ケンカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    まっすぐで熱血漢、そして前向きで涙もろい。

    松岡修造(51才)を評する言葉は「日本一アツイ男」だ。

    一方、超亭主関白だということも知られ、家庭における“修造ルール”は絶対である。


    「“すっぴんを見せるな”“料理は炊き立て、焼き立てを用意しろ”といったことから、“太ったんじゃない?”と嫌みを言うのは当たり前です」(松岡家の知人)


    「仕事場では常に冷静で怒ることはないが、家族には感情的になってしまう」 ――そう松岡が言うように、家庭内では爆発することも少なくない。


    「たしかに自分の考えを押しつけがちです。
    夫妻で食事に行っても松岡さんは奥さんの惠美子さん(53才)の話を聞かず、黙々と食事をする。
    惠美子さんが“聞いているの?”と尋ねると、料理に集中している松岡さんはカッとなって言い争いになるそうです。
    ただ、修造さんは“妻なくして自分の存在はない”、“仕事が楽しめているのは妻のおかげ”と公言しています。
    だからこそ、おしどり夫婦といわれてきました」(芸能関係者)

     
    しかし、今、夫婦を心配する声が上がっている。

    「家賃が3桁の部屋も多い」(不動産関係者)という、都内の超高級マンションの一室が松岡の自宅である。

    「“日本一”審査が厳しいといわれ、ちょっとした芸能人では入居は困難です。
    著名人をはじめ、各界のセレブが入居しています」(前出・不動産関係者)


    マンションの住民が話す。

    「松岡さん宅の騒音が問題になっているみたいです。
    近隣住民のかたが、マンションの管理室に通報されたようで、それも1度や2度のことではありません。
    いったい、何があったんでしょうか…」

     
    松岡は1997年にテレビ東京のアナウンサーだった惠美子さんと結婚。

    その時のプロポーズの言葉である「結婚したらおれは100%幸せになれる自信があるけど、きみを幸せにする自信はない」は有名だ。

     
    惠美子さんはアメリカ・ハーバード大学大学院修士課程を修了後、1991年にテレビ東京に報道記者として入社。

    『ワールドビジネスサテライト』のキャスターとして活躍したが、結婚後、専業主婦となって松岡を支えた。


    「惠美子さんは真面目でインテリのようなイメージがありますが、非常にフレンドリーな人です。
    お受験をはじめバレエや習い事など、子育てをしっかりこなしていました」(前出・松岡家の知人)

    夫妻には3人の子供がいるが、家での子育ての方法は夫婦で異なるという。


    m


    ◆「相当な騒ぎだったはず」

    しかし、ここ最近は夫妻一緒の姿を見かけないという。

    「恵さんの宝塚音楽学校の卒業式も惠美子さんだけ出席しました。
    修造さんは仕事のために欠席したそうですが、お子さんの晴れの舞台ですからなんとか調整はできたはずです」(前出・芸能関係者)

    また、前出のマンション住民も「最近、夫婦で一緒に出かける姿は見ません」と話す。


    そして、前述した“騒音”事件である。

    「食器が割れるような音に、低い怒鳴り声まで聞こえたそうです。
    ここのマンションはそうそう音が漏れないので、相当な騒ぎだったはず。
    しかも、今年に入ってから何度も同じような音が聞こえたそうです」(別の住民)


    “騒音”事件について、自宅マンションから出てきた松岡に質問したが無言のままだった。

    代わりに、一緒にいた事務所関係者が対応した。


    ──近所で、松岡さんの自宅から怒号やお皿の割れる音が聞こえてくると話題になっていますが。

    「申し訳ないですけど、これから局に行かないといけないので」


    ──夫婦げんかではないかと話すかたもいますが?

    「そう言っているかたに、取材されたのですか?」


    ──はい

    「…」


    ──騒音問題について、近所のかたがしかるべきところに相談をしていると聞きました。

    「そのこと(騒音問題)については、認める、認めないということも含め、発言は差し控えさせていただくのがいちばんだと思うので、すみません」

     
    結婚22年目の夫婦生活は、どうなっていくのか。


    NEWSポストセブン
    https://news.livedoor.com/article/detail/16902946/

    ▼画像
    https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/08/matsuoka_syuzo_03.jpg

    所長見解:まじか・・・

    【【DV疑惑】松岡修造さんの家から食器が割れる音や怒鳴り声ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ スターは腕っ節も超一流 芸能界ケンカ最強は誰だ? 
    あの「伝説事件」の裏で…

    w


    ・【伝説01】渡瀬恒彦『安岡力也秒殺事件』

    『仁義』シリーズなどでイケイケだった時代、東映にはある掟があった。

    「新人にはまずヤキを入れてルールを教える」 

    数々のニューフェイスが餌食になってきたが、この男だけは違った。

    「生意気な新人が入ってきたって聞いて、撮影所の空き地に呼び出したんだよ。
    シメちまおうと思ったら、いきなり鼻っ柱に正拳突きいれられて、気づいたら顔面血だらけにされてたよ」 

    そう語ったのは、かの安岡力也。

    早大の空手部出身とはいえ、元キックボクサーで巨漢の力也をワンパンで沈めるのはもはやバケモノ。

    菅原文太や松方弘樹といったそうそうたるメンツから、「あいつは一番後輩だけど誰も逆らえない」と言わしめたホンモノの中のホンモノである。


    ・【伝説02】吉川晃司『知人の元ボクサー病院送り事件』

    幼少の頃から少林寺拳法に親しみ、高校時代には水球日本代表に選ばれたアスリート顔負けの身体能力を誇る吉川。

    「オヤジ狩りをしかけてきた不良少年3人を一瞬でボコボコにした」(本人いわく「軽くストリートセッションした」)といったエピソードもさることながら、98年には知人を殴った傷害事件で逮捕されたのだが、その内容がすごい。

    知人は元ボクサーだったのだが吉川は鼻孔と肋骨を折るまでシバき倒し、しかも釈明会見で「何発殴ったのですか?」と聞かれて「ワン、ツー、スリー」と、答えには微妙になってないがリアルすぎる名言を言い放った。

    殴った理由が「(親友だった)尾崎豊の形見のギターを蹴ったから」というのも男前すぎる。


    ・【伝説03】松田優作『予備校生ワンパン事件』

    松田優作にまつわる喧嘩伝説は少なくない。

    駆け出しの頃、酒に酔ってバットで襲いかかってきた予備校生を返り討ちにし、全治3か月の重傷を負わせて逮捕された事件は有名だが、兄貴分の原田芳雄の家でも桑名正博と殴り合いの喧嘩になり、優作が大きな植木鉢を持ち出したところでジョー山中が止めに入ったという危なすぎるエピソードが伝えられている。

    ノンフィクション作家でもある前妻・松田美智子は著書の中で、優作が空手有段者だったという噂は否定しているが、「絡んできたある先輩俳優をボディ一発で気絶させた」と証言しており、納得がいかなければ目上であろうが食ってかかり、そしてワンパンで片付けるという最強伝説はホンモノのようだ。


    ・【伝説04】布袋寅泰『保坂尚輝を挑発事件』

    暴走族で武闘派だった氷室京介に無理やりBOOWYに加入させられた布袋寅泰だが、芸能界に入ってからはむしろ布袋の方が狂犬ぶりを発揮(しすぎ)。

    吉川晃司とのユニット『COMPLEX』の解散の原因も吉川に布袋が殴りかかったからと言われ、同じくユニットを結成しようとした町田康にもたかが音楽性のちがいでシバいて書類送検に。

    だが真骨頂は04年に勃発した保坂尚希との抗争だろう。

    保坂から高岡早紀を寝とった布袋は、「アチチ。火遊びがすぎました(笑)」といらぬ挑発をして世間を騒がせたあげく、「ケジメつけてやるから待ってろ」とキレた保坂にビビって自宅にガードマンをつけ、実はスリルが苦手だったというチキンぶりで世間を笑わせた。

    https://k-knuckles.jp/1/5163/2/

    所長見解:布袋さん・・・


    【【これは強い】芸能界のケンカ最強がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    前田敦子、旦那の勝地涼にブチギレて叫んでるところを撮られる


    m
    ※画像がコチラ 



    所長見解:怒ってるな・・・



    【【閲覧注意】前田敦子、旦那にブチギレた結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    5月2日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、ゲストの中居正広がクラブでケンカを始めたエピソードが明かされた。

    岡村は25~6年前、中居、とんねるずの石橋貴明、つんく♂らとクラブに行ったという。

    中居は「俺は、ディスコの経験は10代であったんですよ。
    でも、クラブみたいなのがなくて」とクラブ初体験だった。

    石橋が「普通にフロアで踊るから」と言い出し、クラブのど真ん中で一同で踊りだすと、岡村は「気づいたらコイツ、一般人とケンカしだして」と中居がケンカを始めたという。

    そこに石橋がやってきて「おい、やめろよ!」と仲裁。

    中居は「僕はもちろん手は出してないですけど。
    あっちから来たんですよ。
    ヒザ蹴りみたいなのドーンッときて。
    『これ、なんですか?』って」と相手から絡んできたという。

    岡村らも「やめろ、やめろ。やめてくれ」とケンカを止めて事なきを得たが、「火ついたら止まらへん」と振り返っていた。

    中居は「すみません、今はもうダメですから」と反省しきりだった。

    k


    懐かしい思い出話に花を咲かせた岡村と中居。

    『夢がMORI MORI』(フジテレビ系)で初共演した際に、ナインティナインの2人がSMAPに電話番号を渡したという。

    ナイナイは実家の番号を手渡したというが、岡村は「お前、でも全然電話せぇへんかった。
    あのとき、最初に電話してきたん、木村拓哉やからな」と回想。

    岡村は実家で、母親から「木村さんから電話やで」と呼ばれ、「バッファロー吾郎の木村(バッファロー吾郎A)さんや」と思ったという。

    だが、電話に出ると「僕ですけど」と言われて、「え? 木村拓哉さんですか?」と木村からの電話に衝撃を受ける。

    「全然用ないけど、一応、連絡先交換したからって、多分かけてくれてんやん」と木村の気遣いに感心していた。

    『中居&ナイナイ日本一周』(フジテレビ系)などで日本に笑いを届けてきた2人。

    テレビで再び共演する姿もぜひ見たいものだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16417419/

    所長見解:いいやつやん・・・
    【【衝撃事件】中居正広がクラブで一般人とケンカ騒動の結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月3日に放送されたトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、ケンドーコバヤシと陣内智則とたむらけんじが出演し、若手時代のマジギレエピソードを語った。

    ある日、陣内がケンコバの実家に遊びにいった際、あまりに部屋が散らかっていたため、“ここは外や”と勘違い。

    すると陣内は、ぺッ! と悪気なく部屋に唾を吐いてしまったという。

    これにはケンコバが「何してんねん!」と大激怒し、つっかえ棒をして部屋に閉じ込めたとのこと。

    さらにこの時、季節は真夏であるにもかかわらず、暖房を40度設定にして、ケンコバはそのまま仕事に出かけたのだった。

    数時間後、仕事から帰ってきたケンコバが部屋を開けると、必死の形相の陣内が「殺したる!」と掴みかかってきたそう。

    「本気で死ぬかもしれない」という恐怖を体験した陣内の怒りは爆発し、そのまま階段の上からケンコバを突き落としたという。

    だが、それほどの事件があっても、2人の友情は崩れなかったようだ。

    k


    そんなケンコバといえば、過去にはバイきんぐ・小峠英二にも声を荒らげたことがある。

    バラエティ番組「有田チルドレン」(TBS系)にて、アシスタントの小峠が、ゲストの矢口真里のフリップ芸をツッコミで遮った時のこと。

    前で見ていたケンコバは、「お前な、自分が目立ちたいっていうのは、芸人として大事だけど、お前、今何やってるかって言うたら、番組潰してんのよ! 考えてやれよ! お前も有田さんに気に入られたいとか、誰にだってそれはあるよ。
    でも、お前が矢口っちゃんの立場だったらどうや? そんな入ってこられて。
    今までのアイドルの子たちも一緒よ。
    もう少し喋りたかったのになってあったと思うよ」とマジ説教。

    そして、少しの沈黙の後、「わきまえろよ!」と声を荒らげたのだった。

    これに小峠は、顔面を硬直させながら「すみません」と謝罪。

    とはいえ、番組では、プロレス好きのケンコバが小峠を追い込んで笑いを生み出そうとしていた可能性もある。

    しかし、後日放送された未公開映像にて、小峠は「(耳元を指しながら)いまだにこの辺で『わきまえろ!』っていうのがリフレインしていますよ」と苦笑い。

    ケンコバの説教は、彼の心に強く刻まれたようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1687178/

    所長見解:ネタやん・・・

    【【放送事故】ケンコバがテレビ本番中に小峠に激怒したシーンがコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ