ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:スポーツ選手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今年の全日本選手権を史上最年少で制し、五輪の金メダリストたちも次々と撃破。
    張本智和選手は、弱冠15歳ながら名実ともに日本ナンバーワンに上り詰めた。
    メディアは当然、その成長過程を知りたがる。
    すると、彼の地元、仙台に残された遺恨に突き当たるのだ。

    張本選手は、2020年の東京五輪を17歳で迎える。

    「目下のところ、メダル候補の最右翼です」

    そう語るのは、スポーツ紙の五輪担当記者。

    「6月のジャパン・オープンでは、リオ五輪金メダルの馬龍や12年ロンドン五輪で金の張継科といった中国選手を破って初優勝しました。
    勢いはまだまだ続くと思われるので、各社、張本選手の生い立ちから取材しているのですが……」

    と、口ごもる理由は、

    「彼が小学生時代に所属していた、仙台卓球センターの『仙台ジュニアクラブ』にあります。
    ここはかつて、福原愛ちゃんもいたんですよ。
    クラブ代表だった狭間善次さんはこれまで、様々な取材をさせてくれました。
    でも最近は、“一切、張本のことは喋らない”と取材拒否を貫いているんです」

    いったい、どんな事情があるのか。
    狭間、張本の双方を知る関係者が明かす。

    「実は、狭間さんと張本家のあいだで金銭トラブルがあったんです。
    狭間さんは古くから、不動産業のかたわら卓球教室をやっていました。
    そしていまから20年前、中国でプロ卓球選手だった張本くんの両親を招いた。
    福原愛ちゃんの親御さんの紹介でした。
    2人を社員にし、卓球の指導にあたってもらったわけです」

    父親は宇(ゆ)さん、母親は凌(りん)さん。
    彼らの息子の成長とともに諍いの芽も膨らんだ

    h


    ■写真も燃やされ…

    どういうことかというと、

    「張本くんが強くなり、彼だけが出場する大会が増えました。
    そこに同行する宇さんを、狭間さん側は“保護者として行っているだけだから仕事ではない”とした。
    挙げ句、給料のカットを通告して、センターも使用禁止。
    夫妻は会社を辞め、2年前に『張本卓球場』を開きました。
    かなりの生徒がそっちへ移りましたね」

    この喧嘩別れには、物騒な噂までつきまとう。

    「センター内に歴代大会入賞者の写真が飾られていました。
    張本くんのも当然あり、凌さんが写真を引き取りたいと申し出た。
    すると狭間さんは断り、燃やしてしまったというのです」

    ここは事実関係を当人たちに確認するしかあるまい。

    まず、狭間氏に接触すると、

    「取材はお断りしているんです。
    別れるときに嫌なことがあったんだけど、その内容は差し控えたい。
    でも、“給料を払わない”とは言っていない。
    凌さんだけが残ってコーチする機会が増えたから、凌さんの給料は上げると言ったけど、折り合いがつかなかった」

    とだけ語り、手でバツを作って口を噤んでしまった。

    一方の宇さんの話。

    「私からするとクビだけど、あっちはクビじゃないって言う。
    でもどちらが正しいかは周りの人が知っています。
    それでいいじゃないですか。
    センターが使えなくなって苦労したけど、いまはここでやれているから」

    両者はいまも大会などで一緒になるが、挨拶はおろか、目も合わせないという。

    張本選手の父親と給料カットマンの因縁はかなり根深い。
    ピンポン外交で和平とはいかないようだ。


    週刊新潮 
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/07100559/?all=1


    所長見解:いろいろあるな・・・

    【【チョレイ】卓球「張本智和」家と地元卓球教室の因縁がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    サッカーW杯ロシア大会で2ゴールを挙げた日本代表MF乾貴士(30)が7日、自身のツイッターを更新。
    タレント、小島瑠璃子(24)との2ショットを公開し、「むっちゃファンやったから嬉しい」と喜んだ。

    乾は「小島瑠璃子さんに会えた しかも、わざわざ待っててくれて写真撮ってもらえたー!」とつづり、小島との写真をアップ。
    乾は、両手でピースサインを作る小島の横で満面の笑みを浮かべており、「まじ優しい!むっちゃファンやったから嬉しい ありがとうございました!!」と感激しているようだった。

    小島もツイッターで「せやねん!に出演されていた乾貴士選手にお会い出来ました サタプラ終わりにロビーで とっても気さくで素敵な方でした。
    W杯本当にお疲れ様でした 感動が蘇る~」と記し、乾との2ショットを掲載した。

    https://www.sanspo.com/soccer/news/20180707/jpn18070714360012-n1.html

    no title


    所長見解:ご褒美やね・・・

    【【サッカー日本代表】乾貴士、こじるりとの2ショットがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    失礼ながら、大方の見方を覆す健闘となった西野ジャパン。
    もちろん、日本中がお祭りムードになって当然の躍進なのだが、まずは「貶してごめんなさい」があってからの話ではないだろうか。

    本誌・週刊ポストも6月11日発売号では〈期待感ゼロ〉〈W杯開幕を目前に、ここまで日本代表への期待が高まらないことも珍しい〉などと書いてしまった。
    素直に謝るしかない。
    そこで、事前予想で西野ジャパンを酷評していた人たちに「本誌と一緒に謝りませんか」と呼びかけてみた。

    まずは2006年ドイツW杯の時のエース・高原直泰氏だ。
    6月10日放送の『ジャンクSPORTS 3時間スペシャル』(フジテレビ系)に出演し、小野伸二氏が「2勝1分」、稲本潤一氏が「1勝2分」といった具合に元代表選手たちが1次リーグの結果予想を述べるなかで、ただ一人「3戦全敗」を予想。
    「現実問題、これはあり得る」と力説していた。

    s


    まさかの快進撃を受け、どう答えるのか。
    高原氏が代表を務める沖縄SVに取材を申し込むと、広報担当がこう回答した。

    「取材依頼はたくさんいただいていますが、チーム(沖縄SV)にとって重要な試合が続くので、W杯関連の取材は一切お断わりしています。
    予想が外れたことですか? 
    高原も日本が勝ったことをすごく喜んでいます。
    負けてほしいという意味でいったのではなく、“それぐらい厳しい相手でレベルが高い”ということがいいたかったわけですから。
    反省や謝罪というより、むしろ外れて一番喜んでいるのが高原ですよ」

    何だか言い逃れのようにも聞こえるが、本誌もまったく同じ気持ちである。

    戦前に酷評予想をしていたコメンテーター陣のなかには、テレビなどで“謝罪”に追い込まれた人も少なくないが、その表情は暗くはない。
    高原氏と同様に、「日本は3戦全敗の可能性が高い」とテレビでコメントしていた中西哲生氏は、コロンビア戦後に『サンデーモーニング』(TBS系、6月24日放送)で「ボクに対して『喝』を……」とコメントして笑いを誘った。

    つづく


    ポストセブン 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180702-00000004-pseven-spo


    所長見解:まあね・・・

    【【サッカーW杯】「3戦全敗」を予想した高原氏と中西氏の言い分がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    フィギュアスケート男子でバンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(32)が競技会に復帰することが明らかになった。
    1日、所属事務所が発表した。

    t


    高橋は所属事務所を通して「新シーズンが始まる7月1日、競技会への復帰をさせて頂くことをご報告させて頂きます」とコメント。

    「2017年の全日本フィギュアをテレビ放送業務で立ち合い、『それぞれの立場、目標で全日本選手権を戦う選手たちの姿を見て感動し、この緊張感の中で戦いたい、滑りたい』と思うようになりました。
    もう一度、体をいじめ、鍛え直し、引退前に感じることができなかった、『競技人生やり切った』と思える演技をしたいと思っています」と報告した。

    1日夜に都内で会見を行う予定。

    高橋は8歳からスケートを始め、初出場の06年トリノ冬季五輪8位。
    10年のバンクーバー五輪で銅メダルを獲得し、2月のソチ五輪で6位だった。
    世界選手権では10年に金メダル、07年と12年に銀メダル。
    GPでファイナルを含む通算9勝、全日本選手権で5度優勝。

    2013-14年のソチシーズンを最後に現役引退。
    14年10月に行った引退会見では「けがは大きな理由ではない。モチベーションという意味では理由はあるかもしれない。今の僕では(再び五輪を目指すのは)不可能だと感じた部分はあった」と説明していた。


    デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/general/2018/07/01/0011405227.shtml

    所長復帰:なんでやろ・・・

    【【フィギュアスケート】高橋大輔が現役復帰の理由がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ロシアワールドカップで奮闘する西野ジャパン。
    ベスト16を決めたが、事前にスタメン情報が漏れていることに本田圭佑、長友佑都は苦言を呈した。
    なぜ情報は漏れるのか。
    問題の根源はどこにあるのか。 

    w


    なぜ先発情報が漏れるのか

    薄氷ながらロシアワールドカップでベスト16進出を決めた日本代表。
    下馬評を覆してのグループリーグ突破は高く評価されるべきことだが、その裏では残念なことも起こっていた。
    スタメンなど非公開情報の漏えいだ。

    発端はポーランド戦の前にさかのぼる。
    一部で報道されたスタメン情報が、試合とまったく同じだったのだ。
    非公開練習の情報が漏えいしたとしか思えない記事に、試合後、本田圭佑と長友佑都が苦言を呈した。
    長友に関しては「力を貸してほしい」という懇願に近いものだった。

    当たり前のことだが、このような「非公開」とされている情報が外に出ることはチームにとってマイナスだ。
    相手にとっては対策できてしまうからである。
    では、なぜこのような問題が起こるのか。

    主に2つある。

    1つは、非公開練習をのぞき見するパターン。
    すき間なのか高い場所からなのか、閉まっている場所をのぞき見て、記事にする。
    やろうと思えばできるが、私は日本代表の練習においてはそれをしたことがない。
    「伝えるべき」と思わないからだ。

    前提条件として、日本代表の練習は極めて恵まれている。
    ワールドカップ期間中、コロンビア・セネガル・ポーランド・ベルギーと練習取材に出向いたが、日本よりも圧倒的に公開される情報が少ない。
    90分フルで公開されたとしても、フィジカル系トレーニングをしてあくまで「ファン向け」に見せる場合のみで、それ以外はほとんど見られない。

    のぞき見もほぼ不可能。
    そもそも会場の外に出されるパターンさえある。
    選手取材も日本ほど多くない。というかほとんどできない。
    毎日4~5人の選手から話が聞ける日本は世界的にも恵まれていると言える。
    他国は、監督あるいは選手1人だけが一日のうちで唯一取材対応がある、といった具合である。

    昨日私は往復3時間かけてベルギーの取材に行き、15分間、きらりと光るロベルト・マルティネス監督の頭を眺めるだけで終わった。
    監督の記者会見しかなかったのである。


    フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180630-00278788-footballc-socc


    所長見解:なんでやろな・・・

    【【サッカーW杯日本代表】スタメンが漏れる理由がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ