オカルト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    約半年かけ今月27日に無事火星に着陸した最新探査機「インサイト(InSight、Interior Exploration using Seismic Investigations, Geodesy and Heat Transport)」。

    着陸直後にはインサイトが撮影した火星画像が地球に送られ、茫漠とした赤い大地を我々に見せてくれた。
     
    s


    トカナではインサイトの火星到達直前にいくつかの注目点をお伝えした。

    というのも、NASAは火星生物や火星文明など「宇宙の不都合な真実」を徹底的に消し去り、モザイク処理などを施してきた経緯があるからだ。
     
    特に着陸の瞬間は見逃せない理由がある。

    元NASA研究者のノーマン・バーグラン博士が暴露したように、アポロ11号が月面に着陸した瞬間、そこには黒い宇宙人が待ち構えていたのだ。

    彼らは宇宙に飛び出した地球人の動向に関心(警戒心?)を抱いているらしい。
     
    そしてこの度、インサイトが火星着陸直後に撮影した画像に地球外生命体の姿が写っていることが明らかになった。

    ご覧頂こう。
    https://mars.nasa.gov/insight/multimedia/raw-images/?order=sol+desc%2Cdate_taken+desc&per_page=50&page=0&mission=insight
     

    画像左に見える角張った部品に反射した人影らしきものが写っている。

    カメラの後ろからインサイトの動向を見守っているかのようのだ。
     
    色づけした画像ではさらにはっきりと分かるように、その姿はまさに我々がイメージする宇宙人の姿にぴたりと一致する。

    つり上がった目も特徴的だ。

    ただ、さりげない映り込みのため、さすがにNASAの画像編集班も気付かなかったのだろう。

    https://tocana.jp/2018/11/post_18928_entry.html


    所長見解:解せん・・・

    【【世界騒然】NASA火星探査機が撮影した謎の人影がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ミスタードーナツが期間限定で販売するピカチュウドーナツが11月9日より一部店舗で先行販売開始された。

    d


    本来の発売日は11月16日でそれに先駆けてのプレ販売となる。

    しかし販売するやいなや、ピカチュウドーナツの出来映えにムラがあるとTwitterで拡散。

    崩壊レベルとも思えるピカチュウのツイート報告が相次ぎ、ついには販売中止に。

    経営するダスキンはレギュレーションを満たしていなかったとして、規定外の商品にならないように各店舗に厳しく指導するという。


    本来は可愛いピカチュウのドーナツを子供達に楽しんで欲しいという企画。

    しかし崩壊したピカチュウを見せて楽しむという別方向での盛り上がりを見せてしまっている。

    これはこれで注目や話題性となるのだが、ダスキンとしては新作『ポケモン』とのタイアップとのことで、株式会社ポケモンの許可を得ている以上、変な物はつくれないのだろう。

    http://gogotsu.com/archives/45132

    no title


    所長見解:怖い・・・

    【【閲覧注意】ミスタードーナツのピカチュウドーナツがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    v


    月の表面にアルファベットの「LOVE」の4文字が映っているように見える地形を、愛媛県の天体愛好家、竹尾昌さんが確認し、撮影に成功した。

    写真は3日付の米航空宇宙局(NASA)の「今日の天文写真」に選ばれた。

    「LOVE」が確認されたのは、今年3月24日に撮影した上弦の月の写真。
    NASAが公開した写真では、明暗の境界線付近のほぼ中央に「V」が、下部に「L」と裏返しの「E」があるのが見える。
    「O」は境界線付近のクレーターのうちの一つだ。
    光と影の条件がうまく合って、それぞれの地形で文字が浮かんで見える。

    それを知った日本の国立天文台の研究者が、NASAに情報提供したところ、選ばれた。
    竹尾さんは以前から天体観察イベントを主催するなどし、月表面のアルファベット探しを続けていた。
    NASAのサイトに写真が掲載されたことについて、「考えてもみなかったことで、非常に名誉です」と喜んでいる。

    写真はNASAのホームページ(https://apod.nasa.gov/apod/ap181103.html)から見ることが出来る。
    次に条件が整い、「LOVE」を見つけることができるのは11月15日だという。 

    http://news.livedoor.com/article/detail/15552862/


    所長見解:損した・・・

    【【宇宙人?】月の表面に「LOVE」の文字が発見された件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■米NASA、自然にできた「四角い氷床」発見 南極での観測中

    (CNN)米航空宇宙局(NASA)は24日までに、南極で行っていた氷河の観測中に「四角い氷床」を発見したと明らかにした。

    NASAは10月16日、南極の氷河の変化について定期的に観測する「オペレーション・アイスブリッジ」の実施中、四角い氷床を発見していた。

    観測に参加していた科学者のジェレミー・ハーベック氏がラーセンC棚氷のすぐ近くに浮かんでいる四角い氷床を発見した。

    ハーベック氏は「比較的直線的な縁がある氷山を見かけることは多いが、2つの角がこれほど直角なものをこれまでに見たことはなかった」と述べた。

    NASAもSNS上で画像を公開しているが、この氷床が自然に発生したものかどうかという疑問もわきそうだ。

    専門家によれば、直線や鋭角を持つ氷床を目にすることは珍しいことではないという。
    直線は、雪の結晶の構造のためであり、氷が圧力に反応してどのように割れるかによる。
    そのため、ときどき自然に直角になるという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15491577/

    no title


    所長見解:まじか・・・

    【【検証画像】南極で発見されたヤバイものがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    名蔵―茨城―また名蔵へ 拾われたヤドカリ、命のリレー

    k


    石垣島を訪れた観光客が持ち帰った貝殻は、実はヤドカリだった―。
    遠く茨城県まで運ばれたヤドカリが、人々の「命のリレー」で故郷の名蔵湾に戻された。
    茨城県守谷市在住で小学校教諭山口尚子さん(56)は、8月に観光で石垣島の名蔵湾を訪れた「石垣島の自然を少しでも児童に伝えたい」と円錐状の貝3個を拾い、茨城の自宅に持ち帰った。

    ところが、貝殻は音をたてて動き出し、

    http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/2382


    所長見解:なんだよ・・・

    【【閲覧注意】女性教師が島で拾った貝がらを自宅に持ち帰ると、貝がらは音を立てて動き出し・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ