ゲーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    みだらな行為容疑、看護師を書類送検 糸島署 /福岡


    n


    少年(当時17歳)にみだらな行為をしたとして糸島署は、飯塚市の女性看護師(44)を県青少年健全育成条例違反容疑で書類送検した。

    2人はオンラインゲーム「荒野行動」を通して知り合っていた。

    送検容疑は1月15日午前5~8時ごろ、糸島市の無職少年に同市のホテルでみだらな行為をしたなどとされる。


    https://mainichi.jp/articles/20200626/ddl/k40/040/261000c

    所長見解:荒野行動か・・・

    【【急げ】17歳少年とみだらな行為、44歳美人看護師を書類送検 ゲーム「荒野行動」で知り合った模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新型コロナウイルス感染拡大によって、巣ごもり自粛生活を余儀なくされた人々の“肥満”が社会問題になっている。

    そんな中、女優の本田翼も、自分の“コロナ太り”を、200万人に迫るチャンネル登録者数を誇る、自身のYouTubeチャンネル『ほんだのばいく』で明かした。

    「《いろんな質問、取りそろえていますよ》というタイトルの動画の中で、ファンからの質問に次々に答えていく中、“コロナ太りしましたか?”という直球過ぎる質問が寄せられ、悲しそうな顔をしながら“コクン”とかわいらしくうなずき、正直に増量を認めていました」(芸能ライター)

     
    その、何ともキュートな表情と仕草は、癒やし効果絶大。

    ファンを大いに喜ばせたが、確かに、ここ最近の本田は二重アゴが目立つようになっていた。


    「この日の動画の中でも、たまごが2つ、ゴロッと大きな角煮が4つに、キムチも入ったボリューム満点の自作の角煮丼を食べていましたからね」(同・ライター)


    t


    「本人は、動画がそんなエッチな仕上がりになっていることなど、全く気付いている様子はなく、無邪気な笑顔を見せてくれるのが、また工口かわいらしくて、癒やされるのです。
    ソファで足を組む太ももなど、ムッチムチでタマりませんでしたね」(同)

     
    新型コロナが収まっても、しばらくは「新しい生活様式」を強いられそうだが、それによって本田のボディーがさらにエッチになるなら大歓迎。

    経済に大きなダメージを与えている中、数少ない“産物”といえるかもしれない。


    https://wjn.jp/article/detail/9984806/

    所長見解:かわいいよな・・・

    【【検証画像】本田翼、食べすぎで太ってプルプルがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    YouTubeチャンネル「ゴマキのギルド」

    「ゲーム中に飯食いたい女が激ウマ時短料理作って優勝しました」

    タレントの “ゴマキ”こと後藤真希(ごとう・まき)が23日、自身のYouTubeチャンネル「ゴマキのギルド」で「ゲーム中に飯食いたい女が激ウマ時短料理作って優勝しました」を配信。

    「ローディングクッキング」を披露した。


    後藤真希、自作の“激ウマTKG”を一気にかき込む動画に「ゴッチンの可愛さに瞬殺」「国宝級の美人」とファン絶賛

    「ローディングクッキング」とは、ゲーム中にお腹が空いた時、手っ取り早く食事を済ませるため、ゴマキが編み出したいわゆる「時短料理」の事。

    ローディングクッキングの名前の由来は、ゲームのロード中の時間で作れるというところからきているという。

     
    今回ゴマキが紹介したローディングクッキングは、定番の「卵かけご飯」。

    卵とご飯以外にごま油と顆粒だしを使用するのがポイント。

    レトルトご飯を電子レンジで温め終わると、そこから調理時間を計測スタート。

    途中の“お喋り”によるタイムロスもあったが、1分を切るタイムを記録して調理終了。

    ゴマキの大胆かつ一瞬で終わる調理だったが、最後は「うまっ」とつぶやきながら、卵かけご飯を一気にかき込む姿が可愛らしい。


    g

     
    視聴者からは、

    「国宝級の美人」
    「ゴッチンの可愛さに瞬殺」
    「卵かけご飯かきこんでるごっちんめちゃくちゃ可愛かった」
    「これからもカンタン料理動画期待」

    など多くの感想が寄せられた。

    また、今回の動画の終盤には、ゴマキが自身で作ったも見ることができる。

    1分以内に調理できる超時短料理 “ローディングクッキング” は必見だ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/ce18a9128c54a0a7b4d33d25e8ed2881f2b42c17

    no title

    所長見解:ええやんか・・・

    【【朗報】後藤真希、アレを一気にかき込む動画がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    みなさんこんにちは。

    ファミコン芸人のフジタです。

    今から約35年前、1980年代の中期は『スーパーマリオブラザーズ』が大人気でした。

    他メーカーからも、とりあえずスーマリ風のアクションゲームならハズれがないと、そういう理由で俗にいう“置きにいく”タイトルが量産されました。

    タレントが出演するスーマリ風のゲームも多数リリースされ、『聖飢魔II 悪魔の逆襲』(1986年)、『所さんのまもるもせめるも』(1987年)、『カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』(1988年)、『田代まさしのプリンセスがいっぱい』(1989年)などが作られました。

     
    タレントゲーを出せば、どんなクソゲーだろうと売れたこの時代。

    あくまで「クソゲー」とは「おもしろおかしい」という愛を含んだワードですが、80年代後半はどれほどクソゲーであろうとも100万本売れる可能性を秘めていた豊かな時代だったんです。

     
    そんな80年代の「タレントゲー」。

    中でも有名なのはやはり、1986年にタイトーが発売した『たけしの挑戦状』でしょう。

    前述に挙げたタイトルと同じく、アクションゲームではあるものの、攻めに攻めまくっています。

    g


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00010000-futaman-game

    所長見解:懐かしいな・・・

    【【クソゲー】「たけしの挑戦状」の思い出がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    韓国のゲーム会社が発売した作品が「鬼滅の刃」の盗作疑惑が出るも「日本の作品を盗むことはない」と否定


    24日発売された国産のモバイルゲームが、日本の人気漫画・アニメ「鬼滅の刃」をコピーしたのではという盗作疑惑に包まれた。 

    論議の主人公は、国内ゲーム会社テンナインが独自開発して24日、Googleプレイストアで発売したアクションRPG 「鬼殺の剣」である。 


    no title

    no title

    no title


    「鬼殺の剣」公式カフェでは、コンセプトやキャラクター、ゲーム性に対する盗作疑惑を指摘したところ、カフェから追い出されたという情報提供も上がっている。

    盗作疑惑について、開発会社であるテンナインは、これを頑なに否定した。

    テンナインの関係者は24日、電話取材で鬼滅の刃盗作疑惑について「鬼と戦うという世界観と、文字が和風という点で似ていると判断しているようだ」と鬼滅の刃とは関係がない作品であり、盗作でもないと主張した。


    https://m.sports.naver.com/news.nhn?oid=356&aid=0000039904

    所長見解:ままやん・・・

    【【疑惑】韓国のゲームが「鬼滅の刃」の盗作らしい件・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ