ジャニーズ事務所

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    これも“SMAP外し”なのだろうか。

    19日に放送された『歌のゴールデンヒット』(TBS系列)の放送内容に、視聴者から怒りの声が上がっている。

    同番組は、50年分の“年間売り上げランキング”を振り返るもの。

    2000年以前はランキング上位を発表し、2000年以降は1位のみをダイジェストで紹介した。

    そこで、2003年だけがスルーされたのだ。

    オリコンの2003年シングルCD売り上げランキングによると、1位はSMAPの『世界に一つだけの花』。

    同シングルは、2016年8月にSMAP解散が発表された際、ファンによる「累積売上300万枚突破購買運動」が起こり、同年12月5~8日付のオリコンデイリーCDシングルランキングで、累積売り上げ数300.8万枚を達成していた。

    s


    『歌のゴールデンヒット』でも2003年の1位として当然『世界に一つだけの花』が紹介されるものと思っていた視聴者が多かったようで、不満が殺到したのも無理はないだろう。

    番組内で同シングルは、歴代シングル売り上げランキングを紹介する際に文字が出たのみだった。

    視聴者からは、ネット上で

    「久しぶりにSMAP、しかも『世界に一つだけの花』がテレビで見られると思って、心から楽しみにしていたのに…」

    「また露骨なSMAP外し?」

    「あれだけ売れた曲を飛ばすとか、あり得ない」

    などと非難する声が上がった。

    また、

    「有罪者が出ている、CHAGE&ASKA、光GENJIが流れたのに、なぜSMAPが駄目なのか」

    「SMAPに触れると、何かまずいことがあるのだろうか…圧力?」

    「SMAPを映せない理由があるならちゃんと説明しろ」

    と、この放送を疑問視する声も続出した。

    「ジャニーズ側から局に圧力があったのだと思われても仕方がないですね。
    光GENJIは放送可能だったことから、解散したグループだから放送できないというわけではない。
    ようは、事務所を退所した元SMAPの3人(香取、稲垣、草なぎ)を、過去の映像だとしてもテレビに露出させられない事情があるのではないでしょうか」(芸能ライター)

    なぜSMAPの楽曲が放送されなかったのか真実は不明だが、名曲を“なかったもの”としてしまう放送内容に、納得のいかない人が多かったようだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/rl/12184-44150/


    所長見解:あれやね・・・

    【【TBS歌番組】露骨なSMAP外しの結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の木村拓哉(45)が18日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 FLOW」(日曜前11・30)に出演。

    高校の同級生であるマツコ・デラックス(46)をゲストに迎え、ラジオ番組への思いを語った。

    m


    マツコは「ラジオの収録に作家みたいなものを置かずにやっているのはすごいと思う。
    (作家がいれば、2人だけで話すのと違って)逃げれるじゃん」とした上で、「あなたの番組やろうとした時に、キャスティングをあなたに頼るしかない。
    初めましての人を呼んで、木村拓哉とフリートークしてくださいってわけにはいかない」とスタッフ側の苦労を指摘。

    「あんたは厄介な人間なんですよ。
    本当に私たちは超厄介なのよ。
    私はごめんねって思いながら(現場に)入ってくる。
    テレビって厄介者だらけだけど、その中でも木村拓哉は厄介の中の厄介」と木村を笑わせた。

    続けて「芸能界でこの距離で話せる人、あと何人いるのよ」と問われ、木村は「さんまさん、二宮、浅野忠信、マツコ…。
    だから、この後やばいよね」とこれまでの番組ゲストを列挙して苦笑い。

    マツコは「この距離間で話せる人を全員呼んだら、それでこの番組終わりよ。
    面倒くさいのよ、あなたは」と笑った。

    さらに、ラジオを続けるモチベーションについて、木村は「ラジオしか自分の声で自分の感情で自分の思ったことを発信できることはない。
    だからやる意味がある」と説明。

    マツコも「SNSじゃなくて肉声でってことね。それは分かった。
    あんたは役者で発信しているのが役を通してのセリフだから、自身のリアルな言葉ではないわけだからね」と納得していた。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15613053/
    スポニチアネックス


    所長見解:仲いいな・・・

    【【同級生】マツコ、キムタクに「あんたは厄介な人間」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    草なぎ剛(44)の一日は、愛犬・くるみ(メス、フレンチブルドッグ)の散歩から始まる。

    「毎日午前10時ごろ、自宅近くで、愛犬を抱えて歩いている姿をよく見かけます。
    草なぎさんだと気づく人はほとんどいないようです」(芸能関係者)

    現在公開中の日仏共同製作アニメ映画『ムタフカズ』では、主人公の吹き替えを担当。

    12月には、オスカーを受賞した名画『道』の舞台版で、主演を控えている。

    k


    多忙を極めるのは草なぎだけではない。

    「同じく『新しい地図』の稲垣吾郎(44)、香取慎吾(41)も映画と舞台を控え、休みが取れない。
    3人が顔を合わせるのは月1回、AbemaTVの生放送のときぐらいだ」(スポーツ紙記者)

    だが、3人が民放キー局の番組に出演しているかといえば、各局がジャニーズ事務所の顔色を窺う状況は続いており、独立前から続くレギュラー番組以外では姿を見ない。

    「日テレ恒例の年末番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!』で、3人にオファーを出す動きがあった」

    こう語るのは、ある芸能プロ関係者。

    「笑ってはいけない」で知られる人気番組だ。

    「企画案は『ガキ使』メンバーがカラオケボックスの部屋を覗くと3人がおり、『誰か』を待っている……というもの。

    SMAPの有名曲が流れたり、待ち人が来たと思ったらものまね芸人だった……
    なんてオチまで考えていたようだが、最終的に日テレがジャニーズに忖度。
    土壇場で話は立ち消えになった」

    3人はCM契約料やSNSでの収入などを合わせると、独立前より稼いでいるという見立てもある。

    それでも「新しい地図」をプロデュースする飯島三智氏(60)にとって、3人をゴールデン帯で地上波に出演させるのは独立以来の悲願。

    そこで、彼女が描く仰天のプランがある。

    「飯島氏が企んでいるのが、『紅白』出演です。

    2020年の東京五輪に向け、局を挙げて五輪PRをおこなっているNHKにとって、『紅白』は格好の舞台。

    3人はパラリンピックのスペシャルサポーターを務めており、オリ・パラ関連であれば、ノーギャラでも出演する可能性がある。

    草なぎとNHKは、SMAP時代から続く『ブラタモリ』のナレーションや、単発の出演などで実績がある。

    『紅白』出演をステップに、キー局地上波への完全復帰を狙うのが飯島氏の戦略だ」(前出・芸能プロ関係者)

    休みの取れない3人だが、前出のスポーツ紙記者によれば、「12月31日のスケジュールは空いている」という。

    さらに、2018年の元日は午前0時45分からAbemaTVで生放送に出演したが、2019年は午後3時からと余裕がある。

    2019年、地上波で草なぎを見る日が来る。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181117-00010001-flash-ent


    所長見解:見たいけどね・・・

    【【元SMAP】草なぎ剛、地上波復帰計画がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年9月にジャニーズ事務所から独立し同じマネジメント会社に所属する元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が地上波の番組からのオファーがあったことを、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。

    s


    独立から1年経過した3人だが、仕事は順調そのもの。

    稲垣は3人で唯一の地上波レギュラー番組「ゴロウ・デラックス」(TBS系)が独立後にも継続。

    主演映画「半世界」(阪本順治監督、来年2月公開)が、先日開催された東京国際映画祭授賞式で観客賞を受賞。

    現在は主演舞台「No.9―不滅の旋律―」が都内で上演中だ。


    草なぎは独立前からのNHK「ブラタモリ」のナレーションを継続。

    春先に主演舞台をこなし、12月にも主演舞台が上演される。


    香取は9月19日から10月3日まで、パリのルーブル美術館・シャルル5世ホールにて初の個展を開催。

    12月から来年1月にかけて三谷幸喜氏作・演出の舞台「日本の歴史」に出演する。


    3人での活動は4月に期間限定で公開されたオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」がヒット。

    今年7月には「東京2020パラリンピック競技大会に向けての国際パラリンピック委員会特別親善大使」に就任。

    そちらの活動も精力的にこなしている。

    「ほかにはAbemaTVとガッチリタッグを組んでレギュラー番組を持ち、それぞれCMにも出演。稼ぎはとっくにSMAP時代を上回っているだろう」(芸能記者)

    そんな3人をついに地上波も無視できなくなった模様。

    同誌によると、3人には日本テレビ恒例の年末番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!」でオファーを出す動きがあったとか。

    結局、古巣・ジャニーズ事務所への忖度で話が立ち消えになってしまったという。

    「ジャニーズの看板・嵐がグループでレギュラー番組を持つフジテレビと日テレはいまだに3人のイベント取材に来ませんが、ついに3人の勢いを無視できなくなってしまったのでは」(同)

    最初に、独立後に初めてどこの局が3人を起用するかが非常に注目される。

    https://npn.co.jp/article/detail/15171285/


    所長見解:見たかったな・・・

    【【新しい地図】元SMAPの3人、ついにあの大型番組からオファーの模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    自らオーナーを名乗っていた六本木のバーで未成年飲酒問題を起こし、閉店させてからはまったく目撃談がなくなっていたNEWSの手越祐也。

    t


    さすがに六本木に近づくのは自粛していたのか、家でおとなしくスマホゲームをしているなんて報道もあった。

    そんな中、久しぶりに手越が界隈に現れたという。

    目撃した女性が語る。

    「コンビニを出ると、目の前に明らかに芸能人の送迎ワンボックスと思われるスモークの濃い車が停車したので、誰が降りてくるのか見ていたら、手越クンだったので驚きました。

    帽子にマスクにダテ眼鏡をしてましたが、隠しきれない金髪と声ですぐに分かりました。

    仕事なのかと思いましたが、送迎ワンボックスはすぐにいなくなり、一人になった手越クンはどこかに電話をかけ出しました。

    『着いたよ。どこ? えっ? 全然分かんないんだけど!』となぜか怒り気味。

    特徴的な高い声で話していたので、私以外にも周りの人に気付かれてましたね」

     
    その後、手越は新たに出来た複合ビルへと消えていったという。

    目的は仕事なのか、それとも合コンや新たなバーの下見なのか……。

    六本木にいるだけでNEWSになるからさすがではあるが。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000005-nkgendai-ent


    所長見解:さすがやね・・・

    【【自粛終了】 NEWS・手越祐也が六本木に出没問題。 】の続きを読む

    このページのトップヘ