ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ジャニーズ事務所

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    来年はV6のデビュー25周年アニバーサリーだ。

    ジャニーズグループでは少年隊、TOKIOが音楽活動を休止しているため、楽曲をリリースし、コンサートもコンスタントに開いている既存グループでは、V6が最古となる。

    ジャニー喜多川社長が亡くなったことで、ジャニーズアイドルの歴史を振り返ることが増えている。

    栄光の歴史の中でも、さんぜんと輝くのが光GENJIだ。

    87年にデビューするや、またたくまにスターダムを駆け上がった7人は、8年弱で活動を終えている。

    現在もジャニーズに所属しているのは、内海光司と佐藤アツヒロ。

    その佐藤と同郷で、ジャニーズ入所前から親しかったのは中居正広だ。

    「同じ神奈川県藤沢市出身で、中学校が隣だったのです。
    佐藤は86年8月、中居はそのおよそ半年後の87年にジャニーズ入り。
    アイドル歴は佐藤が先輩で、年齢は中居が1学年上という関係です。
    お互いが存在を知ったのは、ジャニーズJr.になって、レッスン場で話してから。
    以降は、一緒に小田急線に乗って帰っていたそうです」(アイドル誌ライター)


    Jr.時代、2人はジャニー喜多川社長から声をかけられて、東京・後楽園にあったスケート場に通って、ローラースケートの練習に加わった。

    ところが、真面目に通った佐藤と異なり、草野球の練習を優先させた中居は、レッスンをサボった。

    これが運命の分かれ目となり、佐藤は光GENJIに抜てき。

    中居は、光GENJIのバックダンサー・スケートボーイズ(SMAPの前身)という格差に泣いた。

    それでも2人は、実家で泊まりあい、湘南の海で遊び、仕事の相談をしあう仲だった。


    「佐藤は、グループ最年少にして入所最短(当時)でメンバー入りを果たしたため、解散したときはまだ22歳の若さ。
    一方的に解散を言い渡されたため、当時はまだペーペーの中居が激怒。
    事務所の上層部に向かって、『敦啓(本名)のこと、考えてんのかよ!あいつは10代でデビューして、22(歳)でいきなり辞めるって、ハシゴはずされてさ、かわいそうじゃねぇか!』とガチギレしたといいます」(前出・アイドル誌ライター)


    n


    光GENJIからSMAPへ政権交代。

    複雑な思いながらも、ジャニー氏ほか大人に噛みついた中居。

    元トップアイドルグループのリーダーは、このころから漢気に満ちていた。


    ちなみに2人は、15年9月に放映された「ナカイの窓 ゴールデン2時間SP」(日本テレビ系)で、地上波ではおよそ20年ぶりに共演。

    収録後には、V6・井ノ原快彦、TOKIO・国分太一、NEWS・中丸雄一を交えて旧交を温めたという。


    2つの元国民的アイドル。

    また、ツーショットが見たい!

    http://dailynewsonline.jp/article/1936424/

    所長見解:そうなんや・・・
    【【激怒】中居正広がジャニーズ事務所幹部に“ガチギレ”ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉本興行の闇営業問題で「契約解除」「契約解消」という言葉がしきりに使われているが、本家はやはりジャニーズ事務所だろう。

    「吉本の件で目がそれましたが、怪しい雇用関係はジャニーズが得意。
    昨年末、すでに人気を得ていたジャニーズJr.内の7人組ユニット『Love-tune』(ラブトゥーン)が突如の解散。
    今年にかけてメンバー全員が事務所を辞めたのですが、正式な契約がなかったといいます。事務所は毎年、100人単位でアイドルの卵を採り、みんなタダ働き同然で消えていく。
    信じがたい組織です」(ジャニーズライター)

    事務所社長のジャニー喜多川氏が亡くなり、今後、タレント部門の統括責任は若き幹部T氏が担うとされている。

    ジャニーズ愛にあふれる〝改革派〟T氏による「契約解除」の最新リストには、一体どんな顔ぶれが並んでいるのだろうか。


    j


    「筆頭候補は『関ジャニ∞』の錦戸亮です。
    本来は、すでに退所した元メンバーの渋谷すばると一緒に辞める予定でした。
    渋谷脱退とともに関ジャニの解散を訴えていたし、村上信五中心の売り方にも反発。
    年内にもはじかれるのは確実という情報が伝わっています」(同・ライター)


    二番手は『嵐』のリーダー・大野智といわれる。

    グループは来年末で活動休止が決まっており、今すぐではないにしろ、グループとともに消える運命だ。

    「かつて乱〇パーティーの現場を週刊誌に掲載され、昨年、一度交際が禁止された飲食店の女性との交際復活が判明。
    最近、本人も『自由になりたい』『釣り船の船長になる』……などと漏らしているとか。
    亡くなったジャニー喜多川氏が緊急搬送された際、病状についてはナゼか松本潤がグループを代表して発表。
    事務所とは完全に関係が冷え切っている証拠です」(女性誌記者)


    ジャニーズ愛が無いものは去れ!の方針

    3人目は『NEWS』小山慶一郎のようだ。

    小山はこの7月よりTOKYO MXの健康バラエティー番組『小山慶一郎の健者のBORDER30~専門医が導く健康への分かれ道~』に月1回登場。

    初MCかつ単独での初冠テレビ番組で、事務所との関係を持ち直したと思われた。


    http://dailynewsonline.jp/article/1935851/

    所長見解:T氏・・・
    【【波乱の芸能界】ジャニーズ幹部T氏「お前ら全員クビ」最新リストがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    公取委が注意 「新しい地図」への「圧力」中心人物は嵐の元マネージャーだった

    独占禁止法違反の恐れがあるとして、公正取引委員会から注意を受けていたことが明らかになったジャニーズ事務所。

    テレビ局に圧力をかけていた中心人物が、嵐の元チーフマネージャー・A氏だったことが、「週刊文春」の取材でわかった。


    m


    「公取委が問題視したのは、2017年9月にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎(45)、草彅剛(45)、香取慎吾(42)の3人を巡るテレビ局への圧力です。
    公取委は3人の独立後に出演番組が次々と終了した経緯などを調査。
    昨年頃からテレビ局をはじめ、関係各所にヒアリングを行っていました」(社会部記者)



    ジャニーズ事務所が、テレビ局への圧力を強めるきっかけとなったのが、2017年11月に3日間にわたり、インターネットテレビ「Abema TV」で放送された「72時間ホンネテレビ」だった。

     
    その後、A氏は、元SMAPの3人を取り上げた番組や尺の長さをリストにしたものを提示し、「なぜこうなったのですか?」と理由を問い詰めるなどしていたという。

    A氏は、嵐の元チーフマネージャーで、藤島ジュリー景子副社長の右腕として知られる人物だ。


    (リンク先に続きあり)
    https://bunshun.jp/articles/-/12988?page=1 

    所長見解:そうやろね・・・
    【【調査結果】元SMAPへの「圧力」中心人物はまさかの人物の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「Nの“抜き”って言われていますね」

    そう話すのは、一般紙の社会部記者だ。

    17日夜に突如として流れたジャニーズ事務所による元SMAP3人に対する「圧力報道」。

    公正取引委員会は17日までに、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人をテレビに出演させないよう働きかけていた疑いがあるとして、ジャニーズ事務所を注意した。

    3人は17年9月に契約満了で同事務所を退所。

    SMAPのチーフマネジャーを務めたI氏が立ち上げた新事務所に合流し、“新しい地図”として再始動した。

    その3人に対し、ジャニーズ事務所がテレビ各局に対し「元SMAPの3人を使うな」と圧力をかけていたのだという。

    冒頭の「N」とは、一報を打ったNHKのこと。

    “抜き”とはスクープのことを指すが、一般紙記者からはこんな異論も。

    「各社とも、公取委がジャニーズ事務所を調査していて、“新しい地図”の3人とジャニーズの最高権力者であるメリー喜多川副社長を聴取していたことは把握していました。
    その結果、公取委が注意処分に留めたことも。
    『注意』は公取の処分の中では軽度で、ニュース価値としてはさほどでないと各社判断していたようです。
    公取委が処分を伝えたのもずいぶん前ですしね。
    それがこのタイミング、しかもNHKが真っ先に報じるとは思いもしませんでした」

    付け加えると、公取委は民放キー局の社員などから圧力と認定するに足る情報を入手しており、当初は注意ではなく、ジャニーズにワンランク上の「警告」処分を課したかった。

    ところが、ジャニーズの副社長でジャニー喜多川氏の姉であるメリー喜多川氏が頑としてそれを認めなかったため、注意処分に留めたという。

    「公取委が堂々とオープンにできるのは警告から。
    まさか注意レベルで表に出るとは夢にも思わず、メリー氏は『なんでこんなことになるのよ!』と大荒れだったそうです」(スポーツ紙記者)


    しかも“抜いた”のがNHKとなれば、ただでは済まないだろう。

    年末の風物詩であるNHK紅白歌合戦――。


    ko


    例年、同番組を牛耳っているのはジャニーズ事務所で、昨年は嵐、関ジャニ∞、Hey!Say!JUMP、Sexy Zone、King&Princeの計5組が出場。

    「ジャニーズ枠」なる言葉もあるくらいだ。

    「出場歌手だけでなく、司会もジャニーズで固められています。
    16年から始まった嵐メンバーの白組司会はその代表で、活動休止する来年の紅白まで司会は嵐で内定していると言われています」(前出・スポーツ紙記者)

    NHK的にも常連と言われる演歌歌手が出るより、数字が稼げるジャニーズのタレントに多く出てもらった方が都合が良い。

    まさに両者は「ウィン・ウィン」に近い関係だったが、それも今回の報道で雲行きが怪しくなってきた。

    「NHKは民放と違って、報道が花形。
    紅白への影響など、さして考えなかったのでしょう。
    対照的に頭を抱えているのは、制作サイド。
    いまなお、メリー氏は怒り心頭状態と言いますから、スクープされた腹いせに紅白から撤退なんてこともないとは言い切れません」(芸能プロ幹部)


    ジャニーズ事務所は大晦日に恒例のカウントダウンコンサートを行っている。

    「今年はジャニー喜多川さんが亡くなったので、例年よりも盛大にやるそうだ。
    『原点回帰』をテーマに、所属タレントはカウントダウンコンサートに集中させ、紅白は二の次になるかもしれない」(テレビ局関係者)

    「圧力報道」の波紋はどこまで広がるのだろうか――。


    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190722-00010000-friday-ent 

    所長見解:ええやん・・・

    【【悲報】NHK・紅白歌合戦からジャニーズ撤退説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーさんというと、“小柄な年配のオジサン”というイメージを持つ人もいるかもしれない。

    だけど、実に若々しい一面もあって……。

    「誰よりも食べるのが早かったことが印象的ですね。
    昔、KinKi Kidsの堂本光一さんが大阪で舞台をやっていたときに、ジャニーさんが見に来たことがありました。
    公演後にチャーハンの出前を頼んで、光一さんやスタッフ数名と食事をしたのですが、彼は、周りがまだ3分の1も食べていないときに食べ終えていたそうです。
    あまりの早さにみんな驚いていたそうです」(舞台関係者)


    j


    急発進、急ブレーキは当たり前! 危険運転常習者?

    仕事やレッスン後に、自分の車にJr.を乗せて最寄りの駅まで送ってあげることもあったそうだけど、運転は少々乱暴だったという。

    「彼はとてもせっかちなんです。
    そのうえ、高齢ということもあってか、急発進や急ブレーキは当たり前だったそうですよ。
    駐車場でも白い枠の中に止めず、縁石に乗り上げてしまうこともあったんだとか」(レコード会社関係者)


    3行以上は読まない!

    せっかちな性格は、スタッフと仕事の連絡をする際にも表れていた。

    「メールやFAXでジャニーさんに連絡するときは、“文章が3行を超えてはいけない”というルールがあったそうです。
    彼は用件だけ確認したいから、3行を超えると読まないんです。
    だから、定型文としてよくある《お疲れ様です》などの挨拶はいらないから、1行ですませるよう徹底されていたといいます」(前出・レコード会社関係者)


    とにかく庶民的!

    ジャニーズ事務所という超有名プロダクションの社長でありながら、その素顔は誰よりも庶民的だった。

    「好きなものを聞いたときに“僕はデニーズのハンバーグが日本でいちばんおいしいと思う”と話していました。
    贅沢なことにはいっさい興味がない人でしたよ。
    テレビ局などが宣伝用に作ったスタッフジャンパーや、もらい物のビニール製バッグをずっと使っていましたからね」(ジャニーズ事務所関係者)

    Jr.のレッスンを見に来たときは、差し入れを買ってくることも多かったが、その食べ物も庶民的だった。

    「持って来るのは、いつもジャンクフードでしたね。
    両手いっぱいに、コンビニのスナック菓子やチョコ、ハンバーガー、フライドポテトなどを抱えてくるんです。
    育ちざかりの男の子たちが喜ぶものを熟知していたんだと思います」(テレビ局関係者)

    高価なものを避けたのには、こんな理由もあった。

    「高級店のお菓子だと、数が少なくなりがちでスタッフやアルバイトまで行き渡りません。
    彼らが遠慮せずに食べられるものにしたかったのでしょう」(同・テレビ局関係者)

    立場が低い人のことを気遣える優しい一面はほかにも。

    「ジャニーズのタレントがアルバイトのスタッフに横柄な態度をとったときは、“この人たちのおかげでジャニーズが成り立っているんだよ!”と、ものすごい剣幕で怒ったそうです。誰に対しても謙虚でした」(ラジオ局関係者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190716-00015612-jprime-ent

    所長見解:そうなんやね・・・
    【【これはすごい】ジャニーさん伝説がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ