ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:グルメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大食いタレントのもえのあずきが30日に自身のアメブロを更新。
    友人と訪れた焼肉店で“出入り禁止”になったことを明かした。

    m


    この日、友達が予約してくれたという焼肉店を訪れたというもえあず。
    和牛炙り寿司の写真を公開し「ふつうの焼肉やさんかと思って行ったら食べ放題のとこやったよ~~!」と嬉しそうにつづった。

    しかし、いざ食べ放題を始めようとしたところ店員から「うちのお店は大食いの方はお断りしていて。今回だけ特別に承りますが、あの、、お願いしますね?」と遠回しに“出禁”を告げられたという。
    もえあずは「初めて言われた」とややショックの様子。

    もえあずは「なので二度と行けないお店やけど写真載せとこ」と、肉の写真などを公開。「90分制やから思ったよりいけなかった」と本領を発揮できなかったようだが、「肉寿司が食べ放題やったのめっちゃうれし~」と満足した様子。
    「肉寿司は美味しかったからまたいきたかった」と残念そうにつづった。


    https://news.ameba.jp/image/20180131-474 


    所長見解:食べ放題なのに・・・
    【【焼肉大量】大食いタレント・もえのあずき 「出入り禁止」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    スープよりも先に麺を食べると“退場”。
    目の前の辛子高菜をスープを飲む前に食べると“退場”、店内での関西弁も不可、なぜなら店主が嫌いだから――。
    そんな厳しいルールを課すラーメン店があることが、一時期ネット上で話題になった。

    r


    この噂の真贋は定かではないが、実際に、常連客が多く一見客が入りづらい雰囲気だったり、店主や店員から妙な威圧感を感じる有名店は、ちらほら存在する。

    ラーメンと言えば庶民的な食事の最たるものだが、日本では人気がありすぎるが故に、独特な文化が発達している観は否めない。
    ラーメン店で「こんな頼み方をするのは野暮だろうか」と周りを見渡してしまったり、連れ立って出かけても「麺が伸びるしラーメン店で私語はご法度だ」などと自主規制を発動した経験のある人もいるのではないか。

    実際に、こだわりの強いラーメン店は存在する。
    それが客にとって“おいしい”こだわりならいいのだが、客に過度な緊張を強いる場合はどうだろうか。
    今回は、こだわりなのか何のか、もはや理不尽にさえ感じてしまうルールを強いる「モンスターラーメン店」のエピソードを集めた。

    筆者は、これまでダイヤモンド・オンラインで、「モンスター◯◯」を度々取り上げ、実録として紹介してきた。
    今回は、「モンスターラーメン店」の事例を20~40代男女に聞いて集めてみた。
    みなさんは、運悪くこんなモンスターラーメン店に入ってしまったことはないだろうか。

    http://diamond.jp/articles/-/155519


    所長見解:うまければ・・・
    【【麺道一筋】恐ろしいモンスターラーメン店 私語厳禁・スープ完飲・関西弁禁止・高菜ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月15日に放送されたバラエティ番組『帰れま10&Qさま!!合体3時間SP 人気回転寿司チェーン店で帰れま10!』(テレビ朝日系)の平均視聴率が14.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。

    同番組内の『人気回転寿司チェーン店で帰れま10!』に元SMAPの木村拓哉が参戦し、無添くら寿司のメニュー全144品から人気ベスト10をすべて当てる企画に挑戦した。

    木村は当初、くら寿司独自の鮮度を維持するためのキャップを開けられず、寿司を取るのに苦労したが、5回の注文のうち4回がベスト10入りメニューを当てる大活躍だった。

    木村が出演した効果もあって視聴率が上がり、それを受けてくら寿司のホームページへのアクセスも急増。
    一時的につながらなくなるほどで、「キムタク効果が尋常じゃない」と話題になった。

    番組内で、体形維持の秘訣として、20歳の頃に履いていたジーンズを基準に、「これを履けなくなったらダメ」と自分を律していることを明かすと、ファンからは「尊敬する」などと絶賛する声が続出した。
    また、店員に「一番お忙しい時間帯は何時ごろですか?」と質問し、12時から14時ごろとの答えを聞き出すと、それを受けて「ランチでいらっしゃるお客様は」と話す姿に、またもやファンは「言葉遣いが素晴らしい」をほめたたえた。

    一方で、共演したタカアンドトシや小杉竜一(ブラックマヨネーズ)に対する言葉遣いや態度が悪いと批判の声も上がった。
    また、テーブルに肘をついて食べる姿や、舌を出して寿司を受ける「迎え舌」など、「食べ方が汚い」「マナーが悪い」といった指摘も多かった。

    no title


    つづく

    http://biz-journal.jp/i/2018/01/post_22017_entry.html


    所長見解:別にいいんじゃないの・・・
    【【批判殺到】木村拓哉『帰れま10』で「食べ方が汚い」「マナー悪い」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    所長見解:パクチー・・・


    【【美味否定】一番不味いと思う食い物ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    安定の「名代 富士そば」は六本木にも健在--"肉富士そば"は期待を裏切らず

    第89回で六本木の数少ない立ち食いそば「小諸そば」を紹介した。
    続いて今回も、六本木。
    「名代 富士そば」の一杯を味わおう。
    富士そばは、数多くある立ち食いそばチェーンの中でも「超」がつくほどの大手グループ。店舗は東京を中心に、埼玉、神奈川、千葉と関東を代表するファストフードだ。
    公式ウェブサイトによると23区には現在105店舗(2017年12月現在)。

    かくいう自分も富士そばには思い入れがあり、ちゃちゃっと腹を満たしたい時や、深夜に小腹が空いた時など、最寄りの店舗に数え切れないほど足を運んだ。
    読者の方にも、演歌のBGMを聴きながらそばを啜った人も少なくないのではないだろうか。
    この日訪れた六本木店は、東京メトロ日比谷線「六本木」駅4a出口を出てすぐ、六本木交差点で24時間明かりを灯す。

    中に入ろう。入ると左手に券売機が2台。
    支払いには交通系ICカードが使える。
    店内は奥に細長く、両側に着席カウンター。
    立ち食い席はない。
    平日の13時前ということもあり、9割以上が埋まっていた。

    食券を買って、突き当りの厨房カウンターに「そばで」のコールとともに提出。
    選んだメニューは「肉富士そば」(税込470円)。

    f


    昔は「わかめうどん」ばかり食べていたが、今日は趣向を変えてみた。

    https://news.mynavi.jp/article/soba-91/


    所長見解:腹が減る・・・
    【【出汁誘惑】駅の立ち食いそばの美味しそうな香りってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ