コスプレ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    c



    中国人コスプレイヤーの再現度過ごすぎwwww



    所長見解:すごい・・・

    【【これはヤバい】中国人コスプレイヤーの再現度凄すぎ問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    no title



    えちえち巫女さんいた



    所長見解:ええやん・・・

    【【検証画像】えちえちすぎる巫女さんがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    性的な目で見ないでほしい サンバダンサー、迷惑撮影に苦悩

    n


    無断で性的な対象に仕立て上げられ、搾取される苦悩―。

    性的な写真を撮影されたり、画像を拡散されたりする性的画像被害は、派手な動きや踊りを見せるパフォーマーの現場にも潜んでいる。

    取材に応じてくれた元サンバダンサーは、ダンスを通じて観客に文化の魅力をアピールしたい意図をねじ曲げられ、本番の会場ではぶしつけなアングルから容赦なくカメラが追いかけてきたり、ネットでは自分の性的な画像が勝手に出回ったりしたという。

    「この子たちは、エ□い目で見られることによろこびを感じているんだろう」という心ないコメントをネットで見つけ「ふざけるなと思った」。

    迷惑行為を行う人々に対し、相手の尊厳を考えてほしいと訴える。


    ▽好奇の目

    華やかさに魅力を感じ、大学入学後にサンバを始めた女性は「知らないところで私たちの表現がねじ曲げられている」と訴える。

    会場で勝手に撮影され、ネットで売買されることもある動画は女性の顔が隠され、お尻をしつこく狙うカットばかりなど、サンバの踊り手が表現したかったものとは程遠い。

    「個人の下着や肢体なんて、ダンサーとして見せているものではないし、素の自分の部分。そこばかり見られて動画を出されると、サンバダンサーとしても個人としても尊厳を踏みにじられていると感じる」


    ▽迷惑かどうか、一歩引いて考えて
     
    イベントに参加し始め、沿道から子どもを押しのけてまで、迷惑撮影をしに来る身勝手な人々の存在も知ったという。

    「私たちが見てほしいと思う人たちに迷惑をかけてまで撮りに来る人って、周りのことを考えていない。
    そんな人に『隠し撮りやめて』と言っても伝わらないと思ってしまう」と、やりきれなさを抱えている。

     
    現代日本において、表現の自由は全員に保障されている。

    ただその表現が人を傷つけていないか、いま一度立ち止まって振り返る必要がある。

    「ネットに拡散するなどの行為がサンバをしている人の尊厳を踏みにじるようなことになっていないか、一歩引いて考えてほしい」と訴える。


    露出度の高い衣装が悪いのではない。

    そのきらびやかさや魅力を一緒に楽しんでほしいのに、一方的に性的な搾取がまかり通る現状に、理不尽さはぬぐえない。

    所長見解:まあねえ・・・


    【【参考画像】サンバダンサーさん「そういう目で見ないでほしい」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    えなこ、初の“下胸”出しで史上最もセクシーに


    コスプレイヤーのえなこが、5日に発売される雑誌「週刊プレイボーイ」29号の表紙&グラビアに登場する。


    c


    ◆えなこ“下胸”カットで美バスト披露

    コスプレイヤーとして多数のメディアやアニメ・ゲームイベントに引っ張りだこのえなこが表紙に登場。

    黒のランジェリーで初の“下胸”カットを披露している。

    また、同号と同時リリース予定の“デジタル限定”えなこ写真集「レースの誘惑」は、「週プレ グラジャパ!」ほか電子書店で7月5日に発売予定となっている。



    画像①


    画像②


    画像③


    画像④



    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://mdpr.jp/news/detail/2656375

    所長見解:ええやん・・・
    【【検証画像】えなこ、初の下〇出しってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    広瀬すず、キュートなドラミちゃんに「大丈夫かな…」


    s


    女優の広瀬すずが、25日から全国で放送されるソフトバンクのテレビCM「5Gって ドラえもん?」シリーズ最新作「ドラミ登場」篇で、ドラミちゃんを演じている。


    俳優のブルース・ウィリスがドラえもんを演じている同シリーズ。

    最新作では、広瀬がドラミちゃん役として登場。

    白戸家の壁を豪快に突き破り登場するドラミは、兄・ドラえもんと予想外の再会を果たす。

    さらに、どこでもドアから堺雅人演じる未来ののび太も登場し、次から次に起こる出来事に白戸家のメンバーも困惑。

    ドラえもんとドラミのツーショット姿や、ドラえもんキャストと白戸家メンバーとの愉快な掛け合いを通じて、5G(第 5 世代移動通信システム)の普及を描く。


    一番の見どころは、広瀬演じるドラミちゃんのインパクト抜群の登場シーン。

    テレビCM シリーズ第1回で、天井を突き破って出てきたドラえもんに勝るとも劣らない、白戸家メンバーとの衝撃の初対面シーンに。

    さらには、広瀬自身、「どうやって演じればいいんだろうと、今まで演じた役の中で一番思いました」と悩んだ末に作り上げたドラミちゃんのキャラクターや、黄色いボディに大きな赤いリボン、花のしっぽ、鈴のペンダント、チェック柄の四次元ポケットなど、ドラミちゃんのトレードマークを再現したチャーミングな姿にも注目だ。


    また、ドラミちゃんとドラえもんの再会シーンでは、ドラミちゃんが「お兄ちゃん!」と喜ぶと、「ドラミ!」と驚くドラえもん。

    そんな2人に、お父さんが「本当に兄妹か?」と疑いのまなざしを向けると、「どう見ても兄妹だろ」「そっくりでしょ」と仲良く肩を組むドラえもんとドラミ。

    そして、「全然ニテナイデス」とお兄ちゃん(ダンテ)が否定する。


    広瀬は「ドラミちゃん自体がかわい過ぎるので、うれしいけど、ちょっぴり恥ずかしい気持ちもあります」と心境を告白。

    「本当にすてきな衣装を作ってくださったので、個人的には全然違和感がなくて、すごくかわいらしいなと思いました。
    でも、映像を見ると、『あれ、こんな感じになってるんだ』と思って、いまだに大丈夫かなという思いもありつつ、パンチのあるテレビCMになりそうだったので、完成が楽しみです」と語った。


    ドラえもんのひみつ道具で使ってみたいものは「どこでもドア」とのこと。

    「ドラマや映画を撮っている時は遠いロケ地も多く、現場に2時間かけて行って、そこからまた1時間かけて移動して、3時間かけて帰ってくるみたいなことが何カ月も続くと、やっぱり『どこでもドア欲しい!』ってなります。
    マネージャーさんも運転が大変ですし」と話した。


    https://news.mynavi.jp/article/20210624-1909213/


    ▼画像
    https://news.mynavi.jp/article/20210624-1909213/images/001l.jpg

    https://news.mynavi.jp/article/20210624-1909213/images/002l.jpg

    https://news.mynavi.jp/article/20210624-1909213/images/003l.jpg
    所長見解:どやさ・・・

    【【検証画像】広瀬すず、ドラミちゃんの結果・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ