ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    コスプレ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の深田恭子が8日、都内で行われた東京ガスの電気2019年新CM発表会に出席。

    アニメ『うる星やつら』をモチーフにした新CMが9日よりオンエアするということで、ヒロインのラムちゃん風の姿で登場すると、会場を魅了し“シビレ”させた。

    r


    新CMは、ラムちゃん役の深田とテンちゃん役の寺田心が、電気代に“うる星やつら”(うるせい奴ら)として登場。

    黄色い角のカチューシャに電気マークのイヤリング、青い電気マークが施された肩出しワンピース姿の特別衣装で、電気を東京ガスに切り替えていないサラリーマンに「損だっちゃー!」とシビれさせており、東京ガスの電気に切り替えないと損であることを伝えるコミカルな内容に仕上がっている。

    ラムちゃんを演じて「『だっちゃ』という言葉が意外と難しかったですね。
    前回は歌のお姉さん役だったのですが、ラムちゃんの高いテンションに持っていくのが中々難しかったです」と苦労したと告白。

    CMでは、アニメでおなじみの「◯◯だっちゃ」ならぬ「損だっちゃ!」という言葉や、CMシリーズでおなじみのトクトクダンスの新ver「ラムトクダンス(ラムちゃんトクトクダンス)」と披露。

    撮影中も「ダーリン電気代、東京ガスに切り替えたっちゃ?」のセリフにスタッフから「かわいい…」と言われたり、監督から「もっと笑顔で!」の指示に「だっちゃ◆みたいな感じですか?」(◆=ハート)と聞き返すなどラムちゃんになりきったそうで、この日は、実際にCMダンスを披露して報道陣を和ませた。

    『うる星やつら』は、浮気者の高校生で主人公・諸星あたると、彼を愛する一途な宇宙人美少女・ラムを中心に展開されるドタバタラブコメディー。

    1980年に『少年サンデー』で本格連載がスタートし、その後、テレビアニメ化。

    「虎縞模様」のビキニとロングブーツを着用し露出度が高いラムは、彼女の一途な姿に男女ともに支持され人気キャラとなっている。


    深田恭子、『うる星やつら』ラムちゃんに 東京ガス新CM

    動画①


    画像①

    画像②

    画像③

    画像④

    画像⑤

    画像⑥

    画像⑦

    https://www.oricon.co.jp/news/2139400/full/ 



    所長見解:なんか・・・

    【【検証画像】深田恭子、ラムちゃん衣装に赤面ってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優の深田恭子さんが7月7日、東京都内で行われた主演ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)の会見に登場した。

    ドラマは放送前から、深田さんらが演じる泥棒を家業としている「Lの一族」の“泥棒スーツ”のビジュアルが話題となっており、深田さんは「一番はじめに泥棒スーツを着た時は、本当にどうしよう……と。
    恥ずかしい、どうしようという気持ちでいっぱいでした」と明かした。


    f


    会見には、共演の瀬戸康史さん、小沢真珠さん、栗原類さん、大貫勇輔さん、渡部篤郎さんも登場。

    深田さんは、共演者と共に泥棒スーツを着て「みんなで撮影する時は、ちょっとうれしいというか、自分が強くなったような気持ちになった」といい、スーツ姿で刑事を演じる瀬戸さんに「私たちが撮影している時に瀬戸さんがずっとモニターを見ていたので、『こっちのほうが楽しそうでしょ』と優越感が出てきた」と笑顔で話した。

    瀬戸さんは泥棒スーツについて「着たいです。自分の分も作ってもらいたい」と羨ましがっていた。

    ドラマは、横関大さんの小説(講談社)が原作で、泥棒を家業としている「Lの一族」(Lは大泥棒ルパンの頭文字)の娘・三雲華(深田さん)と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸さん)との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。

    「Lの一族」の面々として渡部さん、小沢さん、栗原さん、どんぐりさん、麿赤兒さんも出演。

    「Lの一族」が着用する泥棒スーツは、2009年公開の映画「ヤッターマン」で深田さんが演じたドロンジョの衣装デザインも手がけた人物デザイナーの柘植伊佐夫さんが担当している。

    7月11日から放送。
     

    画像①

     
    画像②

    画像③



    https://mantan-web.jp/article/20190707dog00m200000000c.html 

    所長見解:スーツ・・・
    【【検証画像】深田恭子さん、泥棒スーツに「恥ずかしい、どうしよう…」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コスプレ女子、使用済みコンド●ムが映り込みヲタ阿鼻叫喚


    c

       
    画像①

    画像②

    画像③

    所長見解:よく見てんね・・・

    【【検証画像】コスプレ美人のインスタに写ってはいけないものが写ってしまった結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ここへ来て、深田恭子が主演を務める7月11日スタートのフジテレビのドラマ「ルパンの娘」が、一気に注目を集めている。

    同ドラマは、深田恭子演じる泥棒一族“Lの一族”の娘・三雲華と、瀬戸康史が演じる警察官・桜庭和馬との禁断の恋を描くストーリーで、作家・横関大氏による同名の小説が原作だ。

    「6月7日には、深田が自身のインスタグラムでドラマがクランクインしたことを報告し、
    《毎日、刺激的なシーンの連続でわくわくしながら撮影させていただいています》としながら、アクションシーンに不安を抱いていることも明かしていましたね。
    そこで少々気になったのが、『泥棒スーツ?を着て街に繰り出すのです』とコスチュームをまとう点に触れていた点だったんです」(ネットウオッチャー)

    深田でコスチュームと言えば、2009年の映画「ヤッターマン」で、今回と同じく泥棒のドロンジョを演じた際のピッチピチでパンパンのレザー衣装が即、思い出されるだろう。

    d


    となると、気になるのが「ルパンの娘」での深田の衣装だが…。

    「6月13日の『めざましテレビ』で“初公開”としてメイキングとともにコスチュームが披露されたのですが、これがある意味、ドロンジョの時を超えるきわどさ。
    肌の部分はそこまで出ていないものの、柔らかい素材の紅色の布地の全身スーツで、ピッタリとボディーに張り付き深キョンのボディラインが丸分かりだったんです。
    視聴者からは、《フジテレビのドラマの救世主になるかも!》の声が上がるなど、期待値が増すばかりなんです」(前出・夕刊紙記者)

    ひょっとすると、結婚前の最後の大胆衣装になるかもしれないだけに、放送開始が待ち遠しいばかり。
     

    画像①

    動画①


    https://www.asagei.com/excerpt/128401



    所長見解:録画やな・・・

    【【朗報】深田恭子、新ドラマでボディ密着ピタピタ衣装ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「小学生のころから、オタクな話はおおっぴらにしていました。
    けっこう強気なタイプだったんです。
    好きなものは好きと言い続けてましたね」

    BANDAI SPIRITSが秋葉原にオープンした『TAMASHI NATIONS TOKYO』で、フィギュアに囲まれながらにこやかに語るのは、4月からフリーアナウンサーとして活躍している宇垣美里。

    g


    日頃からアニメ・漫画好きを公言している宇垣にオタク道を聞いてみると……意外な答えが返ってきた。

    「親が厳しかったのと、家族で1台のテレビしかなかったので、子供のころはたくさんアニメを観ることができなかったんです。
    本格的にアニメにハマったのは、じつは大学生から。
    『セーラームーン』とか『カードキャプターさくら』とかは子供のころに観ていて、すごく好きでしたけどね。
    でもやっぱり、漫画みたいに自分1人で楽しめるものを選びがちでした。
    漫画はわりと雑食で、少年漫画系もけっこう網羅しています。
    それこそ『NARUTO』は1巻からチェックしていましたし、『ワンピース』『銀魂』あたりも、全部読んでました。
    ジャンプの漫画は大体好きですよ。
    あと『黒執事』とかは、オタクは絶対通りますよね。
    絵がきれいだし、ほんとに “お耽美”……」

    不自由さはあっても、やっぱりオタクなカルチャーが好きで、自分なりの楽しみ方を見つけていった。

    「キーホルダーとか、小さい缶バッチとか、あとはガシャポンで出てくるアイテムなんかを、喜んで集めていました。
    ことあるごとに眺めて、静かにテンションを上げるんです。
    シャーペンの柄の部分に好きなキャラの切り抜きを入れたら、勉強が超はかどりました」

    オタクであることを隠してなかったとなると、気になるのは交友関係だ。

    「私の友達は、オタクが多いというより、オタクであることを許容してくれる友達が多い気がします。
    その子たちもその子たち独自の世界がありますし。
    『廃墟大好きなんだよね』って言いながら廃墟写真集見てる子とか、ミリタリーオタクな子とか。
    濃い友達多かったなあ。
    高校が、一番オタクが多くて過ごしやすかったです。
    成績のいい子が集まっている高校で、自然とみんなコアな趣味を持っていました。
    教室で勉強しながら音楽聞いてる友達に『なに聞いてるの?』って聞いたら『BL集だよ!』って返事が返ってくるような環境でしたね。
    試しにその子が聞いていたCDを聞かせてもらったんですけど、『逆にこれ聞いて勉強してたの?』って突っ込まざるを得ない内容で。
    その子とはいまだに仲がよくて、この前は一緒に屋久島に行きました」

    高校を卒業すると、同志社大学へ。

    大学生になって一人暮らしを始め、自分のテレビを持つようになった。

    このタイミングで、一気にアニメの沼にハマっていったという。

    「学部の先輩に『宇垣美里です』って自己紹介したら、『美里って名前聞くとミサトさん思い出しちゃう』って言われたんです。
    『ミサトさんってなんですか』って聞いて、そこで初めて『エヴァンゲリヲン』を知りました。
    気になって観始めたら、もうすっかりハマってしまって。
    その先輩に『次は何を観たらいいですか』って聞く日々でした。
    『マクロス』も『コードギアス』もその人に教えてもらったんです。
    それからは、現在進行形で地上波でやってるアニメを観るようになっていきました。
    大体クールの頭は全部観て、それからどれを観るか選ぶっていうやり方をしていましたね。当時は『魔法少女まどか☆マギカ』もやってましたし、『夏目友人帳』もあったし。『PSYCHO-PASS』とか、『マギ』なんかも観てました」

    >>2以降に続きます

    SmartFLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190601-00010006-flash-ent

    ▼画像
    https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2019/06/01114855/ugaki_t.jpg
    所長見解:そうなんや・・・


    【【衝撃告白】宇垣美里アナのオタク遍歴がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ