ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    スッキリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本テレビの厳しい対応に吉本興業が大揺れだ。

    なんと当面の間、情報番組に限定する形で吉本芸人の“使用自粛”についての話し合いがもたれたというのだ。

    ターゲットとなったのは吉本興業の加藤浩次(50)とハリセンボンの近藤春菜(36)、さらに山里亮太(42)がナレーションを務める「スッキリ」だという。


    「きっかけは反社会的勢力相手の闇営業問題に端を発した吉本興業のお家騒動です。
    加藤が番組の意向を無視し、『取締役が変わらなかったら会社を辞める』と吉本興業に迫り世間を騒がせた。
    さらに春菜も加藤に便乗する形でこの問題をあおりまくった。
    視聴率は2桁に達したが、騒動が収束するとこれまでの平均視聴率よりも数字が取れなくなってしまったんです」(局関係者)


    s


    ■“加藤の乱”の後始末

    慌てた日テレサイドは、MCである加藤や近藤の言動を改めて振り返ると共に視聴者のリアクションの変化について徹底解析を実施。

    結果、浮かび上がってきたのは2人に対する“キャスター不適格”という視聴者の厳しい見方だ。


    「加藤による吉本現経営陣への批判は、公共の電波を使ったゴネ得だと見られていたんです。
    当初は威勢がよかったものの、吉本が“経営アドバイザリー委員会”を設置し、従来のマネジメント契約だけでなく『専属エージェント契約』も選択できると発表すると、加藤は自らが提案した案が採用されたため吉本に残留すると番組で表明。
    結局、“加藤の乱”はお家騒動に便乗した自分の権利主張だと視聴者には見えた。
    要は2人に情報番組のキャスターとしての資質はないとされてしまった」(前出の局関係者)


    一方、天の声を務める山里は……。

    「山里の場合はキャラクターに難があるようです。
    最近、女優の蒼井優と結婚してからというもの天狗になってしまったようで、番組スタッフとの軋轢が絶えません。
    今回の加藤の問題に便乗する形でリストラ案が出てきたんです」(前出の局関係者)

     
    現在、日テレ上層部は安易にお笑い芸人を朝の情報番組キャスターに起用したことを反省し始めているという。

    「報道色が濃い、情報番組のキャスターに芸人をキャスティングしているのは日テレだけなんです。
    今回の騒動を受け、特に吉本芸人を報道系の情報番組に出さない方針を取るべく、調整が始まるようです」(事情通)

     
    その第一歩が「スッキリ」だというのだ。

    しかし今後は、ココリコの田中直樹が出ている「ZIP!」も俎上に載せるという。

    「『ヒルナンデス!』は完全なバラエティー番組のため当面は問題にならないようです」(別の関係者)

     
    吉本の食えない芸人を救うべく起こした“加藤の乱”だが、皮肉にも芸人の食いぶちを潰すことになりそうだ。 


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00000011-nkgendai-ent

    所長見解:干されるか・・・

    【【悲報】加藤の乱の失敗で「スッキリ」出演芸人、全員リストラの模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    香取慎吾(42)が28日、日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜午前8時)に生出演し、国際パラリンピック委員会(IPC)の特別親善大使として、東京2020パラリンピック(来年8月25日開幕)について語った。


    午前8時27分、生放送にスタジオに登場した香取は、MCの加藤浩次(50)から「ちょっと眠そう?」と問われ「全然眠くないですよ、スッキリですよ」とあいさつ。

    「(起きたのは)6時くらい。昨日寝たの早かったですよ、9時くらい。今日はもう(体調)バツグンですよ」と元気をアピールした。


    加藤から「朝日新聞の連載とか読ませてもらっているんですよ」と、パラリンピック啓発活動を評価されると、「うれしい。結構やってますね」と笑顔。

    香取はパラリンピックの魅力について「知らないことが多すぎる」こととし、「パラスポーツって、知らないルールがまだまだたくさんあって、競技自体も知らないことがいっぱいなんで、知れる喜びをたくさんいただける」と話した。


    p


    元々はパラリンピックを「知らなかったです」という香取。

    SMAP時代の15年に、パラリンピックサポートセンターの壁画を描いたことなどを機に学習し、18年の平昌冬季大会を生観戦したのが「大きい経験でしたね」と語った。

    「障がいを持った方のスポーツなんで、転んだりミスをした時、『それでも大丈夫、頑張って』という思いがどこかあった。
    それが実際見に行ったら、ミスをした選手に大ブーイングで。
    スポーツで試合なんで『何やってんだよ』って。
    『何やってんだよ』って声を出していいんだって。
    これが今まで知らなかったものだけど、パラリンピックというものなんだ、と。
    そこを知れたのは本当に大きかった」と、スポーツとしての本格的な魅力をアピールした。


    香取は、東京パラの22競技中、10競技ほどを実際に体験したという。

    「(障がいによる)クラス分けが難しいんですけど、そこを知ることでさらに面白くなる」と話し、気になる種目について、「車いすラグビーは、あまり言わないようにしてるんですけど、怖い。危ない。激しいんですよ。結構重度の障がいを持った選手たちがバンバンぶつかる。
    『こんなこと何でしているんですか』って(笑い)。
    でもぶつかる快感も。選手たちがぶつかって転ばせていい、という」と紹介。

    「結構若い選手が見つからないというのも、日本のパラアスリート」と、課題も示した。


    香取は16年のSMAP解散後、主な民放レギュラー番組は終了していた。

    今年4月27日にはTBS系「人生最高レストラン」に出演している。

    香取は稲垣吾郎(45)草なぎ剛(45)とともに、同親善大使を務めている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-08280079-nksports-ent

    所長見解:もう出れるの?・・・

    【【朗報】元・SMAP 香取慎吾、久々の地上波がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    極楽とんぼ加藤浩次(50)が9日、メインMCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜午前8時)に出演し、吉本興業に残留する意向を明らかにした。

    番組の中で加藤はまず「これまで黙ってきたが全部話します」とし吉本興業の「経営改善」方針を確認した後に「エージェント契約案を提示した」6日には大崎会長と2回目の会談をし「エージェント契約なら残れる」と話した。

    2日の同番組での放送では「自分は(大崎会長と)2回目の会談ができてない。
    1回目の(会談の)平行線のまま」と現状を説明していたが、この日までに会社側との話し合いで決まったとみられる。


    k


    「加藤の乱」の発端は先月22日の「スッキリ」。

    雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が涙ながらに会見したことに憤り、所属する吉本興業を退社すると宣言。

    「(会長の)大崎さんと(社長の)岡本さんを怖がっている。
    この体制が続くなら俺は辞める。
    この取締役が変わらないなら辞める」とまで言い切った。

    同23日には大崎会長に直談判。

    3時間に及んだ会談について、同24日の放送では「芸人サイドの意見として伝えても、会社の考え方があって、平行線でずっと3時間。
    結果として大崎会長が持ち帰らせてくれとなって、今も平行線のままです」と明かしていた。


    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908080000035.html

    【【加藤の乱】加藤浩次、ついに吉本興業を辞め・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月20日、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)による、一連の闇営業問題に対する「謝罪会見」を受け、直後の放送となった22日の月曜日、朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、約90分間にわたり、宮迫と亮の会見を取り上げた。

    同日の『スッキリ』では30分間、CMを挟むことなく、番組出演者による討論を行った。

    その討論の中で、番組MCを務める極楽とんぼの加藤浩次(50)が最も声を荒げたのは、宮迫と亮、そして加藤が所属する事務所の経営陣に対してだった。

    加藤は「会社のトップが責任を取らない会社って機能しているのかな」「みんな我慢してきた。経営陣が変わらないなら俺は辞める」と発言。

    「22日の放送では、宮迫と亮の会見について取り上げることは事前に決まっていましたが、加藤が“辞める”とまで話すことは、出演者もスタッフにとっても完全に想定外。
    加藤の発言で現場は大混乱。
    水卜麻美アナ(32)の顔も引きつっていましたよね」(制作会社関係者)


    22日の加藤の発言は大きな反響を呼んだ。

    23日朝の『スッキリ』で加藤は、その日の夕方に会社と面談することを明かし「取締役が変わらない限り会社を辞めると僕は昨日言ったので、その旨伝えたいと思います」と述べた。

    その面談の結果について加藤は翌24日の『スッキリ』で、平行線のまま終わったとして、今後も会社側と話し合いを継続する、と語っている。

    「自身の進退への決意はすでに固まっていると話していた加藤ですが、7月26日には相方の山本圭壱(51)がパーソナリティを務めるラジオ番組『極楽とんぼ山本圭壱のいよいよですよ』(宮崎サンシャインFM)に生出演し、“あのときは熱くなった”と発言したこともあり、ややトーンダウンした印象でした」(スポーツ紙記者)


    k


    ■所属事務所は“加藤の暴走”に激怒

    また、7月28日には『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演したダウンタウンの松本人志(55)が、加藤と頻繁に電話で話をしていること、『スッキリ』への出演を申し出ていたことも明らかになった。

    「松本と電話で話したことで気持ちが落ち着いてきているのもあるのでしょうが、日が経つにつれ、加藤の勢いはトーンダウンしているように思えます。
    情報番組のMCに求められるのは公共性や中立性なのに、加藤は自分の意見や気持ちを一方的主張してしまったことで、“番組の私物化”、“公共の電波を個人的に使った”と、非難の声も上がっているといいます。
    『スッキリ』での“上が辞めなきゃ自分が辞める発言”は、加藤の暴走の何物でもありません。

    7月26日放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、加藤の盟友である岡村も、“ランナーズ・ハイによく似た『ワイドショー・ハイ』”と、加藤があの時、冷静さを失っていたと語っていました」(前出の制作会社関係者)


    7月29日、日本テレビの小杉善信社長が定例会見を行い、「MCの加藤浩次さんの発言については、賛否さまざまな意見をいただいております。
    それについての考え方を公表するというのは控えたい」と話している。


    http://dailynewsonline.jp/article/1946886/
    日刊大衆

    所長見解:しかたないやん・・・

    【【悲報】加藤の乱失敗で「スッキリ」9月電撃打ち切り説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k


    加藤の乱、辞めるのやめる!?

    「スッキリ」で意味深発言 吉本芸人結束に「俺も無難にいくか」

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16850638/ 

    所長見解:そうなるな・・・


    【【加藤の乱終了】加藤浩次さん、チワワの称号を得た模様www 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ