ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    オカルト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気アイドルグループKに入れ込んでいた男性記者A氏が突如、行方不明になって一部関係者を騒然とさせている。

    Kはかつて週刊誌に運営側の役員によるメンバーへの性行為強要やセクハラ問題が持ち上がるなどトラブルの多いアイドルグループで知られるが、A氏は悪評の渦中でも、ネットニュースなどでペンネームを使ってステマ記事を書いたことがあるだけでなく、事務所に代わって各メディアに売り込みを行なうマネージャーばりの動きを見せる、いわば“御用記者”だった。

    A氏と食事をしたこともある週刊誌記者によると「日ごろは記者という身分を隠してタレントに近づいて話を聞き、女性誌にネタを売って報酬をもらっていた」という。


    「AはやたらとKを『AKB48よりはるかに素晴らしいアイドルグループ』とべた褒めしたり、『ここだけの話、俺は〇〇(Kの人気メンバー)とヤッたんですよ』とか自慢したりしてました。

    セクハラ被害があったといわれるKだけに、運営側のスタッフ同然になったAがメンバーと個人的な仲になるのを許してもらっても不思議ではないですよね」


    k


    しかし、それを自慢げに話すAは、同業の記者たちから白い目で見られていた様子なのだが、夏ごろからKの出演するイベントにその姿が見られなくなり、「親しかった記者とかも連絡が取れなくなっているらしい」というのだ。

    「Aは立場を隠したりしていたせいかフェイスブックやインスタグラムなどのSNSもやってないし、記者のくせに文章力がひどくて、記事を書くのが嫌いと言っていた人だから、ネット上を見てるだけじゃ存在が消えたことは分からないんですよね」(同)


    そこでAを使っていた女性誌の編集部に話を聞くと、なんと「業務上の問題を起こして3年ぐらい前に関係を切った」というのである。

    Aが他で仕事をしていた様子はなく、つまり彼は姿を消す前の2年半は仕事もないのに「記者」の顔をしていたことになる。

    「どっちにしてもKのスタッフみたいなもんだったから、何かの理由でKから離れてしまって居場所がなくなっただけかもしれないですけどね」(同)


    ただ、気になるのは、別の芸能関係者からは「Aが顔に包帯を巻いて歩いていた」という都内での目撃談があることだ。

    Kの運営にはかなりコワモテの人間がいることでも知られるだけに、前出記者も「もしかするとAがKともトラブルを起こし、何か外傷を負ったのでは」と話す


    Aと連絡がつかない以上、その真相は分からないが、芸能マスコミの間では昔から「記者が取材対象のアイドルに手を出すと絶対ろくなことにならない」ともいわれるだけに、メンバーと関係を持った話を平然としていたAの身がちょっと不安になる話だ。


    https://k-knuckles.jp/1/9629/2/

    所長見解:こわいな・・・

    【【これは東京湾】人気アイドルグループに入れ込んだ芸能記者がある日突然消された模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    都内一等地、駅から8分家賃1万円、2K

    no title

    所長見解:これあれやん・・・

    【【これは急げ】都内一等地、2K、駅から8分でなんと家賃1万円ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    まじでびびるからやめてほしい


    h

    所長見解:あるな・・・


    【【オカルト】スマホの画面を暗転すると不細工なハゲが映りこむ現象・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ブルガリアでは生前は国家機密にも指定されていた、盲目の預言者ババ・ヴァンガ氏。

    彼女の残した2020年予言が不吉だとして話題になっています。

    アメリカ同時多発テロの発生を予言したとされる、世界最高の預言者ババ・ヴァンガ氏。

    当人は1996年に85歳で亡くなっているものの、彼女の予言は西暦5079年まで残されているといいます。


    y


    預言者ババが残した「2020年の予言」

    ・イスラム過激派が化学兵器によるテロを行い、ヨーロッパを“一掃”

    ・ドナルド・トランプ米大統領は脳腫瘍を患い難聴に。この大病によって命を落とす可能性も

    ・ウラジーミル・プーチン露大統領はクレムリン宮殿内で暗殺される可能性がある

    ・アジア大陸では津波や地震が過去に類を見ないレベルで発生する


    ババ・ヴァンガ氏は2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件において、以下のような予言を残していました。

    「ああ、恐ろしい、恐ろしい! 二匹の鋼の鳥に襲われて、アメリカの兄弟は倒れるだろう。
    狼たちが茂みの中で吠え、罪なき血があふれ出すだろう」


    この他にも「2016年までにヨーロッパの存在がなくなる」という旨の予言が残されていました。

    この年の6月23日には、イギリスにてEU離脱の国民投票が行われています。


    ただ彼女が残した予言の中には、恐ろしいほどに的中しているものもあれば、全く外れてしまっているものもあるようです。

    当たるも八卦、当たらぬも八卦ということなのでしょうか。


    http://yurukuyaru.com/archives/81828470.html 

    所長見解:そんなもんやろ・・・

    【【悲報】世界一の預言者が残した「2020年の予言」がヤバすぎる件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    n


    父が亡くなってから起こり始めた怪奇現象

    そんな中川 勝彦さんですが、怪奇漫画や怖い話などが好きだったようで、幼い中川翔子さんにゲゲゲの鬼太郎や楳図かずおの漫画を買い与えています。

    そして中川翔子さんもまた怪奇、オカルト等が好きになっていったようです。

    そして9歳の時に父が亡くなってから、身の回りで不思議な現象が次々と起こり始めます。

    まず、父が大切にしていた懐中時計の時刻が父の亡くなった時刻で止まる、自宅にいる時に誰もいないはずの2階から足音が聞こえる、締めきった部屋で何故か髪がなびく。

    など初めは怖かったそうですが段々とそのような不思議な現象に慣れて来ていた頃のある夏の夜、自宅で眠っていると突然金縛りに。

    しばらくすると机の上のパソコンの電源が勝手に入ったのが見え、キーボードを叩く音が聞こえたそうです。

    所長見解:またあ・・・

    【【これは怖い】中川翔子「父親が亡くなった後、何故か毎晩キーボードを叩く姿を見た...」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ