナとしての活動継続を探っていきたい意向を明かしている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14556566/


    所長見解:もうダメかな・・・
    【【あの麿は今】元NHK登坂淳一アナ、セクハラ疑惑の結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    やはりパワハラはあった。
    レスリング女子で五輪4連覇した伊調馨選手(33)が日本協会の栄和人強化本部長(57)からパワハラを受けたとする告発状が内閣府に提出された問題で、協会が設置した第三者機関が、複数のパワハラ行為を認定したことが分かった。
    6日の臨時理事会で報告されるが、栄氏本人はもちろん、パワハラを否定した協会や、協会副会長で至学館大の谷岡郁子(くにこ)学長(63)の責任は免れない。

    協会が設置した弁護士3人で構成する第三者機関が伊調や栄氏らの聞き取りを終えた報告を受け、臨時理事会で対応を協議する。

    聞き取り調査では、伊調が2008年の北京五輪で2連覇後、拠点を東京に移した後の代表合宿で、栄氏に「俺の前でよくレスリングができるな」と言われた行為など、複数の事実をパワハラと認定したもようだ。

    協会はこれまで「伊調選手の練習環境を不当に妨げ、制限した事実はございません」とパワハラ行為を否定するコメントを出しており、栄氏もパワハラに関しては否定しているが、第三者機関はこうした見解を否定した形だ。

    こうなってくると注目されるのが、栄氏がレスリング部監督を務める至学館大の学長で、記者会見で「彼女(伊調)は選手なんですか?」「栄氏はパワーのない人間」などとぶち上げ、大炎上した谷岡氏だ。

    t


    谷岡氏は会見で、パワハラ疑惑を否定し、伊調の練習場所について「私が(練習場所を)使わせるといえば使うことができる」などと発言、大学内で極めて大きなパワーを持っていることをみせつけた。
    それだけに、栄氏のパワハラが認定されれば、協会副会長としての責任と、大学学長としての監督責任の双方を問われる。
    自ら進退を決断しなければ収まりがつかなくなることも予想される。

    栄氏をめぐっては、女子選手の手を握る、キスを強要するなどのセクハラ、指導実績のない関係者への助成金支給など、さまざまな疑惑が浮上している。

    内閣府も関係者への聞き取りを進めているほか、衆院厚労委員会でも協会のガバナンスについて田中良生内閣府副大臣が「告発状の内容が事実であれば、ゆゆしき事態、遺憾である。今後聞き取り調査の結果、必要に応じて適切に対応していく」と答弁した。

    第三者機関の報告を受け、協会はどう対応するのか。
    自浄能力の有無が問われている。

    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180406/spo1804060015-n2.html

    所長見解:どうするんだろうね・・・
    【【パワハラ栄氏】至学館・谷岡学長は辞任必至 ←これwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    オリンピック4連覇の伊調馨選手に日本レスリング協会の幹部がパワハラをしたとする告発状が出された問題で、第三者の弁護士による調査報告書で、複数のパワハラ行為があったと認定されていることがわかった。

    s


    関係者によると5日夜、第三者の弁護士が協会の幹部らに対し、伊調選手や栄強化本部長らへの聞き取り調査の報告書を提出し、内容を説明したという。

    報告書では、告発状で指摘されている複数の行為に対してパワハラの有無が判断されているという。

    その中で、女子選手の代表合宿に参加した伊調選手に対し、栄氏が「俺の前でよくレスリングができるな」と発言した行為など、複数の事実をパワハラと認定したという。

    栄氏はそんなつもりではなかったという趣旨の釈明をしたとのことだが、合宿の場で強化本部長の立場で発言したという事実にかんがみ、パワハラと認定されたとみられる。

    協会では、早ければ6日にも臨時の理事会を開いて、対応を協議する方針。


    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180405-00000089-nnn-soci

    所長見解:終わりだね・・・
    【【栄終了】伊調馨選手へ複数のパワハラあったと認定の結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    五輪4連覇中の金メダリスト、伊調馨(33)が告白した、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)によるパワハラ問題。
    「週刊文春」が3月1日発売号で第一報を報じた後、特別取材班の元には、栄氏の教え子から「#MeToo」の訴えが多数寄せられ、10名を越える至学館関係者がその被害を明かした。

    s


    「栄監督は私たちが思い通りに動けないと、『死ね』、『レスリングができないようにしてやろうか』と怒鳴り散らす。
    選手の頑張ろうという気持ちを踏みにじり、人格を否定するんです」

    パワハラ被害を明かすのはA子さん。
    全国大会で優勝経験のある中京女子大学(現・至学館大学)の元選手だ。
    A子さんは伊調や吉田沙保里と同じ頃に中京女子大に在学していたが、「パワハラは日常茶飯事でした」と証言する。

    A子さんが受けたのは言葉の暴力だけではなかった。

    「全日本選手権で負けてしまった時には、他の選手が見ている前でビンタや蹴りを入れられました。もちろん誰も止められません。
    大学時代の全日本合宿の前には、先の割れた竹刀で太ももの裏を何度も何度も叩かれました。
    20センチくらいのミミズ腫れとなり、お腹や鼻にも切り傷ができました。
    他の子から『証拠を取っておいたほうがいいんじゃない?』と言われるほど酷い傷でしたが、周囲には『転んだだけ』と口を濁すしかありませんでした」

    栄氏の度重なるパワハラはA子さんの心にも大きな傷跡を残した。

    「パニック障害のような症状が出るようになったのです。
    ある時期は栄監督から名前を呼ばれただけで蕁麻疹が出た。
    頭の中が常に恐怖心でいっぱいになるんです。電車に乗るのも息苦しかった。
    レスリングのホールドと同じように体を圧迫されるので、病院でのMRI検査を受けることができませんでした。
    誰かが手を挙げただけで、反射的に自分の身をかばうような動きをしてしまうこともありました。
    今でも1人でいると、たまに症状が出てしまいます」

    至学館大学を通じて栄氏に事実確認を求めたが、回答はなかった。
     
    3月15日(木)発売の「週刊文春」では、A子さん以外の教え子に対する暴力を含むパワハラ、悪質なセクハラ、さらに栄氏が日体大在学中に起こした傷害事件についても被害者本人の証言を交え、詳報している。

    http://bunshun.jp/articles/-/6552


    所長見解:もうダメだね・・・
    【【伊調騒動】栄氏のセクハラ・パワハラ「決定的証言」がコチラwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ