ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:スポーツ選手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    “浪速のジョー”こと、辰吉丈一郎。
    現在、47歳。一応、現役のボクサーだ。
    しかし09年3月、タイでの敗戦からリングに上がっていない。
    よって、無収入。
    それでも、上がれるリングがあるという可能性を信じて、一日たりとも練習をさぼらない。すでに国内ライセンスは剥奪されているため、次の試合は未定。
    8年もファイトマネーを手にしていないため、無職。
    出口が見えない迷路をいまださまよいながらも、練習を続ける往生際の悪さ。
    それこそが、ジョーなのだ。

    j


    年上の妻・るみさんは何度も、「もう辞めて」と引退を勧告。
    すると、「おまえが悲しむことはしない。おまえが悲しむなら、辞める」と素直に応じるも、その数分後、練習道具を詰め込んだカバンを持って、家を出る。
    妻は、見慣れた夫の後ろ姿を見て、ニンマリする。
    ジョーがるみで、るみがジョー。
    伝説のカリスマプロボクサー・辰吉丈一郎は、辰吉るみでもあるのだ。

    そんな2人の今を伝えたのが、NHK総合の『ノーナレ』。
    タイトルどおり、ノーナレーションのドキュメンタリー番組だ。
    “ドキュメンタリーはナレーションありき”という映像業界の常識を逆手にとって、撮れた画、発した言葉をそのまま流す。
    ダイレクトに心に響くいっぽう、ナレーションなし、テロップに依存しないシンプルさは、不親切といえる。
    目を凝らして、耳をすませて、神経を集中させて身を投じなければ、理解できないからだ。優しくなりすぎた昨今の番組制作に異論を唱えるように、徹頭徹尾、視聴者を突き放す。

    それはさながら、辰吉の生き方でもある。
    頼らない。媚を売らない。社会不適合者。
    われわれがふと、「昔はよく観たなぁ」と20年以上も前のリングに思いを馳せるのは、不親切で不器用な男の生き方が、とてつもなくカッコよかったという残像があるからだ。

    12月18日には、「辰吉家の常識 世間の非常識」というタイトルで放映された。
    るみさんの親が経営する喫茶店で、2人そろってインタビューに答え、辰吉の練習、仲間とのBBQにもカメラが潜入。
    テレビ収録であるにもかかわらず、辰吉は遅刻。反省の色は、さほどない。
    眼下底骨折の悪影響か、両目の視線が定まらず、呂律も回らないパンチドランカー状態。
    日本国民を熱狂させた一流アスリートのその後としては、目を覆いたくなる実情だ。

    同番組は過去に、元やくざのうどん屋、ゲーマー夫婦、パーソナルスタイリスト、荒海で働く漁師、元棋士のひふみんこと加藤一二三、見当たり捜査員、北陸のすし職人ほか、多くの人間にスポットを当ててきた。
    今年最大のヒット回が、この辰吉夫婦。
    放送中・直後から、絶賛の声がツイッターや局に続々届いたという。

    定点カメラでその業界の3日間に密着する同局の『72時間』と同じく、人の魂が詰まっている『ノーナレ』。
    辰吉夫婦の回は、18年1月7日に再放送を予定している。
    魂が揺さぶられっぱなしになること、間違いなしだ。

    http://wjn.jp/article/detail/7517514/


    所長見解:老けたよね・・・
    【【辰吉無双】呂律が回らない“浪速のジョー”ってよ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フィギュアスケートのソチ五輪代表で4月に現役引退した村上佳菜子(23)が、14日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(火曜・後7時56分)に出演し“職業病”を明かした。

    m


    スケート靴のヒモをきつく縛るタイプという村上は「ここだけ男の人みたい」とスケート靴のひもが当たる部分の体毛が濃くなったことを告白した。

    また、かき氷大好きという村上は「1日に最高9杯食べた」と自己記録を披露。
    司会の明石家さんま(62)は「おなかは痛めないの?」と冷えを心配。
    村上は「痛めます。シャーシャーです」といい、お気に入りのかき氷は和菓子店「厨菓子くろぎ」の「黒みつきなこ」で、腹が下ることも気にしない“かき氷愛”を笑顔で語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13890966/
    スポーツ報知


    所長見解:そこなのか・・・
    【【秘所剛毛】フィギュア・村上佳菜子、職業病で体毛増える「ここだけ男の人みたい」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈(34)が15日放送のフジテレビ系「良かれと思って」(水曜・後10時)に出演。
    過去の俳優やお笑いタレントとの交際歴を赤裸々に明かした。

    m


    番組スタッフとの取材を兼ねた飲み会でしたたかに酔った丸山は「(交際は)ありますよね。俳優さんとも芸人さんとも今でも連絡取っています。
    (俳優の)○○さん(放送はピー音)は、ただの性欲オバケだった。
    1回が4時間。昼に明るいじゃないですか。(そこから始めて)最終的に夜なんですよ。
    1晩に4回とか…。多少の股関節痛はありましたよ」とまさに赤裸々告白。

    「お相手の名前は?」と聞かれると、「それは言えないです」といったんは断ったが、MC陣のジャンケンで勝った劇団ひとり(40)にだけ耳打ちすることに。
    「言わないで下さいよ」とささやきながら名前を口にした丸山だが、それを聞いたひとりは「すごい! トップクラス。日本の俳優さんの中でトップテンに入る人。
    こういう(名前伏せの放送で聞いた)中で一番すごい人」と興奮しきりだった。

    https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/20171115hochi165


    所長見解:誰なんだ・・・
    【【驚愕大物】元なでしこ・丸山桂里奈、有名俳優との交際歴を激白ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    引退危機に陥っているボクシングの前WBA世界フライ級王者・井岡一翔(28=井岡)が近く、騒動について自ら説明することになりそうだ。

    5月に結婚した歌手・谷村奈南(30)のSNSは“プチ炎上”。
    9日に王座返上を発表した井岡の父で井岡ジムの一法会長が、井岡が結婚後に拠点を大阪から東京に移し、練習がコンスタントにできなくなったことが理由と明かしたため、谷村のツイッターやインスタグラムに「おまえのせいで井岡がダメになった」など非難するコメントが書き込まれた。

    谷村は当初、「本人からの言葉でそう思ったのですか?そうでないなら、まず本人の言葉を聞いてから批判するなりしてください」と対応。
    その後、「必ず本人が、ファンの皆さんへ真実をお伝えします。
    私自身もちゃんと話せない立場とタイミングで、言葉を書いてしまい反省しています」とツイートした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000016-spnannex-fight

    no title


    所長見解:こんな美人だったらね・・・
    【【嫁体原因】井岡引退危機、妻に飛び火 谷村奈南の対応がプチ炎上ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    台風が過ぎ去った10月23日の深夜0時半、京都・四条河原町の交差点に、熱いキスを交わす男女の姿があった。

    ハリウッド映画のように激しく唇を求め合う長いキス。
    1分ほど唇を重ねた後、二人は抱き合い、肩に頭を乗せた女性に男性は何事か甘く囁いている。
    どうやら、帰ろうとする女性を説得しているようだ。

    「帰る」「帰らないで」のやりとりをしながら、女性の持っていた傘を取り上げたり、手を握ったり……。
    二人きりの世界を楽しんだ後、美女としっかりと手をつないで夜の街へと消えていったこの男性、競馬界のレジェンド・武豊(48)である。

    武は95年に女優の佐野量子(49)と結婚しているが、もちろん、今回本誌が目撃した相手は妻ではない。
    京都のど真ん中とも言える繁華街で、人目も気にせずに熱いキスを見せたのは、あろうことか“職場”の女性だ。

    no title


    「タレントの小浦愛(26)という女性です。
    彼女は去年から競馬番組のキャスターを務めており、騎手たちが調教などを行う栗東トレーニング・センター(滋賀)の取材を担当している。おそらく、武さんとも栗東で知り合ったんでしょう。
    小浦さんは小柄で天然系なので、その辺りは奥様に似ているのかもしれません」(スポーツ紙競馬担当記者)

    11月5日、武が京都市内の豪邸に帰宅したところを直撃。
    紳士的に取材に応じてくれたが、記者はもちろん、本人すら予期せぬ展開が待っていた。

    ――23日、小浦愛さんと一緒でしたよね。

    「はい。(僕は)ベロベロだったでしょ?」

    ――どういった関係なんでしょうか。

    「いや~、知り合いですよ」

    直後、豪邸の玄関が急に開き、量子夫人が登場。
    「大丈夫?」と夫に一声かけると、家に戻るよう促す武を無視し、記者の前に出てきた。

    武「フライデーさんだよ」

    夫人「えっ、どうかしたの?」

    ――お騒がせしてすみません。

    このあとも量子夫人は自宅に戻ろうとはせず、夫人同伴での直撃取材となった。
    11月10日発売のFRIDAY最新号では、夫人同伴での直撃取材の様子を詳しく報じている。
    また、FRIDAYデジタルでは、武と美人キャスターの密着ツーショット動画も公開中。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171110-00010000-friday-ent


    所長見解:前にもあったよね・・・
    【【騎乗上手】武豊「美人競馬キャスターを抱き寄せ、熱いキス!」ってよwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ