ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ジャニーズ事務所

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所を9月末に退所した錦戸亮が、12月23日、朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)にVTR出演。

    退所して3カ月も経っていない、このタイミングでの地上波出演に驚きの声が上がっている。


    「VTRの冒頭で錦戸は独立した理由について『今までの環境から飛び出して全部1人でやってみよう』とした上で『自分で紡いだ言葉を自分で作ったメロディに乗せて、自分の声で歌いたい』と話し、『(今後は)芝居にもチャレンジしたい』と話しています」(テレビ誌記者)

    しかし、VTRとはいえわずか3カ月足らずでキー局へ出演。

    SMAP解散後、ジャニーズ事務所を退所した「新しい地図」の3人と比べても異例の早さと言える。

    「『新しい地図』の3人も、2017年9月の退所後に出演していた番組が次々に終了。
    今年の大晦日に特番『絶対笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)、来年1月2日『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』の3時間スペシャルまで、地上波に出演する機会はほとんどありませんでした。
    この異例の早さの地上波復帰には、『スッキリ』のMCを務める極楽とんぼ・加藤浩次の後押しもあったようです」(女性誌記者)


    n


    錦戸の独立発表直後、加藤は番組内で「錦戸君の仕事が制限されることのない世の中になって欲しい」とコメント。

    その言葉について錦戸は今回のVTRで「嬉しかったし、勇気づけられた。その言葉に応えられる僕でいなきゃ」と感謝の言葉を口にしている。


    「錦戸は10月30日にデビューアルバム『NOMAD』をリリース。
    初週7.6万枚を売り上げ、オリコン週間アルバムランキング初登場1位に。
    11月から始まったツアーも全会場とも発売開始と共にソールドアウトするなど上々の滑り出し。
    元KAT-TUNの赤西仁と共同プロジェクト『N/A』を立ち上げ、来年5月にはハワイでのライブも決定するなど、来年はさらなる飛躍が期待されます」(音楽ライター)


    しかし、そんな絶好調とも言える錦戸を先月行われたツアーの最中、“舌禍事件”が襲う。

    「ジャニーズ事務所所属のアイドルグループには、関ジャニ∞なら“エイター”、キンプリなら“ティアラ”といったファンの呼び方があります。
    ところが錦戸は、『(ファンの)呼び方決めんのもサブい』発言をして、ライブに駆けつけた関ジャニ∞ファンから『ドン引き』の声も上がりました。
    こういった失言が繰り返されれば、命取りになりかねません」(前出・女性誌記者)


    事務所を独立してロケットスタートを切った錦戸だが、絶好調の今こそ要注意!?


    http://dailynewsonline.jp/article/2144484/

    所長見解:どうやろね・・・
    【【元・関ジャニ】錦戸亮、最速で地上波復帰ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビって怖いね

    m

    所長見解:そやろな・・・

    【【悲報】元SMAPの3人は圧力をかけられてテレビに出れなかった説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    毎年大みそか恒例のテレビ番組『NHK 紅白歌合戦』が先月31日に放送され、平均視聴率は第1部が34.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2部が37.3%をマークし、それぞれ前年の37.7%、41.5%を下回った。

    第2部は、2部制となった1989年以降で最低となり、事実上の過去最低となった。

    “平成最後の『紅白』”となった前年(2018年)は第2部が40%という大台に乗り、改めて国民的番組としての存在感を示したが、“令和最初の『紅白』”はその数字に届かなかった。


    k

     
    今回は内村光良が3年連続となる総合司会を務め、白組司会の嵐・櫻井翔(2年連続)、紅組司会の綾瀬はるか(4年ぶり3度目)が脇を固め、安定した司会ぶりをみせた。

    例年通りステージ上ではさまざまなサプライズも披露され、なかでも黒いロック歌手のような衣装をまとい、空中を縦横無尽に動く巨大な金色の竜のゴンドラの上からアニメ映画『ドラゴンボール超』の主題歌『限界突破×サバイバー』をヘッドバンキングしながら熱唱した氷川きよしは、登場直後からインターネット上で

    「ロッカーきよ子、素晴らしかった」(原文ママ、以下同)

    「氷川君は、プロのエンターテイナーですね。期待を裏切りません」

    「素晴らしかった、演歌歌手ってどんな歌うたっても変なくせが出ちゃうんですが全くそんなことなく本当に見事だった」

    などと話題に。


    また、圧巻の歌唱力を披露したMISIAや、デビュー40年目で『紅白』初出場となった竹内まりやがしっとりと歌い上げた『いのちの歌』などにも絶賛が寄せられている。

     
    番組全体への感想としては、

    「official髭男dismよかった! 松任谷さんもよかった! 石川さゆりさんもよかった!」


    「ウッチャンの司会は最高でした。
    ウッチャンの司会だから見たいとこの数年間見続けました。
    ウッチャン最高。
    たけしさんもたけしらしさが満載で素敵でした。
    ミーシャの歌声に心打たれ感動でした」

    「こんなに見ごたえのある紅白歌合戦は、何年ぶりだろうか。
    でも、副音声の裏トーク中心に楽しんだ」

    などと評価する意見もみられる一方、以下のように厳しい声も挙がっている。


    「うーん、紅白歌合戦も末期かなぁ…」

    「近年まれに見る演出のひどさで全くつまらなかった。
    去年盛り上がった武田さんの体操とかけん玉とか同じことをやり何の工夫もなく、つなぎも非常に悪く盛り上がったところが皆無だった」


    「今の紅白はジャニーズが占拠している感じです」



    https://biz-journal.jp/2020/01/post_135549_2.html

    所長見解:見たい人がいないね・・・
    【【悲報】NHK『紅白歌合戦』視聴率過去最低の原因がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    嵐ファン驚愕 松潤うっかり素顔写真をアップするもすぐ削除 

    あれは本当に松本潤の写真だったのか  

    m


    動画配信サービス『Netflix』が、ドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』を、今年の12月31日17時から、2020年12月31日まで配信することが発表されました。

    『嵐』の活動休止までの一年を追うドキュメンタリーで、1年にわたり毎月不定期に配信するそうです。


    『Netflix』は、山田孝之主演で村西とおる監督を描いた『全裸監督』(本橋信宏原作)のメガヒットにより、日本でも周知されてきたアメリカのインターネット動画配信サービスです。

    世界各国に配信されるので、『嵐』が世界進出という魅力的なフィナーレとなります。

    でも、ファンは危惧しているようです。

    『嵐』のオフィシャルInstagramに掲載された松本潤の写真がファンの間に物議を醸しました。

    「MT.Fuji」とのタイトルで富士山と湖をバックにした松潤が帽子を被り、メガネをかけていた写真です。

    「亡くなったジャニー喜多川さんがSNSに対して慎重になさっていた理由が分かりました。松潤の写真を見てびっくりしました。
    肌から髭が浮き出て、顔が浮腫んで見えるので、本当に松潤?って思いました」(ジャニーズファン)


    この写真はもう削除されているようですが、インターネットを介して、オフステージの『嵐』のメンバーが晒されることにファンが心配しているのです。

    アイドルという概念、枠組みと加齢とのせめぎ合いは、特殊な世界。

    『Netflix』にどのように配信されるのでしょう。 


    詳細はリンク先をご覧ください。
    https://tablo.jp/archives/17329/3

    所長見解:こんなもんやん・・・
    【【悲報】嵐・松本潤さん、うっかり素顔写真をアップするもすぐ削除の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所の所属グループのなかで、常に解散説が絶えない「KinKi Kids」。

    12月7日放送の「COUNT DOWN TV」(TBS系)では自ら解散説を否定し、ファンを安堵させていた。

    しかし現状、堂本光一と堂本剛の仲がギクシャクしていると心配する声も少なくないという。


    k


    「12月3日発売の『サンデー毎日』と12月4日発売の『日経エンタテインメント! 』に彼らのインタビューが掲載されていますが、両誌とも二人別々に取材を受けているのです。
    この不自然さに一部のファンからは《二人で一緒に取材を受けることもできないほど、関係が悪化しているのでは》と心配の声が挙がるのも無理はないでしょう」(芸能記者)


    そんな状態のKinKi Kidsだが、業界ではまだしばらく解散はないとの観測が根強いという。

    その根拠について前出の芸能記者が続ける。

    「現在、ジャニーズ事務所でもっとも解散に近いのは関ジャニ∞だと言われているほか、解散ではないものの嵐は活動休止が決まっており、TOKIOは実質的に活動ができない状況です。
    そんなジャニーズ事務所にはほかにも多数のグループが存在するものの、Hey! Say! JUMPやSexy Zoneといった20代メンバーが中心の若手グループは、その存在が世間一般に届いていると言い難く、《グループ名は聞いたことはあるけど、メンバーは知らない》という人が多数。
    それゆえ次世代のジャニーズを背負って立つグループが育つまでのあいだ、メンバー二人の個性が立っているKinKi Kidsは事務所にとって貴重な存在であり、その存続はマスト。
    仮に本人たちが解散したくとも、事務所側は意地でも阻止することでしょう」


    故・ジャニー喜多川氏から最も可愛がられていたという光一と剛の二人は、天国の師に恩を返すためにも、まだしばらくは“シングル連続1位記録”を伸ばしていきそうだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2130904/

    所長見解:もうな・・・
    【【悲報】「KinKi Kids」解散説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ