スポーツ選手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    台風が過ぎ去った10月23日の深夜0時半、京都・四条河原町の交差点に、熱いキスを交わす男女の姿があった。

    ハリウッド映画のように激しく唇を求め合う長いキス。
    1分ほど唇を重ねた後、二人は抱き合い、肩に頭を乗せた女性に男性は何事か甘く囁いている。
    どうやら、帰ろうとする女性を説得しているようだ。

    「帰る」「帰らないで」のやりとりをしながら、女性の持っていた傘を取り上げたり、手を握ったり……。
    二人きりの世界を楽しんだ後、美女としっかりと手をつないで夜の街へと消えていったこの男性、競馬界のレジェンド・武豊(48)である。

    武は95年に女優の佐野量子(49)と結婚しているが、もちろん、今回本誌が目撃した相手は妻ではない。
    京都のど真ん中とも言える繁華街で、人目も気にせずに熱いキスを見せたのは、あろうことか“職場”の女性だ。

    no title


    「タレントの小浦愛(26)という女性です。
    彼女は去年から競馬番組のキャスターを務めており、騎手たちが調教などを行う栗東トレーニング・センター(滋賀)の取材を担当している。おそらく、武さんとも栗東で知り合ったんでしょう。
    小浦さんは小柄で天然系なので、その辺りは奥様に似ているのかもしれません」(スポーツ紙競馬担当記者)

    11月5日、武が京都市内の豪邸に帰宅したところを直撃。
    紳士的に取材に応じてくれたが、記者はもちろん、本人すら予期せぬ展開が待っていた。

    ――23日、小浦愛さんと一緒でしたよね。

    「はい。(僕は)ベロベロだったでしょ?」

    ――どういった関係なんでしょうか。

    「いや~、知り合いですよ」

    直後、豪邸の玄関が急に開き、量子夫人が登場。
    「大丈夫?」と夫に一声かけると、家に戻るよう促す武を無視し、記者の前に出てきた。

    武「フライデーさんだよ」

    夫人「えっ、どうかしたの?」

    ――お騒がせしてすみません。

    このあとも量子夫人は自宅に戻ろうとはせず、夫人同伴での直撃取材となった。
    11月10日発売のFRIDAY最新号では、夫人同伴での直撃取材の様子を詳しく報じている。
    また、FRIDAYデジタルでは、武と美人キャスターの密着ツーショット動画も公開中。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171110-00010000-friday-ent


    所長見解:前にもあったよね・・・
    【【騎乗上手】武豊「美人競馬キャスターを抱き寄せ、熱いキス!」ってよwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    24日に放送されたテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(日曜・後9時58分)の最終回の平均視聴率が6・6%だったことが25日分かった。

    前週の5・8%から0・8ポイントのアップで終了となった。

    最終回では、しくじり先生として、ボクシング元3階級王者の亀田興毅氏(30)と父の史郎氏(52)が登場。
    しくじり半生を語った。

    k


    興毅氏がスタジオに登場すると「人も連れてきました」と紹介、史郎氏が約10年ぶりにテレビ収録に登場した。
    興毅氏は現役時代の派手なパフォーマンスについて「派手なパフォーマンスは全て親父が考えたパフォーマンス。はじめは自分の本心で言えてなかったですね。
    キャリア積んで行くとだんだん自分の言葉で言えるようになって、ちょっと言い過ぎたなって思ってました」などと当時の心境を話した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)


    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000100-sph-ent

    所長見解:しくじったよね・・・
    【【親亀子亀】亀田史郎氏が涙で3兄弟に謝罪の「しくじり先生」最終回ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「存在を認めない以上、表立っては抗議もできない。はらわたが煮えくり返っているだろう」と、芸能関係者が同情を込めて言っている。
    20代の某女性タレントのプライベート写真が流出し、月刊誌が「全裸ニャン2」の大見出しで掲載。

    スポーツ各紙やワイドショーは静観しているが、温泉場での親密なキスや、男と並んで混浴に入るといった画像の数々に衝撃が走っている。

    no title

     
    写真は一体どこから流出したのか。

    6年以上も前の画像といわれているが、それが今になって流出した理由と狙いは何なのか。関係者に取材して、まず浮き上がってきたのが、今どきの女性タレントたちのちょっと意外な恋愛事情である。

    芸能プロデューサーで、自らも事務所を経営する野島茂朗氏が言う。
    「女性タレント、中でも一部の売れっ子たちは多忙で、交友関係が限られています。
    出会いも、一般の適齢期の女性より少ないと思います。
    タレントとしてのイメージや、CMなどの制約を守りつつ、少ない出会いのなかで恋愛対象を探そうとする。
    そのため後腐れのない、身近な相手を選んで、刹那的に楽しもうとする傾向にあります。
    芸能界のみならず、スポーツ選手やIT社長といった相手が少なくないのは、相手も有名で特別な存在なのだから大丈夫といった、何の根拠もない自信を持っていることが多いから。それが油断となり、いいようにされてしまうという悲劇は結構あります」

    ■芸能人たちが置かれた“特殊な環境”

    70~80年代アイドルたちのように四六時中マネジャーが行動を共にして、籠の鳥のような毎日を送っているわけじゃない。
    「恋愛禁止」を掲げるグループもあるが、そのストレスで悩んでいるアイドルも現実に存在する。

    「売れれば売れるほど、恋愛に走りがちに見えます。
    売れると新しい出会いが増え、撮影や番組出演で忙しく、それこそ同世代のOLたちとは比べものにならないほど激しい環境変化が起こる。
    チヤホヤされることも増え、お高くなった自分の価値を試したくなるのでしょうか。
    恋愛のパターンや相手もガラリと変わって、危険な火遊びに身を投じていくケースも少なくないのです。
    火遊びの記念であったり、親しい友人への自慢といったところからはじまるようです」(野島氏=前出)

    それが、関係がこじれたりすると一気に逆恨みの餌食となる。
    今回の女性タレントの画像流出もライバルの追い落としというよりは男側のリベンジポ〇ノの類いだろう。
    立場のあるタレントや女優は隠し撮りされてしまった場合は防ぎようがないが、どんなに愛する彼氏とでもツーショット撮影は自制すべき。
    でないと、忘れた頃に悲劇が訪れる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13419031/


    所長見解:誰が撮ったんだろうね?・・・
    【【これは流出】「全裸ニャン2」の大見出し 女性タレントの写真流出 男と並んで混浴ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    ラグビートップリーグのヤマハ発動機に2季ぶりに復帰した15年W杯日本代表FBの五郎丸歩(31)が3日、静岡県磐田市のヤマハスタジアムで復帰会見に臨んだ。

    開口一番、「ご無沙汰しております」と切り出した五郎丸は、W杯後の15~16年シーズン後にスーパーラグビーのレッズでプレーした後、フランス1部リーグ「トップ14」のトゥーロンに完全移籍。
    古巣復帰について「なかなか出場機会が少なかった分、パフォーマンスをしっかり出して、ヤマハ発動機の優勝に貢献したい」と意気込みを語った。

    日本復帰の理由については「出場試合数が少なく、これ以上海外にいると(今後の選手生活が)難しいなと思った。
    そんな中で(ヤマハ発動機から)声が掛かったので、帰ってきたいなと思った」と包み隠すことなく語った。
    それでも1年半の海外進出に「後悔はない」ときっぱり。
    南半球と北半球、両方の世界最高峰リーグで肌で感じた体験を、チームや日本ラグビー界に還元していく考えを示した。


    http://m.sponichi.co.jp/sports/news/2017/07/03/kiji/20170703s00044000149000c.html 


    所長見解:もう無理じゃね・・・
    【【あの人は今】ラグビー・五郎丸、ヤマハ発で「優勝に貢献したい」 日本代表復帰にも意欲ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    田臥勇太(36、現・栃木ブレックス)といえば、すでにテレ朝を退社している前田有紀元アナ(36)との交際が有名だが…
    ここへきて、あの有名女子アナの名前が週刊誌の見出しに躍った。
    「よりによって、相手が“あの男”だったとはね。
    ま、不倫よりはマシだとは思いますけど…」(テレビ局関係者)

    テレビ朝日の人気アナウンサー、竹内由恵アナ(31)と日本人初のNBA選手、田臥勇太との熱愛が『週刊新潮』によってスッパ抜かれた。

    「竹内アナが栃木県宇都宮市内にある田臥のマンションに“お泊まり”する様子がバッチリ撮られたのです。
    次の日、マンションから出てきたときの彼女の表情は、いささか“お疲れ気味”だったといいますから、“何かあった”ことは間違いないでしょう。
    2人とも30代の“やりたい年頃”ですからね」(芸能レポーター)

    童顔とショートボブの髪形で人気の竹内アナは、'16年の『好きな女性アナウンサーランキング』(オリコンスタイル調べ)で8位('15年7位)と、テレビ朝日でトップ。
    女子アナへの登竜門といわれる『ミス慶応』を経て'08年4月に入社。
    そして、同年10月から'13年9月まで『ミュージックステーション』の司会を務めて人気アナとなり、現在は『やべっちF.C.』の他、'15年3月から続く『スーパーJチャンネル』のメーンキャスターを務めている。
    「入社当初は“チャラい”イメージが先行していましたが、今では、ニュース原稿の読みも上手になり、“夕方の顔”になった」(女子アナウオッチャー)

    その一方で、竹内アナも三十路に入り、結婚願望が強くなってきたようだ。
    「いわゆる、“30歳は女子アナの曲がり角”という問題で、彼女は、できれば結婚&寿退社したいと考えているようです。2人の交際は最近始まったということです」(テレビ局関係者)

    田臥は、前田有紀元アナ(36)との交際が有名だが…。
    「一時は同棲までして結婚寸前とまで言われましたが、結局、別れてしまいました。
    田臥はこれまで女子アナのインタビュー取材は断ったことがないというほどの“女子アナ好き”で有名です」(女子アナ・ライター)

    t


    そこで、聞こえてきたのがこんな声…。
    「竹内アナが泊まったマンションは、前田元アナの頃と同じ。
    ということは、“ベッドも同じ”可能性がある。
    “先輩”の愛の雫が染み込んだマットの上でスルなんて、竹内アナも、やるな~というものです」(同)

    禁断の“ダブルドリブル・ラブ”とは、今どきの女子アナらしい?
    田臥の身長はプロバスケットボール選手としては低い173センチ。
    竹内が162センチだから男女のバランスとしても、ベッドの中での絡み合いでもちょうど良いサイズ? ではありますけどね


    週刊実話
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13265279/


    所長見解:同じ局の先輩・後輩って・・・
    【【女子アナ】田臥勇太、竹内由恵と前田有紀元アナをラブの“ダブルドリブル”ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ