ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:オリンピック

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    体操女子の宮川紗江選手(18)に対する暴力問題で、日本体操協会から活動禁止処分などの処分を受けた速見佑斗元コーチ(34)が9月5日、都内で会見を開いた。
    90分の会見の質疑応答の最後で速見元コーチとベテラン記者との間で“攻防”があった。

    鋭い質問をしたのは、体操の取材歴40年超のスポーツコメンテーター・宮嶋泰子さん。
    速見元コーチの暴力による、宮川選手の脳や精神的な影響を指摘し、また、宮川選手がプロ宣言したことは、速見コーチの金もうけのためではないか、と追及したのだ。
     
    宮嶋さんは先日、テレビ朝日「報道ステーション」に出演し、パワハラをされたと宮川選手が会見で訴えていた塚原千恵子・女子強化本部長を電話取材。
    協会や塚原夫妻側を“擁護”するようなコメントをしていた。
    “塚原派”とレッテルを貼られたからかは不明だが、この日の会見の質疑応答では、宮嶋さんは一貫して挙手し続けていたが、なかなか司会者から当てられなかった。
    1時間半の会見終了直前になって、記者の挙手が少ない中、声を出してアピールした宮嶋さんがようやく当てられた。

    スポーツにおける暴力問題に以前から取り組んでいるという宮嶋さんは、宮川選手が暴力を受けたことによる脳の損傷、また、暴力を受けているにも関わらずコーチを支持していることに対して「カウンセリングを行うべきじゃないか」と指摘。
    速見元コーチはこう回答した。
    「当然専門的なカウンセリングだとか、カウンセラーの方の意見を聞いた方がいいと思いますし、必要であれば、ケアをしてあげるべきだと思います」

    さらに宮嶋さんは、宮川選手が昨年10月に大阪体育大学と5年間契約を結んだにも関わらず、入学しなかったことを指摘。
    さらに宮川選手がプロ宣言した背景には「速見さんの生活のためではないか」と畳みかけた。
    速見元コーチは大阪体育大学との契約について次のように説明した。

    「大阪体育大学には宮川選手がどういう形でやっていくか、マーケティング活動をしていきます、ときちんと申請を出し、それを承認いただいて、スポンサーと大阪体育大学と契約を結んだ。
    ただ、協会の規定がまだできる前になっていたので、(改めて)どのような手続きをしたらよろしいでしょうか、と協会ともやり取りをしていました」

    つづく


    週刊朝日
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180905-00000097-sasahi-spo


    no title


    所長見解:なんかね・・・

    【【体操パワハラ問題】宮嶋泰子氏が暴露、速見元コーチと宮川選手の「不都合な真実 」がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    内柴正人が刑期を終えて再婚していた! お相手はまさかの“元教え子”

    「昨年末に出所して以来、柔術家として活動していた内柴さんですが、8月から中央アジアのキルギスで柔道男子チームの総監督に就任したと発表されました。
    事件以来、5年5ヶ月ぶりの柔道界復帰に注目が集まっていますよ」(スポーツ紙記者)


    '04年のアテネ、'08年の北京と2大会連続で金メダルを獲得した柔道界のスーパースターであった内柴正人。
    現役を引退した'10年からは地元・熊本にある九州看護福祉大の女子柔道部のコーチ(のちに客員教授)に就任したのだがーー。

    「'11年の合宿中に教え子だった10代の部員に多量の酒を飲ませ、性的暴行をしたとして、準強姦罪の容疑で逮捕されました。
    “あくまで合意の上だった”と裁判で主張し続けましたが、最高裁まで争いましたが5年の実刑判決が確定しました」(前出・スポーツ紙記者)

    この一件で、紫綬褒章や熊本県民栄誉賞特別賞など、これまで受けてきた数々の栄典は剥奪(はくだつ)、全日本柔道連盟から永久追放の処分も受けることに。

    「元柔道家の女性と'02年に結婚、ふたりのお子さんと一緒に熊本に移り住んでから1年も経たないうちに逮捕され、離婚に至りました。
    いつか道場を建てたいと自宅の裏にあった土地も購入していたそうなのですが、夢に終わってしまいましたね」(近所の住人)

    そんな転落人生を辿った内柴を支え、出所後の道しるべを示したのが、神奈川県にある柔術道場『ALAVANCA』の代表・山田重孝氏だという。

    「それまで面識はなかったそうなのですが、服役中に月に1度のペースで面会し、柔術を勧めたといいます。
    柔道界を追放されていた彼にとっては、まさに救い。
    仮保釈後は、熊本で働きながら神奈川の道場に通っていましたね」(道場関係者)

    m


    人生は何が起こるかわからない。

    道場に通う練習生の知人にキルギスの元柔道家がいたという縁で、監督業のオファーがきたのだという。

    山田氏に話を聞いてみると、

    「キルギスに一緒に行き、柔道の練習に参加する姿をみたら、この男はやっぱり柔道の世界に返すべきだなと思いました。
    それに加えて指導力もあるんですよ。
    本人もずっと柔道で生きてきたんで、そちらの方向に行かせたくなりましたね。
    本人も“腹を決めてキルギスに行きます”と言っていました」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180827-00013152-jprime-ent


    所長見解:まあな・・・

    【【あの人は今】柔道・内柴正人が刑期を終えて再婚  お相手はまさかのコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    一躍時の人となった、「スーパーボランティア」こと尾畠春夫さん(78)。
    山口県で行方不明となっていた藤本理稀ちゃん(2)を発見して以来、英雄扱いだ。
    「ボランティアは人を頼ったり、物をもらったりしちゃいけない」「自己完結、自己責任」――。
    尾畠さんの言動が世の中から称賛されている一方で、政治利用されるのではとの懸念が出てきた。

    その心配の種が、人手不足が予想される東京五輪のボランティア募集。
    約11万人のボランティアを集めるため、東京都は約4000万円をかけ、人気女優の広瀬すずを起用した募集動画を制作。
    来月下旬からテレビCMとして放送する予定だ。
    また、全国の大学で説明会を開いており、ボランティア活動を紹介したチラシを30万部配布するという。
    文科省とスポーツ庁も先月、五輪期間中の授業や試験日程を変更できる旨を全国の大学に通知し、大学生のボランティア参加を暗に働きかけている。

    h


    政府と都は「ボランティア募集」にはカネをかけるのに、有償でスタッフを雇う気などサラサラない。
    それゆえ、見返りを求めないボランティアの鑑と称賛される尾畠さんの言動に、“利用価値”を見いだしてもおかしくない。
    実際、一部の芸能人などが「尾畠さんに国民栄誉賞を!」と叫ぶ一方、ネット上では、

    <(組織委が)尾畠さんを無償奉仕の象徴的存在として祭り上げそう>
    <(尾畠さんが)東京五輪のボランティア募集活動に利用されそう>

    などと不安視する声が出ている。

    「ブラックボランティア」の著者で作家の本間龍氏がこう言う。

    「例えば、尾畠さんが、全国で行われているボランティア募集の説明会などに引っ張り出されたとしたらおかしな話です。
    行政がそういう動きをしたら、全力で阻止しないといけません。
    そもそも、ボランティアは参加者が自発的に行うものなので、行政が懸命になって集めること自体、違和感を覚えます。
    尾畠さんの活躍は喜ばしい話題として報じられているので、まさか利用するなんてことはないでしょうが」

    https://news.nifty.com/article/domestic/gendai/12136-075152/


    所長見解:笑うよな・・・

    【【東京五輪】東京都さん、約4000万円使って広瀬すずでボランティア募集動画を制作 ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本水連は11日、水球女子で水着が破れるほどの接触プレーを排除するためのワーキンググループを9月8日に設置すると発表した。

    s


    水球女子日本代表の強化合宿が打ち切られた問題を受けて設置された第三者委員会によると、6月24日の関東学生リーグ決勝では、女子選手同士の接触プレーにより水着5着が破れたという。
    こうした行為を水球男子日本代表の大本洋嗣監督が批判していた。
    国際水連(FINA)は「女子競技において水着をつかむ行為は反則である」としており、日本水連に改善するよう通達があったという。


    水球女子の接触プレー防止へ作業チーム 日本水連が設置
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL8C4TL7L8CUTQP01G.html


    所長見解:ええやん・・・

    【【放送禁止】水着破りまくりのラフプレーで批判を浴びた日本水球女子がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2020年東京五輪&パラリンピック開閉会式の演出陣が7月30日、一斉に発表された。
    総合統括には狂言師の野村萬斎が、五輪統括には映画監督の山崎貴氏が、パラリンピック統括には広告クリエーティブディレクターの佐々木宏氏が就任した。
    佐々木氏の名前に目を留めたのはSMAPファンだ。
    この起用でSMAPが再集結する可能性が、がぜん高まっているという。

    s


    佐々木氏といえば、Softbankの「白戸家」シリーズをはじめ、サントリーの「宇宙人ジョーンズ」シリーズなど、視聴者やユーザーに人気が高いというだけでなく、CMコンテストの常連CMを数多く手がけるクリエーティブディレクターとして、広告界ではトップクラスの有名人だ。

    「白戸家」の“お父さん犬”が当たったからか、よほどの愛犬家なのか、氏が関わるCMには白い犬が登場することでも知られる。
     
    そんな佐々木氏は、2016年の五輪リオ大会の閉会式で、東京大会引き継ぎ式の制作チームとして活躍した。
    あの“安倍マリオ”をはじめ、世界に「クールJAPAN」をアピールした立役者でもある。
     
    そんな佐々木氏が東京パラリンピックの開閉会式の統括をするというニュースにSMAPファンが沸いている。
     
    SoftbankのCMには、2009年からSMAPが関わっており、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回では、新しいCMが放送されていなかった時期にもかかわらず、SMAPのヒット曲『オリジナルスマイル』をBGMに、同社のSMAPのCM名場面を繋ぎ、件の“お父さん犬”に「さよならじゃ、ないよな」とつぶやかせた“新作”がオンエアされた。
     
    佐々木氏、SMAP関連CMといえば、木村拓哉とビートたけしが信長と秀吉を演じたトヨタ自動車の「ReBORN」も思い浮かぶ。
     
    そして、佐々木氏は電通から独立後、「シンガタ」という会社を設立しているが、そこに所属しているクリエイターの一人が権八成裕氏だ。
    彼の名前が、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の「新しい地図」による映画『クソ野郎と美しき世界』のエンドロールに流れたとき、ファンの中には「5本目のドラマ」と涙を流した人が多くいたそうだ。
     
    SMAPの楽曲『ユーモアしちゃうよ』などに詞を提供したことでも知られる権八氏と、同じく、CM界では知らない人はおらず、件の佐々木氏とタッグを組むことが多い澤本嘉光氏がパーソナリティーをつとめるラジオ番組『澤本・権八のすぐに終わりますから。』(TOKYO FM)に、『クソ野郎~』公開の前日、香取がゲスト出演。
    「このタイミングがあって、色んな方々の協力と、みんなの心がつながるって、こういうことなんだなって」と、安心しきった雰囲気で語ったことで、「新しい地図」をサポートするスタッフの多くが“昔からの顔なじみ”であることもファンに伝わった。
     
    パラリンピックについては、SMAP時代、メンバー全員が『日本財団』にて会見を行い、中居正広が「SMAPのPはパラリンピックのP」と挨拶をしている。
    『日本財団』のビル内のワンフロアにバリアフリーのオフィスを新設し、パラリンピックの競技団体を集合させた「パラサポセンター」もお披露目された。
    入口に香取慎吾作の壁画が飾られたのである。

    (続く)


    所長見解:いいよな・・・

    【【東京五輪】SMAPが再集結する可能性がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ