グルメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)が3日放送の日本テレビ「今夜くらべてみました」(水曜後9・00)に出演し、タレントで高級料理研究家の辰巳奈都子(32)と激論を交わす場面があった。

     
    辰巳は、昨年星付きレストランを100件制覇し、食を求めて訪れたのは30か国以上。

    月の食費は最大で200万円にものぼり、美食家を自負している。

    そんな辰巳が同じくグルメで知られる渡部に持論をぶつける。

    “渡部さんは自分で料理しないのでダメ”といい「私は自分で料理するから分かるのですが、例えば伊勢エビ、毛ガニを剥くことの大変さを渡部さんはわかっているのか」と投げかける。

    「野球経験のない方が野球解説をしているようという感じです」と痛烈に批判した。


    w

     
    対して渡部は「リスペクトはありますが、僕は知らなくてもいいと思っていて。
    “食べ手”として出されたものを『おいしい』『おいしくない』で判断して伝えればいいと思っていて」と譲らない。

    「よく食レポでも『手間がどうとかこうとか』と挟む人がいて。
    それってプロの話にド素人が同じ目線で話しているのと一緒なんですよ。
    食レポ界でもNGだし、お店の感想でも最悪なんですよ」と反論した。

     
    「これ漫才で例えるとわかりやすくて『私、家で漫才すごくやるんで、○○さんの話漫才すごいですよね、あの間が』って。
    これって、この子は漫才なんか知らなくていいじゃないですか。
    見た漫才が『おもしろい』『おもしろくない』でいいじゃないですか。
    ド素人がプロに向かって『わかります、その苦労』っていうのは一番小サムいです」と一蹴した。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/03/kiji/20200603s00041000362000c.html


    画像
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/03/jpeg/20200603s00041000318000p_view.jpg

    所長見解:渡部め・・・

    【【放送事故】渡部建、高級料理研究家と番組収録中にバトルってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    6月2日の夕方、突如Twitterのトレンドワードに《手越くんがお弁当の寄付》《シングルマザー》が浮上した。

    現在、芸能活動休止中のNEWS・手越祐也が、シングルマザーとその子供にお弁当を無償で届けるボランティア活動に励んでいたという。

    実際にお弁当を届けられた人たちの驚きと喜びのツイートが拡散していったようだ。

     
    新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に何度も外出した手越は、5月26日、所属先のジャニーズ事務所から無期限の活動休止処分がくだされている。

    その後、ジャニーズ事務所からの退所報道なども相次ぎ、先行きが不透明な状況だ。

    そんな渦中の彼が携わっていたのが、「INGプロジェクト2020~お弁当でシングルマザーの力に~」。

     
    t


    六本木でカジュアルイタリアン「Noza Caza」を運営する株式会社SASAが、新型コロナの影響で生活が苦しくなったひとり親家庭にメッセージ付きのお弁当を無料で配達する活動だ。

    運営資金はプロジェクトに賛同した企業や個人の寄付で、お弁当には寄付した企業や個人の名前が印字されている。
     
    この日、都心の住宅街には、大きなリュックを背負って自転車で颯爽と駆ける手越の姿があった。

    手越は寄付をし、さらに自分で15個ほどお弁当を配ったという。

    「この時代に、幼い子供を抱えたシングルマザーが“お金がないからオムツと夕飯どっちを買おうか”そんな悩みを抱える家庭が世の中にあるんです。
    それぐらい生活に困窮した人がいることを知った手越さんが共鳴。
    手越さんは両親が離婚し、母子家庭で育った身。
    彼は“ぼくはジャニーズに拾われなかったら、この子たちと同じだったかもしれない。
    自分がお弁当を配ることで元気を与えられないか”という思いがあり、この活動に参加したそうです。
    これまでプロサッカー選手で、日本代表の小林祐希選手、杉本健勇選手も活動に賛同しに配達員をしています」(プロジェクト関係者)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/784baf69863e2e3062cd16b74d39e1db28558938
    https://news.yahoo.co.jp/articles/784baf69863e2e3062cd16b74d39e1db28558938?page=2


    ▼写真
    https://www.news-postseven.com/uploads/2020/06/03/tegoshi_yuya_04.jpg

    https://www.news-postseven.com/uploads/2020/06/03/tegoshi_yuya_02.jpg

    https://www.news-postseven.com/uploads/2020/06/03/tegoshi_yuya_06.jpg

    https://www.news-postseven.com/uploads/2020/06/03/tegoshi_yuya_07.jpg

    所長見解:無双やな・・・
    【【無双】手越祐也、次は美人シングルマザーを狙っている説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いタレントの出川哲朗(56)が2日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(後7・56)に出演し、妻に怒られながらも18年間どうしても直せない癖について語った。

     
    「直したいけどなかなか直せない事」というテーマで出川は「これは本当に悪いと思ってるんですけど…」といいながら「奥さんが作ってくれた料理に何でもマヨネーズかけちゃうんです。
    腹が立つらしくて、申し訳ないと思うんですけど…」と悩みを吐露すると、スタジオからは「あ~」という声が飛び交う。

    d

     
    「18年前に『さんま御殿』に出たときも、前の彼女からマヨネーズのことですげえ怒られたって話をしていて。
    結局それから全然変わってないんですよ」とどうしてもマヨネーズをかけずにいられないという。

     
    女優の遊井亮子(43)から「マヨネーズかけて毎回食べられてたら、味なんかつけないで『お前マヨネーズかけて食べてろよ!』ってなっちゃいますよね」と指摘されると、出川は「びっくりするくらい奥さんと同じこと言ってる!」とたじたじだった。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/02/kiji/20200602s00041000404000c.html


    画像
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/02/jpeg/20200602s00041000231000p_view.jpg
    所長見解:そらな・・・

    【【衝撃告白】出川哲朗、18年間直せない癖がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントのギャル曽根(34歳)が6月1日、自身のInstagramで、初めて“ラーメン二郎”を食べたと報告している。

    ギャル曽根はこの日、「初二郎。量が多過ぎて鍋を器にしました」と、その味を初めて体験したと報告。

    大食いなギャル曽根だけに、どれくらい食べたのかも気になるところだが、「#食べた事がなかった二郎。#脂の量にビックリ #クセになる味。。 #わかるなぁ。」と、脂の量に驚きつつも、味には満足した様子だ。

    ちなみに、今回の二郎は、ギャル曽根がお店に行って食べたのではなく、友人がテイクアウトで買ってきてくれたもの、とのこと。

    麺の量については、特に測っていなかったので分からないという。


    https://news.livedoor.com/article/detail/18350237/


    no title

    所長見解:すごいな・・・

    【【グルメ】ギャル曽根が「ラーメン二郎」初体験の結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『秘密のケンミンSHOW 極』(日本テレビ系)では、大阪府と東京都の「カレーライスの違い」がテーマに。

    視聴者からは、「知らなかった…」と驚きの声が相次いでいる。


    ■東京のポークカレーに対し…

    番組で挙げられたその最大の違いは「肉」だ。

    東京の場合、ビーフカレーやチキンカレーなど種類はあるものの、基本的にはポークカレーであることが多い。

    それに対し、大阪の場合は「牛肉」。

    実際にスタッフが大阪に赴き、東京ではカレーに豚肉を入れる旨を府民に伝えると「嘘やん」「カレーに入れる肉ちゃう」と騒然。

    スタジオの久本雅美も「豚肉なんて絶対いれない」と驚きの表情を見せた。


    c


    ■カレーに限らない?

    しかしこのことは、「カレーの違い」というよりは、そもそも大阪で「肉」と言った場合「牛肉」を指すという点が、大きく関係しているのだそう。

    そのため、たとえば都民にとっては当たり前の呼称である「肉まん」も、府民からすると「豚肉なのに『肉まん』はおかしい」ということになり、「豚まん」という風に、いちいち訂正を入れるかたちになるそうだ。

    これらのことについて、しらべぇ取材班が大阪在住の30代女性にインタビューをしてみると、やはり「カレーは必ず牛」と即答。

    さらに「カレーだけではなく、たとえば肉じゃがにも牛肉を使います」と話す。

    どうやら「肉=牛肉」という図式は、本当のようだ。


    ■東・西日本で違いくっきり

    今回の放送に、視聴者からも「カレーくらいシンプルな料理でも地域性が出るのか」「豚と牛って全然違うじゃん…」と相次ぐ驚きの声が。

    また、ネット上で確認できる限りだが、中国地方や四国地方でも「カレーは牛」「肉=牛肉」という認識が多い様子。

    どうやら東日本・西日本で、大きく分かれているようだ。


    http://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12189-20162320725/

    所長見解:牛やね・・・
    【【グルメ】大阪ではカレーに豚肉なんて絶対いれない説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ