グラビア

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の山本美月が来る12月15日、初めての写真集『Mizuki』を発売する。

    これに先立ち、写真集の本体には掲載されない“アザーカット”を複数枚公開したのだが、この内容を巡ってファンの間で疑問の声が続出してしまったという。

    y


    「肩と太ももを見せただけ。
    ただの着衣写真集じゃないか、という期待外れの声が出ているのです。
    本当にそれだけでは、いくらなんでも厳しい。
    写真集は、やはりある程度の露出が重要です」(写真集編集者)

    初写真集発売にあたっては、去る10月、山本は自身のインスタグラムでも告知していた。

    「インスタ写真は上半身だけですが、ランジャリー風の衣装を着て胸の谷間を強調。
    彼女は女性誌の専属モデル時代に水着もやっていませんから『いよいよセクシー路線にかじを切ったか!』と、ファンの期待が一気に高まったのです」(同・編集者)

    山本は芸能界でも屈指の“美人女優”として評判だ。

    反面、毎年のように「ブレークしない女優」として一部芸能サイトに酷評されてきた。

    「きれいなのですが、“男顔”ということで、非常に好みが別れる。
    だから人気のバロメーターである男性週刊誌でも、取り上げるところ、取り上げないところが両極端。
    完全に編集長の好みです」(グラビア雑誌記者)


    ブレーク目前なのに…

    しかし、今年はドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』や映画『去年の冬、きみと別れ』にヒロインとして出演。

    来年は、NHKの大河ドラマに出演予定など、女優として開花。

    「山本としては、あとひと押し男性人気が欲しい。
    そのため写真集出版に踏み切ったといいます。
    やはり男性人気を得るには写真集の発売が手っ取り早い」(同・記者)

    写真集はトルコのイスタンブールを中心に撮影。

    1万4000枚の写真からセレクトされ、“すっぴん”も初公開するという前宣伝も出ている。

    「とはいえ、正直“すっぴん”では大きな売り物になりません。
    さらに“ヘソ出し”もあるというのです。
    今時、中高校生アイドルでも際どい水着をやる時代。
    “すっぴん”“ヘソ出し”では、思うような男性ファン獲得につながらないでしょう。
    せめて下着でギリギリセクシーでもやらないと。
    “男前”とも形容されるほど男顔の彼女に、高い金を払って着衣写真なんかを見せられた日には、逆にファン離れを起こす危険性もありますよ」(同)

    有り余るほどの“女”山本美月を見たいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1594791/

    所長見解:かわいいけどな・・・

    【【これはすごい】山本美月、まさかの『初写真集』がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉岡里帆が11月19日、自身のインスタグラムで「吉岡里帆 2019カレンダー」の一部画像をアップした。

    しかし今回のカレンダー写真が、一部ファンの間で物議を醸しているという。

    「今回のカレンダーは、吉岡が入るコタツの上に大量のミカンが置かれていたり、球体の中から謎めいた笑みを見せる顔のアップなど、シュールな写真ばかりなんです。
    また夏のページでは、彼女が久々に水着姿を見せているものの、下は大きなスカートで、上は胸元を完全に隠したスポーティーなデザインであるため、グラビア時代からのファンはガッカリしているようです」(芸能記者)

    今回の水着姿に、古参ファンからは

    「水着の面積がデカすぎる!」
    「オレたち足元を見られてるんじゃないか。買うからこんなので良いとか思われるんだろ」「オレたちを見捨てるのか!?」

    といった具合に肌見せ度の低さに辛辣な意見があふれている。

    そんな吉岡は今後も、肌見せを封印していく可能性が高いという。

    y


    「現在吉岡は、瑛太との共演CMで人魚役を演じていますが、そこでも頑なに布などで胸をすべて隠しており、視聴者からは『人魚なら水着じゃないと不自然』との声もあがっています。
    彼女は過去、インタビューで『(世間は)脱いだ人を“脱いでる人が芝居している”って見る』と語っていますから、肌見せ度の高い仕事は極力避けていくつもりなのでしょう。
    その一方、女優として高い人気を誇る深田恭子は、来年のカレンダーの表紙で、豊かな胸を前面に出した水着姿を惜しみなく披露しており、男性から称賛されています」(前出・芸能記者)

    今年、ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)、映画「音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」に主演するも、視聴率や興収的に大苦戦した吉岡。

    来年も水着グラビアを封印し、女優業1本で勝負していくのだろうか。

    https://www.asagei.com/excerpt/116703


    所長見解:これはあかん・・・

    【【2019年カレンダー】吉岡里帆、久々の水着姿に「デカすぎる!」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月20日に音楽出版会社の代表取締役の男性と結婚した元グラドルの杉原杏璃。

    その後、発売された「週刊文春」が、結婚相手が“芸能界のドン”の異名を持つ大手芸能プロ、バーニングプロダクション社長・周防郁雄氏の長男、彰悟氏であることを報じている。

    2人は10年以上の友人関係を経て、昨年春頃から交際をスタートさせたようだが、そのなれそめを知り、ネット上では杉原が彰悟氏から「援助を受けていたのでは?」という疑惑の目が向けられている。

    「杉原は15年9月に放送された『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)で、同年7月に引っ越したばかりという高級タワーマンションをテレビ初公開。

    そのタワーマンションは3LDK 150平米を誇り、年収1000万以上でなければ住むことは難しいと紹介されていました。

    s


    そんなタワーマンションに当時、崖っぷちグラドルだった杉原が住むことができたのは株の稼ぎのおかげと紹介され、これまで株で1000万円以上の儲けを出していたことも明かされていました。

    しかし、安定しない株の稼ぎだけを頼りに高級タワマンに住むのはやはりチャレンジャーすぎます。

    そのため、10年前から彰悟氏と友人関係だったということを知り、やはりこのタワマンもその援助があって住むことができたのでは?と推測した人が多かったようです。

    また、結婚発表から一夜明けた10月27日に出席したイベントでは、彰悟氏について、『10年もそばにいてくださって、“大好きだよ”とずっと言ってくださった方』と、杉原は話していました。

    それだけ地位の高い人が杉原に10年間ただ『大好きだよ』というだけで、それ以外何もアクション起こしていなかったとは思えませんからね」(エンタメ誌ライター)


    ネット上では

    「やっぱり、あのタワマンも援助してもらってのかな」
    「株の稼ぎだけでタワマンは住めないだろ」
    「結局、支援してもらってたんじゃないか」

    などといった声が上がっている。


    「ちなみに杉原は15年4月に放送されたバラエティ番組『ヨソで言わんとい亭』(テレビ東京系)で、グラビア界のパパ活事情を暴露していました。

    本当にグラドルやタレントになりたくて芸能界入りする子もいると話す一方で、『“グラビア”“モデル”という肩書きが欲しくて、(肩書きを利用して)お金持ちの社長さんと知り合うほうが目的って子もいると聞いたことがあります』と語っていましたが、自分にはそこらの社長よりも頼りになる存在がついているという気持ちもあり、そういったグラドル事情も高みの見物といった感じだったのかもしれません」(前出・エンタメ誌ライター)

    何はともあれ、末永く幸せであってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1575213/


    所長見解:そうやね・・・

    【【ドン息子と結婚】杉原杏璃、結婚前の怪しすぎる疑惑がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    先日、人気アイドルグループ・欅坂46から卒業したばかりの今泉佑唯が、ついに「blt graph.」(11/14発売・東京ニュース通信社刊)表紙に初登場した。

    艷やかな表情、大人な視線、純白のドレスワンピースに身を包んだ無邪気で愛らしい姿など、たっぷり16ページのロンググラビアを掲載。

    3年前に初めて本誌で撮影した場所と同じ、秋の海辺を歩きながら今泉が思う“新しい道”、”新しい私”とは――? 

    ロケ中、思わず『二人セゾン』をハミングしていた今泉が、欅坂46合格からこれまでの軌跡を振り返りながら、卒業を決めた時のこと、メンバーへの思い、そしてこれからの夢をじっくり語る。

    「できるのであれば、21人全員でもう1度集まって、歌いたかったです」と、今の胸中を明かしたロングインタビューが10000字で綴られている。

    また、デビュー前にグループ初のソログラビアに挑戦した際のカットから最新カットまで、「blt graph.」と兄弟誌「B.L.T.」で撮影された今泉佑唯の秘蔵写真をまとめたメモリアルブックの付録も。

    今泉佑唯の懐かしさと変化を心ゆくまで味わえる、貴重な写真の数々に注目だ。

    さらに、別冊付録として全3種セットの特大ポスターが実現。

    今泉佑唯の新たな門出を記念した、豪華な一冊となっている。

    なお、ローソンエンタテインメント版の表紙には、通常版表紙とは異なる表情の今泉佑唯が登場。

    さらに別冊付録ポスター3枚に加え、ローソンエンタテインメント版限定特典として、別冊付録ポスターとは異なる絵柄の<今泉佑唯ポスター1枚>が付いている。

    http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_32746/

    no title


    所長見解:知らないな・・・

    【【欅坂46】卒業の今泉佑唯「できるのであれば、21人全員でもう1度集まって歌いたかった」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2017年1月、俳優・袴田吉彦(45)との不倫騒動で話題となったグラビアモデル・青山真麻(現・真麻)さん。
    袴田は一時仕事がなくなったが、今年に入って大復活。
    テレビドラマや映画で姿を見る機会が増えてきた。さて、真麻さんは……?

    p


    「ライブチャット『17LIVE(イチナナライブ)』と公式契約し、晴れて11月1日に“ライバー”デビューしました」

    都内・上野のカフェで会った青山真麻改め、真麻さん。こう言ってほほ笑んだ。
    人気ブランド「シークレットハニー」の白いレースのブラウスにピンクのミニスカート、「エスペランサ」のハイヒールといったフェミニンな装いだ。
    ところでイチナナライブ、ライバーって何?

    「ポストYouTubeを目指して3年前に台湾で生まれたインターネット動画サービスです。配信中は『ニコニコ生放送』みたいに視聴者が感想などを書き込めるので、それに合わせて話題をどんどん変えていけるし、視聴者と一緒にコンテンツをつくっていくという面白さがあるんです」
    動画の制作者はユーチューバーならぬ“ライバー”と呼ばれ、海外のトップライバーは月収1億円(!)を超えるという。

    「日本でも利用者が急増中ですが、ライバーはまだ8000人に満たないんです。
    ハードルが低い今こそ狙い目かな……と。
    とりあえず毎日4~6時間の配信を予定していて、当面の目標は月収100万円です」
    真麻さんのライブの内容は、日常の出来事や“女性磨き”が中心。

    「加えて、12年から13年にかけてシンガポールのショークラブで1年間、ダンサーをして暮らしていたときに感じた『日本の美学』『和の心』を、私なりに伝えていきたいですね。
    私、日本語教師の資格も持ってるので、決して思いつきで言ってるんじゃないんですよ」


    ■建設管理関連企業の40代社長と

    一方で、宅地建物取引士の資格取得を目指し、専門学校に通い始めた。

    >>2以降へ続く


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/241211 


    所長見解:袴田・・・

    【【あの人は今】袴田吉彦と“アパ不倫”のお相手がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ