ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    グラビア

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    熊田曜子のグラビア、さすがにキツい

    k



    所長見解:そうやな・・・

    【【検証画像】熊田曜子のグラビア、そろそろきつい説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「中国のガッキー」ロン・モンロウ、制服姿、ブルマー姿、水着姿披露

    「恥ずかしかったけど、いい感じ」



    SNSで人気となった中国出身タレントのロン・モンロウ(24)が12日、都内でファーストフォトブック「夢」の発売記念イベントを行った。

    「もしも中国人のロン・モンロウが日本で学生をしていたら…」をコンセプトに制服姿、ブルマー姿、水着姿などを収録。

    「お話を頂いた時は、とてもうれしかった。今も緊張している。売れるか分かりませんね。でも楽しみ」とかわいらしく笑った。


    タイトルについては「写真集を作るのが夢だった。私の中国での名前に夢という漢字が入っている。夢がかなった」と目を輝かせた。


    制服姿での写真については「恥ずかしかったけど、いい感じ。小さい時に日本のドラマを見て、日本の制服を着てみたいなぁって思っていた」。

    中国と日本での学生の違いについて問われると「中国では遊ぶが時間ない。勉強しているので、ゆっくり過ごせないよ~」と笑わせた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000030-tospoweb-ent


    ロン・モンロウ1st Photo Book「夢」

    no title


    職場閲覧注意①


    no title

    no title

    所長見解:似てるけどな・・・

    【【検証画像】ガッキー、制服姿、ブルマー姿、水着姿披露ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年「ふーん、えちえちじゃん」画像優勝決定会場


    h



    ルール 

    ★2019年初出の画像のみ!候補を挙げてくから投票しよう!
    ★全部で12エントリー 

    所長見解:ええやんか・・・

    【【見納め】2019年「ふーん、えちえちじゃん」画像優勝決定会場がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気アイドルグループ・乃木坂46の山下美月(20)の1st写真集『忘れられない人』(来年1月21日発売/小学館)から、色白美肌&ふわふわ美バストがあらわになった、人生初のランジェリーカットが解禁された。

    n


    美腹筋!スレンダーボディを公開した山下美月

    山下は本作で水着、お風呂、完全すっぴん撮影など、さまざまな“初めて”に挑戦。

    そのなかでも最もインパクトの大きい“初めて”が、このランジェリー姿。

    公開されたカットは、可憐なピンクのランジェリーのみを身につけた山下を窓越しから撮影した一枚。

    しっとりとした色白肌とふんわりと柔らかな美胸が際立っている。


    撮影が行われたのは見晴らしのいい夕暮れ時のベッドルーム。

    大きな窓から美しい夕日が差し込んできていたのにつられて、夕焼け空を眺めようと窓に寄った姿をとらえている。


    山下は「下着姿は人に見せることがないので撮影前はちょっと緊張しました。
    でもベッドの上でゴロゴロしていたらお家にいるみたいな解放感があって、どんどん素の表情になっていきました。
    窓の外から撮っていたので、ご近所の人に見えちゃったらどうしようとドキドキしました」と、初めてのランジェリー撮影を振り返った。


    本作は国民的アイドルグループの次世代エースとして期待を集め、ファッション誌CanCamの専属モデルとしても活躍する山下の初ソロ写真集。

    フランス・パリでオールロケが行われ、人生初のビキニカットやランジェリーカットにも挑戦した意欲作。

    来年発売にも関わらず予約が殺到して書店予約を一旦停止するなど、注目を集めている。


    本人がほぼ毎日ストーリーズを更新している公式インスタグラム【@yamashitamizuki1st】はフォロワーが16万人、公式ツイッター【@mizuki1st_paris】はフォロワー12万人を超えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000319-oric-ent

    山下美月、“人生初”ランジェリーカット解禁

    https://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/YAM1/nm/YAM14MbhO6Z-0h6cKCimEfiWABI4X70gEGKO4DHIZow.jpg


    山下美月“人生初ビキニ”カット

    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/_Kw9/nm/_Kw9wlu9lKPbj675xGQu2e9CV2Uj5cIeVo4q-WO8xIw.jpg


    山下美月1st写真集「忘れられない人」より

    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/NLlU/nm/NLlUAJ_E-CcMr55KO9k52GUC0cWujZBQ_tEv34Zp7tY.jpg

    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/HdlL/nm/HdlLqlGdO9LI43c3lKY0a6-KFlLqwg2ad_nKM3mmJNQ.jpg


    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/Z_oY/nm/Z_oYKUDA1t3E3lM6HrHO5ziLqcafH8WwRygxVVRQmKk.jpg


    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/Lov8/nm/Lov8JD_KEB43jvXsK-c2dPCiI2UhFlT6J05yjzMEQTQ.jpg


    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/Rp3M/nm/Rp3MoGAnkR27YPcD9fTOAZsZRUc0eisuS1Y2S3zgZNs.jpg


    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/pb3X/nm/pb3XIMvwVelBZ5JBWJB1MAHYTCchaJiH2tpUeKgKsc8.jpg


    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/CvNx/nm/CvNxflAPpsa6w01oTea1Pse8-M7p9IHRHZmmoypQgkQ.jpg

    所長見解:ええやん・・・

    【【画像あり】乃木坂46のエースがついに人生初ランジェリーカット公開がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉岡里帆、1年4ヶ月ぶり『週プレ』で新感覚のセクシー&キュート 猫&ガリバーに

    女優の吉岡里帆(26)が、23日発売の『週刊プレイボーイ』2020年1・2合併号(集英社)の表紙に登場。

    1年4ヶ月ぶりの同誌カバー&巻頭グラビアで、新感覚のキュート&セクシーで魅了した。

    y


    今年も映画やドラマなど多数の作品で活躍した吉岡。

    常に新たな魅力を開花させていく美女の最新グラビアは、アーティストの清川あさみ氏がプロデュース。

    撮影前の絵コンテ製作から実際の撮影の仕切りまで、「吉岡里帆と猫」をテーマに表現した。

     
    吉岡は「あさみさんとはプライベートでも仲良しなんですけど、私のことを『猫っぽい』と言ってくださっていて、そこで全編、猫絡みの撮影をしてみようということになりました」と撮影コンセプトを説明。

    印象的なシーンとして「ヒゲのアイデアは意外性があって面白かったです。
    (日清の)『どん兵衛』のCMで狐の耳をつけて撮影していますが、『猫のヒゲを顔に描く』という発想は出てこなかった(笑)」と振り返った。

     
    また、表紙にもなっている“ガリバー”のシリーズも「遊び心があって楽しかったです」と満喫し、「読者の皆さんが、ほっこり楽しんでくださったらうれしいです」とアピールしている。 

    『週刊プレイボーイ』1・2合併号の表紙を飾った吉岡里帆(C)磯部昭子/週刊プレイボーイ 

    画像① 
     
    画像②

    画像③ 

    画像④



    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000320-oric-ent 

    所長見解:ええな・・・

    【【画像あり】吉岡里帆さん、きつねではなくセクシー猫になった結果wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ