ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:スキャンダル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「著しく礼を欠いていた」
    ――1月4日の臨時評議員会の後、貴乃花親方をそう糾弾したのは池坊保子議長だ。
    しかし、その彼女の出で立ちは、礼節を重んじたものだったのか。
    彼女は黒いニットカーディガンに黒のタートルネックセーター、同じく黒のロングスカートに黒色のローヒールのパンプスという格好だったが、

    「率直に言って、あの日の池坊さんのファッションは礼節を欠いたものと言わざるを得ません」と、ファッションジャーナリストは一刀両断する。

    「スーツ姿の男性に囲まれる評議員会という場で、襟なしのカーディガンに襟なしのセーターではフォーマルな印象を与えない。
    襟付きのジャケットを羽織るなど、あの場に合った服装をするべきでした。
    貴乃花親方に礼節を説いていながら、ご自分はどうなのか、という印象ですね」

    y


    彼女が身に着けていたアクセサリーについても、

    「耳元のシャネルのイヤリングのお値段は6、7万円ほどでしょうが、良い印象は受けません。何より目につくのがまつ毛。つけまつ毛なのかエクステなのか分かりませんが、まつ毛が太い束になってしまっているのが気になるのです」

    池坊議長は元子爵・梅渓通虎(うめたにみちとら)の三女。
    華道池坊45代目家元の池坊専永氏と結婚したのは、1963年のことである。
    が、家元夫人として陰から夫を支える――といったタイプではなかったらしく、84年には「ペントハウス」という雑誌でセミヌードを披露し、大騒動を巻き起こした。
    その騒動の直後、本誌(「週刊新潮」)は〈「見てはならぬものを見た」と告白する夫「池坊専永」氏〉(84年2月9日号)と題する記事を掲載しているが、そこで専永氏は衝撃的なエピソードを次のように語っている。

    〈私が離婚を決意したのは、昭和52年1月5日、正式には6日の午前1時ごろでした。
    私が帰宅して台所の隣の居間の戸をあけたところ、保子と家庭教師の京大生・加藤祐介(仮名)がそこにいたんです。
    保子は青い着物で、加藤は下半身裸でした。
    要するに男女の現場を私が見てしまったんですよ。
    ガラッとあけましたから2人は飛び上りましてね。
    すぐに2人は土下座して私に謝りました〉

    娘の家庭教師に手を出した過去について、当の池坊議長に聞くと、

    「人生において、消したいと思う失敗もありました、ということです……」

    いずれにせよ、礼節という言葉が彼女に似つかわしくないものであることは間違いないのだ。

    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180117-00536292-shincho-spo


    所長見解:すごいな・・・
    【【礼節重視】池坊保子相撲協会評議員会議長「娘の家庭教師に手を出した」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    漫画家の小林よしのり氏(64)が、安藤優子キャスター(59)を「二枚舌」だと非難した。

    k


    小林氏は11日、「『グッディ』安藤優子の二枚舌が酷い」のタイトルでブログを更新。
    自身が支持している山尾志桜里衆院議員のダブル不倫疑惑報道をフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」が再び取り上げたことを受け、「まだ不倫『疑惑』バッシングの続報をやろうとしているのだ。レベルが低すぎて恥ずかしいとは思わないのだろうか?」と嫌悪感をあらわにした。

    また小林氏は、安藤キャスターが政治家の不倫スキャンダルを執拗(しつよう)に報じるメディアを問題視する発言を雑誌でしていたとし、「真反対の発言をしている!」と指摘。
    「自分の番組ではその古い男社会をもっと強固にする山尾バッシングを繰り広げていながら、えらそうにこの発言! 嘘つきだろう! 安藤優子、この人間は信用できない。
    なにが『グッディ』だ。ふざけるな!」と怒りをぶちまけた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00075542-nksports-ent


    所長見解:この人どうしたんだろうね・・・
    【【傲慢激怒】小林よしのり氏、安藤優子に激怒ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    嵐・松本潤(34)が、セクシー女優・葵つかさ(27)との密会疑惑を報じられたのは昨年末のこと。
    井上真央(30)と交際する傍ら、隠れるように葵と関係していたことが伝えられ、ファン離れが心配されていた。
    衝撃の報道からおよそ9か月。
    このスキャンダルは嵐のグループ全体にも影響が出ているという。

    10月に主演映画の公開を控え、すでに来年1月期の連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士』(TBS系)への再登板も決まっている松本。
    仕事は順調に見えるが、メンバー5人で出演していた『キリン一番搾り』の契約が終了したほか、松本は赤ちゃん用オムツのCM『GOO.N』も降板となり、このところグループと個人のCMが計2本も立て続けに終了してしまった。

    CM契約は芸能人の好感度を計るバロメーターでもある。
    かつての人気者はなぜこうも急速に好感度を失ってしまったのか。
    CMを失った背景について、ジャニーズに詳しい芸能記者は「葵との密会報道の余波」だと指摘する。

    「葵がバラエティ番組で、松本を示唆するかのように『パンツの臭いを嗅いでくる』と答えたことで視聴者が騒然としたことがある。
    ネット上ではこの過激コメントが松本のオムツのCMと結び付けられるなど厳しい声が飛んだ。
    松本のイメージ急落はクライアント企業も看過できなかったのでは」

    松本と『GOO.N』のCM契約をめぐっては、週刊女性(主婦と生活社)が広告代理店関係者の話として、今年の6月で契約満了したと伝えている。
    しかし、実際には最近までCMは流れ、熱心なファンは安堵。
    松本は『GOO.N』の発売元であるエリエールの箱ティッシュ「エリエール+Water」のCMにも登場しており、この時はジャニーズの公式サイトにも出演情報が載っていたというが……。

    m


    ■松本潤の便乗商法に乗り出す神社も出現

    前出の芸能記者が語る。

    「どうやらエリエールとの契約は8月いっぱいだったようで、ついにジャニーズのサイトからエリエールの表記が消滅しました。
    これにより、松本は一番搾りとオムツのCMを両方失ったことが確定。
    いずれも降板を希望・予測する声が多く出ていただけに、葵の件が無関係とは思えません」

    そんな松本は誕生日を迎えたばかりで、京都にある「松本神社」は松本の誕生日にちなんで絵馬を販売した。
    彼のイメージカラーである紫を使用したデザインになり、ファンの間では「チケット祈願絵馬」とまで呼ばれ、購入を求める人が殺到したという。
    もはや紛れもない“便乗商法”で、さすがに松本本人もいい気はしないだろう。

    相次いでCMを失い、便乗商法にも名前を使われ、まさに踏んだり蹴ったりの松本潤。
    これは信頼するファンを裏切った”罰”なのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1351342/
    デイリーニュースオンライン


    所長見解:イメージがね・・・
    【【これはヤバい】嵐・松本潤にCM降板が相次ぐ異変ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上原多香子(34)に突如発覚した不倫疑惑、それに伴う元夫・TENNさん(享年35)の自死という重大スキャンダルは一向に収束の見込みはない。
    TENNさんの死から3年が経とうとするいまになって遺族側が告発した背景として、『女性自身』(光文社)は上原多香子との損賠賠償協議がこじれていたことを報じている。
    遺族側は3000~4000万円を請求したが、上原多香子側が問題を先延ばしにしたため、未だ和解には至っていないという。

    「上原は、損賠の支払いに応じてしまうと阿部力(35)との不倫を認めることとなります。難しい決断を迫られ、手をこまねいたことで、遺族のさらなる不信を買った。
    結果、メディアへの告発の流れに至ったようです」(週刊誌記者)

    また、上原が支払いを逡巡した理由として、TENNさんの自死直後に阿部と破局していたことも挙げられる。
    阿部も慰謝料支払いの責を負うべき人物であるが、別離によって上原と疎遠に。
    結果、上原・阿部間で負担割合の協議ができなくなったのだ。

    「『女性自身』の報道では、阿部はTENNさんの自死によって責任を痛感し、上原と別れたと伝えられています。
    上原としては自らだけが悪人となって責任を負わされることに抵抗感があったのかもしれません」(スポーツ紙記者)

    前代未聞の不倫劇の陰では、アノ人物が介在したことも話題を呼んでいる。

    s


    http://dailynewsonline.jp/intro/1347186/ 


    所長見解:SPEED・・・
    【【これは恐ろしい】上原多香子の”不倫告発”はなぜ起きた? 今井絵理子が口裏合わせで暗躍か?ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    不倫がらみで飛び出したなかでは、「不倫は文化」に続く名コピーだろう。
    「一線は越えていない」。
    一線とは何ぞやという議論も喧(かまびす)しいが、発言の主たる今井絵理子議員(33)が「離党でも辞職でも」と発言したところをみると、一線とははて、エクスタシーの頂点のことか、それとも……。

    s


    そもそも今井サン、国会議員としては明らかに二線級で、一線を越えるなぞ誰も期待していないが、ともあれ、8月3日に会ったときの今井議員の様子を、

    「非常に反省して、泣きながら、私の顔に“泥を塗ってしまいました”と、“離党でも、除名でも、辞職でも、なんでも山東さんの言うとおりに従います”と、そう言っていました」

    こう語るのは山東昭子参議院議員(75)。
    公益財団法人「聴覚障害者教育福祉協会」の会長でもあり、聴覚に障害がある子供を育てる今井議員を参議院議員候補に推した、今井議員のまさに“後見人”である。

    「私は記事が出たときは外遊中だったのですけど、彼女から電話がかかってきましたよ。
    取り乱した様子で、泣きじゃくって、“申しわけありません、記事が出てしまいます”と。で、今回会って、彼とは距離を置いて冷静に考えなさい、と言いました」

    そう言いつつ、こんな話も披露してくれる。

    「彼女は再婚したがっていました。“子供がほしい”と。
    障害児をもって、今度は元気な子を産みたいという気持ちがあったみたいで。
    まあ、相手は橋本さんということだったんでしょうね。
    彼のほうから彼女に惚れて、去年から猛然と追いかけてね。
    私も何度もいろんなところで会いました」

    実は、昨夏の参院選で今井議員が当選する前後、

    「子供が当時の彼氏に懐いていて、いずれ結婚するかもしれない、と今井が話すと、山東さんは“議員になるとバリバリできる男のなかで仕事をすることになって、男を見る目が変わるから、注意しなきゃだめよ”と諭していたんです」

    と、自民党関係者。
    奇しくも山東議員の“予言”が当たってしまったが、しかし山東センセイ、「非常に反省して」もなにも、既婚者と「再婚したがって」いた今井議員って、こりゃ確信犯じゃないですか。

    昨年末に別れた今井議員の元カレの父親は、

    「息子は今井さんの子供を学校に送ってあげたりしていたけど、彼女は議員になってから全然帰って来なかったみたいで、今日はどこへ行って、帰らないまま別のところへ行って、すれ違いどころか、会う時間もなかったと聞いています」

    それはお相手の橋本健市議(37)が、妻と子供2人を置いて家を飛び出した時期と重なる。相手の家庭を壊し、有権者を裏切り、しかし「略奪不倫では断じてない」と言い張り、反省を口にしながら、実は橋本市議と「再婚したい」今井議員。
    一見、心中は混沌を極めているようで、「再婚したい」が本心である以上、反省も謝罪も虚しいとしか言いようがないだろう。

    ■ 見え透いたウソ

    もっとも山東議員は、

    「まじめに仕事をしてきたのに、辞職してしまったら今まで積み上げてきたものがゼロになっちゃうじゃない、と言ったんですよ」

    と、“後見人”として甘い裁定をするが、自ら除名や辞職に触れたということは、今井議員は橋本市議と二人で「積み上げてきたもの」について、世間に対して負い目を感じているということにほかなるまい。

    さて、「男を見る目」について、山東議員に代わって、あらためて今井議員に忠告しておこうか。
    自民党兵庫県連関係者によれば、

    「去年の参院選は、兵庫県は定数が2から3に増えて、従来は自公で一本化していた候補を、自公それぞれが擁立することになり、大変でした。
    ところが青年部長の橋本はほとんど姿を見せず、電話にもなかなか出ない。
    みな怒っていたら、開票日にテレビで、今井絵理子の後ろで万歳をしていて、みな呆れたんです」

    要は橋本市議、自分本位で無責任だというのだ。

    「議会も遅刻と居眠りの常習犯で、委員会も5回に3回は遅刻。
    4年前の神戸市長選でも、選対会議に1時間くらい遅れてマスク姿で現れて、“風邪か”と聞かれて肯定したものの、酒の臭いをプンプンさせていてすぐバレました」(同)

    昔から見え透いたウソが身上であったようだ。同じ市長選の直前には、

    「奥さんと子供2人と奥さんのママ友たちとぶどう狩りに行って、批判されたこともありました」(同)

    夫婦関係が破綻していたはずの時期に、選挙よりも家族を優先していたのだ。

    こうして記すと、実に似た者同士の二人。
    一刻も早く議員生活と一線を画したほうが、国民の、そして身のためじゃないかな。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170822-00528992-shincho-pol


    所長見解:まあ、そうなるよね・・・
    【【元SPEED】今井絵理子 「離党でも辞職でも」と号泣ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ