ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:オカルト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8月17日、『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)において「となりのトトロ」が放送された。
    1989年の初放送以来、16回目の放送となるが、視聴率は14.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区平均)を記録し、近年のテレビ不況にあっても根強い人気を示した。

    その一方で、ネット上ではあらためて同作品へのツッコミが相次いでいる。
    スタジオジブリ作品をめぐっては、高畑勲監督の逝去を受けて追悼放送がなされた「火垂るの墓」には、身勝手な清太を責める愛のないツッコミが相次いだが、トトロも同様なのだろうか。

    「『となりのトトロ』に関しては、時代考証に関するツッコミというよりは、そもそもの作品世界に対する内容が多いですね。
    サツキよりもメイの顔が大きく、頭蓋骨の形が変であるといったものや、大きなコマを回して空を飛ぶことは物理的にありえないといったものですね」(アニメライター)

    ネット上には「子どもの時は夢中で見ていたけど、大人になると矛盾点多いな」「どうしてもツッコミ目線を持ってしまうのは寂しい」といった反応も見られた。
    何度も繰り返し観るからこそ、新たな発見もあるのだろう。
    これは映画鑑賞の醍醐味でもある。
    さらに、作品について語られる都市伝説も新たに注目されている。

    j


    「すでにサツキとメイが亡くなっているというものですね。
    作品の途中からサツキとメイの影が消えるほか、ネコバスに乗って入院中の母親に会いに行くものの直接会えないのは、すでにこの世にいないからであり、トトロは森の妖精ではなく死神であるというものです。
    あまりにも話がひとり歩きしてしまったため、ジプリが公式見解で否定したことも話題となりました」(前出・同)

    ツッコミがあふれることを含め、「となりのトトロ」はそれだけ注目され愛される作品であるといえるかもしれない。



    所長見解:おもろいよね・・・

    【【閲覧注意】「となりのトトロ」の都市伝説・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8月18日、ホラーオムニバスドラマ「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2018」(フジテレビ系)が放送された。
    同番組でMCを務める元SMAP・稲垣吾郎の登場に、SNSでは大反響となっていたという。

    g


    「『ほん怖』は、99年にスタートした実録系オムニバスドラマです。
    同番組の進行を務める稲垣は、ジャニーズを退所して以降、プライムタイムでの地上波出演がなかったため、降板の噂も囁かれていました。
    しかし今回、無事に出演したため『稲垣さんを久々にテレビで見て感動』『干されなくてよかった』『やっぱゴローさんじゃないとな』など、様々な反響の声がSNSで飛び交いました」(テレビ誌記者)

    また今回、稲垣の登場以外で注目されたのが、ドラマ本編で平祐奈演じる女子高生が、幽霊に追いかけられるシーンである。
    その幽霊は白昼堂々、「リング」の貞子を彷彿とさせる髪型と衣装で、全力疾走するシュールな演出だったため、視聴者からは「怖いというかシュールすぎて笑える」「めっちゃ必死に走る貞子おもしろい」と、怖がるどころか笑う視聴者が続出。
    そして全体的にも「前の『ほん怖』のほうが怖かった」「拍子抜け」と、過去の作品に比べてパワーダウンしているとの意見もあがった。

    これにはある理由が囁かれている。

    「心霊番組というのは、特にクレームが殺到しやすいジャンルなんです。
    現在は特に視聴者の目が厳しくなっており、一部からは『子供が泣いて怖がっている』『トラウマになったらどうしてくれるんだ!』という苦情が来るそう。
    そのため制作側は、グロすぎる特殊メイクや凝った恐怖演出はあえて控えるようにしている可能性があります」(前出・テレビ誌記者)

    長年続いている番組なだけに、今後も恐怖演出が控えめになれば寂しく思う視聴者が増えそうだ。

    https://asajo.jp/excerpt/57463 


    所長見解:見るなよ・・・

    【【闇深事情】稲垣吾郎「ほんとにあった怖い話」が怖くなくなった理由がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    公開から30周年を迎えた宮崎駿監督の名作『となりのトトロ』が、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」でノーカット放送された。

    t


    一部では「メイは死んでいる」などの都市伝説がささやかれていた同作だが、実は2007年にスタジオジブリの公式サイトでその真相が明かされている。

    https://www.cinematoday.jp/news/N0102811


    所長見解:これな・・・
    【【夏の風物詩】『となりのトトロ』都市伝説の真相がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「事故物件住みます芸人」の松原タニシが、8月6日にAbemaTVで放送された「スピードワゴンの月曜The NIGHT#119」(毎週月曜25時00分~)に出演。
    事故物件にまつわる恐怖話を語った。
    「The NIGHT」は平日深夜、日替わりのパーソナリティが司会進行を務める深夜ラジオ風の生放送番組。
    スピードワゴンは月曜日を担当している。
    この日の番組テーマは「怪談」。
    松下ら「怪談四天王」が、それぞれ持ちネタを披露した。

    松原が語ったのは「安里さんのマンション」のエピソード。
    その物件の部屋は四畳半一間ばかりで、風呂はなくトイレは共同。
    マンションとは名ばかりの下宿屋だった。
    「安里さん」はその角部屋に住んでいた。
    住民同士の付き合いは皆無だったが、安里さんには気になる住民がひとりいた。
    はす向かいの部屋に住むオタク風の青年だ。
    ドアが開いているときに見えた部屋にはアイドル女性のポスターが壁一面に貼られ、床にはアニメキャラのフィギュアが並べられていた。
    彼はほとんど外出もせず部屋に閉じこもっているように見えた。

    オタク青年は、ある日ぷっつり姿を見せなくなった。
    階下に住む大家に尋ねると家賃滞納が続いたので退去させたのだという。
    住民の入れ替わりはよくある。
    安里さんはやがて青年のことも忘れていった。
    しばらくして、季節は夏になっていた。
    青年が住んでいた部屋から腐敗臭がすることに気づいた。
    その翌日、帰宅するとマンションはパトカーと警察官に囲まれていた。
    大家がいたので話を聞くと、大家の部屋に、天井を突き破ってウジムシが落下してきたのだという。
    上の階は青年の部屋だった。
    警官立ち合いのもと調べると、部屋にはオタク青年の腐乱死体があった。
    彼は合鍵を使って部屋に潜み、そのまま餓死していたのだ。

    気味の悪い出来事に住民はみな退去していった。
    残されたのは安里さんひとり。
    その後、元オタク青年の部屋のドアがバタンと開くことがあった。
    風の影響かと気にせずにいたが、大家も同じような場面に遭遇していたらしく、不安を感じた大家はリフォームをしたうえで祈祷師にお祓いをさせた。
    その日帰宅した安里さんの目の前でオタク青年の部屋のドアが勢いよく開き、お祓いで使用した鎮め物の紙が掃き出されるように舞い上がった――。

    松原は、その話を安里さんから実際に聞いたという。
    マンションは取り壊され、事故物件としては現存していない。

    スピードワゴン小沢は、松原の話が終わると視聴者から寄せられたコメントを読み上げた。
    そこには松原が持参した人形が、瞬きをしたとあった。
    小沢は恐怖の表情で、その人形を凝視していた。
    この他にも事故物件に関する怖い話を集めた松原タニシの初の著書『事故物件怪談 恐い間取り(二見書房)』が発売中である。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15142409/
    AbemaTIMES

    no title


    所長見解:怖いな・・・

    【【閲覧注意】事故物件芸人が語った戦慄の事故物件がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントのつるの剛士さん(43)がツイッターへ投稿した1枚の写真が、インターネット上で「心霊写真では!?」と注目を集めている。

    話題の1枚は、つるのさんと元「キマグレン」のクレイ勇輝さん(37)が肩を並べた構図だ。
    2人は笑みを浮かべていて、いかにも楽しげな雰囲気。
    だが、クレイさんの様子がどこかおかしい。
    右腕が、すっぽりと消えているように見えるのだ。
    当人2人もツイッターで話題にしている。

    つるのさんは2018年8月12日、自身がボーカルを務めるバンドで神奈川県・三浦海岸の音楽イベントに出演。
    その会場で、イベントの総合プロデューサーを務めるクレイさんと記念写真を撮ったようだ。
    しかし、クレイさんの右腕が見当たらない。
    本来ならば、半袖のTシャツからスラリと伸びているはずの腕が、写真には映っていないのだ。

    この1枚には、当のクレイさんも12日深夜、つるのさんの投稿にリプライ(返信)する形で、「というか...俺の腕なくないでしか???」(原文ママ)と困惑気味に反応。
    本人からの指摘を受けたつるのさんも、「え?!またまたぁ、、あれ??、、ええええっ!!いやいや!後ろに腕組んでたって言って!」と焦った様子で返信していた。
    こうした当人らのやり取りを受けて、2人の投稿のリプライ欄には、「悲鳴」が続出する騒ぎとなった。

    もちろん、写真の状況を冷静に分析しようとするユーザーの姿も。
    ネット上には、iPhoneカメラに搭載されている写真の自動合成機能で、腕の部分だけが消えてしまったのではないか、クレイさんはただ右腕をTシャツの中に入れていただけなのではないか――などの意見が出ているが、現時点で真相は不明だ。

    no title

    https://www.j-cast.com/2018/08/13336151.html 


    所長見解:ないな・・・

    【【心霊写真】つるの剛士、どこかおかしい2ショット写真がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ