グラビア

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月20日に音楽出版会社の代表取締役の男性と結婚した元グラドルの杉原杏璃。

    その後、発売された「週刊文春」が、結婚相手が“芸能界のドン”の異名を持つ大手芸能プロ、バーニングプロダクション社長・周防郁雄氏の長男、彰悟氏であることを報じている。

    2人は10年以上の友人関係を経て、昨年春頃から交際をスタートさせたようだが、そのなれそめを知り、ネット上では杉原が彰悟氏から「援助を受けていたのでは?」という疑惑の目が向けられている。

    「杉原は15年9月に放送された『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)で、同年7月に引っ越したばかりという高級タワーマンションをテレビ初公開。

    そのタワーマンションは3LDK 150平米を誇り、年収1000万以上でなければ住むことは難しいと紹介されていました。

    s


    そんなタワーマンションに当時、崖っぷちグラドルだった杉原が住むことができたのは株の稼ぎのおかげと紹介され、これまで株で1000万円以上の儲けを出していたことも明かされていました。

    しかし、安定しない株の稼ぎだけを頼りに高級タワマンに住むのはやはりチャレンジャーすぎます。

    そのため、10年前から彰悟氏と友人関係だったということを知り、やはりこのタワマンもその援助があって住むことができたのでは?と推測した人が多かったようです。

    また、結婚発表から一夜明けた10月27日に出席したイベントでは、彰悟氏について、『10年もそばにいてくださって、“大好きだよ”とずっと言ってくださった方』と、杉原は話していました。

    それだけ地位の高い人が杉原に10年間ただ『大好きだよ』というだけで、それ以外何もアクション起こしていなかったとは思えませんからね」(エンタメ誌ライター)


    ネット上では

    「やっぱり、あのタワマンも援助してもらってのかな」
    「株の稼ぎだけでタワマンは住めないだろ」
    「結局、支援してもらってたんじゃないか」

    などといった声が上がっている。


    「ちなみに杉原は15年4月に放送されたバラエティ番組『ヨソで言わんとい亭』(テレビ東京系)で、グラビア界のパパ活事情を暴露していました。

    本当にグラドルやタレントになりたくて芸能界入りする子もいると話す一方で、『“グラビア”“モデル”という肩書きが欲しくて、(肩書きを利用して)お金持ちの社長さんと知り合うほうが目的って子もいると聞いたことがあります』と語っていましたが、自分にはそこらの社長よりも頼りになる存在がついているという気持ちもあり、そういったグラドル事情も高みの見物といった感じだったのかもしれません」(前出・エンタメ誌ライター)

    何はともあれ、末永く幸せであってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1575213/


    所長見解:そうやね・・・

    【【ドン息子と結婚】杉原杏璃、結婚前の怪しすぎる疑惑がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    先日、人気アイドルグループ・欅坂46から卒業したばかりの今泉佑唯が、ついに「blt graph.」(11/14発売・東京ニュース通信社刊)表紙に初登場した。

    艷やかな表情、大人な視線、純白のドレスワンピースに身を包んだ無邪気で愛らしい姿など、たっぷり16ページのロンググラビアを掲載。

    3年前に初めて本誌で撮影した場所と同じ、秋の海辺を歩きながら今泉が思う“新しい道”、”新しい私”とは――? 

    ロケ中、思わず『二人セゾン』をハミングしていた今泉が、欅坂46合格からこれまでの軌跡を振り返りながら、卒業を決めた時のこと、メンバーへの思い、そしてこれからの夢をじっくり語る。

    「できるのであれば、21人全員でもう1度集まって、歌いたかったです」と、今の胸中を明かしたロングインタビューが10000字で綴られている。

    また、デビュー前にグループ初のソログラビアに挑戦した際のカットから最新カットまで、「blt graph.」と兄弟誌「B.L.T.」で撮影された今泉佑唯の秘蔵写真をまとめたメモリアルブックの付録も。

    今泉佑唯の懐かしさと変化を心ゆくまで味わえる、貴重な写真の数々に注目だ。

    さらに、別冊付録として全3種セットの特大ポスターが実現。

    今泉佑唯の新たな門出を記念した、豪華な一冊となっている。

    なお、ローソンエンタテインメント版の表紙には、通常版表紙とは異なる表情の今泉佑唯が登場。

    さらに別冊付録ポスター3枚に加え、ローソンエンタテインメント版限定特典として、別冊付録ポスターとは異なる絵柄の<今泉佑唯ポスター1枚>が付いている。

    http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_32746/

    no title


    所長見解:知らないな・・・

    【【欅坂46】卒業の今泉佑唯「できるのであれば、21人全員でもう1度集まって歌いたかった」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2017年1月、俳優・袴田吉彦(45)との不倫騒動で話題となったグラビアモデル・青山真麻(現・真麻)さん。
    袴田は一時仕事がなくなったが、今年に入って大復活。
    テレビドラマや映画で姿を見る機会が増えてきた。さて、真麻さんは……?

    p


    「ライブチャット『17LIVE(イチナナライブ)』と公式契約し、晴れて11月1日に“ライバー”デビューしました」

    都内・上野のカフェで会った青山真麻改め、真麻さん。こう言ってほほ笑んだ。
    人気ブランド「シークレットハニー」の白いレースのブラウスにピンクのミニスカート、「エスペランサ」のハイヒールといったフェミニンな装いだ。
    ところでイチナナライブ、ライバーって何?

    「ポストYouTubeを目指して3年前に台湾で生まれたインターネット動画サービスです。配信中は『ニコニコ生放送』みたいに視聴者が感想などを書き込めるので、それに合わせて話題をどんどん変えていけるし、視聴者と一緒にコンテンツをつくっていくという面白さがあるんです」
    動画の制作者はユーチューバーならぬ“ライバー”と呼ばれ、海外のトップライバーは月収1億円(!)を超えるという。

    「日本でも利用者が急増中ですが、ライバーはまだ8000人に満たないんです。
    ハードルが低い今こそ狙い目かな……と。
    とりあえず毎日4~6時間の配信を予定していて、当面の目標は月収100万円です」
    真麻さんのライブの内容は、日常の出来事や“女性磨き”が中心。

    「加えて、12年から13年にかけてシンガポールのショークラブで1年間、ダンサーをして暮らしていたときに感じた『日本の美学』『和の心』を、私なりに伝えていきたいですね。
    私、日本語教師の資格も持ってるので、決して思いつきで言ってるんじゃないんですよ」


    ■建設管理関連企業の40代社長と

    一方で、宅地建物取引士の資格取得を目指し、専門学校に通い始めた。

    >>2以降へ続く


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/241211 


    所長見解:袴田・・・

    【【あの人は今】袴田吉彦と“アパ不倫”のお相手がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月3日(土)放送の「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)で、松岡昌宏、博多大吉、グラビアアイドル・紗綾が、東京・初台にある「名西酒蔵」へ。
    小学生の頃からグラビア活動をしていた紗綾が、当時の本音を激白した。

    no title


    まずは「すだちパッチョ」「フィッシュカツ」をアテに、すだちビールで乾杯。
    福岡出身の紗綾は、11歳の時に芸能界デビュー。
    東京の芸能事務所にスカウトされ、小学校5年生の頃からグラビア活動をしていたそう。
    今は法律に触れるためその手のグラビアはないというが、当時はジュニアアイドルブームで、紗綾はその頃を振り返り「嫌でしたね…大人に言われるがままにお仕事をしていたみたいな感じ。汚いところをいっぱい見ました」とコメント。
    松岡が「よく育ったねぇ…」と感心する場面があった。

    学校は堀越高校に通っており川島海荷、志田未来、山田涼介、中島裕翔、神木隆之介、知念侑季らとともに青春時代を過ごしたそう。

    小さい頃から大吉をテレビで見ていたという紗綾は「大吉さんは博多の大スターなので、お会いできて本当に嬉しい」とコメント。
    だが、調べてきた情報は、すべて相方である華丸に関するものばかり。
    唯一「博多に弟子がいる」という情報だけが当たりで、大吉は「それは本当! 僕一応師匠で、46歳の弟子がいます」と告白するシーンがあった。

    次に一行は、「だいぶつ」へ。
    「肉みそレンコン」「トマト牛すじ煮」をアテにホッピーなどで乾杯。
    将来は女優もやりたいという紗綾は、小池栄子に憧れているそう。

    松岡は「いろんな人のお芝居を見たほうがいいと思う。お芝居はパクリですから。いろんないいお芝居をパクって、自分流にアレンジすればいい。僕は昭和のスターをよく見ます。そこまでいけばバレないから(笑)」と赤裸々にコメントした。

    ネット上では「デビュー当時のグラビアの仕事は嫌だったって。そりゃそうだよな~」などの声が集まった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00168094-the_tv-ent


    所長見解:どんな・・・

    【【衝撃告白】グラドル・紗綾「嫌でしたね…汚いところをいっぱい見ました」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・吉岡里帆(25)に逆風が吹いている。
    7月クールの主演ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)は、全話平均視聴率が5・80%と低迷。
    さらに不本意なバッシングにさらされている。

    y


    10日に放送されたバラエティー番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて」(日本テレビ系)にゲスト出演した際、痴漢被害を告白したのが発端だ。

    番組が吉岡のイメージについて街頭インタビューを行ったところ「痴漢されたら『お前、次の駅で降りろよ』と言いそう」と真面目で気が強そうという声が上がると、吉岡は過去に「『次の駅で降りましょうね』と言ったことがある」と痴漢被害を自ら明かした。

    これにネット上では、2004年にベッキーが同様に「痴漢を何十人も捕まえた」などと語り「武勇伝かよ」「モテる自慢」などとバッシングに遭ったことを引き合いに“吉岡バッシング”が起きてしまったのだ。

    「痴漢は犯罪ですから、吉岡が取った言動は立派となるはずが、ネット上では逆の結果を招いてしまった。
    その根底には、つい1年半前までもてはやされていた吉岡の人気に陰りがあるのでは」とドラマ関係者。

    2016年4月クールのドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)、昨年1月クールのドラマ「カルテット」(TBS系)で注目された吉岡はその後、期待通り、主演級女優に成長。
    CMや映画にも引っぱりダコとなった。

    だが、今年1月クールの主演ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)は、かつてグラビアで披露していたT158・B82・W60・H85のEカップボディーを下着姿で披露したものの、全話視聴率は7・74%にとどまった。
    その後、前出の「健康で――」に主演したが惨敗に終わった。

    「役柄や作品に恵まれなかったのもある。
    CMでも清純な美女役が多いし、真面目で正論ばかり言う、優等生のようなイメージが定着してしまった」(広告代理店関係者)

    脇役時代には“うさぎ系女子”ともいわれ、無自覚なかわいさと透明感で周囲を翻弄してしまう女子と定義づけまでされた吉岡だったが、CMでは新婦役、美人教師役、妖精役などを経て、結果として、前出の「――笑ってコラえて」の街頭インタビューで出た「痴漢されたら――」につながっているわけだ。

    さらに不運だったのは、昨年8月に報じられた俳優・佐藤健との熱愛報道(双方とも否定)もマイナスに働いたようだ。

    「“役柄では清純さが前面に出ているのに、私生活はそれなりにやってるのね”というイメージがついてしまった」(芸能プロ関係者)

    その吉岡は12日に公開された映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」でヒロインを務めている。

    内気で異常に声が小さいストリートミュージシャン役を演じるが、劇中のギター演奏と歌が音楽関係者の間で話題になっている。

    「学生時代にアルトサックスを吹いていただけあって音感はいい。
    ビジュアルは誰もが知る通りですから、楽曲に恵まれれば、歌手としても成功するかも。
    数社のレーベルが動き出しているともいわれています」(同)

    公開イベントでは観客を前にギターと歌を披露し、感激の涙を流し、歌い手としての喜びも得た。
    主演女優としてはまだ合格点とはいかないが、歌手の道が開けるかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15511289/
    東スポWeb


    所長見解:かわいいよね・・・

    【【主演級女優】吉岡里帆、人気に陰り問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ