キャラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    見たことのない冷酷なキムタク…フジ開局60周年スペシャルドラマで“鬼教官”20年新春放送

    俳優の木村拓哉(46)が、フジテレビ開局60周年記念の同局系スペシャルドラマ「教場」(20年新春、2夜連続放送)に主演することが2日、発表された。

    先月末に10月期のTBS系日曜劇場(タイトル未定、後9時)で天才シェフ役を演じることが発表されたばかり。

    スペシャルドラマ主演は、14年3月のテレ朝開局55周年「宮本武蔵」以来となる。

    k


    これまで数々演じてきた“ヒーロー”から一転、今作で演じるのは冷酷無比な警察学校の教官という役どころ。

    同名ベストセラー小説の初の映像化。

    「おそらく見たことのない、味わったことのない作品になると思うので驚く方が多いのではないかと思います」と新境地に挑む心境を明かした。

    このほど、クランクインを迎え「一刻も早く撮影したかった。
    ようやくゲートが開いて前に進むことができるという思い」と刺激的な日々を送っている。

     
    脚本完成前の段階から実際の警察学校に視察に訪れ、役作りにも取り組んだという。

    演出は「自分にとって教官に近い存在」という中江功監督。

    「眠れる森」(フジ系、98年)、「プライド」(同系、04年)などで仕事を共にしてきた。

    早い段階から話し合いを重ね「自分なりに掘り下げながら、みんなと一緒に作り上げている」。

    新境地だからこそ、並々ならぬ姿勢で今作と向き合っている。

     
    劇中では、小・中学校時代に熱中した剣道のシーンも盛り込まれる。

    時代劇では何度も殺陣で剣術を披露してきたが「剣道をドラマの中でやるのは初めて。
    いろいろな経験が今になって生きているのだと思いました」と心待ちにしている。

     
    脚本を手がけたのは「踊る大捜査線」シリーズなどの君塚良一氏で、木村とは今回が初タッグ。

    ヒットメーカーが手がけた物語に「原作、脚本どちらも読み物として面白いので、具現化するのは非常にハードルが高い」と木村。

    目の前に立ちはだかる壁に芝居心をくすぐられながら作り上げる“鬼教官”の姿に、注目が集まる。

     
    ◆「教場」 シリーズ累計55万部の長岡弘樹氏の警察小説。
    13年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、14年「このミステリーがすごい!」第2位を獲得。
    主人公は「警察学校は適性のない人間をふるい落とす場」とトラブルに見舞われる生徒に退校届を突きつける非情な教官。
    過酷な警察学校で覚醒していく生徒の青春物語であり、厳格な教官が個性あふれる生徒と向き合う人間教育の物語。


    ドラマで警察学校教官を演じる木村拓哉 
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190603-00010000-spht-000-1-view.jpg 

    木村拓哉が主演するドラマ「教場」原作書影 
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190603-00010000-spht-001-1-view.jpg 


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00010000-spht-ent 

    所長見解:順調やね・・・

    【【これは初めて】見たことのない冷酷な木村拓哉がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    vegetarian


    画像①

    画像②

    画像③


    インスタグラムより。

    https://www.vegan.com

    所長見解:次から次へ・・・


    【【キャラ変】ローラさん、次はヴィーガンになる模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    モデルでタレントのローラが22日に更新したインスタグラムで、最近は「どうして私たちは生きているんだろう」と自分自身に問いかけることが多くなったと投稿した。

    ローラは「今日は地球の日。 そういえば、さいきんはどうして私たちは生きているんだろう。何の為なんだろうとかポジティブな意味でいろいろ思ったりする事が多いんだ」と深遠な問いを発することを投稿した。

    r


    さらにローラは「むかし眠れない日が続いた時、ふと原始時代の人になって戻って考えたんだ。その時ってお家ではなくきっと星空の下で眠っていたんだと思ってホームプラネタリウムを買ってお家の天井に星空いっぱいあててみたら、スッと眠れるようになって」と実体験を記した。

    ネットで調べてみたところ、ある研究結果として、「星空をみて眠ると普段より約10分早く眠りにつく結果が発表されていたりして」と納得した様子。

    ローラは「その時に、やはり人間は自然とともに生きるのが大事なんだ!と思ったんだ」と投稿。

    「なにかおかしいなとおもったりすると、原点に戻って考えるのがすきなんだ」ともつづった。

    ローラは、人工衛星からと思われる地球の様子を撮影した動画を投稿。

    40万回以上、再生されている。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000127-dal-ent

    所長見解:どこへ・・・

    【【悲報】ローラ「どうして私たちは生きているんだろう」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手、きゃりーぱみゅぱみゅ(26)が7日、自身のインスタグラムを更新し、「パンツ見せてるぐらい恥ずかしい」という写真を公開した。

    k


    きゃりーはこの日、前髪をかき上げた“デコ出し”スタイルでクールな表情を浮かべる写真をアップ。

    「前髪あげてるのパンツ見せてるぐらい恥ずかしい、、、!」とつづった。


    ※画像がコチラ


    普段と印象が違うきゃりーの“デコ出し”ショットは反響を呼び、多くのいいねが押されるとともに

    「こちらの方も素敵です」
    「デコ出し いいじゃぁないですか」
    「カッコいい」

    など称賛の声が寄せられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16282781/

    所長見解:イメージ違うね・・・

    【【衝撃画像】きゃりーぱみゅぱみゅ(26)さんの、恥ずかし過ぎる写真がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元『AKB48』の島崎遥香が、去る3月25日から28日にかけて放送されたNHK連続テレビ小説の特別版『ひよっこ2』に出演。

    あまりの激ヤセぶりに「病気?」などと心配する声が噴出した。

    y


    同ドラマは、有村架純主演で2017年の上半期(4月~9月)に放送された本編の続編で、奥茨木から上京し、洋食店『すじふり亭』でウエイトレスで働く谷田部みね子(有村)のその後を描いたもの。

    みね子は結婚して前田姓に変わっても、洋食店で働き続けている。

    島崎は洋食店の料理長の娘・牧野由香役だ。

    「連ドラで放送されていた時代は、親の金をせびりブラブラする不良娘が島崎の役でした。それがみね子に会って改心。
    洋食店でマジメに働くようになったのです」(ドラマライター)

    特番は4話限りなので、結婚したみね子や親族の話が中心。

    島崎はしっかりとした大人の女性になり、部分的な出演だった。

    「ほのぼの内容ですから、またグレるなんことにはならないのですが、ただ島崎の顔を見て少々驚き。
    ゲッソリとヤセて、パッと見は彼女とは思えませんでした。
    〝ひよっこファン〟サイトにも、島崎の変貌ぶりに『BBA…』などと辛辣な書き込みがあったほどです」(ネットライター)


    塩すぎて身を滅ぼす?

    島崎は2016年末をもってAKBを卒業。

    ソロになった17年こそ『ひよっこ』以外に、『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)など地上波でのドラマ出演はあったのもの、18年は激減。

    『今日から俺は!!』(同系)ほか、単発出番ばかりだった。

    「彼女は昨年5月、自身のツイッターに『暇してます』と書き込み、その出番のなさが明るみになった。
    さらに、今年2月、バラエティー番組でAKB時代の態度の悪さを指摘され『(塩対応しないと)生きていけなかった』と〝作り〟であったことを告白。
    仕方なくやっていたと弁明をした。これには非難が集中しました」(AKBライター)

    AKB時代にファンを「キモオタ」と呼び「明日にでも辞める」と言っていたのは、本心ではなく演技だったというのだ。

    「焦って〝塩は作り〟といってもイメージ回復を狙っただけでしょう。
    彼女の態度の悪さは有名だし、時すでに遅し」(同・ライター)

    激ヤセについてはこんな声もある。

    「前はAKBをバックに強気でいられたものの、最近の仕事激減で『心労ヤセ』の心配も出ています」(芸能プロ関係者)

    理由はともあれ、しっかり食べてガンバってほしいものだ。

    画像①

    http://dailynewsonline.jp/article/1756055/


    所長見解:痩せてたね・・・
    【【ぱるる】元AKB・島崎遥香のヤバ過ぎる激ヤセぶりがコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ