ジャニーズ事務所

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『ジャニーズアイランド』代表の滝沢秀明氏は、不要な人間は「すべてリストラ」の対象としているようだ。

    あの一世を風靡した『光GENJI』のメンバーも例外ではないという。

    「グループは1987年から94年まで、約7年間活動。
    インターネットがない時代に雑誌の告知やイベント、レコード会社の宣伝などで売ってきた。
    7年間の売り上げは実に900億円以上。
    『SMAP』の中居正広が『光GENJIだけには勝てない』と言っているほど。
    その存在の大きさが分かるというものです」(ジャニーズライター)

    その後、グループはメンバーの脱退などもあり、『光GENJI SUPER 5』に名を変えたが、約1年で解散。

    伝説的なグループとして名を残した。

    「よく看板だった大沢樹生と諸星和己が不仲で分裂したとウワサされるようですが、事実は違います。
    後年2人はグループの再結成を打ち出したり、本当は仲がいい。
    諸星は大沢の1年遅れで事務所を辞めていますが、2人とも事務所のブラックぶりが嫌になったというのが真相。
    諸星は、その後『月給15万円』だったことを暴露し、大騒ぎになったこともあります」(同・ライター)

    i


    『50歳定年制』を掲げる滝沢社長

    事務所に残る人間もいたために、内部分裂のような形でグループは消滅。

    今も内海光司と佐藤アツヒロが在籍している。

    「実は佐藤は中居より1歳年下。
    完全な〝中居シンパ〟で、中居の番組にゲストで出たりもしています。
    ただ、テレビのレギュラーがあるわけでもなく、実際には細々と舞台に出ているだけ。
    今年も4月に東京と大阪で舞台に出演しますが、すっかり忘れ去られた存在でしょう」(女性誌記者)

    内海に関しては、もっとヒサンだ。

    ここ数年はまるで出番がなく、昨年5月、舞台『明日の幸福』に出た程度。

    「内海はすでに51歳。
    『50歳定年制』を掲げる滝沢社長には完全に不要な人材です。
    佐藤にしても、このまま干せばいいわけですが、中居のシンパでもあり、悪い芽を早く摘むにこしたことはない。
    だいたい2人を残しておいても、営業的に何らプラスになりませんからね」(同・記者)

    昨年、相方の今井翼を切り、古参の佐野瑞樹をクビにした滝沢社長だ。

    過去の名前だけの内海や佐藤を辞めさせることなど、造作もないことだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1725336/

    所長見解:やり手やね・・・

    【【ジャニーズ事務所】滝沢社長『光GENJI』の残党どもを解雇説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7日発売の「週刊文春」(文芸春秋)は、人気アイドルグループ・関ジャニ∞の錦戸亮がグループを脱退する意向を固め、さらには所属するジャニーズ事務所の退所に向けた話し合いが進行中だと報じた。

    「『文春』によれば、昨年に渋谷すばるがグループを脱退後に、錦戸が渋谷抜きでの関ジャニ存続はあり得ないということで解散を主張したものの、他メンバーから反対され、脱退の意思を固めたということです。
    ただ、もともと錦戸はバラエティ番組などアイドル的な仕事を嫌っていて、俳優一本でやっていきたいという考えが強く、結局のところは錦戸本人の個人的な事情という意味合いが強いでしょう。
    同じくジャニーズの木村拓哉や生田斗真、風間俊介など俳優メインで活動しているタレントもおり、錦戸もグループに属せずに彼らと同じようなかたちで仕事をしていきたいと考えても、不思議ではありません」(週刊誌記者)

    そんな錦戸の考えに疑問を呈する声も、業界内からは聞こえてくる。

    「ジャニーズには木村のほかにも嵐の二宮和也やV6の岡田准一など、俳優として確固たる地位を確立しているタレントがいて、自信家の錦戸は自分も3人のように俳優一本でやっていけると考えているのかもしれませんが、錦戸は俳優としては3人の足元にも及ばないというのが、業界内で一致した評価でしょう。
    木村や二宮らは、ジャニーズという看板がなくても制作サイドが“使いたい”と思える存在ですが、錦戸は事務所から売り込まれたら使うという感じです。
    なので、錦戸はちょっと勘違いしているのではないかというのが、報道を聞いた正直な感想です」(テレビ局関係者)

    n


    また、別のテレビ局関係者もこう語る。

    「たとえば木村や二宮は、現場でもスタッフに気配りができるしプロ意識も高く、監督やプロデューサーなどに『また一緒に仕事をしたい』と思わせるタイプ。
    さらに映画の宣伝のためならバラエティ番組に出演して“がんばって”くれる。
    一方、錦戸は現場では平気でスタッフの指示を無視したり、ダメ出しが続くと嫌な表情を見せたりするので、現場での評判は良くない。
    率先して起用しようとするところは少ないと思いますよ。

    元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎がジャニーズをやめた後も活躍しているのを見て、錦戸もやっていけると考えているのかもしれませんが、その香取たちですら、退所後はいまだにキー局のドラマには出られない状況が続いています。
    頂点を極めた元SMAPですらそうなのに、錦戸がもしジャニーズを辞めれば、活動はかなり厳しくなるでしょう。
    やっぱり自信過剰になっているようにもみえます」


    錦戸の決断に注目が集まっている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1723242/

    所長見解:そうなんや・・・
    【【脱退騒動】関ジャニ・錦戸亮、現場での評判がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    嵐の活動休止に関する衝撃も冷めやらぬなか、またもやジャニーズ事務所を揺るがすニュースが飛び込んできた。

    錦戸亮が関ジャニ∞から脱退する意向を固めたというのだ。

    現在はジャニーズ事務所からの退所に向けた話し合いも進んでいて、夏までには結論が出る予定だという。

    「週刊文春」(文藝春秋)2019年3月14日号によれば、事の発端は、渋谷すばるの関ジャニ∞脱退。

    昨年の渋谷すばる脱退後、残った6人はこれからのグループ活動について話し合いを重ねたが、そのなかで錦戸亮は関ジャニ∞の解散を強く主張したそうだ。

    錦戸亮は<ひとりでも欠けるなら、関ジャニの活動も終えるべきだ>との意見を述べたが、これに横山裕と村上信五が激怒。

    他のメンバーも錦戸亮の提案には乗らなかった。

    しかし、錦戸亮の決意は固く、事務所の説得にも首を縦に振らない。

    そうした反発を受けて、現在では<一刻も早く追放すべきだ>との声まであがり始めていると伝えている。

    n


    関ジャニ∞は新体制での再起をアピールしていたのだが……

    SMAPが悲劇的なかたちで解散させられ、嵐も2020年いっぱいで活動休止する。

    その後のジャニーズ事務所を支える役割を期待されたのは、嵐に次いで多くのファン数を擁するベテランの関ジャニ∞だ。

    だが2018年7月には渋谷すばるがグループを脱退。

    同年いっぱいをもってジャニーズ事務所からも離れている。

    また、昨年は安田章大が立ちくらみで転倒し、背中と腰を骨折。

    全治3カ月の大ケガを負っていたことも明かされた。

    このケガの公表と同時に、2017年2月には髄膜種を患って腫瘍摘出の手術を受けていたことも明かされている。

    関ジャニ∞は対外的には、こうした不安要素を「乗り越える」ドラマを提示してきていた。

    2018年7月からは新体制で5大ドームツアーを行い、9月には台北公演も実現させた。

    <本当 本当 夢じゃなくて/終わらない旅を続けよう/難しい事は後にして/始まるんじゃない 始めるんだぜ!!>と歌うシングル「ここに」(9月5日リリース)は、その象徴といえる。

    それだけに、水面下では真逆の動きがあったことに驚きを隠せないが、実は、この「週刊文春」報道前から、メンバーからは微妙に関係がうまくいっていないことを予感させるような言葉が出ていた。


    大倉忠義と安田章大の証言「今も歪みっぱなし」

    3月5日に出版された「音楽と人」(音楽と人)2019年4月号では、関ジャニ∞メンバー全員のソロインタビューが掲載されているのだが、そのなかで多くのメンバーが、「現在でもグループのなかで微妙な波があること」を証言し、また、「グループの終わり」を示唆するような発言をしているのだ。

    たとえば、大倉忠義は<嵐が過ぎ去ってひと段落ついたけど、なかなか波は収まらず(笑)、流れに身を任せてる感じです。
    でもこういう時だからこそもっと頑張らなきゃと思うので、グループとして動き出した時、熱量高くやっていければなと思っています>と、“波”を示唆。

    安田章大も<メンバーが減るっていう大きな出来事があって……
    自分たちがどうなっていくのかを考えながら走っていましたね。
    メンバーの負担も大きかっただろうし、自分自身は身体のことがあったので、再スタートするのは容易じゃないなって実感はすごく強かった>としつつ、このように語っている。


    <今現在もどこか歪みっぱなしのような気がします>

    大倉と安田の言葉からは、シングル「ここに」でグループの再起を高らかに歌ったのとは、また別の状況があることが読み取れる。


    横山裕と村上信五がグループ消滅を示唆するような発言

    「週刊文春」記事では、錦戸による「関ジャニ∞解散」の提案に対し、横山と村上は一際激しい怒りを吐露したとされる。

    では、横山と村上はどのように語っているのか。

    横山は3月6日にリリースされる42枚目のシングル「crystal」の歌詞にある<僕らは旅人>という歌詞についてインタビュアーに聞かれると、<でも旅なんて、いつまでも続くもんじゃないな、と思います。
    形あるものは終わるし、絶対なものなんてないんだな、って。
    そう思いたくないけど、思わざるを得ないことが多いです。
    考えたくなんかないですよ。
    楽しく仲間と続けていけるなら、そりゃみんなそうしていきたいでしょ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1722289/

    所長見解:ボロボロやね・・・

    【【関ジャニ解散へ】錦戸亮が脱退、横山裕と村上信五が「グループ消滅」発言の件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中居正広が司会のバラエティー番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)が3月限りで終了する。

    3月6日放送分では、過去の振り返りを放送するなど〝店じまいモード〟に入っているが、このほど発表された後番組がジャニーズファンの間で物議を醸している。

    この日は中居の脇を固める「ゲストMC」の5人(山里亮太、指原莉乃、トシ、近藤春菜、矢作兼)が登場。

    冒頭、山里が「お知らせでございます」と切り出す形で番組終了を告知した。

    スタジオ収録はこれが最後とのこと。

    この日はボードに全306回の放送内容を掲示しながら、スタジオトークで過去を振り返る番組内容だった。

    『ナカイの窓』の後番組として4月からスタートすると発表されたのは、中京テレビ制作の番組『それって!? 実際どうなの課』。

    MCを俳優の生瀬勝久、レギュラーを『博多華丸・大吉』がそれぞれ務めるという。

    n


    「後番組はKing&Princeじゃなかったの?」

    一部メディアでは、中居が『ナカイの窓』の枠を後輩の『King&Prince』に譲るとも報道?されていたが、結局はジャニーズとは無関係の芸能人が収まることになった。

    ジャニーズファンからはこのニュースをもとに「後輩思い」の中居を称える声が出ていたが、いざ後番組の発表を耳にするや、不満の声が噴出。

    《ナカイの窓の後番組、散々言われてたのに違うじゃん》
    《ナカイの窓の後番組結局キンプリじゃないんかーい! あれだけ騒がせといて》
    《中居くん優し過ぎる…とか騒いでたスマヲタは今頃反省…してるわけないよなw》
    《つまらなさそう、あの時間はふざけたような番組が見たいのに華大じゃちょっとなー》
    《誰だよ~ナカイの窓の後番組、キンプちょの深夜探偵団始まるって言ったやつ》
    《これは期待しない方がいいな》

    などと不満の声が続出した。

    中居は後輩に番組を譲ることができず忸怩(じくじ)たる思いをしているのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1721107/

    所長見解:おもしろかったのにな・・・

    【【ナカイの窓が終了】中居正広にガッカリした理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年いっぱいで芸能界を引退した後、ジャニーズ事務所の子会社「ジャニーズアイランド」の取締役社長に就任し、新たなスタートを切った滝沢秀明氏(36)。

    1月15日に設立されたジャニーズ・アイランドでは、ジャニーズJr.の育成と彼らの作品や公演のプロデュースを中心に運営をしていく方針だという。

    j


    「3月1日には、ジャニーズJr.の公式エンタメサイトである『ISLAND TV』を開始させました。
    今後、Jr.たちのさまざまな動画を配信していくといいます。
    3月23日に行われるSixTONESのコンサートからは、ライブの前半部分が500円で生配信されるといいます。
    ネットに明るいとされるタッキーだからこそ始められた、ジャニーズの新展開といえるでしょうね」(女性誌記者)

    今後、子会社「ジャニーズアイランド」の社長として、多くの新事業を立ち上げてくれそうな滝沢社長。

    その手腕にはジャニーズ内部の関係者からも、多くの期待がかかっているというが、内情を知る芸能プロ関係者からは、意外な話が聞こえてくる。

    「昨年末の華々しい引退イベントを見ても分かるように、ジャニーズ子会社の社長として大々的に担がれた滝沢氏ですが、実は、“ジャニーズアイランド”の発行済株式の総数200株のうち、彼は1株も持っていないというんです。
    つまり、単なる“お飾り”なんですよ」

    今回の芸能界を引退、社長に就任することに関しては、自ら決断したという滝沢氏だが、社長就任までにはいろいろあった。

    「“タッキー&翼”の相方で、ジャニーズを退所した今井翼(37)との不仲や、かわいがっているジャニーズJr.たちの待遇の悪さへの不満、藤島ジュリー景子副社長とソリが合わないといったことが蓄積して、滝沢氏は事務所を辞めようとしていたといいます。
    それで、ジャニー喜多川社長に“辞めます”と伝えたところ、慌てたジャニー氏が滝沢氏を引き留めるために急遽、ジャニーズアイランドの構想を語り、その社長に滝沢氏を指名したと聞いています」(前同)

    ジャニーズ事務所退所から、一転、子会社の社長就任話。

    自らを思ってくれている尊敬するジャニー氏の提案、そしてJr.の育成に対しての思いも深かった滝沢氏は、社長就任を受諾したようだ。

    「滝沢氏は、株を持たせてもらえなくても、社長になったことで満足しているようです。
    というより、そんなことより今後やることで頭がいっぱいなのでしょう。
    でも、外から見れば、ジャニー氏や一族に丸め込まれたかたちに思えますね。
    “ジャニー氏が引退するとき、ジャニーズ事務所本体の株を、滝沢氏に譲って、彼がジャニーズの新社長になるのでは?”なんて臆測もありましたが、この様子では、そんなことはありえないでしょう。
    一族経営は今後も続いていくことになりそうですね」(同)

    タッキー流のジャニーズ改革はどうなっていくのか!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1720011/

    所長見解:そうやろね・・・

    【【衝撃事実】滝沢秀明「ジャニーズアイランド」社長の実像・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ