スポーツ選手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マラソン、あとは?

    m


    所長見解:まあな・・・

    【【結果発表】三大見てて何が面白いかわからないスポーツがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    突然の現役引退を宣言し、日本中を驚かせた“霊長類最強女子”吉田沙保里(36)。

    1月10日に開いた引退会見でも「女性としての幸せを絶対に掴みたい」と語るなど、かねてから結婚や出産への強い憧れを口にしていた。

    だが世界のトップとして活躍し続ける吉田にとって、出産は高いハードル。

    『婦人公論』16年3月8日号のインタビューでもこう語っている。

    「結婚はもちろんしたい。
    ただ、子どもができたら、競技生活は続けないでしょうね。
    私は家族をもったら、そっちに専念したいほうなので」


    現役続行か出産か――。

    その狭間で揺れ続けた吉田。

    だが、そんな彼女の気持ちを縛りつける人物がいた。

    大学時代から吉田を指導してきた栄和人氏(58)だ。

    s


    実は“親友”澤穂希(40)との対談で、吉田はこんなことを明かしていたのだ。

    「たしかにレスリングは今しかできないし、恋愛は後でもできる。
    でも、できたら彼氏が欲しい(笑)。
    栄監督も私がロンドン五輪までに結婚したいって言ったら、してもいいって言うし……。
    ただ、子供はダメだって」(『スポルティーバ』09年2月号)

    「子供は産むな!」という恩師に課せられた“呪縛”。

    パワハラ以外の何ものでもない命令だが、吉田はかたくなに守り続けた。

    そして昨年、栄氏による伊調馨選手(34)らへのパワハラ騒動が発覚。

    吉田は苦悩した。

    だが同時にそのことは、彼女を解放するきっかけにもなっていた。


    「栄さんがパワハラ問題で激しく批判された際も吉田さんは、沈黙を貫きました。
    引退会見では『世界で活躍できる選手に育ててくれたのは栄監督だと思っています。
    感謝の気持ちでいっぱいです』と告白。
    それほど吉田さんは、栄さんのことを尊敬していました。
    実は、リオ五輪のときに引退を決めていたそうです。
    年齢や持病の喘息のこともあり、肉体的には限界を迎えていました。
    それでも東京オリンピックを目指したのは『支え続けてくれた栄監督のためにも、もう少し頑張ってみよう』という思いがどこかにあったといいます。
    そんな矢先に、栄さんが協会の強化本部長を辞任した。
    そこで肩の荷が下りたのでしょう。
    彼女は『もう自分のために生きてもいいのかな』と考え、引退を決断する決め手になったそうです」(前出・レスリング協会関係者)

    長い時を経て“十字架”をおろした吉田。

    新たなる幸せを求め、彼女は再び歩み始める――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00010000-jisin-ent


    所長見解:なんかね・・・

    【【レスリング】栄監督、吉田沙保里に「子供は産むな」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    さおちゃん、お疲れ様―。

    10日、現役引退会見に臨んだレスリング女子の吉田沙保里さん(36)には、高校時代に6回告白して6回フラれた同級生の男性がいる。

    後に国民栄誉賞を受賞する五輪V3女王が「きんちゃん」との呼称で熱烈に想(おも)いを寄せた三重県名張市の会社員・北森久史さん(36)が、スポーツ報知の取材に応じ「結婚して、第2の吉田沙保里を育ててほしいです」と女性としての幸福を願った。

    霊長類最強女子がマットを去ることを表明した8日午後、北森さんはLINEを送った。

    「さおちゃん、本当にお疲れ様でした」。

    すぐに返信があった。

    「きんちゃん、ありがとう」

    今も吉田さんとの友人関係が続いている北森さんは「東京五輪を目指すと思っていたので予想外でしたけど、今はただ『お疲れ様でした』とだけ伝えたいです」と話した。

    そして、引退会見で「女性としての幸せ」を願ったクラスメートに思いを重ねた。

    「やっぱり結婚して幸せになってほしいですし、第2の吉田沙保里を育ててほしいな~って思いますよ」

    y


    三重県立久居高スポーツ科学コースのクラスで3年間、ずっと一緒だった。

    「めっちゃ仲良くて、ずっと一緒に話してるくらい。
    素顔のさおちゃんは…皆さんがテレビで見るまんまです」。

    小中学校時代、元西武の岡本篤志投手(37)とバッテリーを組んだ経験もある野球部の主砲に、吉田さんは恋をした。

    一途(いちず)に想い、6回告白した。

    そして…6回フラれた。

    「断って、気まずくなって、また仲良くなって、の繰り返しでした。
    周りは『付き合ったらえーやん』って言うし…」

    「ごめん」の理由は、恋愛対象外だったからではない。

    「レスリングの邪魔になっちゃいけないと思いましたし、さおちゃんはすぐ金メダリストになって有名人になると分かっていました。
    自分が付き合うような人じゃないって」

    沖縄への修学旅行中、決意は揺るぎないものになった。

    「浜辺で野球部全員が一人ずつ相撲を挑んだんです。
    みんな体も大きいし、さすがに勝つと思ったんですけど、高速タックルで全員一撃でした。ホント速すぎて見えないんですよ!」

    クラスで男子がケンカを始め、吉田さんに「きんちゃん、止めて!」と言われた時は相反する感情が交錯した。

    「女の子っぽいトコあるじゃん…と思いつつ『お前がタックルすれば一秒で止まるわ』と思う自分もいました…」

    最後の告白は卒業式の後、校舎の陰で。

    「付き合ってよ。付き合って…ください」。

    事前に、吉田さんの母・幸代さんからも「きんちゃん、お願い」と連絡を受けていたが、断腸の思いで信念を貫いた。

    「あの頃、さおちゃんと付き合ってたらどうなってたんだろうなーって思ったことは…ありますよ」

    20代で結婚し、今は2男1女のパパになった北森さんは願う。

    「家族ぐるみの仲になったら楽しいだろうなあ、なんて思います」


    ◆「嫌いじゃない。住む世界が違う」

    あの夏から15年が過ぎた。

    アテネ五輪直前の2004年6月、吉田さんの母・幸代さんから「沙保里はクラスメートの『きんちゃん』に6回告白して6回フラれたんですよ」と聞いた。

    「きんちゃん」なる男性を探す旅を始め、ようやく会えたのは同年8月23日深夜、2人の母校・久居高の体育館。

    吉田さんが初の金メダルに挑む決勝が映し出されたパブリックビューイング会場だった。

    北森さんは記者の直撃を笑顔で受け入れ「嫌いだったわけじゃないんです。
    さおちゃんと僕じゃ住む世界が違うから、友だちでいた方がいいと」と爽やかに語ってくれた。

    翌朝のテレビで、徳光和夫さんは現地スタジオの吉田さんに尋ねた。

    「吉田さん、6回もフラれたんですか! 日本の新聞の1面に載ってますよ!」。

    真っ赤にした顔を「恥ずかし~!」と手で覆いながらも、どこかうれしそうな金メダリストの姿を今でもよく覚えている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15856774/
    スポーツ報知

    所長見解:六回・・・

    【【初恋の人】レスリング・吉田沙保里さんを6回もフッた男がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    絶体絶命の残り10秒から2ポイントを奪い、34歳の伊調馨(ALSOK/五輪4連覇)が川井梨紗子(24=ジャパンビレッジ/リオ五輪金)に3―2で逆転勝利。

    3年ぶりの全日本優勝で、あらゆる競技でも前人未踏の「オリンピック5連覇」へコマを進めた。

    no title


    レスリング「伊調馨」、奇跡の復活優勝を「栄和人」元監督はどう見たか?

    12月23日、東京の駒沢体育館は異様な熱気に包まれた。

    平成最後のレスリングの天皇杯全日本選手権最終日。

    女子57キロ級の決勝では、終了間際に伊調が川井を前へのめらせてバランスを失わせ、すかさず右足を取りバックに回った。

    最後は「参ったか」といわんばかりに相手を押さえつける腕をぐぐっと震わせ、大逆転勝利の瞬間は雄叫(おた)けびをあげ、普段はまず見せないガッツポーズを披露した。

    前日の予選リーグでは、伊調は消極性から川井に僅差で敗れていた。

    そこからリーグ戦の残り試合と準決勝を勝ち上がっていた。

    一方の川井は順当に勝ち上がり決勝で再び相まみえたのだ。

    伊調の土壇場での逆転は、まさにリオ五輪決勝を思わせた。

    リオ五輪以来の公式戦となった10月の復帰戦(全日本女子オープン)優勝では、注目の東京五輪について「目指すとはまだ言えない」と話していた伊調。

    今回は「全く見えていなかったものがぼやって(ぼやけて)見えてきた」などと語り、田南部力コーチ(43)は「全盛時までにはまだ7割」と話した。

    川井は茫然自失ながらも「馨さんはやはり馨さん。2年もブランクがあっても強い。簡単ではないことはわかっていた。でも私もオリンピック目指してるし……」と前を見据えた。

    実は川井は妹の友香子選手(21)との姉妹での五輪出場を目指して階級を一階級軽く変更していた。

    リオ五輪の前の全日本では同階級で姉妹決戦となってしまっていたからだ。

    間近で試合を取材して感じたことがある。

    前半、川井が伊調の目を偶然、指で突いてしまう場面があった。

    怒ったわけではないが目を抑える伊調に川井は手を出して謝っていた。

    何しろ10歳上の至学館大学の大先輩だ。

    このあたりからどこか、闘志をぶつけにくくなる微妙な心理変化があったかもしれない。


    素人目にも川井には大きなチャンスがあった。

    立ち姿勢で川井に足を取られた伊調が、「けんけん」で必死に後退して場外へのがれた。

    片足の伊調に簡単に引っ張られて最低失点の1ポイントにとどめさせてしまった川井だが、絶対に足を離さずに中へ引きずり込めば、さらに大きな好機が生まれたのではないか。

    「少しずつでもポイントになればいい」と川井がマット中央での力勝負をどこか避けていたようにも感じた。

    基本的に川井は守りの姿勢だったが、後がない伊調は乾坤一擲の勝負を賭けた。

    その差が出た。

    レスリング史に残る名勝負について「土壇場でひっくり返す伊調選手の勝負勘はさすがだけど、梨紗子はもっともっと追い込めた。
    もったいない場面はいっぱいあった。
    あと3ポイントは取れていたはず。
    まだまだ甘いよ」と語るのは、伊調へのパワハラ騒動で全日本チームの強化本部長と至学館大学女子レスリング部の監督を降りた栄和人(58)だ。

    あるレスリング協会関係者は「やはり栄さんがマットにいないことで、川井選手は心理的に安心感が持てず、強気にもなれないのかもしれない」と語った。

    >>2以降に続きます

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181226-00554022-shincho-spo


    所長見解:出た・・・

    【【あの人は今】レスリング・伊調馨、奇跡の復活優勝を「栄和人」元監督は・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆レスリング 全日本選手権最終日 ▽女子57キロ級決勝 伊調馨3―2川井梨紗子(23日、東京・駒沢体育館)

    女子57キロ級決勝は五輪4連覇の伊調馨(34)=ALSOK=が、2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=を3―2で破り、3年ぶり13度目の復活優勝を遂げた。

    伊調と川井梨の母校・至学館大の谷岡郁子学長が、レスリング部監督で日本協会の前強化本部長だった栄和人氏のパワハラ問題などを振り返り「ともに苦しかった1年だったと思う」と語った。

    騒動の渦中では「SNSの攻撃にさらされ泣く選手もいる中、梨紗子が引っ張ってくれた」と代弁。

    被害者の伊調については「改めて偉大な強さを感じた。梨紗子にとっても、さらに偉大な素晴らしい目標ができた試合だった」とたたえた。


    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00000046-sph-spo


    no title


    所長見解:この人・・・

    【【女子レスリング】至学館大・谷岡郁子学長、伊調と川井を絶賛ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ