ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ジャニーズ事務所

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    錦戸亮「関ジャニ∞」脱退&退所濃厚…次の道は「赤西になりたい」!?

    3月の『週刊文春』(文藝春秋)の報道以降、グループからの脱退とジャニーズ事務所退所の噂が絶えない関ジャニ∞の錦戸亮(34)。

    ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が逝去したことで、錦戸の脱退および退所の動きも加速すると見られるという。


    n


    「錦戸は、グループからの脱退だけでなく退所もすることも既定路線だと言われています。辞める時期にはさまざまな説がありますが、ジャニー氏が夢見た舞台である東京五輪が終わるまでの1年間は喪に服す見込みです。
    また、2020年いっぱいで嵐が活動休止をしますが、それ以降が濃厚だと言われています。
    そして、錦戸の脱退、退所と同時に、関ジャニ∞は解散になるのでは、とささやかれていますね……」(ジャニーズに近い芸能プロ関係者)


    俳優としての評価が高く、関係者の間ではジャニーズ退所後には俳優業をメインに活動していくとささやかれていた錦戸だが、本人の意向は俳優とは違う路線だという。


    「錦戸は第二の人生を俳優ではなく、音楽活動をメインとして活動していきたいと話しています。
    それも、元KAT-TUNの赤西仁(35)のような活動をしていきたいと考えているといいます」 (前出の芸能プロ関係者)

     
    赤西は、2014年に活動方針の違いから、KAT-TUNを脱退し、ジャニーズ事務所を退所。

    現在はソロアーティストとして活躍している。

    メディアの露出はジャニーズ時代より減っているものの、2015年には中国・北京で開催された授賞式『愛奇芸尖叫之夜』で『アジア人気アーティスト賞』と『年度音楽大賞』の2つの賞を日本人として初めて受賞。

    個人事務所を設立したこともあり、収入もジャニーズ在籍時より上がっているという。

    「昔から錦戸は赤西とよく飲みに行く仲で、赤西が退所した後も関係は深かったといいます。
    錦戸は、赤西の現在のアーティストとしての成功に大きく影響を受け、関ジャニ脱退とジャニーズ退所を検討するにあたり、赤西にも相談したと聞こえてきています。
    錦戸が3月にプライベートで行ったハワイ旅行は、ハワイ在住の赤西にジャニーズ退所後の相談をするためだったのではないかとも言われています。

    錦戸は関ジャニでメインボーカルとギターを担当していますが、錦戸が本当にやりたいと考える音楽は関ジャニでは表現できないと感じているのではないでしょうか。
    そのためにグループから脱退して、自分のやりたい音楽をやるつもりでいるのでしょう」(前同)

     
    元々、音楽好きの錦戸は斉藤和義(53)の大ファンとしても知られており、関ジャニの3枚目のアルバム『PUZZLE』の表題曲『パズル』は、錦戸自らのオファーによって実現した斉藤作詞作曲の楽曲だ。

    「錦戸は、“ホンマに作ってくれた!”と、斉藤の楽曲を歌えることをすごく喜んでいました。
    錦戸は他にもレッド・ホット・チリ・ペッパーズやOKAMOTO‘Sなど、大のロックバンド好きとして知られています。
    最近では、“もうアイドル楽曲を歌うのは嫌だ”と、周囲に漏らすことも増えてきていると聞こえてきており、グループを脱退したら本格的にロックをやるのではないでしょうか」(レコード会社関係者)

    錦戸はどの道を選ぶのか。

    運命の日は目前に迫っている。

    https://taishu.jp/articles/-/67177
    所長見解:いいやんな・・・

    【【ジャニーズ崩壊危機】錦戸亮「関ジャニ∞」脱退とジャニーズ退所の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “芸能界の父親”と慕っていたジャニー喜多川氏が亡くなったことで、いままで以上にジャニーズ事務所からの独立説がささやかれるようになった中居正広(46)が、ついにジャニーズから離れる決意を固めたとの情報が浮上した。

    その原因は、狙っていた番組のMCの座を後輩である嵐の相葉雅紀(36)に奪われたためだというのだ。

    「いろいろあって中居は来年度について、ジャニーズ事務所との契約を更新しない方針を決めたそうですよ」と漏らすのは事情に詳しい芸能関係者だ。


    n


    「実は今年度はすでに契約してしまったため、独立はあり得ませんが、親しい仲間に『来年は白紙だ』と漏らしているんです。
    中居にとっては“白紙=独立”を意味します。
    これまでジャニーズとの契約更改についてはずっ~と『未定』と語っていたが、ここにきて変わってきた」(同関係者)

    その理由は信頼していた日本テレビに対する不信感だった。

    当初、中居が内定していた特番企画のMCが相葉に変更されてしまったというのだ。

    「中居が日テレに裏切られたのはこれが2度目です。
    1度目は高視聴率だった『ナカイの窓』を局の都合で一方的に打ち切られたこと。
    5月にスタートした『新・日本男児と中居』は低視聴率。
    『ナカイの窓』の半分も取れていないんです。
    そうしたなか水面下で進んでいた今回の特番は、評判が良ければゴールデンタイムのレギュラー化の可能性もあった」(編成関係者)

    今回、MCに相葉を起用した特番企画は「はじめまして!一番遠い親戚さん」(仮題)。

    今月22日に収録が行われたという。

    「ゲスト陣はIKKOや宮川大輔、陣内智則、斎藤工、吉田沙保里らが参加しました。
    自分の親戚をたどると、意外な人物にたどり着いたという企画です。
    まあ、NHKの『ファミリーヒストリー』を民放風にアレンジした番組。
    IKKOの遠い親戚に有名な戦国武将がいたり、宮川は文化人だったり、といった具合です。
    初MCとなる相葉は少々緊張していたが、スタッフの助けもあってどうにか収録を乗り切りました」(テレビ誌記者)

    この番組のMCを務めるものだと思っていた中居が大きなショックを受けたことは容易に想像できる。

    「スタッフからその話を聞かされた瞬間、中居くんは『まじかっ…』と言って天井を見たまましばらく動けなくなってしまったそうです。
    本当にショックだったみたいですよ」(制作関係者)

    特番からレギュラー番組への“昇格”も期待されるほどの番組で、なぜMCが中居から相葉に変更になったのか?

    「ジャニーズは相葉を“ポスト中居”として育成するよう日テレにお願いしていたんです。
    すでに『天才!志村どうぶつ園』で実績がありますから。
    嵐は来年いっぱいで活動休止になる。
    グループで活動できなくなった後、相葉にはバラエティー番組に活路を見いだしてもらうべく期待していたわけです。
    ジャニーズにとっては『中居より相葉』なんですよ」(同)


    それだけではない。

    2004年から夏冬8大会連続で務めてきたTBSの五輪キャスターの座が、来夏の東京大会では同局の安住紳一郎アナに取って代わられる形になった。

    「こちらも相当に悔しがっていたはずです」(放送作家)


    本紙でも再三再四、中居の独立情報を伝えてきたが、いよいよジャニーズとは来年度の契約を更新しないことになりそうだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000003-tospoweb-ent

    所長見解:まだいるのか・・・


    【【これはつらい】中居正広が屈辱的な理由でジャニーズ事務所を退所決意ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    来年はV6のデビュー25周年アニバーサリーだ。

    ジャニーズグループでは少年隊、TOKIOが音楽活動を休止しているため、楽曲をリリースし、コンサートもコンスタントに開いている既存グループでは、V6が最古となる。

    ジャニー喜多川社長が亡くなったことで、ジャニーズアイドルの歴史を振り返ることが増えている。

    栄光の歴史の中でも、さんぜんと輝くのが光GENJIだ。

    87年にデビューするや、またたくまにスターダムを駆け上がった7人は、8年弱で活動を終えている。

    現在もジャニーズに所属しているのは、内海光司と佐藤アツヒロ。

    その佐藤と同郷で、ジャニーズ入所前から親しかったのは中居正広だ。

    「同じ神奈川県藤沢市出身で、中学校が隣だったのです。
    佐藤は86年8月、中居はそのおよそ半年後の87年にジャニーズ入り。
    アイドル歴は佐藤が先輩で、年齢は中居が1学年上という関係です。
    お互いが存在を知ったのは、ジャニーズJr.になって、レッスン場で話してから。
    以降は、一緒に小田急線に乗って帰っていたそうです」(アイドル誌ライター)


    Jr.時代、2人はジャニー喜多川社長から声をかけられて、東京・後楽園にあったスケート場に通って、ローラースケートの練習に加わった。

    ところが、真面目に通った佐藤と異なり、草野球の練習を優先させた中居は、レッスンをサボった。

    これが運命の分かれ目となり、佐藤は光GENJIに抜てき。

    中居は、光GENJIのバックダンサー・スケートボーイズ(SMAPの前身)という格差に泣いた。

    それでも2人は、実家で泊まりあい、湘南の海で遊び、仕事の相談をしあう仲だった。


    「佐藤は、グループ最年少にして入所最短(当時)でメンバー入りを果たしたため、解散したときはまだ22歳の若さ。
    一方的に解散を言い渡されたため、当時はまだペーペーの中居が激怒。
    事務所の上層部に向かって、『敦啓(本名)のこと、考えてんのかよ!あいつは10代でデビューして、22(歳)でいきなり辞めるって、ハシゴはずされてさ、かわいそうじゃねぇか!』とガチギレしたといいます」(前出・アイドル誌ライター)


    n


    光GENJIからSMAPへ政権交代。

    複雑な思いながらも、ジャニー氏ほか大人に噛みついた中居。

    元トップアイドルグループのリーダーは、このころから漢気に満ちていた。


    ちなみに2人は、15年9月に放映された「ナカイの窓 ゴールデン2時間SP」(日本テレビ系)で、地上波ではおよそ20年ぶりに共演。

    収録後には、V6・井ノ原快彦、TOKIO・国分太一、NEWS・中丸雄一を交えて旧交を温めたという。


    2つの元国民的アイドル。

    また、ツーショットが見たい!

    http://dailynewsonline.jp/article/1936424/

    所長見解:そうなんや・・・
    【【激怒】中居正広がジャニーズ事務所幹部に“ガチギレ”ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉本興行の闇営業問題で「契約解除」「契約解消」という言葉がしきりに使われているが、本家はやはりジャニーズ事務所だろう。

    「吉本の件で目がそれましたが、怪しい雇用関係はジャニーズが得意。
    昨年末、すでに人気を得ていたジャニーズJr.内の7人組ユニット『Love-tune』(ラブトゥーン)が突如の解散。
    今年にかけてメンバー全員が事務所を辞めたのですが、正式な契約がなかったといいます。事務所は毎年、100人単位でアイドルの卵を採り、みんなタダ働き同然で消えていく。
    信じがたい組織です」(ジャニーズライター)

    事務所社長のジャニー喜多川氏が亡くなり、今後、タレント部門の統括責任は若き幹部T氏が担うとされている。

    ジャニーズ愛にあふれる〝改革派〟T氏による「契約解除」の最新リストには、一体どんな顔ぶれが並んでいるのだろうか。


    j


    「筆頭候補は『関ジャニ∞』の錦戸亮です。
    本来は、すでに退所した元メンバーの渋谷すばると一緒に辞める予定でした。
    渋谷脱退とともに関ジャニの解散を訴えていたし、村上信五中心の売り方にも反発。
    年内にもはじかれるのは確実という情報が伝わっています」(同・ライター)


    二番手は『嵐』のリーダー・大野智といわれる。

    グループは来年末で活動休止が決まっており、今すぐではないにしろ、グループとともに消える運命だ。

    「かつて乱〇パーティーの現場を週刊誌に掲載され、昨年、一度交際が禁止された飲食店の女性との交際復活が判明。
    最近、本人も『自由になりたい』『釣り船の船長になる』……などと漏らしているとか。
    亡くなったジャニー喜多川氏が緊急搬送された際、病状についてはナゼか松本潤がグループを代表して発表。
    事務所とは完全に関係が冷え切っている証拠です」(女性誌記者)


    ジャニーズ愛が無いものは去れ!の方針

    3人目は『NEWS』小山慶一郎のようだ。

    小山はこの7月よりTOKYO MXの健康バラエティー番組『小山慶一郎の健者のBORDER30~専門医が導く健康への分かれ道~』に月1回登場。

    初MCかつ単独での初冠テレビ番組で、事務所との関係を持ち直したと思われた。


    http://dailynewsonline.jp/article/1935851/

    所長見解:T氏・・・
    【【波乱の芸能界】ジャニーズ幹部T氏「お前ら全員クビ」最新リストがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    公取委が注意 「新しい地図」への「圧力」中心人物は嵐の元マネージャーだった

    独占禁止法違反の恐れがあるとして、公正取引委員会から注意を受けていたことが明らかになったジャニーズ事務所。

    テレビ局に圧力をかけていた中心人物が、嵐の元チーフマネージャー・A氏だったことが、「週刊文春」の取材でわかった。


    m


    「公取委が問題視したのは、2017年9月にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎(45)、草彅剛(45)、香取慎吾(42)の3人を巡るテレビ局への圧力です。
    公取委は3人の独立後に出演番組が次々と終了した経緯などを調査。
    昨年頃からテレビ局をはじめ、関係各所にヒアリングを行っていました」(社会部記者)



    ジャニーズ事務所が、テレビ局への圧力を強めるきっかけとなったのが、2017年11月に3日間にわたり、インターネットテレビ「Abema TV」で放送された「72時間ホンネテレビ」だった。

     
    その後、A氏は、元SMAPの3人を取り上げた番組や尺の長さをリストにしたものを提示し、「なぜこうなったのですか?」と理由を問い詰めるなどしていたという。

    A氏は、嵐の元チーフマネージャーで、藤島ジュリー景子副社長の右腕として知られる人物だ。


    (リンク先に続きあり)
    https://bunshun.jp/articles/-/12988?page=1 

    所長見解:そうやろね・・・
    【【調査結果】元SMAPへの「圧力」中心人物はまさかの人物の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ