ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ケンカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ボビーとトランプマンが生放送中にマジゲンカ!?

    原因は藤本敏史?「俺は全然悪くない」


    t


    お笑い芸人の今田耕司(53)が12日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演。

    司会を務めた「オールスター感謝祭’19」(9月28日放送)の生放送中に起きた「FUJIWARA」藤本敏史(48)に降りかかったとんでもない事態を暴露した。

     
    今田は「フジモン、ちょっとやめてよ、生放送で。感謝祭で…」といきなり藤本にクレーム。

    今田が「感謝祭でフジモンの席。FUJIWARAとボビーと、トランプマンがおったんやけど、なんか一番端の席でどう見ても、ボビーとトランプマンがマジでモメてるの」とタレントのボビー・オロゴン(46)とマジシャンのトランプマンが生放送中にケンカをしていたという状況を説明した。

     
    原西孝幸(48)は「びっくりしましたよ」と苦笑。

    藤本は「ほんまに。トランプマンがめっちゃキレてんねん。えらいもんで、しゃべられへんねん、ケンカ中も」と振り返った。

     
    藤本によると、CM中に藤本がボビーのことを「ボビー、声のトーンは面白いかもしれへんけど、よう聞いたらトーク全然おもろない」などとイジっていたそうで、それに反発したボビーが「お前なんだよ!」と言いながら、トランプマンの頭を押さえつけたことが原因だったという。

    トランプマンがボビーの胸ぐらをつかむほどの激高ぶりだったようで、「マジでキレてる!ってなって」と藤本。

    ボビーは藤本のせいにしたようだが、藤本は「俺は全然悪くない…」と“反論”。

    今田は「司会しながら何で見とかなあかんねんって。大丈夫かなって」と生放送中もかなり気になっていたようで、「トランプマン、大丈夫?」と声を掛けたら、トランプマンはしゃべらず、頬っぺたを膨らませて反応したという。

     
    それでも、かたくなにキャラを守ってしゃべろうとしなかったトランプマンに原西は「何か言おうとしてるけど、わからへん。しゃべれよ!」って不満を吐露。

    今田は「次の感謝祭見てください、席離れてますから」と締めて、笑わせた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/13/kiji/20191013s00041000057000c.html
    所長見解:おもろいやん・・・


    【【マジギレ】トランプ、頭を押さえつけられて胸ぐらをつかむほど激高した模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの木下優樹菜と、姉が勤めていたタピオカドリンク店との間で起こったトラブルが世間を騒がせている。

    10月6日、木下は自身のインスタグラムで「お姉ちゃんは、一緒にやっていた方に、裏切りのような行動などをされてしまい、しまいには、わたしが、ぜひ来てくださいねって、インスタで、宣伝した事がよほどご迷惑だったらしく、、」と、実姉が勤務していたタピオカ店のオーナーに対し、不信感を持っていることを明かした。

     
    だがその後、オーナー側の関係者と思われる人間が、「皆さんの誤解を解いておきたいです」と、木下から送られてきたというダイレクトメールの内容をツイッターで公開。


    真偽は不明だが、そこには

    「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。
    いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー」

    「今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ うそつきwww」

    「んで、給料明細だすの常識な。ww 色々頭悪すぎなw」

    「あと逆に週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー もーさ、やめなぁ? 覚悟決めて認めなちゃい おばたん」

    といった恫喝まがいの文面が綴られていたことで、物議を醸している。


    y

     
    そんな木下は、以前からかなり気性の荒い性格のようで、過去にも一般人に対しマジギレしたことをバラエティ番組で明かしている。

    それは、夫のFUJIWARA・藤本敏史と路上でタクシーを待っていた時のこと。

    いきなり知らない5人組の男が、「藤本じゃね?」と、馴れ馴れしく近寄ってきたという。

    波風を立てたくなかった藤本は、そこで「あ、うん…」と反応。

    しかし、これを聞いた木下は、“お前さ、誰に向かって言ってんだ、ぐらい言えよ”と思ったらしく、夫を差し置いて「つか、お前こそ誰だよ! 誰に向かって言ってんだよ! お前がまず名乗れよ!」と、相手にブチギレたという。

    そして、「名前聞かせろよ!」とさらに凄むと、相手は「ユッキーナ、こんな感じなんだ……」と恐れおののき、素直に名前を言ってきたそう。

     
    この状況に、藤本は急いでタクシーを捕まえ、木下を座席に乗せた。

    だが、まだ怒りの収まらない木下は、偶然、5人組の乗った車がタクシーの横に来た際、わざわざ窓を開けて体ごと乗り出し、「おいコラ、テメェら! 次やったらマジで許さねぇからな!」と大声で叫んだという。

    これには、隣にいた藤本も「もうホントやめて。ホントやめて……。次は俺が言うから……」と弱々しい声で必死になだめたそう。

     
    元ヤンキーだったと噂される木下。

    喧嘩っ早い性格は、大人になってからも変わらないようだ。
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/90943639/ 



    所長見解:そやろな・・・


    【【タピオカ騒動】話題の木下優樹菜さん、一般人男性ともトラブル発覚の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「いいかげんにしろ、殴るぞ」。

    ちょっと物騒なこのフレーズを、47都道府県の方言にしてみたら、どうなるのだろうか。


    相手を威嚇し、罵倒する言葉は、やはり全国に存在する。

    だが、その方言は広く知られているとは言い難い。

    地域によって、いったいどんな違いがあるのだろう?


    「殴るぞ」という方言は知っておいた方が良いかもしれない。

    仮に、威嚇だけ、口だけだとしても、相手がどのくらい怒っているのかを知る上でも、知っておくといいだろう。実際に殴られる前に......。


    n



    ■「やってまるや」と言われても?


    とくに方言が難解だと言われている青森県では

     「いーかげんにせ、やってまるや」

    となるらしい。


    これ、実際に聞くと、まったく意味不明だろう。

    仮に、「やってまるや」と聞き分けることができたとしても、「殴るぞ」と言ってるとはとても思えない。


    岩手県では

     「えくれにしゃ、こりゃっ、やっつけるじぇ」

    こちらも同様だ。

    「やっつけるじぇ」と言ってるから、やっつけられるかもと想像できたとしても、「殴るぞ」という意味だとは、殴られるまで分からないだろう。


    関東甲信越地方では、逆に分かりすぎて恐い場合もある。

    「殴るぞ」だけで比較してみよう。

     「たたんじまうぞっ」(群馬県)
     「半ごろしにすっとー」(千葉県)
     「ぶさらうぞ」(山梨県)
     「ぶっころすれ」(新潟県)

    北陸地方も

     「かちころすぞ」(富山県、福井県)
     「やってまうぞ」(石川県)

    「ぶっころすれ」「かちころすぞ」などと聞くと、殴られるだけでなく、殺されるのかと、おびえてしまう。

    高速道路であおり運転をされた上に、こう言われたら、怖いなんてもんじゃない。


    ■西に行くほど、さらに怖く...

    関西でポピュラーなのは、

     「いてまうど」(大阪府。兵庫県、和歌山県)

    ......らしい。

    おそらく、今あおり運転で注目を集めている容疑者(大阪出身)は、大きな声で「いてまうど」と叫んでいたのかもしれない。

    しかし、彼の場合は、威嚇だけに留まらず、実際に「いてまった」わけだが......。


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://news.livedoor.com/article/detail/16981938/

    画像
    https://pbs.twimg.com/media/ECK2Pm-UwAYltP2.jpg
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/3/d3571_1460_a9e528f8ab8050072fa6e983d8c7df8d.jpg

    所長見解:いろいろあるよね・・・
    【【話題】47都道府県の「いいかげんにしろ、殴るぞ」方言がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年、GACKTが出演した密着テレビ番組『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ)にでは、編集担当がマレーシアのレストランでGACKTと合流し、本の出版についての打ち合わせが開始されると同時に話はヒートアップ! 

    次第に語気が強くなり、担当が少し怯んだところで、「このスープ、美味しいから飲みなよ」と優しい言葉をかけるGACKT。

    編集担当がホッとし、スープを口にしたところ、それは激辛スープ。

    あまりの辛さに悶絶したところ、その場は大爆笑となり、編集担当はそれがドッキリだったと気がついた。

    g


    また、別の日に、GACKTと打ち合わせのため、指定されたレストランに到着した際は、編集部が合流した時点で、ものすごくピリついた空気になっていた。

    「どうかされたのですか?」と尋ねると、編集部が合流する前に、別テーブルで酔っ払ってしまっていた大柄な外国人のグループが、GACKTに絡んできたとのこと。

    はじめは相手にせずスルーしていたが、相手が一線を越えて絡み続け、その場にいたGACKTの友人にも迷惑がかかったのを機に、そのレストランの支配人を呼び、「これから彼らと喧嘩をするから。
    迷惑はかかるかもしれないけど、止めないでくれ」とGACKT。


    GACKTは編集部にも気を遣い、「その席に座っていると巻き込まれてしまうかもしれないから、反対側に座ってもらっていいかな」と。

    同じテーブルにいたGACKTの事務所のスタッフには、「ここは僕がやるから、ほかに被害が出ないようにだけ見ておいてくれ」と伝えた。


    その瞬間、4名いたGACKTの仲間は、何も言わず目の前のフォークとナイフをポケットにしまい、立ち上がり配置についた。

    結果、支配人の必死の説得と、その空気を察した外国人グループがその場をあとにしたことで、ことなきを得た。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000015-mnet-musi

    所長見解:どないやねん・・・

    【【武勇伝】GACKT「これから彼らと喧嘩をする。迷惑はかかるかもしれないけど、止めないでくれ」 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    まっすぐで熱血漢、そして前向きで涙もろい。

    松岡修造(51才)を評する言葉は「日本一アツイ男」だ。

    一方、超亭主関白だということも知られ、家庭における“修造ルール”は絶対である。


    「“すっぴんを見せるな”“料理は炊き立て、焼き立てを用意しろ”といったことから、“太ったんじゃない?”と嫌みを言うのは当たり前です」(松岡家の知人)


    「仕事場では常に冷静で怒ることはないが、家族には感情的になってしまう」 ――そう松岡が言うように、家庭内では爆発することも少なくない。


    「たしかに自分の考えを押しつけがちです。
    夫妻で食事に行っても松岡さんは奥さんの惠美子さん(53才)の話を聞かず、黙々と食事をする。
    惠美子さんが“聞いているの?”と尋ねると、料理に集中している松岡さんはカッとなって言い争いになるそうです。
    ただ、修造さんは“妻なくして自分の存在はない”、“仕事が楽しめているのは妻のおかげ”と公言しています。
    だからこそ、おしどり夫婦といわれてきました」(芸能関係者)

     
    しかし、今、夫婦を心配する声が上がっている。

    「家賃が3桁の部屋も多い」(不動産関係者)という、都内の超高級マンションの一室が松岡の自宅である。

    「“日本一”審査が厳しいといわれ、ちょっとした芸能人では入居は困難です。
    著名人をはじめ、各界のセレブが入居しています」(前出・不動産関係者)


    マンションの住民が話す。

    「松岡さん宅の騒音が問題になっているみたいです。
    近隣住民のかたが、マンションの管理室に通報されたようで、それも1度や2度のことではありません。
    いったい、何があったんでしょうか…」

     
    松岡は1997年にテレビ東京のアナウンサーだった惠美子さんと結婚。

    その時のプロポーズの言葉である「結婚したらおれは100%幸せになれる自信があるけど、きみを幸せにする自信はない」は有名だ。

     
    惠美子さんはアメリカ・ハーバード大学大学院修士課程を修了後、1991年にテレビ東京に報道記者として入社。

    『ワールドビジネスサテライト』のキャスターとして活躍したが、結婚後、専業主婦となって松岡を支えた。


    「惠美子さんは真面目でインテリのようなイメージがありますが、非常にフレンドリーな人です。
    お受験をはじめバレエや習い事など、子育てをしっかりこなしていました」(前出・松岡家の知人)

    夫妻には3人の子供がいるが、家での子育ての方法は夫婦で異なるという。


    m


    ◆「相当な騒ぎだったはず」

    しかし、ここ最近は夫妻一緒の姿を見かけないという。

    「恵さんの宝塚音楽学校の卒業式も惠美子さんだけ出席しました。
    修造さんは仕事のために欠席したそうですが、お子さんの晴れの舞台ですからなんとか調整はできたはずです」(前出・芸能関係者)

    また、前出のマンション住民も「最近、夫婦で一緒に出かける姿は見ません」と話す。


    そして、前述した“騒音”事件である。

    「食器が割れるような音に、低い怒鳴り声まで聞こえたそうです。
    ここのマンションはそうそう音が漏れないので、相当な騒ぎだったはず。
    しかも、今年に入ってから何度も同じような音が聞こえたそうです」(別の住民)


    “騒音”事件について、自宅マンションから出てきた松岡に質問したが無言のままだった。

    代わりに、一緒にいた事務所関係者が対応した。


    ──近所で、松岡さんの自宅から怒号やお皿の割れる音が聞こえてくると話題になっていますが。

    「申し訳ないですけど、これから局に行かないといけないので」


    ──夫婦げんかではないかと話すかたもいますが?

    「そう言っているかたに、取材されたのですか?」


    ──はい

    「…」


    ──騒音問題について、近所のかたがしかるべきところに相談をしていると聞きました。

    「そのこと(騒音問題)については、認める、認めないということも含め、発言は差し控えさせていただくのがいちばんだと思うので、すみません」

     
    結婚22年目の夫婦生活は、どうなっていくのか。


    NEWSポストセブン
    https://news.livedoor.com/article/detail/16902946/

    ▼画像
    https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/08/matsuoka_syuzo_03.jpg

    所長見解:まじか・・・

    【【DV疑惑】松岡修造さんの家から食器が割れる音や怒鳴り声ってよ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ