ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ジャニーズ事務所

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    TOKIOのリーダー、城島茂(48)がタレント、菊池梨沙(24)と結婚することを27日深夜、ファンクラブ会員サイトで発表した。

    関係者によると、数年前からの交際を実らせ、近日中に東京都内の区役所に婚姻届を提出する予定だ。

    j

     
    城島は「私、城島茂はこのたび結婚することとなりました」と幸せいっぱいに報告。

    「リーダーという名前においても、一人の男としてケジメをつけるべく、ファンの皆様にきちんとご報告しなければ」と発表理由を明かした。

     
    1990年にTOKIOを結成し、94年に「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。

    最年長としてグループをけん引してきた城島は「結成から数えると人生の半分以上はTOKIOとしてやってまいりました」としみじみ。

    現メンバーでは2015年の国分太一(45)に続き2人目の既婚者となる。

     
    一方の菊池は父がバングラデシュ人、母は日本人のハーフで、B79W56H80のスレンダーボディーを武器にグラビアなどで活躍。

    日大芸術学部を卒業した才女でもある。

     
    2人の熱愛は一部で度々報じられ、5日発売の週刊誌「女性セブン」によると、交際期間は2年以上という。

     
    城島は昨年12月、番組ロケで腰椎横突起にひびが入る大けがを負った。

    今年7月にはジャニー喜多川前社長(享年87)が亡くなり、心身ともに弱った時期を傍で支えたのが菊池だったようだ。

     
    リーダーは来年11月に50歳となるが、「TOKIOも30年、40年と続けていきます」と還暦アイドルを宣言。

    28日にメインMCを務めるテレビ朝日系「週刊ニュースリーダー」(前6・0)で結婚を生報告するとみられる。


    ※画像がコチラ


    https://www.sanspo.com/geino/amp/20190928/joh19092801000001-a.html?__twitter_impression=true


    所長見解:娘やん・・・
    【【祝】TOKIO・城島茂、24歳年下の結婚相手がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年4月に渋谷すばるが脱退し、今月末には人気メンバー・錦戸亮の脱退も控えるなど、ここのところ悲しいニュースが続いている『関ジャニ∞』。

    事務所内部や関係者が動揺しているのは想像に難くないが、振り返るとその統制については、疑問視せざるを得ない出来事が続いていたと言っていい。


    9月3日、グループはデビュー15周年の5大ドームツアー千秋楽を東京ドームで迎え、2日後に公式サイトで錦戸の脱退・退所を発表。

    しかし、錦戸は今年3月に『週刊文春』で「夏にも発表予定」と脱退が決まっていることをリークされており、公式に否定コメントがないままファンは半年もの間〝生殺し〟に遭うこととなった。


    また、14日配信の『文春オンライン』は、ツアー最終盤の9月1日、東京ドーム公演を終えた横山裕がライブ関係者を含む女性3人、男性1人とともに焼肉店を訪れていたことを報道。

    同現場の横山が未成年の参加女性にデレデレとしていたことなどを挙げ、

    〝グループが大変なときに能天気〟
    〝未成年のいる席で飲酒をするのはどうなんだ〟
    〝まさかその女性にも飲ませたのでは?〟

    といった批判的な論調で記事を結んでいる。



    m


    関ジャニ関係者の口は軽い?

    女性同伴とはいえ、既にアラフォーである横山がツアー後に打ち上げ感覚で飲んでいたという、大したスキャンダル性はない同記事。

    むしろ、一部のファンが問題視したのは、飲み会の様子や横山の発言が詳細に掲載されたことだ。

    「記事内で飲み会の様子がかなり鮮明に記事化されていたことから、参加者の誰かがボイスレコーダーでも回していたことは明白。
    1日夜に行われて14日に配信されているというスピード感からも、『文春』にリークした者がいることは間違いないと見ていいでしょう。
    そして一部のファンは、錦戸の脱退報道や今回の飲み会報道のように、『関ジャニ』の身内に口の軽い関係者がいることを問題視しているのです。
    錦戸のときも、『文春』は関係者や知人への取材で脱退情報をつかんだとしていますし、情報のコントロールが取れていない状況が続いているようです」(芸能記者)


    思えば、渋谷の脱退に関しても、公式発表の直前に第一報をスッパ抜いたのは『フライデー』だった。

    そう考えると、「関ジャニ」に関してはリークとも言える動きがあまりに続いており、自ら記者会見を開くまでどこにも活動休止をかぎ付かれなかった『嵐』とは大きな差があると言っていいだろう。

    「関ジャニ」の状況が状況だけに、ダダ漏れとも言えるこうした動きにファンが敏感になるのは仕方ないこと。

    事務所やメンバー一同は、今一度情報統制をしっかりと行うべきかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/2012855/

    所長見解:あいつやん・・・
    【【情報流出】「関ジャニ∞」内部に裏切者説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    未成年の少女に対する強制わいせつ容疑で昨年4月に書類送検(起訴猶予)され、表舞台から姿を消した「TOKⅠO」の元メンバー山口達也(47)の“復帰プラン”が明らかになった。

    衝撃の引退から1年4か月、山口は先月29日に発売された「女性セブン」のインタビューに登場し、TOKⅠO復帰を否定したが、ジャニーズ事務所の一部幹部は水面下で必死に動いているというのだ。

    なるべくハレーションを起こさないように、リーダー・城島茂(48)の晴れの日が“復帰舞台”に選ばれそうだ。


    y


    先月、本紙は「TOKIO解散秒読み」と伝えた。

    山口が抜け音楽活動がゼロになったことで、長瀬智也の不満が爆発しているからだ。

    裏を返せば、山口が戻って再び音楽活動を再開すれば、長瀬の不満も収まり、業界に吹き荒れているTOKIO解散説も鎮火するだろう。

    とはいえ、山口の復帰へのハードルは限りなく高い。


    山口自身も女性セブンの直撃取材に「それは…ありません。芸能界に私の居場所はないですから」と断言しているからだ。

    ところが急転直下!! 

    ジャニーズの一部幹部は本気で復帰させようと動きだした。

    事情通がこう明かす。

    「実はここだけの話ですが、山口の復帰話は確実に、静かに水面下で進行し始めた。
    世間のリアクションをうかがいながら、時が来れば一気に山口を表舞台に出させるつもりです」


    なぜここまで山口にこだわるのか?

    「山口の復帰は、7月に亡くなったジャニー喜多川氏の“遺言”でもあるとの話です」と芸能プロ関係者。

    事務所創設者で社長だったジャニーさんは山口にとって人生の恩人だ。

    だからこそジャニーさんが復帰を望んでいたとなれば、山口も考えないわけにはいかない。


    すでにどのタイミングで、どういう場所で復帰するか、具体的な案まで挙がっている。

    それは、どんなに遅くても年内には入籍を発表する予定の城島の披露宴に参列するというものだ。

    現在、城島はグラドルの菊池梨沙(24)と交際中で結婚は既定路線。

    「2人の交際は2年以上になり、同棲生活を送っている。
    もはや付き合っていることを隠さなくなった。
    リーダーもあと2年で50歳になりますからね。
    いよいよ結婚ですよ。
    ファンも祝福一色だし、ジャニーズ事務所もGOサインを出したそうです。
    山口を復帰させたい勢力は、その披露宴に呼んで、事件以来初めてTOKIOの5人が揃うところを見せようとしています」とテレビ局関係者。


    一度は大きな過ちを犯したとはいえ、披露宴という晴れの場に、青春時代をともに駆け抜けてきた仲間を呼んでもバッシングは起こりづらいだろう。

    まずは非公式な場ながら、5人揃う“実績”を作り、その後の本格的復帰は山口が大活躍したあの番組だ。

    「日テレの『ザ!鉄腕!DASH!!』でのテレビ復帰が最有力。
    人気を誇った鉄腕DASHも、山口が抜けてから視聴率は低迷し、打ち切りがささやかれるほど。
    そこで山口を迎えて番組を存続させ、TOKIOを再ブレークさせようという計画です」(放送作家)

    1995年に始まった鉄腕DASHの歴史を語る上で、山口の存在は欠かせない。

    視聴者もそれは認めており、山口が登場する必然性があるからこそ、他の番組よりも出演しやすいはずだ。

    復帰すれば批判殺到間違いなしだが、それでも何とかして世間の逆風を弱めようと、復帰推進派は綿密な計画を立てているのだ。

    「山口は問題となったアルコール依存症の治療も受けている。
    大いに反省もしているようですし、復帰する機会を与えてもいいと思うのですが…」(芸能関係者)


    「女性セブン」の取材に対し、山口はこうも語っていた。

    「いつの日か、もう一度人前に出たいんです。
    やっぱり人に何かを訴えかける仕事がしたい」

    山口が言う「いつの日か」は、そう遠くないのかもしれない――。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17104739/

    所長見解:どうやろな・・・

    【【朗報】TOKIO・山口復帰プランがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    i


    嵐→2020年活動休止

    TOKIO→山口メンバー

    SMAP→解散

    Kinki Kids→解散の噂

    関ジャニ→渋谷、錦戸のメインボーカル脱退

    KAT-TUN→覚せい剤

    NEWS→目新しいNEWSなし

    所長見解:もうな・・・


    【【これはヤバい】ジャニーズ事務所、もうボロボロ問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    香取慎吾が8月28日に『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演したことが話題になったが、今度は稲垣吾郎が10月12日に放送される『本当にあった怖い話 20周年スペシャル』(フジテレビ系)に出演することが明らかになった。

    元SMAPのメンバー3人が地上波に出るというだけでニュースになるのはなぜなのか。

    ジャニーズ事務所を退所したあと、彼らが出演していた番組は軒並み打ち切られ、地上波の番組に出演する機会がほとんどないまま2年が過ぎたからである。


    なぜ、彼らがそのような状況に置かれることになったのか。

    誰もが“考えられる理由は1つだ”と思っていたことだろう。

    それを裏付けるかのように、公正取引委員会がジャニーズ事務所に口頭注意をしたという報道があった。

    3人を出演させないよう、事務所がテレビ局に圧力をかけていた疑いがかけられたのだ。


    ジャニーズもテレビ局も報道を否定。

    しかし、大手事務所を辞めたタレントが思うように仕事ができないのは、もう何十年も前からあることなのだ。

    芸能事務所がテレビ局に圧力をかけるという話は、今では一般人でさえもよく知る話である。


    「かつては影響力を持った事務所は、“うちのタレントを引き上げます”という殺し文句をよく使っていました。
    歌番組がいい例です。
    他の事務所に移籍した歌手や、自分の事務所のタレントとキャラが被るタレントがブッキングされたとき、その事務所は面白くないわけです。
    そこであの殺し文句が出てくる。
    局としては、大手事務所の人気歌手が何人も出ないとなると困るため、仕方なく言いなりになってしまう。
    “出すな”と言っているわけではありませんが、圧力に変わりはありません」(キー局プロデューサー)


    ただ、今は露骨にそんなことを言う事務所はないという。

    それでも、事務所の意向にそぐわなければ煩わしいことが起こる――。

    そんなことは極力避けたいと思うテレビマンは少なくないだろう。

    “忖度”以前に、“触らぬ神にたたりなし”となるわけだ。

    元SMAPの3人についても、おそらくそういうことだったのではないか。

    公取委の報道が出たことで、これから先、テレビ局と事務所の関係が変化すると期待している人は多い。

    彼らが地上波に戻ってくることはその表れだろう。

    また圧力は「使うな、出演させるな」というだけではない、と語るのは前出のキー局プロデューサー。

    「大手事務所所属のタレントが出演している番組は打ち切りにくいというのもテレビ界の常識です。
    視聴率が低すぎる番組は普通打ち切りの対象となりますが、だらだらと放送を続ける場合があります。
    そういう番組はたいてい大手事務所のタレントがMCを務めていたり、主演のドラマだったりしますよね」

    v


    TOKIOの国分太一がMCを務める朝の情報番組『ビビット』(TBS系)の打ち切りが発表された。

    1年で終了した前番組『いっぷく!』も含めて5年半、TBSの朝の顔を務めたのだが、その間視聴率は低迷を続けた。

    打ち切り説が何度も出たが、即打ち切りにならなかったのは、「司会が国分さんだからですよ。
    前番組も散々だったのに、彼を交代させなかったのは事務所に対して遠慮があるから。
    簡単に打ち切りなんかしたら、その後が怖いんです。
    そんなことから、テレビ局に“忖度体質”が出来上がってしまったんです」と、TBS関係者は話す。

    そのため、もし番組を打ち切りにする場合は、事務所の機嫌を取るための代替案を考えなくてはならない。

    代わりの番組を用意するのが通例だという。

    同局で国分がMCを務める深夜バラエティ番組『世界くらべてみたら』が10月からゴールデンタイムに昇格になるという。

    深夜番組が時間帯を変更して“昇格”するのは、たいていは人気が出た場合。

    同番組が当てはまるかどうかは微妙なところであり、打ち切りに対する“忖度”なのではないかという見方もある。


    今回はジャニーズ事務所だけが俎上に上がったが、芸能界には同事務所と同じ、いやそれ以上の“影響力”を持つ事務所があるのは誰もが知るところ。

    “圧力問題”が完全になくなるにはまだまだ時間がかかりそうだ…。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190909-00000001-friday-ent

    所長見解:あるやろね・・・

    【【ジャニーズ事務所】国分太一『ビビット』打ち切りの恐ろしすぎる舞台裏・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ