スポンサー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2014年から昨年まで5年連続で視聴率3冠を獲得している日本テレビが、よりによってジャニーズ事務所を激怒させる失態を犯していたことが分かった。

    場合によっては、ジャニーズの次代を担うといわれる人気アイドルグループ「King&Prince(略称キンプリ)」の同局番組降板、さらには出演プランが浮上している「24時間テレビ」の起用にも影響する事態になりかねない、というから穏やかではない。

    舞台裏を追跡した――。

    問題となった番組は、朝の情報番組「ZIP!」(月~金曜午前5時50分)だ。

    キンプリは現在、同番組でレギュラーコーナーを持っているのだが…。

    「担当プロデューサーはオロオロするばかり。
    最悪の場合、ジャニーズは、キンプリを降板させることも視野に入れている。
    かなりヤバい状況に陥っています」(放送作家)

    騒動の発端は「ZIP!」でナショナルスポンサーである「アート引越センター」が降板を申し出たことだという。

    ナショナルスポンサーとは、全国を対象に広告を行うスポンサー。

    特定の地域のみでCMを流すローカルスポンサーとは、負担する金額も違ってくる。

    ちなみにキンプリのレギュラーコーナーは「DESHIIRI King&Prince」。

    内容は、メンバーがある仕事に1週間、弟子入りし、その様子を約5分間のVTRにまとめ、月~金曜に連日放送するドキュメント番組だ。

    昨年11月5日から9日までは、神宮寺勇太が“引っ越しのプロ”に弟子入りする様子が放送された。

    「もちろん最初は、スポンサーであるアート引越センターにオファーしたが多忙を理由に断られた。
    プロデューサーは迷ったが、時間もないからライバル社のサカイ引越センターにオファーしたら一発でOK。
    それでロケを敢行してしまった」(広告代理店関係者)

    これによってアート引越センターが激怒したという。

    「アートは数千万円のCM料を支払っているんです。
    一方のサカイは1円も払っていないにもかかわらず、莫大なPR効果を得られた。
    アートが激怒するのも無理はない。
    こんなことは前代未聞ですよ。
    日テレの局プロデューサーは、局長もそうですが少々、おごっているとしか思えない。
    二言目には『ウチがトップ』と嫌みのように話すんです。
    かつてのフジテレビを思い出します」(大手代理店関係者)

    j

    こうした日テレの不手際にカンカンになっているのがジャニーズだ。

    「スポンサーを軽んじる日テレの態度が許せないようだ。
    引っ越し業界では今後“『ZIP!』でトラブったキンプリ”との烙印を押されてしまったワケだから」(日テレ関係者)

    またキンプリは、本紙が1月23日発行1面で既報したように、夏の大型特番「24時間テレビ」のメインパーソナリティーに起用するプランも浮上していた。

    「ジャニーズを怒らせてしまったわけだから『24時間テレビ』への出演も辞退しかねない」(同)

    実は日テレのスポンサーに対するチョンボは、これだけではない。

    2月20日に放送された「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(水曜午後7時56分)でも似たような失敗があったという。

    「所ジョージが司会を務める長寿番組ですが、人気コーナー『日本列島ダーツの旅』で、ロンブーの田村淳が栃木県茂木町に行ったが、そこで積水ハウスをやたら絶賛する主婦が登場した。
    実はこの番組スポンサーは大和ハウス工業。
    もちろん大激怒です」(宣伝部幹部)

    ここまで失敗が続くと、日テレとしても何か対応策を取らざるを得ない。

    「広告界では最近『日テレは視聴率3冠でてんぐになっているのでは』と言われている。
    6月の人事異動では、制作や営業など、現在の局長を総シャッフルして対応策を練るといわれている」(事情通)

    最近はテレビ朝日に猛追され「視聴率3冠も風前のともしび」といわれる日テレ。

    ジャニーズを怒らせたツケは今後、どんな結果を招くのか?


    ★日テレ「詳細についてはお答えしておりません」=この件について日本テレビに本紙が取材したところ、広報部は「番組制作に関わる詳細についてはお答えしておりません」との回答だった。

    また、アート引越センターを運営するアートコーポレーション広報宣伝部は「日本テレビ様の放送及び構成内容について、当社では答える立場にございません」と回答。

    一方、サカイ引越センターの広報担当者によると「ZIP!」のスタッフからオファーがあり、番組内容を聞いたうえで「協力できるなら」ということで撮影ロケを受けたという。

    放送後、番組サイドとスポンサーサイドがもめたという話は「特には聞いていない」と話している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000007-tospoweb-ent

    所長見解:こりゃあかん・・・

    【【これはヤバい】「キンプリ引っ越しトラブル」でジャニーズ事務所が激怒の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ウーマンラッシュアワーの村本大輔と美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の場外バトルが勃発した。

    コトの発端は、多数のCMに出演するローラが、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設工事中止を求める署名を呼び掛ける「政治発言」をしたこと。

    この件について高須氏は25日のTwitterで「僕なら降ろします」と発言していたのだが、これに噛みついたのが村本。

    w


    同日のTwitterで

    「おれはそもそも高須さんのその考えは好きではないので高須クリニックがスポンサーの番組一生出なくていい。断る。仕事と思想を絡めるやつの怖さ」

    「スポンサーの頭が高い。稼がせてやってんだから対等だろ」

    と私見を交えて批判したのだ。


    「村本の発言を受け、高須氏も即座に反応。『スポンサーが選ぶ側です。逆はありません』と強調したことで、ネット上では議論となっています」(芸能ライター)

    とはいえ、ネット掲示板のコメントを見ると

    「村本の発言こそ、仕事と思想を絡めていてブーメラン」
    「とうとうコイツ、スポンサーに喧嘩売っちゃったね。テレビ出せないだろ」
    「対等?タレントの意向でスポンサーを降ろしたとか聞いたことない」
    「CM0本の村本が言っても説得力がない」

    とのコメントが並び、村本の劣勢は明らかだ。

    https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201812_post_188403/


    所長見解:そらな・・・

    【【吉本解雇へ】ウーマンラッシュアワー・村本が高須クリニックを批判した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月3日に放送されたNHKのお笑い番組『コントの日』で、“日本コント協会”を発足させたビートたけし(71)。

    「たけしさんには、『コントの日』を『紅白歌合戦』のような国民的番組に育てたいという願望があるようです」(NHK関係者)

    そんな“殿”に一大事。
    旧知のホテルチェーン会長・X氏(70)が逮捕されてしまったのだ。

    b


    「X氏は“関西のホテル王”とも呼ばれ、西日本を中心に30以上のホテルを経営しています。
    たけしが仕事で関西に泊まる際は、彼が経営するホテルを定宿にしていたともささやかれていました」(芸能記者)

    そんなX氏が、今年7月に大阪府警生野署に入管難民法違反(不法就労助長)容疑で逮捕され、社員ら5人も書類送検されている。

    「X氏らには大阪・梅田のホテルで、留学生だったベトナム人を、週28時間の就労制限時間を超えて働かせた疑いがかけられていました」(通信社記者)

    一方のたけしといえば、所属事務所『オフィス北野』の赤字転落を発端に、20年間タッグを組んでいた森昌行社長と激しく対立。
    今年の3月末、たけし軍団をそのまま残し、3年ほど前に設立していた個人事務所へ移籍独立していた。

    「その新個人事務所の設立や独立の際、たけしさんに密かに協力したのがX氏だと噂されていました。
    たけしさんはビジネス上、彼に絶大な信頼を寄せていたといいます。
    “関西のホテル王”である彼がいたからこそ、心機一転、独立後も安心して芸能活動に臨むことができたんです。
    2人は、たけしさんの出身大学・明大OBの“紹介の紹介”で知り合ったそうです」(テレビ局関係者)

    たけしの新個人事務所は「株式会社T.Nゴン」。
    「X氏は新事務所の役員にこそ就いていませんが、社名の一部であるNは、X氏のラストネームのイニシャルではないかとも一部でささやかれました。
    ちなみにTはたけしのイニシャル、ゴンは愛犬の名前です」(芸能事情通)

    その愛犬ゴンをモチーフにした、たけしの短編小説『ゴンちゃん、またね。』(文藝春秋)に登場する作家志望の主人公の名前“関口則之”も、X氏から取ったのではとも噂される。

    そこまで信頼する大物協力者の逮捕で、「新事務所は、いきなりピンチに追い込まれたわけですが、このままだと“北野映画が見られなくなるかもしれません”」(前出のテレビ局関係者)という。

    現在発売中の『週刊大衆』11月19日号では、「北野映画」消滅危機の理由、そして今後のたけしの仕事への影響を詳報している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15557766/
    日刊大衆


    所長見解:あらら・・・

    【【これはヤバい】ビートたけしの協力者逮捕ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    20日に横浜アリーナで決勝があるバレーボール女子世界選手権で、競技団体と大会を共催するTBSテレビに億単位の赤字が見込まれることが関係者への取材でわかった。
    CM収入の低迷が理由という。

    v


    日本バレーボール協会も赤字の見通し。
    大会は女子の人気が高い日本で頻繁に開催されてきたが、国際バレーボール連盟は次回の2022年以降の開催国決定方法を競争入札制に変更。
    経済成長が著しい中国、タイなどが乗り出しているといい、テレビマネーが頼りの日本は金額面で対抗できなくなる恐れがある。

    今大会のTBSの支出は国際連盟への放映権料、マーケティング権料などで計20億円以上。
    企業が広告費を抑えた影響でCM収入が伸びなかったといい、赤字額は10億円近くになるとの見方もある。
    日本協会は入場料収入が伸び悩み、約6億円の損失が出そうだ。

    https://www.asahi.com/articles/ASLBD7K5CLBDUTQP032.html


    所長見解:木村沙織がいればね・・・

    【【大惨敗】TBS「バレーボール女子世界選手権」の赤字額がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    記録的な猛暑にも負けないほどアツアツだった2人も、秋の訪れとともにすっかり鳴りを潜め……。
    明け透けなSNS投稿が炎上した剛力彩芽(26)、そして、お相手のZOZO・前澤友作社長(42)。
    口をつぐんだ背景には、彼女の事務所社長が釘を刺したことがあったというのだ。

    g


    プロ野球の球団を持ちたいと言ってみたり、つい最近も月旅行計画をぶち上げたり。
    相変わらずカレシ側の話題は尽きないが、少なくとも、SNS大炎上は夏を最後に治まっている。

    「実は剛力の所属するオスカープロの社長が、2人にチクリとやったからです」

    とは、さるスポーツ紙の記者。

    「今年7月に、2人はプライベートジェットでサッカーW杯を観戦しに行きました。
    その様子を剛力が自身のSNSに投稿したところ、自慢めいていると顰蹙を買って炎上したわけです。
    慌てて削除したものの、約2週間後には彼女がクルーザーで昼寝をする前澤社長の写真を載せたため、再炎上しました」

    その結果、CMスポンサーから苦情も入り、当初は黙認していた事務所社長も黙っていられなくなったようだ。

    「1カ月ほど前に2人が事務所へ来た際に、社長が“インスタを控えるように”と忠告したそうです。
    2人との面会後に社長が関係者に対して、“前澤は手土産も持ってこなかった”とボヤいていたと聞きました」(同)


    シラケるだけ

    剛力と交際を始めてから、前澤社長は数回、事務所を訪れているが、いつもノーネクタイで、たいていは短パンにTシャツ姿。
    迷惑を掛けたにもかかわらず、手ぶらという非常識な態度が怒りの炎に油を注いだようだ。

    ともあれ、この一件でパタッとラブラブ写真の投稿は消え失せ、炎上することはなくなった。
    が、先を見据えれば、新たな問題が浮上しているのである。

    スポーツ紙デスクが言う。

    「先日、前澤社長が『文藝春秋』のインタビューで、剛力との“結婚予定はない”と明言しました。
    一方で、家族との仲がいい剛力は、強い結婚願望があるだけでなく、女姉妹なので婿養子がほしいと公言しています。
    そんな2人ですから、ゴールインするとはとても考えられません」

    とはいえ、恋の病で盲目となった彼女に、別れる気はまるでないようだ。
    “結婚しない宣言”後も、2人はゴルフや旅行に興じ、先日、パリコレに招待された際には、バカップルぶりを見せつけたりしている。

    しかし、このままズルズルと交際を続ければ、彼女の仕事に、さらに影響が及ぶことになるという。

    テレビ局関係者の話。

    「今、彼女が悲劇のヒロインを演じたとしても、プライベートのハッピーな様子が思い浮かんで、シラケるだけ。
    誰からも共感は得られません。
    彼との交際を続ける限り、舞い上がっている彼女の姿がついて回るから、女優として、仕事の幅が狭まってしまうでしょう」

    将来的に結婚して責任を取ってくれるならば話は別だが、目下、その可能性はゼロ。
    いつまた事務所社長の怒りが再燃しても不思議ではないのである。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181015-00550047-shincho-ent


    所長見解:しかたないよ・・・

    【【ZOZO女優】剛力彩芽所属のオスカー社長が憤激の理由・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ