オカルト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    UFOや超能力を楽しむ余裕がなくなった理由とは  

    高橋直子さん「オカルト番組はなぜ消えたのか」

    s


    「諸説あり」が歴史番組の常とう句だとしたら、オカルト番組は「テレビの前の皆さんは、どうご覧になったでしょうか?」

    …今でも残る数少ない番組では「信じるか信じないかはあなた次第」というフレーズが使われています。

    1970、80年代のオカルト番組は、超常現象など真偽を問うことはせず、視聴者が謎やロマンを半信半疑で楽しむという前提で成り立っていました。

    ただ今は、信じる信じないの判断を委ねている視聴者像が不安定で、「信じてしまう視聴者もいること」を前提にして考えなければいけない時代になっているとも言えます。

    視聴者の変化もそうですが、番組サイドも謎から感動・奇跡へと、内容の打ち出し方を変えたことも影響していると思います。


    本書では、その変化に至る1990年代から2000年代への経緯が、宜保愛子さんや江原啓之さんの番組の分析を通じて明らかにされていますね。
      
    今後のオカルトとメディアの関係はどうなると思いますか?

    オカルト番組がテレビからなくなったとしても、世の中からオカルトのネタがなくなるわけではありません。

    楽しむにしても真面目に検証するにしても、オカルトに対するリテラシーは必要です。

    でもそれをどこで身に付けて、誰がどう責任を取るかを考えると難しい。

    この手の話や宗教の話は、普通は人と会って話題にすることもありません。

    SNSなどがある種の受け皿になりうるかどうかも含めて、宗教学者としても興味深いテーマではあります。

    ただ、それを検証できる頃まで、私が生きているかもわかりませんし…。


    https://book.asahi.com/article/12212339?cid=asadigi_culture_book

    所長見解:もうね・・・

    【【時代背景】オカルト番組が消えた理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    なにがあるかな?


    所長見解:いろいろあるやん・・・

    【【これはヤバい】未解決事件で怖いやつがコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    オカルトマニアなら一度は聞いたことがあるかもしれない。

    大都会のド真ん中、東京・新宿歌舞伎町に“最凶心霊スポット”があることを。

    b


    その場所は、1980年に建設された地上7階、地下1階のコンクリート建てビルで、イケメンが多数所属するというホストクラブや、ダーツバーなどがテナントとして入っている。

    しかし、華やかな夜の顔の裏側では、ひっきりなしに心霊現象が目撃される場所としても有名なのだ。

    「実はこのビルは、日本一といわれほどの“自殺スポット”なんです。
    多いときでは1カ月に10件くらい飛び降り自殺が発生します。
    自殺者の多くは若い女性で、ホストクラブ通いをした揚げ句、借金で首が回らなくなり、ホストに見せつけるかのように飛び降りるのです。
    普段から多くの人通りがある場所なので、巻き込まれる被害も多発しています」(風俗ライター)


    そんな場所柄もあって、ネット上では心霊現象の目撃談が多数投稿されている。

    《あの近くを通ると寒気がするのでいつも回り道してる》
    《屋上につながる階段に白い服装の女性の姿が見えた》
    《ビル内に右腕が落ちているのを見た人が複数いるみたい》
    《前を通るだけで頭が締め付けられる》

    など、どれもかなり強い霊の力が働いていると思われる。


    怨霊渦巻くビル街

    「実は自殺者が多いのはこのビルだけではないんです。
    このビルを囲むように隣接してるラブホテルや、風俗ビルでも多数の自殺者が出ています。
    飛び降りだけでなく、首吊り、焼身自殺もありますが、付近で働いている人たちは日常茶飯事として、もはや特別気にすることもありません。
    いかにこの一帯が異様な空間かが分かるでしょう」(同・ライター)

    事故物件公示サイト『大島てる』を見てみると、このビルの周辺は、死者が出たことを表す“火の玉マーク”が複数記されており、その死者の多さを物語っている。

    付近で働く風俗店関係者は「お気に入りのホストの売り上げのために散々尽くしても、結局は満たされることがなく、最後は風俗に沈められたり、病んじゃう女性が多い」と、ホストに入れあげる女性のタイプを説明するが、今後も、同じようなケースは決してなくなることはないだろう。

    非日常とされる空間が、もはや限りなく日常として流れる街、歌舞伎町。

    “最凶”と呼ばれるゆえんは、そんなところにあるのかもしれない。

    http://this.kiji.is/464253633283441761?c=44341039600582657

    所長見解:ホスト・・・

    【【ここはヤバい】東京・新宿歌舞伎町の最凶心霊スポットがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アマゾンの生い茂るマングローブの間からザトウクジラが発見されるという極めて異例の事態が報告されています。

    ジャングルの中でクジラが死んでいるだけでも奇妙ですが、本来であれば2月のザトウクジラは南極に移動しているはずとのことで、自然保護団体がなぜクジラがジャングルにいたのか、原因を究明中です。

    j


    ブラジルの海洋生物学者たちによると、アマゾン川河口にあるマラジョ島で発見されたのはザトウクジラの子どもであるとのこと。

    ザトウクジラはブラジル沖の大西洋に生息していますが、2月頃はその多くがエサを求めて南極近くにまで移動します。

    今回のザトウクジラが発見された場所は本来ザトウクジラが移動するはずの場所から4000マイル(約6400km)ほど離れており、科学者たちを困惑させています。


    画像①


    全文 
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16077022/ 

    所長見解:なんやろね・・・

    【【なぜ?】アマゾンのジャングルから巨大なクジラが発見された件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「夜の歌舞伎町では、上を見ながら歩かないと危ない」

    日本一の歓楽街・歌舞伎町(東京・新宿)では、昨秋来、こんな言葉をよく聞くようになった。

    特に、「呪いのビル」の前では、冬の寒風に身を縮めながら上目遣いでビルの屋上を気にして、足早に通り過ぎる人が多い。

    大理石と重厚感ある石のエントランスが目を引く、高級感漂う8階建てのビル。

    その屋上から、昨年10月2日、20代の女性が飛び降り自殺を図った。

    午後7時頃、外階段で靴を脱いだ彼女は、腰ほどの高さの手すりを越えて屋上から転落。

    たまたま下を歩いていた歩行者の男性を直撃した。

    女性は救急隊の処置を受けたが、間もなく死亡。

    男性も右腕を折る重傷を負った。

    「目撃情報などから事件性はないと判断され、彼女が亡くなった背景はほとんど調べられなかった」(捜査関係者)

    昨秋以来、歌舞伎町で飛び降りが後を絶たない。

    その多くが若い女性だ。

    10月のわずか1か月間で、100mほどしか離れていない2棟のビルで起きた飛び降りは、未遂も含めて少なくとも7件。

    「呪いのビル」。

    今、歌舞伎町で2つのビルはそう呼ばれている。

    k


    しかし、事件性がない以上、警察は深くは調べないし、大きく報道されることもない。

    原色のネオンの陰に、人知れず若い命が消えている。

    飛び降りで亡くなった、前出の20代女性は、ホストクラブの常連客だった。

    まつげが長く目鼻立ちのくっきりした美人。

    風俗店で働きながら「担当」と呼ばれる目当てのホストに入れ込んでいたという。

    友人が語る。

    「彼女は『メイ』(仮名)という名前で歌舞伎町で遊んでました。
    ホストクラブに借金が200万円ほどあったみたい。
    全部、担当につぎ込んだって。
    メイは担当のことが本当に好きで、彼氏だと思っていたけど、『でも、裏切られたのかな…』って。
    完全に病んでた」

    女性が飛び降りた理由は借金苦ではなかったと、友人が続ける。

    「借金は風俗で働けばすぐに返せる額。
    それより、何百万円使っても担当が自分のことを“金づる”としか見ていないことに苦しんでた。
    あなたみたいにキレイなら、何でももっとうまくいきそうなのにって言ったら、メイは哀しそうに笑ってた。
    『もう、どうしようもないよ』って」


    このビルにはホストクラブやバーが15軒ほど入居する。

    周辺のビルも似たようなもので、目の前の通りは、通称「ホスト通り」。

    街では、女性たちの飛び降りとホストクラブを関連付ける声は根強い。

    「この街で30年以上暮らしていますが、今は異常事態です。
    現場の『ホスト通り』は飛び降りで、すっかり有名になりました。
    自殺騒動が一度起きると、SNSやツイッターで、一瞬にして拡散されていく。
    すると、悩みを持った人たちが同じ場所で繰り返し、それがまたネットで広がる。
    今や“自殺の聖地”のような扱いまでされています。
    夜の街だから、たしかにお金で苦しんで自殺を図る人は昔からいた。
    でも、ネットは自殺を呼び寄せ、増幅させます」(ホストクラブ幹部の1人)

    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-173667/
     NEWSポストセブン


    所長見解:多いな・・・

    【【自殺者続出】歌舞伎町「呪いのビル」がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ